« マスクをゲット! | トップページ | ランチミーティング »

2020.02.08

星ヶ丘テラスへ

花の資材の仕入れに名古屋へ。

仕入れ後、夫の母との面会はやめて、星ヶ丘テラスに行くことに。

去年のクリスマス時にはイルミネーションが綺麗だとかなりもてはやされていたから、

コミコミに違いないと覚悟して行ったのだけど…

 

1af0958e59a84230a4cdf92e920bc1d9

あらら。

やっぱ、アレが影響しているのかな?

寒いからだけではないような。

 

F9f7303c3b374261aaf8c6e051afa78b

 

回るお寿司屋さんで遅い昼食。

支払い時に駐車券がないことに気づいて…

車に戻って探したけど、無い!

多分、1枚目の写真をとった時、バッグから携帯を出したんだけど、その時に落としたっぽい。

どこにもないので、管理事務所に行き、再発行してもらう羽目に(*⁰▿⁰*)

 

その後もテラスをウロウロして、パンを買ったり惣菜を買ったり、

人が少ないってラクだわぁ。

でも、お店側にしたら、死活問題だよね。

すみません、爆買いできなくて。

 

帰りの車内でテレビを見たら、ずっと、武漢熱のこと。

あ、武漢熱と新型コロナウイルスを呼ぶのは、青山繁晴さん。

その理由は…

 

「これは中国共産党による独裁が生みだした疫病です。
それも習近平国家主席がみずからを毛沢東に擬して汚職追放の名目で対抗勢力をすべて粛正したために、地方の共産党組織が物も言えない、嘘でもなんでも良いことしか中央に上げられない現下の体制になったことが深く影響して感染が拡がったと思われる疫病です。

 それだけに、やがて中国が発生源であることを忘れさせるような世論工作が行われるでしょう。

 今は、まさか、中国から始まったことを誰も忘れないよと思っていても、病の名から武漢という中国の都市名が消されていると、いつかはこの工作が浸透していく怖れが充分にあります。

そこで武漢という明確な地名を冠し、さらに症状の中でもっとも短い名の症状である「熱」を付(ふ)して、武漢熱としました。

 これは中国に対する偏見では全くありませぬ。

 なぜなら、武漢 ( 国際社会の共通語ではWUHAN ) こそが発生源であることが間違いないからであり、発生の当初、武漢の共産党組織によって隠されていたことも、もはや明白になっているからです。

 独裁が必然的にもたらす保身主義、それによって疫病が深刻な拡大を起こすことは、人類共通のたいせつな教訓です。

 中国で起きた問題を、中国への偏見や怒りで終わらせず、人間が共有できる教訓にするためにこそ、武漢発の疫病であることを、その名で永遠に明示すべきだと考えます」
うん、下手すると、日本発とか言い出しかねないですよ、あやつらは。
今でも、アメリカの化学兵器みたいなことを書いているところもありますし。
で、全世界の武漢熱の感染者は3万4千人を超え、死者数は722人に。
今日はとうとう、中国で闘病されていた日本人もお亡くなりに。
お悔やみ申し上げます。
まだまだ、収束は無理そう…

|

« マスクをゲット! | トップページ | ランチミーティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスクをゲット! | トップページ | ランチミーティング »