2015.10.25

わんこカフェから海辺に

朝一番で…

Image


西尾のわんこカフェへ。

早すぎたのか、他のわんこさんはいなかったけど、壁にわんこ達の写真がいっぱい。

コマメも撮っていただいた。

あそこに飾ってもらえるのかな。

Image_4

モーニングを頂いた後、一色の浜海公園へ。

Image_2

海苔漁の時期らしく、船が出ていた。

海に浸かって作業しているみたい。

今日は風が冷たいのに…

海苔が高いのも納得だわ。


帰りはビックママに寄って買い物。

日曜だけあって、めちゃ混みだったけど、あれこれ買い込んで…

ついでに、西浦の東海園地で散歩。



Image_3


昼過ぎには家に帰り、後はまったり。

夕ご飯はビックママでめちゃ安だったアワビでお粥。

美味しゅうございました。(*^-^)






人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.24

その理由は?

夫の母の施設に行きがてら、資材の仕入れに。

今度の作品展用とクリスマスと正月用品の仕入れ。

もう、そんな時期になってしまったのねぇ…

一年、あっという間だわ。


資材屋さんの近くの例のゴミ屋敷はさらにパワーアップしていた。

家の周りはゴミに囲まれ、入り口はゴミで塞がれ、窓からはこぼれ落ちそうなゴミが!

写真を撮ろうとしたら、家主がゴミを運んできて…

撮れずじまい。(*^m^)


豊田のゴミ屋敷は火事で全焼してしまったけど…

ここはそんなことになりませんように。

あんな密集地で燃えちゃったら大変。


我が家もゴミ屋敷に負けないほど物があるけど、ゴミを集める人の気持ちはわからない。

ゴミを集めるようになり、どんなに周囲に諌められても集めることを止められない…

その理由は?


ま、私も食器をついつい買っちゃう人。

欲しいものが食器とゴミの違いだけど、やめられないのは同じ。

欲しいものを手に入れるのに、食器はお金を払うけど、ゴミはタダ。

タダでなおかつそこら中にあるから集めやすい。

法律にも触れないらしく、捕まることもない。

これじゃ、集めたい放題。

ゴミ屋敷を防ぐには、ゴミを持ち帰ることのデメリットが大きくなきゃいけないんじゃ…






人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.23

他人事じゃない

今日も25度越えのこの辺り…

買い物に出ると、すっかり夏服な方も。

でも、朝夕は冷え込むから、冬物パーカーを離せないという、うっかりできない状態に。


そんな気象もあって、心身ともに健やかに生きるのは難しい時期も来ているのか…

殺人事件の多いこと。

しかも全く見ず知らずの他人から危害を加えられるより、親しい間柄の方が多い。

人類最初の殺人が「カインによるアベル殺し」であった様に…


今日の「金スマ」の話題は「アルツハイマー」

大山のぶ代さんの発症の経過が再現されていた。

子供のいないご夫婦だから、ご主人の佐川啓介さんが一人で背負いこんで、追い詰められいく。

そんな中、親友・毒蝮三太夫さんに諭され、大山さんの病気を発表したことで、気が軽くなり…

変容していく大山さんへの悲しみと苛立ちから抜け出し、今の大山さんを受け入れることができる様になり、やがて、まるで幼い娘を見るような眼差しに変わっていく。

それにより大山さんも変わり、明るいあの笑顔を取り戻している。


もし、佐川さんが変容していく大山さんを受け入れられないままだったら、どんどん凶暴になる大山さんを持て余し、施設にお願いすることになっただろう。

それでも、その方が心中や殺人事件になるより悲劇でない。

アルツハイマーを病もうと、大山さんには未来がある。

それが今までの彼女とは異なる人格になっていく未来だとしても、彼女の「生」

親であろうと夫であろうと、奪う権利はない。


幸いなことに大山さんは佐川さんに変容していく自分を認めてもらえて、楽になり、それにより笑顔が出るまでになったのだと思う。

アルツハイマーであろうと、喜怒哀楽はある。

ただ、今までとは違う現れ方をするから、周囲に理解されないだけ。



子供がおらず、アルツハイマーで10年も施設に入るしかなかった母を持つ私…

他人事でない話題だわ。





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.22

ブーメラン

夕方早くに食事をし、その後何も食べないと…

夜中に胃が痛くなる。

胃酸が多いのかなぁ

で、つい、おやつをパクリ

夕方早めの食事はダイエット目的なのに…(;д;)


ということで、順調に育っている私。(*^-^)

困ったものデス。



今日の虎ノ門ニュースに中国から帰化された石平さんが出ていて…

習近平さんの中国内の立ち位置の解説をなさってた。

どうも、あの方、共産党の中に敵がいっぱいらしい。

暗殺を恐れて眠れないから、あんな眠そうな顔をしているという噂は、真実?



