2005.06.07

信太の猫

2060506x「なんか、腫れ、引いていないような気がするんですけど・・・」
「引いてるよ」
「・・・そうですか?」
「昨日はもっと、張りがあった」
「・・・・・・」
「完全に引くには一週間は掛かるね」

今度の歯科医は無愛想だ。
でも、受付の子はとっても可愛くて愛想が良い。
前の歯科医院の受付の子は、はっとするような美人だったが、最悪に愛想が悪かった。
そのぶん、やけに医師は愛想が良かった。
――ああ、私はあの愛想の良さが心地よかったのだな。

というわけで、私は未だ、平安美人だ。
とりあえず、仕事もレッスンも断って、貴族の姫君のように、家に閉じこもっている。
わらわに会いたくば、まず、手紙(メール)を、会うのはそれからじゃ、状態。

何もしないで家にいるのは久しぶり。
したいことは山とあるのだが、下を向くだけで、顎がズキズキし始めるので、何も出来ない。
本もパソコンも集中しようとすると、顎が自己主張し始める。
とにかく、疲れることは一切してはならぬと、顎からおふれが出ているらしい。

こんなことでもないと休めないので、これも良い休養なのかも。
齷齪したところで、成るものは成るし、成らぬものは成らぬ。
雨露を凌げて、食うに足りているなら、文句は無い。
――あ、私って猫並み?

猫と言えば、何年か前、葛葉神社に行ったときに、巨大な白猫にあった。
猫は葛葉神社の休憩所の腰掛に寝そべり、参詣する人々を眺めていた。

私達が葛葉の末裔と知り、神主さんが正殿に入れてくださった時、猫もついてきた。
私達が座ると、当然のように、猫は私の膝に上がった。
その様子を見て、神主さんは、
「その猫は、どこから入るのか、よく、この正殿の中にいるのですよ。
ここが好きみたいです。
あまり、人になつかないのに・・・この猫がそんなに人になつくなんて・・・」
猫は下ろそうとしても、私の膝にしがみ付いて下りなかった。

私も兄姉もずっと、その猫が葛葉神社の猫だと思っていたのだが、神主さんの説明では
「どこの猫かわからないのですよ。ずっと、この境内にいます。
誰かにご飯を貰っているのか、ご覧の通り、体格も毛並みも良いのですが・・・
近所の人も、どこの猫か知らないと言うのです」
まるで主のようにどっしりと構えている猫がここで飼っている猫ではないといわれて驚いた。

猫は私達が話を聞いている間中、私の膝でごろごろ喉を鳴らし、話が終わると皆に先立ち、すうっと正殿から出て行った。
うっそうとした楠木の大木の下には金色の夕日が差し込んでいたが、その光が届かないところは闇が深くて、猫の姿を見つけることは出来なかった。

以来、私は、あの猫が狐の化けた姿なのだと想像したりする。
狸は良く捕まるし、人家に餌を貰いに来たりするけど、狐の話はあまり聞かないものね。
きっと、ああやって、猫に化けて、好き勝手に動き回っているんだわ。
近所のあの猫も、実は狐が化けているのかもしれないわ。
そう思うと、なんか楽しくない?

――信太の森の猫は、とても神秘的な猫だったけど、まだ、あそこにいるのかしら?

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

平安あん

1060300x
今日の私は平安美人! へいあんあん~♪
なんていってる場合じゃない。

朝、夫が私の顔を見て、「お前、すっごく面白い顔しているよ!」と嬉しそうに言った。
ふん、今度あなたが腰痛になって、腰を屈めて歩いたときには「面白い格好!」と笑ってやる。

タウンページで口腔外科を調べて、予約を取った。
約束の時間に行くと、受付の女性が「まあ、かなり腫れましたのね」と驚く。
医師は、「これ、前から、疼いていたはずですが」と批難の口調で言う。
「はあ、以前、掛かっていた歯医者さんに訴えたのですが、まだ大丈夫と言われました」
本当に、そうなのだ。
前の歯医者さんはのんきな人だった。
彼の作った差し歯は何回も外れて、何回も作り直した。
なぜ、そんなところに通っていたのだろうと今では不思議なのだが・・・

麻酔をかけられ、歯と歯肉に穴を開けられ、よたよたと家に帰り着き、とりあえず、安静にしていようとベッドで横になる。
気がつくと眠っていて、三時になっていた。

のろのろと起き出して、動くと歯が疼くので、大人しく座ってテレビを見た。
クールビズの特集をやっている。
大臣から、財界のお歴々まで、クールビズに熱心のようだ。
去年、上が変わらなきゃ日本の男たちは暑苦しい格好をしたままだと主張した私としては、今回の動きを評価している。

だが、あのファッションショーの服はクールビズ?
デザイナーとかメーカーに企画させると、生地を使いたくて、ああなっちゃうの?

もっと、すっきりシンプルな、開襟シャツのオシャレ版を作れば良いのに。
ズボンの中にシャツを入れている大臣なんて、まるで中学生。
だから、スーツの鎧、ネクタイの勲章を付けたいのかもしれない。

そういえば、最近、沖縄にIT関連の会社が進出しているとか言う特集も見たけど、その会社は全員、アロハとかかりゆしウエアだった。
なんか、皆楽しそうに見えたのは、服装のせい?
そのまま、海に直行できそう。

この前の講習でも、イギリスと日本は気候が全然違うので、イングリッシュガーデンを作って軒並み失敗したといっていたっけ。
イギリスでは大きく育たない種が、日本に来るとモリモリ育って、大変なことになるらしい。
植物でもそうなのだから、人間も英国紳士のマネをしようたって、無理なのね。

と好き勝手なことつらつら思いながら過ごした。

それにしても、腫れが引かない。
平安美人から、アンパンマンになったらどうしよう・・・

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

小太りが瘤取りに・・・

4060528x昨日の疲労で、朝、起きられないかと思ったら、なんか快調な目覚め。
――疲れているかと思ったけど、結構、大丈夫ね。


早速、昨日出来なかった掃除をし、山のような洗濯を片付け、ついでに、庭に除草シートを敷くことにした。
この時期を逃すと、うちの庭は草原になってしまう。
まあ、今年はウッドデッキを作ったので、土の面積が少なくなったから、草取りをすればよいのだが・・・
不精な私は、この先のガーデニングのためにシートを敷くことを思いついて、買ってあったのだ。
でも、なかなか敷けなくて、今日を迎えてしまった。
ざっと、生えている草を取り除き、シートを敷き始めたところで、あれ、なんか、眩暈がする。
途中でやめて、椅子に座ると、なんか左の奥歯がズキズキ。
触ると腫れている。

うわあー、二子山親方の病名ってなんだっけー?
ヤバいかも。

そう考えるとどんどん腫れてくるし、痛みもひどくなってきた。
とりあえず、持っているサプリメントをすべて並べて、片っ端から飲んだので、痛みは引いた。
でも、まだ腫れている。
まるで、瘤取り爺さん(もともと、小太りばあさんなのだが)になった気分。
明朝、腫れが引いていなきゃ、病院にいこう。

なんか、最近、疲れているとは思っていたのよ。
でも、こんなことになるとは思わなかったわ。

もしかしたら、私って、ほっぺが弱いのかな?
私に記憶が無いほど昔のことだが、父と私は二人して、ほっぺを腫らして寝込んだらしい。
その傷が今でも、片頬に残っている(今腫れているのと反対のほう)。
その部分は今でも少し硬くなっている。
――私の顔って、いびつ。もうすこし、こっちが凹むかか、こっちが凸ればなあ。
と、思っていたのだが、なにも、こんなに腫れなくても・・・クスン。

一時間ほど安静にしていて、夕方から、約束していた子犬の元へ。

もう、なんと表現していいのやら・・・きゃわいい~。

私が一番気に入った子は、なぜか私に抱かれると、ぶるぶる震える。
私のこと、嫌い?
もう一匹の気に入りは、もう、売約になっていて、首にリボンが巻かれ、名前がついていた。
で、決めかねて帰ってきた。

帰るとサクちゃんがクンクンし通し。
やっぱ、無理かな・・・
で、この件は保留。
体調が悪いので、何も考えられないっていうのもあるのだけど。

もう、寝よう。
明日、腫れが引いていると良いなあ・・・

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.03

交渉

Dsc04989llこの前から、思っていたのだが、人間、本当に必要なものはちゃんと与えられるのだ。
与えられないとしたら、それはその人にとって、必要のないものなのだ。

 
 

友人との会話の中で、
「私って生きていくのに最低必要なものは、何とか、与えてもらえるけど、それ以上のものは与えられないんだよね。
なんか、誰かが基準を決めて、配給してくれているような感じ」
と、ふと、口をついて出て、思わず、自分の言葉に納得していた。

願いは正しいものならば適うし、思いは正しいものなら通じる。
その正しさとは、自己の利害のみを主張しないこと。

相手の立場も考えられる人間になるようにと、どこかで私を導いているものがいて、必要以上のものを私に与えずに甘やかさないようにしているのかもしれない。

その話の続きで、
「この辺りはまだ、就職先も選ばなきゃあるけど、沖縄なんか大変みたいよ」
と言う彼女の言葉に、
「だって、沖縄は暖かいし、自然も豊かだから、なんとか生活できるでしょ?
この辺りでそうなったら、冬に、みな凍死しちゃうよ」
と答えながら、そうか、配剤はそこにも働いているのかと思った。

働かなくて良いのだよ、きっと。
必要以上のものはなくても良いと思えば、人間は遊び暮らしても問題ないのだ。
空を見上げて雲の流れに感動したり、海で魚を取ったり、山で山菜やキノコや鳥を捕って、食べることさえ出来たなら、それで十分だろうと、その何者かは言いたいのかもしれない。

でもねえ、もう少し、ホントにもう少しで良いので、いろんなものを多く頂ければ、私って、もっと、良い働きをすると思うんですが、如何なもんでしょうかねえ?

