2005.05.15

O(オー)

「それはどういうことですか?」 「だから、ちょっと、オタクに見ていただこうという...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.25

その春の桜の下(Ⅷ)最終回

丘の上に大きな桜の木が見える。 周りは一面の草原。 桜は大きく枝を広げ青空をバッ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その春の桜の下 Ⅶ

「どうした?」 私の悲鳴を聞いて、十夜が後ろから声をかけてきた。 左右どちらかの...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.04.12

その春の桜の下(Ⅵ)

薄墨色の花びらが風に震えている。 あの日、実香子が見上げていた蕾の桜が満開だ。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

その春の桜の下 (Ⅴ)

三越の裏の十夜のマンションに着いたときには、私の心臓のポンプは疲労しきっていた。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

その春の桜の下 (Ⅳ)

十夜の家に泊めて貰い、翌日はアパートに一緒に行って貰った。 桜の下に実香子の霊は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.28

その春の桜の下 (Ⅲ)

朝起きて、とりあえず、洋館の前を通らずに出勤するためにタクシーを呼んだ。 恐る恐...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

その春の桜の下 (Ⅱ)

「ああ、セリ、お帰りなさい」 実香子はほんのりと笑う。顔色が悪い。 青黒くなって...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その春の桜の下  (Ⅰ)

「どうしたの? こんな朝早く・・・」 出勤しようと、アパートの軋むドアを開けると...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の民と森の民

2004の春、花粉症の症状に悩んでいた頃に書いたSF。  これは遠い昔の、ある星...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«アカエキ様