« 久しぶりに | トップページ | まるこの母のつぶやき »

2019.07.02

ミューズ細胞

昨日から7月で…

7月といえば一年の後半!

一年、あっという間デス…

 

さて、ついこの前まで空梅雨とか、梅雨が来ないとか言われていたのに、

ここに来て線状降雨帯が発達。

西日本、大変なことになっている。

極端だわぁ。

ま、でも、アメリカでは雪が積もって、ヨーロッパは熱波で焦げて、

そこら中に雹降ってる世界にあっては、

おとなしい方?

 

ニュースを見てもあまり良い話題がない中、朗報が!

 

東北大学の出澤真里教授率いるグループがミューズ細胞という細胞を発見。

この発見、iPS細胞に匹敵するような画期的なもので…

脳梗塞や心筋梗塞などの後遺症を抑える治療に使えるという。

それも点滴するだけでオッケーというお手軽さ!

 

元々、我々の身体の中にミューズ細胞は普通に存在していて、

傷つき壊死した細胞を補い、人体の恒常性を保てるようにしている。

だけど、脳梗塞や心筋梗塞などで大量の細胞死が起こった場合、

身体の中のミューズ細胞だけでは補いきれない。

そのため、細胞が欠損し、後遺症を発症。

元の生活ができない状態になってしまう。

 

もし、脳梗塞になってもミューズ細胞の点滴で元の体に戻れるなら、

どれだけの人々が社会に復帰し、死ぬまで元どおりの生活を送れることか。

それは少子高齢化する日本の希望じゃない?

 

今は治験中のミューズ細胞、実用化するまではもう少しかかるみたいだから、

それまで病気にならないよう頑張らなきゃ!

 

それにしても、今は東北大学教授だけど、

出澤教授は千葉大医学部からキャリアをスタートされておられる。

京都大学の山中伸弥教授は神戸大学から…

受験難関大学に入るための受験脳を鍛えなかったことが返って良かった?

だって、自然の振る舞いから何かをインスパイアするって、

想像力と好奇心が絶対に必要。

答えが一つしかない受験勉強を叩き込まれると、難しくなるのかも。

 

これでミューズ細胞での治療がうまく行ったら、その発見はノーベル賞ものになる。

出澤教授、日本初の女性ノーベル賞授賞者…?

楽しみだなぁ😊

 

 

 

 

 

 

|

« 久しぶりに | トップページ | まるこの母のつぶやき »

コメント

藤本様
はじめまして。

左半身麻痺、さぞかしもどかしくお辛い日々かと…
お見舞い申し上げます。
東北大学病院で脳梗塞患者を対象としたMuse細胞に関しては探索的臨床試験が9月から始まるという発表があります。
詳しいことはそちらに問い合わされたらいかがでしょう?

http://www.lsii.co.jp/pdf/20180903-1.pdf

上記のアドレスはその概要で、
株式会社生命科学インスティチュートというところが仕切っているようです。

どうか、お役に立ちますように。

投稿: kuzuhamaki | 2019.08.17 14:58

不躾ながらメールを送らせていただきます。私は13年前に脳幹出血に倒れました。以後、左半身麻痺で苦しんでおります。13年も経った私でもmuse細胞の効果はございますか、教えていただけないでしょうか、お願いいたします。

投稿: 藤本和彦 | 2019.08.16 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりに | トップページ | まるこの母のつぶやき »