どうも、私はゆとりを持つとろくなことをしないと思われているらしい・・・


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

写真はゴールデンモンキー。
まるで、サルが座っているような根が可愛い!
「見た人、手に入れた人は金運・幸運を授かる」との説明付き。
皆さんもご覧になりましたよね?
きっと、いいことありますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.31

ナメクジ逃げ逃げ

1061013ll
急に暑くなった。
いよいよ、梅雨がやってくるのかしら?

コンテナガーデンに水遣りするために、庭に出て、干してあった雑巾に触ると、ナメクジがいた。
――いかん、「ナメクジ逃げ逃げ」を買ってこなきゃ。

去年、「ナメクジ逃げ逃げ」という歌が流行ったのは、極狭東海地域だけ?

アレはうちの近所の天ぷら油を作っている会社が廃物利用でつくり、そのCMソングを社員が歌い踊って、テレビに取り上げられたりして、有名になったらしい。
幼稚園児が歌い踊ると、なかなか、可愛いかったが・・・

その会社からは時々ある匂いが漂って来て、私はずっとその匂いを嗅ぐと、あの焼き芋のほっくりした黄金色を思い出していたのだが・・・
ある日、生徒に「やっだー、あれって油の匂いですよー」と言われ、それ以来、その匂いを嗅ぐと気持ち悪くなってしまった。

それにしても、ナメクジとカタツムリは殻を背負っているかどうかの違いくらいに思えるが、どうも、ナメクジは分が悪い。
カタツムリは「可愛い~」とか言われるのに、ナメクジだと「きゃー、気持ち悪い」だものね。

ゴキブリだって、カブトムシのメスとの違いはどんなもんよ?
大自然の中で出合ったら、ゴキブリだとは思わないんじゃない?
ゴキブリには人間にとてもよい働きをするキトナーゼがいっぱいらしいので、食糧危機になったら、アレを食べていたら、十分生きられるらしいぞ。

さっきの匂いの話だって、油の匂いと知らなきゃ、私はずっとその匂いで焼き芋を想像して幸せだったはず。

世の中、『紙一重』のものは多いような気がする。
そして、人間って結構いい加減な基準で紙一重の違いを裁いている。

カタツムリで思い出したけど、ドリトル先生が大カタツムリの中に入れて貰って、海の底を旅した話、有ったよね?
子供の頃、巨大な透き通った殻のカタツムリを想像して、いつか絶対にそう言うのに乗りたいと思っていた。
遊園地で作ってくれないかなあ・・・


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

今年も異常気象?

Dsc04962ll
去年の夏、「暑夏」と言うエントリーを書いた。
最近、その主張が受け入れられて嬉しい!
なーんて、別に私の主張が受け入れられたわけではなく、去年の猛暑のせいなのだろうが・・・

細田官房長官が最近、スーツの上着を脱ぎ、ノーネクタイで会見に応じたり、小池沖縄担当大臣が「かりゆしウエア」のセールスをしているところに現れたりしている。
それを見て、あるワイドショーのコメンテーターをしている女優さんが、きちんとした格好をしたほうが良いと発言していた。
そう言う意見もあるから、なかなか服装改革が進まないのかもしれない。

でも、最近、結構、寒くない?
少々風邪気味だからそうなのかと思っていたけど、出会う人毎にそう聞くと、皆さん寒いと言う。
やっぱそうだよね、寒いよね。
姉の話だと、東北ではまだ、田植えが出来ないところが有るらしい。
四月は暑かったのに・・・今年もどうやら、異常気象確定?

今日は午前中、トイレの壁塗りをして、午後、美容院に行った。
何時もの美容師さんがもしかしたらオーストラリアで地震があるかもと心配していた。
なんでも、オーストラリアの海底で蟹がどこかを目指して移動しているらしい。
詳しい情報を知りたくて、ネットで探したのだが、見つけられなかった。
「もう、重なり合うくらいたくさんのカニが移動しているんだよ」とのこと。
その話で、伊勢海老が海底を行進する映像を思い出した。
アレはどこからどこへ移動しているんだっけ?

去年から、思いがけないところで地震が起こっている。
パンゲアが分裂して大陸が移動しているのなら、地球上のどこで地震が起こっても不思議ではないが、最近は特に移動が激しいのかも。
日本が「ひょっこりひょうたん島」みたいになったらどうしよう・・・

と、ここまで書いたところで、ニュースステーションで蟹の報道が・・・

足の長いカニの山盛り!
うっわー、気持ち悪い!
産卵のために集まっているだけらしい・・・
心配しなくてもよさそうだ。

見かけはあまり美味しそうな蟹じゃない。
(欧米人は牛を見て美味しそうと思い、日本人は魚を見て美味しそうと思うらしい)
それでも、今頃、日本の漁船が大挙してオーストラリアに向かっているかもしれないなあ。
最近、私は海老や蟹を食べると、アレルギーが出る。
そんなにアレルギーを発症するほど食べた覚えはないんだけど・・・


写真は愛知万博で見たパレード。
何のパレードだったのだろう?


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

気がかり、あれこれ

Dsc04958ll
ピアノマンはヨーロッパ中に出没していたらしい。
あちこちで目撃証言がある。
それなのに、はっきりと人物特定できない。
なんかツチノコ騒動を思い出した。

ツチノコ・・・今どうなっているんだろう?
探している人が今でもいるのだろうか・・・
村おこしでツチノコを探していた村はどうなったのだろう?
もう、名前も思い出せない。
あの頃は結構覚えていたのになあ・・・

立ち上がりレッサーパンダ風太君もいつまでブームが続くのだろう?
動物園にこき使われて倒れなければ良いが・・・
そうだ、いざとなったら、うちのサクラを貸してあげよう。
顔似ているし、あの子も美味しい物に釣られて立ち上がるから、なんとか代役は務まるだろう。
だけど、食費は予算オーバーかも、笹食べないし。

似ていると言えば、人面魚。
あのコはいまでもあの池で泳いでいるらしい。

そうそう、あのアザラシ・・・・う~ん、タマちゃん!
タマちゃんはどうなったのだろう?
今はどこの川にいるのかなあ?
おっさん顔になってからは、テレビに出なくなったわよね。
子供の頃は可愛かったのに、大きくなるとなんか違うよねと人気が無くなる子役?

――穂積ペペ!
どうしているのだろう?

ああ、気がかりなことがいっぱい!
こんなに心配ばかりしているから、ストレスで太るんだわ。
階段から突き落とされたら、ポンポン弾んで下まで落ちて行きそうな私。
夜中につい、菓子パン食べちゃうの、ストレスのせいに決まってる!

そう言えば、怒って帰っちゃった中国のおばさんも結構良い体格。
あの人もストレス多過ぎ?
なんか、発散方法が怖そう・・・

ハッサンと言えば、百ます計算をこの前テレビでやっていたけど、九九を忘れたのに気がついてショック!
8×3で悩んじゃった。

「気づいた」で思い出したけど、この前、万博でオランダ館にミッフィーが飾ってあって、なんでこんなところにいるんだろうとぼーっと思っていた。
そうか、ミッフィーちゃんはオランダ生まれ?
と気づいたのは、オランダ館を出てから。
私って鈍すぎ!

鈍いと言えば・・・(この後延々と続く)


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.19

愛知万博

真夜中に書いたとおり、昨日は愛知万博の一日。
年若い生徒と行った。

Dsc04938ll
リニアの駅を降りて、
「ねえ、なんか老人度高いわよね」と私。
「なんか、おじいちゃんの匂いがする」と彼女。

企業館はすでに3時間待ちと係員が叫んでいるので、キッコロ・ゴンドラで、向こう端まで行くことにした。
ゴンドラで同席したやけに元気なおじさんは、大人しい奥さんらしきおばさんに、色々説明している。
「あそこが混んでいるときには、このルートが正解なんや」
そして、写真を撮って喜んでいる私を尻目に、奥さんを叱り付ける。
「こんなところでパチパチ撮ったら、向こうでフィルムが無くなるだろうが」
それからも、万博の見所や説明を、滔々と述べておられた。
その張り切りようはほほえましいくらい。
中高年の活性化も万博効果のひとつ?

ゴンドラを降りるとそこはグローバル・コモン4(ヨーロッパ)。
まず、イギリス館を見に行く。
ちょっと、拍子抜け。
イギリスはこの万博に力を入れていないみたい。
イラク戦争でそれどころじゃなかったの?

リトアニア館にはスーツにネクタイ姿の人が大勢入っていった。
もしかしてエージエント?

そのエリアで、良かったのはベルギー館。
チョコレート、ゲット!
でも、つり銭がないという。
嘘でしょう?
北欧共同館も良かった。
Dsc04959llそこではソーセージドッグを食べて、満足。
ちょっと固めのパンだったけど、きゅうりの細切れが入った香りの良いものだった。
ロシア館はなぜか閉館中。

ぶらぶら歩いて、グローバル・コモン3へ移動。
フランス館・イタリア館・ドイツ館は長蛇の列。
諦めて、NEDOパビリオンに並ぶ。
50分待った。
内容は、お子様向き。
あれは子供に席を譲ってあげたほうが良いように思う。
そのあとスペイン館。
少し並んだが、入れた。
この辺りから、大粒の雨が降り始めた。
エジプト館は物凄い混雑。Dsc04967ll
←これは私のお気に入り。
パピルスにエジプト文字であなたの名前を書いてあげます(500円)というのがあって、長蛇の列。
500円って、日本人にはそんなに高価ではないかもしれないけど、エジプトでは結構な金額なのでは?
なんて思う私は、もちろん、書いてもらわなかった。

その後、グローバル・コモン6(オセアニア・東南アジア)へ移動。
アジアの物産展みたい。
それも、アジアン雑貨の輸入販売店よりもしょぼい。
あの津波の影響?