そんな習近平さん、エリザベス女王主催の晩餐会で日本の悪口言ったとか…

その時の映像が笑える!

これね。

→http://marticleimage.nicoblomaga.jp/image/279/2015/d/6/d63828e89c08967c349dac778c17608cdd6222881445511902.jpg

アンドリュー王子、寝てる?

他の方達もうんざり顏…

こんな公式の晩餐会でよその国の悪口なんか言われても、表情に困るよね。


で、そのブーメランは直ぐにやってきて…

キャメロン首相との共同記者会見でBBCの女性記者に、

「英国民は、民主主義がなく、不透明で人権に大きな問題を抱えた国とのビジネスが拡大することを、なぜ喜ばなければならないのでしょうか」

なんて聞かれちゃって、首相は驚愕、習近平さんはきちんとした返答ができなかった。

習近平さん、さぞかしビックリされたでしょうけど、言論が自由な国では、そういうこともありますわねえ。

せっかく、英国政府に歓待されて、アメリカでの心が傷が癒せたと思ったら、メディアからバッサリ切られて、またもや、傷心…?

自由主義国家の怖さを思い知って、ますます、言論の自由を弾圧するようになっちゃうかも。

それも困ったブーメランだけど。






人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.21

和食て…

習近平さんが英国で手厚いもてなしをして頂いてるようで…

アメリカの冷遇に傷ついた心が癒されたら何よりでございます。m(_ _)m


今日の虎ノ門ニュースのケント・ギルバートさんによると、習近平さんのためのアメリカの晩餐会で出たのは…

和食!

しかも、わさび入りのマッシュポテトとか大根のなんちゃらもあったんですってよ。

満漢全席の国の国家元首にわさびと大根て…

誰がメニューを考えたんでしょ?


虎ノ門ニュースにはケントさんだけでなく、軍事漫談家(笑)井上和彦さんもゲスト出演。

お二人の話がうまく噛み合って、見事な日米同盟に…

これから、水曜日が楽しみだわ。


で、英国…

所詮、ユーラシア大陸の向こう端だから、中国の脅威に晒される心配はない。

なので、5兆円もの投資案件をお土産に持ってきた習近平さんは大歓迎ということなのだろう。

中国バブルが弾けそうといっても、人口の多い中国はまだまだ発展の余地があるしね。


ただ、その人口の多さが中国のアキレス腱でもある。

無理やり併合した地域の独立運動が激化したら、内戦になりかねない。

そうなった時に、せっせとお金をばらまいた国々が共産党の味方をしてくれるかどうか…

ちょっと、興味のあるところ。






人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.20

国歌と国旗

ラグビー日本代表は31名中10名が外国出身者という編成だったけど…

日本代表代表としての矜持を持ち一致団結する方法の一つとして、国歌を歌っていたという。

外国出身の方々も国家の意味を教えてもらい、一緒に歌ったそうな。

あの歴史的快挙のW杯の試合前にも国歌斉唱をしたらしい。

やはり、国を代表している人たちは、国歌や国旗を精神的な支えとするのだろう。

「君が代」は世界中の国歌とは全く異なり、レとラで構成された雅楽。

歌詞は1000年以上前の古今和歌集に収められた短歌。

「日の丸」は日本の最高神・天照大御神である太陽そのもの。

こんなに素晴らしい国歌と国旗を頂いているのに…

私たち日本人の多くは変な教育をされてしまった結果、国歌を歌い国旗を見ていても、その有り難みに気付けなかった。

外国の方が誇りを持って、国歌斉唱し国旗に礼をするのを見て、気づかされるのって、なんだかなぁ…


これから育つ子供達は素直に国歌を歌い国旗を見ることができますように。

日本人であることに誇りを持てるよう、変な教育はやめていただきたいもので。








人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋晴れ続き

今日も見事な秋晴れで…

暑いったらありゃしない。

最近、こんな汗ばむような暑さが続いている。

今年の冬は暖冬という予測が出ているけど、秋も暖秋?



10月半ばからは例年、作品展の準備で慌ただしいのだけど…

今年も今週から予定が詰まり始めた。

こんなに暑いと花の仕入れが、ちょっと心配。

Image


今日は中国のGDPが発表され、6.9%という発表に、「さもありなん」と受け止める一方で、その影響が懸念されている。

すでに中国は余った鋼板などを東南アジアにダンピングし始めているらしく、日本の鉄鋼メーカーに影響が出ているとか。

ただ、中国に物が売れないという単純な話でなく、日本の得意先への中国からの投げ売りということも考えなきゃいけないのね。

あらゆるところで、この前のインドネシアの高速鉄道のように、なり振り構わない行動に出ちゃう可能性も。

その結果、行き詰ったら、国民の財産没収とか平気でやりそうで怖いわ。

日本では消費税10%実施に伴い、軽減税率をどうするかなんて揉めているけど…

独裁国家だとそんなことで揉めることもないから、為政者たちは独裁国家が羨ましいでしょうね。

国民はたまったものじゃないけど。



とりあえず、日本に生まれて拉致もされず、この歳まで住まわせていただいていることに感謝…







人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.18

ラオス

明け方の夢にラオスが出てきた。

あの東南アジアのラオスではなく…

ギャオスを小型化したような奴。


ギャオス?

