« 眠い | トップページ | 三種の神器 »

2019.04.16

ノートルダム大聖堂炎上

未明、崩れていく世界秩序、

キリスト教の凋落、

フランスの没落、

の象徴のように、

ノートルダム大聖堂が燃え、尖塔が崩れ落ちた。

 

日本では真夜中だったけど、フランスは夕方だったから、

多くの国民や観光客たちが炎に包まれた聖堂を見守り、

賛美歌を唱和したという。

彼らの胸に去来したものを察するに痛ましい…

 

生まれる前からそこに在り、在るのが当然で、

未来永劫在るはずだったものを、ほんの数時間で失うという体験…

フランス人だけがその喪失体験をしたのではない。

世界中の人間が失ったのだ。

 

そして、我々はその喪失体験を乗り越えて先に進まなければならない。

形あるものは壊れるけれど、

壊れても壊れても、

創り続け守り続け、先に進む。

これから生まれ育つ子供達にもっと良いもの、もっと善なるものを遺すために、

我々は生きているのだから。

 

 

|

« 眠い | トップページ | 三種の神器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眠い | トップページ | 三種の神器 »