そこから降りて、日本館と大地の塔に向かう。
日本館の待ち時間が3時間と表示されている。
雨もひどくなってきた。
空いているトイレを探しているうちにサツキとメイの家のすぐ近くまで行ってしまい、そのまま見ることに。
Dsc04975ll
普通の家だった。
その手前の日本庭園のほうが素敵。
Dsc04973ll
 
  
 
寒かったので、ラーメンを食べ、日本館に並ぶ。
50分待ちとさっきよりも待ち時間が短くなっていた。
雨のせいと、バス利用客の帰る時間が過ぎたかららしい。

長久手日本館は、まじ、オススメ!
球体の中での映像は素晴らしかった。
あれだけで、今日の収穫はあったと思えるくらい。

それから、また、歩いて日立館を目指す。
暗くなり風が冷たい中、110分並んだ日立館。
なかなか楽しかった。
Dsc04979ll

世界が様々な輸送機関で繋がっている現在、万博をやる必要性はあるのだろうか?
と思わないでもない。
 
森をつぶすのに反対運動が盛んだった理由が納得できるほど、キッコロ・ゴンドラから見た森は豊かで、日本はまだまだ大丈夫と思えた。
あの万博で見たどのパビリオンよりもあの自然は素晴らしい!
Dsc04947ll

森は放ったらかしにすると滅びる。
これを機会に、あの森の整備も出来れば、万博のひとつの成果になるだろう。

また、機会があれば行きたいなあ・・・
でも、気の会わない相手と行くと喧嘩別れしそうなくらい混んでいる。
行かれる方は同行者を選んだほうが良いかも!


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.18

美女で熟女だった私

Dsc01596ll
さて、今日は万博に行く予定なので、更新できないかもなので、こんな時間にエントリー。

ところで、皆さん、最近のエントリーで、「美女で熟女な私」と言うのがあったのを憶えていらっしゃいますか?
ご存じない方はこちらをご覧くださいませ。

で、この前から検索フレーズに「美女 熟」というのがちらほら。
まさかね?
私もググっちゃお!

……
  ……
うっわ!?!
な、なんと、733000件中の1位!

皆さん、私が「日本一の美女で熟女」なことはこれで証明されました。(笑)

グーグルさんって、遊びすぎ!
ロボット検索じゃなかったっけ?

あ、こんな時間!
寝なきゃ。
美貌に差しさわりが・・・

お休みなさ~い!

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

SFはいかが?

Dsc04923ll
今日は久しぶりの完全休日。
昨日の朝、ドリップしていたコーヒーを落として、部屋中をコーヒーまみれにしてしまったので、今日は何もしてはいけないとのお達しが夫から出た。
どうも、疲れているせいだと彼は判断したらしい。

なので、昼まで、うだうだしていたのだが、思いついて、近所のスーパー銭湯に行った。
日曜だと言うのに、数えるほどしか人がいない。
出来た頃は道が渋滞するほどの賑わいだったのに・・・

帰って、この前から書いていた物語の手直し。
「空の国の物語」に「O(オー)」をUPしましたので、お暇な方はどうぞ。

最近、あまり長い物は書いていないので、そろそろ、書き始めなきゃ。
この前、TBいただいた乱歩賞を目指している方は頑張っているかしらん?
私は怠けておりますです、はい。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.13

ゴーヤを植えた

今日はプリザーブドフラワーの作成日。
朝から生徒達が家に来た。

とっ散らかっている家に来てもらうのはどうか、ガーデニングも途中までだし、と思ったのだが、どうしても、プリザーブドフラワーを他所で作るわけにはいかない。
溶液がアルコールなので、危険なのだ。


生徒達が自家製のプリンやパウンドケーキ、ゼリーなどを持ってきてくれたので、早速、お茶にした。
私の作ったウッドデッキを褒めてもらい、いい気分になったところで、プリザーブドフラワーの作成開始。
朝、近くの農園に行き、仕入れて来た大量の花を一つ一つ処理し、色を調合した液に漬け込む。

今日、溶液に漬け込んだものが完成するのは一月後。
どんなものが出来上がるか、楽しみ!

作成後、簡単な昼ごはんを食べて、近くのホームセンターへ寄せ植えの鉢を見に行った。
それぞれに、気に入った鉢を買い、その場で解散。

私は探していたゴーヤの苗を発見!
ゴーヤって凄い優れものなんですって。
前に、斉藤由香さんのエッセイでも紹介されていたけど、夏にはあの葉っぱが日除けになるし、実は次々と収穫できるし、一石何鳥にもなるらしい。
園芸好きの生徒の間でも評判の代物。

ゴーヤ100g中には、ビタミンCがレモンの2~3倍、キャベツの約4倍に相当する120mgが含まれているとのこと。
その上、加熱すると壊れてしまうビタミンが、ゴーヤの場合は、加熱してもほとんど壊れず残っているらしい。
このガーデニングで大量のシミ・ソバカスを作ってしまった私には必需品かも。
ついつい、二つも買ってしまった。

ゴーヤチャンプルーは昔、恵比寿の沖縄出身の人がやっている居酒屋で初めて食べた。
そのときは、こんな苦いものと思ったのだが、なれると癖になる味。
今年はいっぱい食べよう。
夫に雑草と思われて引き抜かれなければ良いが・・・


生徒達がいる間中、サクちゃんは二階に閉じ込められ、鳴き通した。
3時過ぎに生徒達が帰り、解放されると、ぐったりして、寝込んでいる。
「もう年なんだから、我儘させるのは可哀想だ」
と夫は何時も言う。
――あなた、私がおばあちゃんになったら、そうやって労わってくれるんでしょうね?

さて、陽も翳り始めたし、そろそろゴーヤを植えよう。

Dsc04919ll
←ちなみに今の彼女(ゴーヤは女のこ=実をつけるから)、こんな感じ。
どこまで大きくなってくれるかなあ・・・

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.12

美女で熟女な私 

Pic00005ll
今日も昨日のガーデニングの続き。
朝からレンガを積み、石を運び、頑張っていたのだが、昼下がりに雨が降り出した。
でも、やりかけてしまったので、合羽を着て、続けたのだが、かなり、くたくた。

その後レッスンに行き、ようやく家に帰り着き、ブログのアクセス解析を開いたら・・・
”おばさんブログ”というワード。
ググって見ると、一ページ目に載っていた。
怒(ど)っと疲れが・・・

そう言えば、最近、自分をおばさんと呼んでいる。
こんなことじゃ駄目だわ!

ということで、これから私を検索するときは、”美女”とか”熟女”で検索してくださいね。(笑)
タイトルにしておいたから、これで大丈夫!

さて、切込隊長のところでブランド品が売れなくなっていると言うエントリーを見た。

最近は、誰でもヴィトンのお財布を持っている。
二、三日前、スーパーでレジに並び、なんとなく前に並んでいる人たちを見ていると、若い女性、おばあちゃん、中年女性、皆同じ模様の財布を持っていた。

ブランド物を持つメリットは、その価格が高価で、それを皆が知っていること。
それを持っていることがセンスの良いこととされること。
希少価値なもの。
だと言うことだと思っていたのだが・・・

どうも、そのブランドの財布は希少価値な物ではなくなったらしい。
コメヒョウなどが進出したこともあり、価格破壊が起こっているし、
センスがよいとは、さすがに言えなくなりつつあるのかも。

ブランドバブル・・・私が持つ前にハジケてしまったらしい。

さて、これからは何のバブルが始まるのだろう?
今度は乗り遅れないようにしたいものだわ。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

今年の目標 Ⅱ

新月から三日目、細い月が空に張り付いている。

Dsc01656ll今日は庭のガーデニング開始。
レンガを積み上げ、石を敷いた。
それだけで、なんだか、他所の庭みたい。
うんと明るくなった。
これから夏にかけてあちこちを片付けていくつもり。

庭造りはこの家に引っ越して以来の念願だった。
ところが、それをしようとすると、常に何かが起こり出来なかった。
それが、今年、岐阜に行って以来、着々と出来上がっていく。
嬉しい。

結婚してすぐに住んだのは、その頃にしてはおしゃれなマンションだった。
広いリビングダイニング、その上にはロフトがあった。
そのマンションは出来て1年経っていたが、その部屋はまだ未入居だった。
東南の2階の角部屋と言う結構良い場所だったのに。

その頃、夫は忙しくて、毎日午前様だった。
私は帰りを待たずに寝ていた。

ある夜、ロフトで寝ていて、玄関ドアが開いたような気がしたのだが、なぜか、起き上がれなかった。
夢うつつの中で、玄関から誰かがリビングに入ってくる気配を感じた。
夫が帰ってきたのだと思いながら、また眠ってしまった。

しばらくして、目が醒めた。
隣のベッドを見ると夫は寝ていない。
何をしているのだろうと、今度は起き上がり、リビングを見下ろすと、誰もいなかった・・・

それから、何度もそんなことがあった。

そして、ある昼下がり、リビングで転寝してしまった。
リビングのベランダの向こうは竹やぶ。
窓からは爽やかな風が入っていた。

夢の中でも、私はリビングに座っている。
すると、ベランダのフェンスの隙間に下から手が掛かった。
そして、次の瞬間、真っ赤な顔の怪物がフェンスを乗り越えようとしていた。
悲鳴を上げ、目が醒めた。

私はその部屋に住むのが怖くなり、夫に家を買おうと言い出した。
そしてこの家に移ったのだが・・・

私達が出てから、その部屋は、何回も人が入れ替わっているらしい。
どうしてか人が居つかないのだと言う。

この家に移っても、さらにいろんなことが起こり、私も夫も、何故こんなに私達にはいろんなことが起こるのだろうと悩んだのだが・・・それも解決したようだ。
だから、私はガーデニングできるのだろう。

この家を明るく風通しの良い家に生まれ変わらせ、人を幸せにする家にする。
それが今年の私の二つ目の目標になった。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

ps: そうそう、ようやく今日で30000pv達成!
   来ていただいた皆様、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

薮蛇

1053101xさあ、母の日も終わったし、のんびりしたいなあ。
ということで、テレビをつけると、北朝鮮に対するアメリカの軍事制裁の準備が始まっているなんて怖い話題。
そういえば、ブログでもそんな話題があったっけ・・・

どうも韓国の大統領の動きが不穏らしい。
北の核で日本をやっつけようと言う魂胆?
なに、考えてんだか・・・
そんなことになったら、自国が無事ではいられないでしょうに。

まあ、男女を問わず徴兵制で国民を鍛えているから、ニートな日本の若者には負けないかもだけど、戦争は誰も幸せになれない愚行。
こんなに脳天気な国のどこを恐れてそんなことをしようとしているんだか・・・
あまりに、変な動きをすると、こっちもそれに対応しなきゃいけないから、薮蛇じゃない?