ほら、怪獣のギャオス=http://dic.pixiv.net/a/ギャオス

獰猛な鳥系三角顏に三角帽子のような頭で羽のあるやつ。

口から吐く超音波はメスのようになんでも切り裂く。

ギャオスの身長は65mだけど、ラオスは2m程。

羽が無いので、ちょこちょこ走っている。

ギャーギャー言うけど、超音波はでない。

でも、残忍さはギャオスに負けない。

という設定に夢の中ではなっている。

で、そのラオスに追いかけられて、逃げて行った先にゴジラが寝ていたり、

親戚が結婚式だと集まっていたり…

なかなか、忙しい夢だった。


目覚めて…

夫を起こして夢の話をしながら、笑いが止まらなかった。

だって、ラオスだよ!



そんなシュールな夢で始まった今日は、さほどの出来事もなく平凡な1日。

ありがたいことでございます。

波乱万丈は夢だけで充分…


あ…

さっきまでスカパーで「富士山頂」をみていたのだけど、

ギャオスの登場は富士山の火山活動で目覚めたから…

そういえば、この前の真夜中、富士山の深部の動きを感じたんだった。

まさか、小さな噴火?

くわばら、くわばら。









人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.17

ミレニアム

スカパーで、映画「ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女」を見た翌日…

近くのブクオフで小説を発見。

「火と戯れる女」を読み始めたら、これが面白くて、面白くて…

その翌日には「眠れる女と狂卓の騎士」を買いに行く羽目に。


で、今週半ばから、暇さえあれば「ミレニアム」を読んでいて…

昨日は佳境に入ってしまい、ブログを書くどころではない状態に。(≧∇≦)


…「ミレニアム」はリスベットの物語だった。


登場人物を通じて、スウェーデンの文化に少し触れた気がする。

今年の8月に互いの外交官を追放し合うなんてことをしていたスウェーデンとロシア…

昔からフィンランドを間に挟んで揉めていたそうで。

そういう歴史的背景の下に、リズベットの悲劇は生まれたんだなぁ。


「ミレニアム」は本来5部作の予定で、著者のスティーグ・ラーソンは残り二作を書きかけていたという話もあるけど…

ラーソンは「ドラゴンタトゥーの女」の発行前に心筋梗塞で急死。

三部作で終わっている。

なので、結構重要人物なはずのリズベットの妹なんかは行方不明のまま。

でも、三部作で完結したからこそ、引き締まった物語になったとも言えるのかも。

私的には十分に満足…


それにしても、ベストセラーで騒がれていた時には興味がなかったのに、今頃はまっているなんてねぇ。







人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.15

あるべきところ

芭蕉の未発表の句がアメリカで見つかったというニュースに絡んで…

「虎ノ門ニュース」で青山繁晴さんが驚くほど大量の日本の美術・芸術品が戦後アメリカに持ち出されていると発言をされていて…

最近のISILの遺跡破壊なんかの報道を見て考えていたことを思い出した。

それは、美術・芸術・歴史的な遺物は、その価値を認めるところにあった方が良いということ。


大英帝国はエジプトを始め世界中から遺物を集めた。

それは今なら略奪・収奪と呼べる行為だったかもしれないけど、その行為によって異教徒による破壊や自然崩壊から免れたものがある。

日本の場合でも戦後の混乱の中から救われた遺物もあったのだろうから、盗まれたという経緯が判明していないのなら…

大事に展示してくれているものを、「奪われた」「返せ」と憤るより、大事にしてくれてありがとうと感謝した方が良い。

どういう経緯で日本に渡ったのかわからないほど古くから日本にあるものでも、「盗まれた仏像だから、盗み返して何が悪い」という韓国と同じにならないようにしなきゃね。


西洋の芸術がジャポニズムに染まったのは、日本から輸出された陶磁器や漆器、それらの保護紙だった浮世絵のおかげ。

手すきの丈夫な和紙、そこに写された極彩色の浮世絵を惜しげも無く包み紙に…

なんか、その頃の日本人の心意気を感じるわぁ。

比べて…

いまの日本人は、ちょっとケチいかもね。







人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