そうだ、藪蛇と言えば、この前、
――道の真ん中にロープが落ちている・・・と思いきや、え? 動いてる?
あわててハンドルを切ったのだが、
――あー、間に合わない!
思わず、悲鳴なんか上げてしまった。

通り過ぎて恐る恐るバックミラーを見ると・・・
何とかご無事のご様子。
急いで、出てこられた藪にお戻りになられている。

ふう(~_~;)

何年か前の春には体長30cmほどあるカメが道の真ん中をお散歩なさっておられた。
かなり交通量の多い道路だったので、仕方なく、近くの沼までお連れした。

雀は車が近づいてもぎりぎりまで逃げない。
もしかしてチキンレース気分?

もう、あんたら、危機感、無さ過ぎ!

日本って、人間だけじゃなく、蛇やカメや雀に至るまで、平和ボケ?

でもまあ、こんなことしか書くネタが無い私っていうのも、かなりぬるま湯に浸かっているのかも・・・


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.08

木苺

ふう。
母の日、終わり~。
足が棒、いや、丸太。

Dsc04913ll夫からのプレゼントのケーキを食べながら、「行列のできる法律相談所」を見た。
紳助って謹慎から復帰してさらにパワーアップしたみたい。

え?「男気スイッチ」?

男には男気スイッチがついている。
そのスイッチを押すと、冷静な判断ができなくなり、相手のために、自分にとっては不利な行動もしてしまう。
ふ~ん、それって、若くて可愛い女の子にしか押せないスイッチ?
今の若いオトコの子にもそのスイッチはついているのかしらん?
なんか、男気なんて、死語になっているような気がするけど・・・

もうひとつ、強力な武器の話。

「ひとつだけお願いがあるのですが」と切り出し、「勝手に好きになってもよいですか?」と決める。

これは効くらしい。
「馬鹿ねえ」とか言いながらも、なんかぼうっとして、どんどん、言った相手に惹かれてしまうらしい。

恋愛が技術だと、今頃言われてもなあ・・・人生終わりかけているし。
10代くらいに教えて欲しかったなあ・・・

そう言えば、冬ソナって、こういう台詞で成り立っていたよね。
だったら、これっておばさんにも通用する武器なんだ!
この人生の先にそんなことを言う人に会えるとは思えないけど・・・
でも、どんな武器も跳ね返す堅固な要塞って言うのも・・・寂しいよね。

美輪明宏氏によると、「悟りきってしまうと、生きているのが難しい」らしい。
この世は煩悩がないと生きていけないところなのだそうだ。
男気スイッチや強力な武器、そんなものがある世の中は楽しいなあ・・・
できることなら、一度くらいそんな武器を使ってみたい(ほんとは使って欲しい?)ものだわ。

そのあと、変なコマーシャルを観た。
犬が話し合っている!
可愛い!

などと、ぐうたらぐうたら。
もう、寝よう・・・

そうそう、写真のケーキには木苺が載っていた。
木苺って・・・
初夏、山道で、母が竹を切り取り、取ったばかりの木苺をいれ、潰して木苺のジュースを作ってくれたのを思い出す。
あれも永遠の一瞬だった・・・

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

嘘をつくのは

Dsc04910ll

この前、生徒と話していて、見つけた真理。

「口煩い親の子供って、皆、嘘つきだよね?」
――あ~わかるわ、それ!

「そう言う子って、どんな話も、『でも』とか『だって』で受けるんだよね。
何でそんなに一生懸命、他人の言葉を否定するのか不思議」
――うんうん!

「『そうなの?』とか、『判った』『それ、違うよ』で済むことなのに、ねちねちと言い募って、終いには相手の人格を非難し始めるし・・・」
――そうそう。

「きっと、親にそういわれて育ったんだろうね」
「間違いない!」

「この前、岐阜の老人ホームの施設長が自分の血族を根絶やしにしてしまったけど、あの動機が口うるさい親に対する怨みなんだって」
「そんなのが半世紀以上も経ってから、あんな重大犯罪を引き起こす種になるなら、今から何十年か後には、日本人はどうなっちゃうんだろ?」
そんな話も出た。
「犯罪者の親族になると世間の冷たい目に合うから可愛そうだって、子供や孫を殺すなんて・・・」

そんな話の後で、つい、考えてしまった。
――この二つの事件は根が同じ?

失敗は悪。
本人の心がけが悪いから失敗する。
失敗は二度と繰り返してはいけない。

そういう日本人の総意が、二つの事件を起こしたのだ。

人間って、失敗する生き物なのだと考えるように、日本人は意識を変えたほうが良い。
失敗した人を叱ったり、失敗した人の人格を否定したりするのは、失敗を回避するためには最悪の手段。
そんな目に合うと、人は失敗したと言う事実を隠し始め、それが犯罪や、さらなる失敗に繋がりかねない。

尼崎の事故の運転手も、何回も失敗して、1分30秒の遅れが取り返しのつかない失敗に思えたのだろう・・・
その失敗を隠そうとしてスピードを上げた結果、多くの人々の命が犠牲になった。

失った命は戻らない。

いま、JR西日本の体質や組織が槍玉に上がっているけど、実は私達も同じことをしているかもしれない。
失敗した人に二度と間違わないようにとお説教をした憶えは誰にでもあるのでは?
それは失敗して落ち込んでいる人に、二重のプレッシャーをかけていることなのだが・・・

つまり、あれらの事件や事故を起こしたのは、日本人の「失敗に対する誤まった認識」。

これから、JR西日本だけでなく、私達も、「人は間違うもの。失敗するもの」と認める努力をしたほうが良いだろう。
失敗した人の人格を否定せず、その失敗がその人の成長の糧となるような指導と考え方の研究をしなければ、どこかでまた、新たな犠牲者を生むことになるだろう。

口煩い親は、愛情が溢れて、余計なことを言ってしまう。
表現が稚拙なだけ。

まず、自分が子供の頃にされて厭だったことは繰り返さない。
厭なこと、不正なことを自分で止めて、次の世代には送らない。
その決意が必要なのだ。


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.06

Shall・憂い・dance ?

4041718x
 
 
 
 

 
 
あなたの手を取り
Shall we dance ?

手を取り、組んで、ステップを踏み、ターン
その瞬間、見失い、そのまま、帰らない

温もりの記憶を肩に残し
悲しみは胸底に深く沈め

人は人生のボールルームを駆け抜けていく

小鳥のように
Shall 憂い dance?


テレビで放送されている「シャル・ウイ・ダンス ?」
役所広司はいいなあ。
リチャード・ギアに負けないわ。

何も求めず、誰かの幸せを祈る気持ちは、究極の恋なのかもしれない。
そして、そんな見守るだけの恋を楽しめるのが大人なのだろう。

だとしたら、私っていっぱい恋しているぞ!(いばり)

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.05

こどもの日

dokudamix
予定より早く帰れたので・・・

そうそう、忘れていたのだけど、私、MIXIに入りたいのですが。
別に深い意味は無いけど、そう言うものがあると聞いたからには入りたいなあ・・・ということで。
でも、私の周りにいる人々はMIXIどころかブログも知らない。

で、前に切込隊長が募集した時に、喜んで応募したのだけど・・・
あれって結局、駄目だったのよね?
友達の紹介が無いとは入れないとか・・・どなたか、友達から始めましょう!(笑)

そう言えば、切込隊長のブログのコメント欄は大変なことになっている。
書いている人もタフだなあ・・・ほとんど寝ていないのでは?
なんか奈良のおばさんみたいな人?

切込隊長が100億持っていようが無かろうが、IQがいくらだろうが、どういう学歴だろうが、私は彼の文章が好きなので、どうでも良い。

ギフトは肩書きや学歴、資産を産むけど、それらを失っても消える訳ではない。
ギフトが消えるとしたら、それを私し、他人を傷つけるために使ったときだ。
彼がリアル社会で何をしているかなど、少しも知らないが、彼ほどの人がそれに気づいていない訳はないと思う。

彼の皮肉だけどユーモアに満ちた文章を心待ちにしている今日この頃。

写真は「どくだみ」
名前は恐ろしげだけど、「十薬」のうちのひとつ。
飲んでも塗っても効き目は抜群。
でも、臭いし、苦い。
なかなか、扱い辛いみたい・・・
花言葉は「白い追憶」ですって。

以上、22:00

朝から大掃除していた。
このあと仕事に行くのだが、はたして、大丈夫か?
物凄い状態だ、我が家は。

今日は「こどもの日」
グーグルのログに鯉のぼりぶら下がっている。
最近、グーグルは遊んでいて、一度は観ないと見逃してしまいそう。
年間ログコンテストでもやるのかなあ・・・

そういえば、志賀高原に行く途中で、めざしのようにたくさん連なった鯉のぼりを見たっけ。

忙しいのでとりあえず・・・

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

セントレア

朝、急に思い立って、セントレアまでドライブ。

2月以降に開通した道路が多いのか、カーナビが対応していなくて、凄く立派な高速道路を走っているのに、ナビでは点線の上や田んぼの上を走っていて大笑い。

それでも何とか着いて、見物客用の臨時駐車場に車を入れ、シャトルバスで空港に。

やっぱ、大きいよね。
と感激もそこそこに、お腹空いたし――ご飯、ご飯っと。

あれ?
なに、あの行列!?

どうやら、スカイタウン(飲食店や土産物屋が入っているところ)とスカイデッキに行く人の行列らしい。
幾重にも折れて大きなロビーのかなりの部分が行列で埋まっている。

あ、あれにはちょっと、並びたくないぞ!
まあ、いいや、そこら辺ぶらぶらして帰ろう。

と、うろついていると、上に昇るエスカレーターを発見。

え?これってもしかして・・・(にんまり)
潰れかけたデパートのエスカレーターのようにスカスカのエスカレーターを昇ると、そこはスカイタウンだった。
昇りきって、下を見ると、行列はさらに増えている。

おいおい、あの行列に並んでいる人が知ったら怒るよ。

Sn320017ll

が、下に向かって叫ぶほどの勇気も親切心も無いので、しめしめとちゃっかり自分達だけ楽しんだ・・・と言いたいところだが・・・なんか、筋子とかたらこの粒粒の気持ちがわかったような気が・・・むにゃむにゃ。

何とかすり抜けてスカイデッキに出た。

うわ、目の前を上昇していくよ。
迫力ありだねえ。Sn320014ll


Sn320012ll
向こうの海も対岸の山並みもなかなか。
やっぱ、来てよかった!
Sn320021ll

 
 
 
 

とても店に入って食べられる状況ではないので、天むす(小エビの天ぷらを具にしたオムスビ)とちくわを買って、スカイデッキのベンチで食べた。

恥ずかしくないの?――って?
大丈夫、皆、地べたに座り込んだり、立ったりして食べているもん。
皆でやれば恥ずかしくない。(笑)
だって、どの店も物凄い行列。
サバイバルだよ、あの空港は。

Sn320020ll  

その後、空港中を探検して、まるで人のいないトイレとか、とても気持ちが良い、静かな場所とか、いっぱい見つけたので、今度からはもっと要領よく動けそう。
(←こんなところもあるのよ)


で、考えたのだけど、あの混雑は飲食店を一箇所に集め、スカイデッキへの出口の手前に配したのが原因。
たぶん、集客を考えた結果なのかもしれないけど、あれはちょっと、問題ありのような気がする。
全体はスカスカで、ある箇所だけギチギチというのは建物の構造上も危ないのでは?

もうひとつ、今日、分かったことがある。
でも、これは・・・書かなくて済みますように。

2時間ほど空港を楽しんで、まだ早いということで、師崎を通って帰ることにした。
知多半島の先端を回って帰るルート。

途中、温泉に寄って、海を見ながら入浴。
温泉を出て、海沿いの道を走っていると空港の支店は長蛇の列だった「まるは食堂」の本店を見っけ~。
食事をして帰ってきた。

Sn320023ll

盛りだくさんな一日。
でも、私のGWはこれで終わり。
明日からは「母の日」のため、怒涛の四日間が始まる。
つかの間の休息日でした。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

意地悪な大人

Dsc04905x
子供じみた意地悪を大人でもすることがある。
結構、皆、そう言う意地悪を経験していると思う。
私もたまに出くわして困るときがある。


前はカッカしていたのだが、最近は何かあっても、すぐに心安らかになれる方法を手に入れた。

それは岐阜の人に、
「あんたに悪意を持った人はそれが自分に跳ね返り大変な思いをする」というお言葉を頂いたからだ。
「自分が吐いた唾があんたに届かずに自分に掛かるのだから、あんたのせいじゃない。気にするな」
とも言ってくださった。

その真偽はともかく、
――あら、意地悪されているみたい。まあ、なんて可哀想なこの人!
と思えるって、楽!
皆さんも、私に意地悪するのはやめましょうね(笑)

そして、ここに来てくださったあなた、今度からそう思うと良いですよ。
意地悪をしてる相手が可哀想になります。

どんな人でも他人に対して悪意を持つと、その結果を引き受ける羽目になるのは当然。
この法則は間違いない!

え? あなたに意地悪をした人はうまく行って、どんどん出世している?
素敵なお婿さんを見つけて、なんかやけに幸せそうだ?

まあまあ、若い頃にどんなにうまく行っていても、そんな人は年を取ると、顔にそう言う悪意が現われ、醜い気難しげな老人になり、人から嫌われます。
周りに悪意を放っていると、いずれ、お返しの悪意に囲まれてしまいます。

そのときに、あなたへの悪意も一緒に精算されますから、ご心配なく。
後は体力をつけて、その人よりも長生きして、その人生を見届けましょう(笑)

あら、私が一番意地悪だわ!


パワーハラスメントに今でもたくさんのご訪問をいただきます。
つまりそれだけ悩んでいる人が多いのでしょう。

でも、それを「ハラスメント」と受け取り、深く傷つくのを選んでいるのは自分であるとも言えます。
悪意を受け流し自分の中に届かせない――そう自分の考えを変えるというのも、ハラスメントに対処するひとつの手です。
今日のエントリーは、ハラスメントに対処する考え方の提示。
他人を変えるのはとても難しいけれど、自分の感じ方なら、努力すれば変わります。
変えれば、今よりもずっと楽しく生きられます。
ただし、能天気になりすぎると言う後遺症はあるかも、ですけど。


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.30

筍、掘っちゃいました

昨日に続いて、暑い日。

今日はある会の「たけのこパーティ」に誘われて、出かけた。
うっそうと茂る竹林の中で、そこらで掘ったばかりの筍を食べる会らしい。

毎年誘われていたのだが、なかなか都合が付かず、今年も行けないかと思っていたら、夫が急に出勤すると出かけたので、思いついていくことに・・・

Dsc04900ll
案内されていた竹やぶに入っていくと、子供の騒ぐ声・・・それを頼りにたどり着いた。

用意されていたのは、

Dsc04897ll

山菜のてんぷら。
筍ご飯。
 
  


Dsc04898ll


筍汁。
山菜のおひたし。
もちろん、定番のバーベキュー。
 
 
 
 
 
お土産は自分で掘った筍、と言われて少し上のほうに掘りにいった。

Dsc04899ll
 
 
 
 

あちこちににょきにょきと筍が出ている。
 
 
Dsc04891llなかなか、うまく掘れない。

私達が苦労して掘っているのに、会の主催者、何時もバラを頂いている農家のご主人は一回でさくっと掘ってしまう。
スキルだ。

 
 

  
    

Dsc04902ll
 
 
タンポポは綿毛を飛ばし、名も知れぬ花が咲く麗らかな春の日。 
お腹いっぱいで苦しい・・・
 
Dsc04901ll


 
 
  
 

  

その後、生け込みに行き、帰りにスーパーに寄った。
私が掘った大きさの筍でも500円もしていてびっくり。

――そういえば、今年は筍が少ないと農家の人も言っていたっけ・・・

そんな貴重な筍なのに、忘れてきちゃったんだよね、私ったら・・・トホ。


<5/2追記> 
名も知れぬ花と書いたのですが、紫の花は「セイヨウキランソウ」別名「アジュガ」らしいです。
れっきとした栽培種みたいです。
でも、かなりの山の中にあったので、植えられたのが野生化したのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.28

アフィリエイト

Dsc04884ll今日も楽しい珪藻土壁塗り!
♪ふんふん♪~おお、上手!
「壁塗り隊」に参加できるかなあ・・・
でも、これ以上は「母の日」過ぎにしよっと。
「母の日」に倒れたのでは、顰蹙ものですものね。

さて、こんなお気楽な私なのに、ご褒美貰っちゃいました~。

朝、何時ものメールチェックをしていると・・・
うん?
Amazonから何のお知らせ?
アフィリエイトの結果って・・・支払いが発生しているの?

ログインして見てみると、結構な金額。
( ^)o(^ ) ←わーいって打つとこう出る。
嘘みたい!
たぶん、一部屋分の珪藻土がこれで買える。
心置きなく壁塗りできそう(笑)

これって、思いがけないご褒美。
やっぱ、一生懸命にお利口にしようと頑張っているから?
ご先祖様からのご褒美?

「いや、私からのご褒美だ」と思っているあなた、ありがとう!
何をお買い上げくださったの?

それにしても、貼り付けただけのAmazonのアフィリエイトが機能しているなんて、感激。
アフィリエイトなんて、私には無理だと思っていたの。
だって、いまいち仕組みを理解していないし、宣伝の仕方もわからない。
収入もまるで期待していなかったのに・・・

もちろん、収入は嬉しい。
でも、それよりも、Amazonの窓口はどこのブログにもあるのに、うちを選んでくださったことが嬉しい。
なんか、その人と私にはちょっとした「一期一会」があったみたいじゃない?

と、今日も幸せなおばさんでありましたとさ・・・

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.27

壁、塗っちゃいました!

今日は午前中、花の仕事。
その後、我が家の壁を塗った。
随分前にサクちゃんがお留守番させられたのを怒って、壁紙を口で剥いで、その下の板を齧ってしまった。
新しい壁紙を張ると、私はシックハウス気味なので具合が悪くなるような気がして、そのままにしておいたのだ。

今日、塗ったのは、流行の珪藻土。
ずっとシックハウスでも大丈夫そうなものを探していて、壁紙の上からも塗れる優れものを見つけた。
ウッドデッキの材料を購入したホームセンターでそれを見つけて以来、塗りたくて仕方が無くなり、ついに今日、決行。

夫は帰ってびっくりするだろうなあ。
でも、この前のウッドデッキの時はあまりびっくりしていなかったから、今回も無感動かも。
朝、会社に行って残業して帰ったら、ウッドデッキが付いていたら、普通は驚くと思うのだが・・・
私と暮らしているとそんなことで驚いていては、やっていけない?

暗くなるまでかかって、ようやく、壁一面が完成。
なんとも落ち着く。
良いよ、まじ、おすすめ!

その話を姉にしたところ、
「『珪藻土の壁塗り隊』と言うのがあるらしいよ」とのこと。

なんでも一回珪藻土で自宅の壁を塗ったことのある人の集まりで、自分の家に飽き足らず、他所の家まで塗りに来てくれるらしい。
そんな人はどこにいるのだろうとネットで調べてみた。
一件、記述を見つけたが、詳しい内容まで書いていなかった。
エコロジーに嵌っている方のサイトに行けばわかるのかしら?
でもなんかその気持ちわかる。

もー、楽しいったらない!

粉になった珪藻土を水で捏ねるのも、壁に塗るのも、泥だらけになるのも楽しい!
仕上がりはでこぼこなんだけど、それがまた良い感じ!

病み付きになりそう・・・

Dsc04883ll
どうよ、なかなかでしょ?

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

パソコンが壊れたらテレビを観よう!

Dsc04875x昨日のエントリーのおかげで、今日のうちのブログは賑やか。
それにしても、トレンドマイクロ社はちょっと大変そう。買い換えちゃったなんて人もいるし・・・
この補償って、どうなるんだろう?

会社に補償して、個人に補償しないってのもどうかと思うけど、個人となると物凄い数よね。

――あ、なんか、フジテレビから貰った資金でライブドアが参入しそう(笑)

結局、うちは半日使用不可だったけど、かなり不安になった。
どうやら、私って、パソコン依存症らしい。
辞書、電話帳、その他もろもろ、いろんな情報すべてをインターネットから得ているので、すぐに買いに走ってしまった人の気持ち、判かるなあ・・・

今度こういうことになったら、一日中、テレビを観よう。
トレンドマイクロ社も、これに反省して、何かドジったら、すぐに情報開示してトップニュースで報道するようにテレビ局やラジオ局に交渉してくださいね。
メールも受け取れないので、インターンネットで情報流しても、何の役にも立ちませんって。

でも、パソコン本体については、皆さん、あまり信用していないことが、今回のことで判明した。
うちの夫も、私が症状を話したら、「壊れたな」と即座に言ったし、パソコンの補修をしていた姪に訊いたら、「○○(本人はちゃんと固有名詞を言ったのだが、私が忘れた)が飛んだかも」と言った。

実は、私は絶対にそうじゃないと思っていた。
以前、私のパソコンがどんどん文字化けしていって使えなくなった時、夫は私の使い方がおかしいから壊れたといって買い換えた。
ところが、新しいパソコンでもそうなったので、夫に言う前にメーカーに電話した。
だって、同じ壊れ方ってあんまりじゃない?
私の話を聞いたメーカーの人は「それはWindowsのバグですね」とこともなげに言い、対処を教えてくれた。
cashを消すだけで、それは直った。
今回、あの時と似たような雰囲気を感じていたの。
で、メーカーに何度も電話していたけど、繋がらなかった・・・そりゃ、全国でこんなことが起こってりゃ、電話もパンクするさね。

結構、こんなことは日常茶飯事に起こっている?
個人的とか局地的なことと自己判断していることが、実は全国規模とか地球規模で起こっている可能性はある。
今までは隣近所にしか話していかなかったことをブログで書けば、実はどこでも起こっているなんてこともあるかも。

世界規模の井戸端会議をブログですると、とんでもない陰謀が発見できる?!

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね

ps: そういえば、この前、地震雲?と写真をUPしたけど、
    アレって、やはり地震雲だったのかしら?
    あの二日くらい後に、また福岡で震度5強の地震があった
    わよね。
    
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.23

うちのバス猫 2

それにしても、ウイルスバスターにやられるとは思わなかった。
と言うことはウイルスバスターを手に入れれば、世界を牛耳ることができるということ?
「ターミネーター」のスカイネットのような働きができるのね。

ウイルスバスターのような働きをするものを二種類別のメーカー製の物を入れておかないと、企業のPCは危険?
だって、うちのように自動アップデートしていくと防ぎようが無い。
それと、もしかしたら、自動アップデートの際に、PC内のデータを盗み出すのだって可能かもしれない。
情報がそう言う会社に集積されて、何かに利用される危険性もあるのよね。

便利って、誰かに何かを委ねている事でもあるのね。


☆☆☆ 以上は 20:40に追加 ☆☆☆


Dsc04879xもー、今日は焦っちゃいましたわ。
朝からオーダーのチェックをしていたら、ウイルスバスターが何時もの自動更新をした。

その後、あれ?!
クリックしたら、画面がフリーズ。
あらら、また、壊しちゃった?
それともウイルスに入られちゃった?

夫を起こして、説明したら、「また壊したの?」みたいな反応。
「私、何時ものことしかしてないもん!」
と主張するが、冷たい視線。

その後、花の仕事に行き帰っても、まだ、復旧していなかった。
ありとあらゆる資料を出して、夫は奮闘していたみたいなのだが・・・

その奮闘を見ながら、(何もできないので)私は柏餅を食べ、テレビを観ていた。
ニュースが始まった。

「JR東日本や大阪市営地下鉄、朝日新聞社、読売新聞社、共同通信社などで 23日午前、端末から社内LANシステムへの接続ができなくなるなどのトラブルが 相次ぎました」
――ふうん、うちと同じようなことが世間でも起こっているのね?
「これはトレンドマイクロ社の・・・」
――ちょっと、待った!ウイルスバスターの更新の後に不具合?
それって、まるっきりうちの状態じゃない!

夫に絶対これと同じだよと主張する。
夫は「まさか」と言いながらも、復旧の手順を踏むと、ばっちり、復旧!

「あんたのせいだよ、バス猫ちゃん!」

うちのウイルスバスターってJRや新聞社なみに働いていたのね。

ふう。
とりあえず、ご報告のエントリー。
また、今晩更新するかもです。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね


| | コメント (6) | トラックバック (5)

2005.04.21

ウッドデッキ作っちゃいました!

Dsc04870x
もう、今日の私ったら、とんでもない働き者!
ふふふ、今日は念願だったウッドデッキを作っちゃいました。

その材料、板が120枚、角材が20本、ブロックが30個。
そのほかに小さな板50枚。
それを三日前から友人に手伝ってもらい用意していたの。
で、今日は朝からそれの組み立て。
幸いなことにある友人のご主人が休みだったので手伝ってくださることに。
大工仕事をしたことのある人なので、その手際の素晴らしいこと!

釘打ちはその人にお任せして、私たちは塗料を塗ったり、板を運んだり、ブロックの下の土をならしたり――例によって雨雲が無いのに局地的雨が降って洗濯物を入れる騒ぎをしたり、サクちゃんが吼えすぎてお戻ししたり、とドタバタしたけれど、組み立て始めて6時間で5坪ほどのウッドデッキが完成!
うーん、凄い出来栄え。
まるで、プロが作ったみたいだよねと自画自賛。

せっかく出来上がったウッドデッキで、お茶をする間もなく、ご飯の支度があるからと友人達は帰っていきました。

今日、出来上がったのは土台だけ。
この後、ラティスをつけたり、少し残った土の部分のガーデニングをする予定です。
後はのんびり楽しみながらやりましょう。

このウッドデッキで、今年の夏はビールを飲んでまったりしたいなあ。
もちろん、彼女達にはお礼のお茶会をしなければね。

で、筋肉痛、日焼けによる顔のひりひりなどの症状に悩まされているので、今日は早く寝ます。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.19

泳げない犬は何を夢見る?

Dsc04863x
風が湿気を含んでいる。
明日は雨らしい。

今テレビをつけたら、犬のスポーツクラブなるものが・・・
おいおい、犬が救命胴着を着けて、何人かの係員に支えられて泳いでいるよ。
世も末だね。
などと思ったわけだが、実は「世も末犬」はうちにもいる。

うちのサクラは泳げない。
一応、犬かきらしき真似事はするのだが、水に入れるとズボズボと沈んでいく。

考えてみれば、あの子の親は両方ともチャンピオンだ。
血統書を見るとその前の世代もチャンピオン。
彼らは泳いだことなどないだろう。
あの子の遺伝子には「泳ぐと言う情報」は無いか、かなり希薄になっているのかもしれない。

昔サクラの母親に会いに行ったことがある。
その家はブリーダーをしているので、居間に入るとあちこちから大小のヨークシャテリアがわらわらと近づいてきて、サクラの臭いを嗅いだ。
サクラはその家で生まれ、3ヶ月間はそこで育ったはずなのだが、コチコチになり、一番上等なお座りをして固まっていた。

サクラの母親はサクラを見ても何も感動が無いらしく、他の犬のように近づきもしなかった。
彼女は胴長ででかくてブーなサクラとは違い、小さくてスマートで上品で気取っていた。
その母親を見た時から、私はサクラが彼女の子供であることを疑っているのだが、生まれてすぐに見に行った姉に言わせると間違いないという。
サクラは双子で、もう一匹はサクラの半分しかなかったらしい。
つまり、サクラはその時点でヨーキーのチャンピオンの家系の異端犬だったわけだ。
だから、うちに来る羽目になったのだろう。

サクラはチャンピオンになれなかったし、あまりおめかしもさせて貰えないし、散歩も庭に出して終わりにされたりしている今の境遇をどう思っているのだろう?
姉の夫は、「サクラほど幸せな犬は知らない」と姉に言っているらしい。
そう他人に思われているなら、サクラはうちに来て不幸ではなかったかもしれない。

泳げなくても、大食いでも、時々、粗相をしても、あなたはうちの「大事」
ベッドの毛布で寝ているサクラにそう話しかけてみると、上機嫌で尻尾を振る。
その上機嫌な尻尾に使われているようなもんだな、私って。

そうそう、写真は「大犬ふぐり」
サクちゃんにはないけどね。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.15

美トカゲと遭遇

Dsc04835x

今日はガーデニングの講習会。

その後、花の仕入れに行き、その後友人達と里山で遅い昼食を食べ、散歩した。

 そんなことをしたせいか、さっきからくしゃみ連発中。

(そのうえ、写真がうまく貼れない、トホ)

   

Dsc04844-1x

蓮華が満開!

Dsc04868-1x

美人のトカゲやおたまじゃくしに会えて、ラッキー!

Dsc04841-1x

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

ヘルシーフール

Dsc04828x

素晴らしい天気。
車なんか洗ってしまった。
明日、雪が降ったら私のせいかも。

なんだかとっても体調が良い!
朝もすっきり起きれるし、眩暈とか息切れとかも無い。
頭痛も嘘のように消えている。
こんなにすっきりしていてよいものだろうか?
うふうふと笑いたくなるくらい元気だ。

で、元気だとパソコンの前にいる時間が短くなる。
ダンシングフール(踊る人は何時も上機嫌)と言う言葉があるが、ヘルシーフールと言うのもありそうな気がする。
健康だと、いろんなことをぐちゃぐちゃ悩んでいられない。
身体が何時も外に飛び出していきたがって仕方ないのだ。

家の中に篭っていられるということは、たぶん、体調も悪いのだ。
ニートは精神がどうのこうのと言う前に、どこか身体のバランスが崩れているのかもしれない。
精神論で裁く前に、健康診断をしっかりやったほうが良いのかも。

さっきからガーデニング講習の資料つくりをしていて、18世紀前半のイギリスで、精神疾患の患者を収容する施設でリハビリの一環として土いじりをさせていたと言う記述を見つけた。
化学療法の進歩に伴い、そのリハビリは忘れられたようなのだが・・・
だが、その植物の癒しの力が最近見直されてきて、1993年に「園芸療法」と言うのをアメリカのダイアンレルフという博士が提唱して以来、老人ホームや精神疾患者、身体障害者などの施設でガーデニングが積極的の行われていると言う。

そうか、ニートもまずガーデニングを始めればよいかもしれない。
まず、園芸や花の仕事を中心とした学校を作って・・・あれ、これって私がやろうとして挫折した奴じゃない!
5年前には誰の賛同も得られなかったんだっけ・・・
なんであなたがそんなことを考えるの?
と皆にいわれた。
銀行にも笑われたっけ。
絶対必要だと思っていたけど、誰もその頃、必要性を感じていなかった。
おばさんですら判っていたことだったのに、いまさら、ニート問題で騒いでいるなんて・・・

まあ、そのうち、雨後の竹の子のようにそんな学校ができてくるだろう。
私がやることは無かっただけの話だ。
私は一足先に脳天気な幸せ者になってしまったけど、それを申し訳なく思わなくて済む。
私は私にやれるだけのことはやった。
私がその器ではなかったと言うことなのだから。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.13

小人たちが集団で

Dsc04827x今朝、車を運転していたら、小さなピンクの何かが道路を横切って走っていった。
え?小人?
ああ、ついに頭にきたか・・・そう言えば、最近物忘れ激しいし、よく物を失くすし、時間があっという間に過ぎるしなあ・・・

その上、幻覚まで見るようになったんだ。
私も母のようになるんだろうか?
どうしよう・・・
などと思いながら良く見ると、それは桜の花びらだった。

花びらが舞うのではなく、つつつっと走るように、道路を風に流されて行く。
道すがら、花びらの集団が幾筋も目の前を横切っていった。
あちこちの桜の木から道路に飛ばされてきているらしい。
可愛い!

小人達は駆けっこでもしているように、急いで走り抜けていく。
一緒に春も駆け足で去っていくようだ。

こんなに天気が良いなら、外でご飯にしよう!
お弁当を買って、遅い昼食を山の中の池のほとりで食べた。

様々な芽吹き色に装った木々が強い風にざわざわしている。
その中に紛れた桜の木から飛ばされた花びらが、風溜まりでピンクの絨毯になっている。

あー、いい気持ち。

世間は色々騒がしいし、自分の中にも様々な感情が渦巻いているけど、こうやって、自然を見ていると、
「世はすべてことも無し」


人間のやっていることなど、たいしたことではない。
私たちは地球に優しいとか、温暖化を防止するとか、いろいろ言っているけど、地球はそんなことを人間にしてもらわなくても、人間が嫌になれば、消すことなど簡単なのだ。

少し地球が震えただけで、私たちなど絶滅してしまう。
その絶滅を何度繰り返しても、次の生命体が出てきて、次の進化が始まる。
地球にとって、人間など生物の一種に過ぎない。

私たちには地球を守ることなどできない。
私たちが地球に守られているのだ。
私たちにできることは、ただ、こうして生きていられることに感謝し、すべてのものに感謝して、短い生をなるべく誰にも迷惑をかけないように自分の出来るだけの範囲で楽しんで生きることくらいしかない。

砂に埋もれ、緑に隠され、ひっそりと時の狭間に残されている遺跡は、
「どのような繁栄も地球にとってはほんの一瞬であり、どのような構造物もいずれは土くれに還る」
ということを教えている。
そして、命は、またその土くれの中から新たな形で生まれてくるのだ。

この前、ある人に、「小さなことにも気をつけたほうがよいかもしれませんね」とメールしたら、
「心して・・・といっても、ナニをどうすればよいのかさっぱりわからない」
と帰って来て、私も、どういえばよいのだろうと思っていたのだが、今日、春の山を見ていて気付いた。

――日々、すべてに感謝し、すべてを愛するように努力する。
それだけで良いんじゃない?

幸いなことに、私たちは他人や他国を憎めとは教育されていない。
やり直すことは可能だ。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.11

春の独り言

4040736x
今朝、うちのビニールハウスに猫がすんでいた。
暖かくなったので、中の鉢物を出して、何も植えていない植木鉢を入れていたのだが、その鉢の中が和むらしい・・・少しは彼らのお役に立てたようで嬉しい。

と、朝から気分を良くしたのだが、ゴミを捨てに行き、戻ってテレビをつけると地震のニュース。
え? 千葉で震度5・・・酷い被害は無いようだ。
この前から書いているショートストーリーを思い出す。
早く書き上げなきゃ。
現実が物語を追い越してしまう。

最近忙しくて、なかなか書く時間を取れなかったけど、ここ数日で、パタパタといろんなことが片付いた。
なんかすっきり。
その上、今年は桜の季節を存分に堪能できて、とても幸せな気分。
日本の春は素晴らしい。
花粉症だった頃、春は辛い季節でしかなかった。
あの頃はこんなに春を楽しめるようになれるとは思わなかったけど、人間、どうにかなるもんだ。

明日はどうなるかわからない。
だが、今日一日、できるだけのことをしたなら、明日の心配は無用。
今日の私が昨日の私を愛しているように、明日の私はきっと今日の私を愛してくれるだろう。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.10

Birthday

Dsc00969x
雲が低く垂れて一日中、曇っていた。
でも、今日はBirthday、野山に行こう!

ということで、東名を走り、豊田ジャンクションから東海環状道路に入った。
休憩で入った蔵が池のハイウェイオアシスには桜の山がいくつもあった。
サクラを連れていたので、外でお弁当を食べ、散歩。

そう言えば昨日も各務原のハイウェイオアシスに立ち寄ったけど、あそこにはセガワールドがあって驚いたっけ。
民営化について反対意見も多いけど、道路公団は民営化に向けて次第に変容しようとしている。
JRの成功など考えれば、郵政も民営化により、新しいビジネスに向かって努力するから、国民のため日本の活性化のために良いのでは?

何よりもそこの職員達の能力が、勿体無い。
彼らにはもっと、社会に貢献できる能力があるはずなのだから。
国家にぶら下がる人をいかに少なくするかがこの少子化を迎える日本の課題。
優秀な人には、自力で自分の人生を切り開く力があるのだから、もっと、外に出てもらわないと。

そんなことを桜の山を眺めながら考えてしまう私。
思えば寂しい人生だ。
私の世代でも、不倫だ愛人だと騒いでいる人もいるし、子供や家族のことに夢中の人もいるというのに。
その後、香嵐渓に行き、念願のキクザキイチゲに会えた。
何百本と桜の木も見れたし、幸せな日だった。

昨日お目にかかった岐阜の方は霊能者。
彼女は母のことを話してくれた。
彼女の話した母は病気になる前の母そのものだった。
そして、彼女は私が失敗した原因を剣山の上で何かを為そうとしても為せるもので無いと言ってくださった。
あの土地が妬みと恨みで剣山のように尖った場所になっていたのだと。
そして、我が家にいたものの思いがけない正体。
本当にその存在を想像さえできないものだった。

人間の幸不幸はいたって単純なのだと彼女は言う。
人を恨み妬むと不幸に、愛し感謝すると幸福になれるのだと。
その二つの感情を生まれながらに人は持っている。
ある出来事にあたって、その感情をどうコントロールするかで、人は幸せにも不幸にもなる。
そして、ただ、単に現世の自分の幸不幸に留まらず霊となっても、そして、自分のみならず子孫にも、自分がどちらの感情を選んで生きたかは作用するのだと。

彼女は謝礼を受け取らなかった。
それを受け取ると、自分が罰を受けるのだという。
私は私に働きかけるものの道具に過ぎない。
力を持っているのは私ではない。
もしこの話に感謝したなら、その感謝の心で誰かのために動いてほしい。
そう彼女は仰い、私はその言葉に甘えた。

彼女のような存在はとても不思議だが、私は彼女を信じられた。
彼女は霊を見えることだけが私と違う点で、後の話は、この何年間か私が感じ気付いてきたものと変わらなかったから。

たぶん、真理というものは揺ぎ無い疑いようの無いもので、そこに至る道は無数にあるのだ。
多くの宗教もそのひとつの入り口だし、仕事や思索から入れる人もいるのだろう。
彼女のように何ものかに選ばれる人も・・・
彼女を見ていて、そんなことをふと思った。

さて、これからの一年、私はまた、その真理に少しでも近づけるようにのろのろと歩んでいこうと思う。
感謝の気持ちを保つ努力をしながら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.09

上方修正

今日はある人を訪ねて、岐阜に。
歯ブラシの警告の答えが判り、解決できました。
それは今日は書きませんが、とても思いがけない答えでした。
いつか、書いても良いと判断したときには書きましょう。

行く途中も帰りも、
川縁の土手には菜の花の群生。
川の色、桜の色、菜の花の色。
優しい色彩です。
日本って本当に綺麗な国なんだと実感しました。

素晴らしい春の日を堪能させていただき、すべてのものに感謝!

そうそう、思うところがあり、今日からこのブログ名を変更します。

「葛葉真紀の棚」


今後とも、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

春のこと、あれこれ

桜が満開になった。

Dsc04824x 毎朝通る公園の桜並木は数日前までは冬枯れの枝を震わせていたのに、あっという間に桜色に染まっている。
木花之開耶姫(このはなのさくやひめ)の吐息が聞こえそう・・・

こんな春の日(今日ではない)、私は生まれたのだと嬉しくなる。
母が何時も言っていたけど、うちはその頃洪水の後ですべてを失って経済的に苦しいときだったので、産婆さんへの謝礼が払えるかと、陣痛が来ても心配していたらしい。
父親は何日か前から不在でそれも心細かったのだが、何より、前置胎盤で難産だと言うことは事前に判っていて、死を覚悟してのお産だった。
なかなか産まれなくて、一晩苦しんでいたところ、夕方、父親が帰ってきた。
顔を見てほっとした母に、父は紙包みを差し出した。
中をあけてみると、100万円の札束。
母はそのおかげで、とても、楽な気持ちでお産ができたという。
生まれた子供は唐辛子のようにシワシワのブーでがっかりしたらしいけど、一週間でまるで干し若布を水に入れた時のようにぱんと膨らんで、皆を驚かせたそうな・・・

私の誕生日というと、母はいつもその話をしてくれた。
そして、付け加える。
「100万円を枕にして産んであげたんだから、お前はとても運の良い子のはずなんだけどね」

あの頃の100万円、今ではいくらになるのだろう?
百万長者と言う言葉があった頃だから、結構な額だったと思う。
それにしても、うちのパパったら、どこからそんなお金を持ってきたのやら。
物心付いた頃には綺麗さっぱりなくなっていたような・・・

さて、今日も忙しくて、ついさっき、遅い夕食を摂った。
例の土鍋でご飯を炊いている間、テレビをつけると、細木数子氏が京都の吉兆で茶屋遊びをしていた。
朝昇竜関が踊っている。
みな、とても楽しそうだ。
あ、そっか・・・齋藤孝だ!
身体を動かすのに皆が参加し、優しい言葉が飛び交い、綺麗な着物を着た綺麗な女の人がニコニコしている。
茶屋遊びって、上機嫌を作るプロフェッショナルが考え付いたものだったんだ。

あのシステムを何かに応用できないかなあ。
今の世の中に必要そうだけど。

c-rawumber←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.07

カタクリとUFO

Dsc01870ll今日は朝からレッスン。
その後、花の仕入れ。
そこで急に思いついて、友人に「片栗の花、見に行かない?」と電話した。
彼女がもう一人誘い、三人で片栗が咲いていると言う豊橋の山の中へ。
シクラメンに似た可憐な花が満開!
100m四方くらいの斜面が薄ピンクに染まっている。
たぶん、もう少し早い時期だったら、もっと、紫がかっていたのではと思うのだが・・・

スプリングエフェメラル(春の儚い命)と称される花のひとつだけど、私が住んでいた山の中では片栗の花も葉っぱも食べていた。
少し苦味が強くて、とろみが付いているほうれん草のような味で、コゴミやゼンマイと同じように、春の食卓を飾る山菜だったのだが・・・
その話をすると、「ここでやったら捕まるよ」と二人から冷たい視線を受けた。
考えてみれば、贅沢なものを食べていたんだね。
で、その片栗の群生のすぐ側に、木蓮や桜や桃の花が咲いている。
春がいっぱいのとても綺麗なところだった。

話は変わるのだが、我が家の上空は以前、旅客機の通り道だった。
庭で見上げると胴体が見えるくらい真上を飛んでいたのだが、セントレアに変わってからは、あまり飛行機を見かけない。
どうも、順路から外れたらしい。

ところが、はっきりと形がわからないけど、かなり強く光るものが、良く飛んでいる。
動いているのもあるし、一箇所に止まっているものもある。
不思議なことに瞬きをしたり、視線を外すと、次の瞬間には消えて、探してもどこにもいない。
昨日など、車を止めて、空中眺め廻してしまった。
厳密な意味でのUFO(未確認飛行物体)だ。

あれって前から飛んでいたけど、私が飛行機と思っていただけなのか、それとも、最近良くあんなものが飛んでいるのか、それとも、私には今まで見えなかったものが見えるようになったのか・・・

今日行った友人の家の庭には鉄砲ユリの花が咲いていた。
片栗と木蓮と桜と鉄砲ユリが同じ時期に咲くなんて!
今までは無かったことが起こっている。
こういうのは宏観異常とは言わないのかしら?

出かけている間にココログの仕様が変わっていた。

試しに色なんか付けてみましたが・・・

c-rawumber

 ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.05

問題あり?

Dsc00959xふう、忙しい日が終わった。
入学や移動のシーズン、いろいろな花を作った日だった。
これにさらに講習会がひとつある予定だったのだ。
その日程が変わったので、ようやく乗り切れたって感じ。
なんだかこの二三日、花の仕入れ先の近くのおにぎりやさんのおにぎりばかり食べている気がする。

少し気分を変えたくて、お茶でもしようかと思っていたら、夕方、友人から近くに来ていると電話が・・・
ケーキ屋さんでお茶することになった。
娘さんも来ていて久しぶりに楽しい時を過ごした。
最近、太った様な気がしているのだが・・・つい、イチゴの飾られたケーキに手を出してしまい、少し後悔。
1時間ほど話して、夜のレッスンがあるので帰宅。

夜のレッスンで話を聞くと、年度始めで皆さん忙しそう。
帰り、日中暖かさに油断して薄着で出たせいか、外に出ると身震いするほど寒い。
日中、名古屋で19度を越したらしいのに、夜は結構冷え込む。
桜、この週末には咲くかしら?
そろそろ、咲いてくれないと困るよね。
近所の桜の名所は、桜祭が先月末から始まっているのだが、桜が咲かないので人出もないらしく、係の人がこぼしていた。
桜の時期が稼ぎ時って人には待ち遠しいことだろうなあ・・・

さて、そろそろ、誕生日が近づいてきた。
また、ひとつ、年を取る。
「気分は20代の頃とちっとも変わらないのに」
と、若い生徒に言ったら、
「それって問題ですよ」と言われた。

まあ、そうなんだけど・・・少しショックかも。

c-rawumber
 ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.01

春だにょん!

Dsc04803x今日は朝から知人の発表会にお邪魔して、その後、今度の講習会の準備。
その後に予定していたことが私の勘違いで再来週と判明し、ぽっかりと時間が空いた。
家に居る私をサクラが切なそうな目で見上げる。
「春だにょん!かあーしゃん」

そうか、春だよねえ。
桜(花のほうの桜)はまだあまり咲いていないけど、他の花なら咲いている。
と言うことで、片栗の花を見ようと出かける準備をしたのだが、カーナビに行き先を登録すると、到着予定時刻は二時間後。
めげて近場の公園で済ますことにした。

Dsc04809x
山の上の公園は雪柳が咲き乱れていて、綺麗。
街が霞んで見える。
 
Dsc04810x
立派に整備された公園は、花粉症の影響か、人はあまりいない。
臆病者のサクラの散歩にぴったり。
それでも、二・三頭のワンちゃんたちと交流できて、サクラはとても満足そう。

ところで、カーナビを使うようになって思っていたのだが、あのソフトって、同じものしかないのかな?
たとえば、ジャンル別カーナビなんて無いのかしら。
花好きのための花の名所を網羅したカーナビソフトとか、カラオケ好きな人のためのカラオケ店をすべて登録済みのソフトとか、うんと細かい道まで指示するような奴。
開発費は、もちろん、店負担でどうよ。
もう、そんなのあるのかしら?
もしあるなら、先に書いたように、野の花の群生地とか、桜の名所とか、美味しいお店なんかを案内してくれるカーナビもいいなあ・・・

普段と違うことをすると、妄想も膨らむよね。
あれこれ考えて、楽しい一日でした。

c-rawumber
 ←さて、今日のブログランキングは? ポチっとしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

小さな木の実

松ぼっくりを頂いた隣の町の教室に行くには、谷川の側、深い山の中を通ります。
もともと、田舎育ちなので、私はそんな道が大好き。
で、一人でドライブ気分で行くのですが、その道中、今の時期は「小さな木の実」と言う歌を歌っています。
対向車もいないので思いっきり歌って喉が嗄れるくらい。

小さな手のひらに ひとつ 古ぼけた木の実 にぎりしめ 小さなあしあとが ひとつ 草原(そうげん)の中を 駆(か)けてゆく

パパとふたりで 拾(ひろ)った
大切な木の実 にぎりしめ
ことしまた 秋の丘を
少年はひとり 駆けてゆく

小さな心に いつでも
しあわせな秋は あふれてる
風と良く晴れた空と
あたたかいパパの思い出と

坊や 強く生きるんだ
広いこの世界 お前のもの
ことしまた 秋がくると
木の実はささやく パパの言葉

ビゼーの名曲に海野洋司氏が素晴らしい歌詞をつけた歌です。

懐かしく悲しいくせに生きる力が湧いてくるこの歌に、慰められた日々があります。
秋の紅葉を照らす光の中で歌うと、何かに守られていると実感できて幸せ。

この曲は最近、ソプラニスタの岡本友高さんが素晴らしい歌声で歌っていますよね。
でも、最初に聞いたのはNHKの「みんなの歌」ででした。

昨夜といっても今日になりかけた時間に、久しぶりに「みんなの歌」を見てしまいました。
「青い月・・・(?)」という歌でした。
CGを使用しているらしい映像は、ウサギとかアリスのような女の子とか、老人(実は男の子)が出てきて、なかなかファンタスティックで、思わず、見入り、聴き入ってしまいました。

それでふと思い出したのですが、子供の頃、あの「みんなの歌」で、春になると必ず放映される歌がありました。
私はその歌を聴くと、不安で居た堪れなくなり、聴くことが出来なかったのです。
映像は子供たちが走っているという単純なもので、

雀の子 蛙の子 動き出せ 目を覚ませ
と言う何の変哲も無い詩だったのに・・・

神経にちくちくするものは人により様々。
その歌が私の神経のどこかを刺激したのでしょう。

それにしても、今回の歌は子供達にはどう映り、どう響くのかしら?
大人の私が見ていても、胸が騒ぐ歌と映像だったので、つい、そんなことを考えてしまいました。

2110206xx.jpg banner_01.gif にご協力を!

2005.5.17 :トラックバック野郎の御題が「鼻歌&口笛ソング」と知り、つい、トラックバック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)