« 花見と通り雨 | トップページ | 不穏な 寒さ »

2019.04.01

令和

新元号が決まった。

万葉集、大伴旅人が太宰府で行った梅の宴の歌32首の序文から取られたとか。

今度の年号は漢籍からではなく国書を典拠としてほしいという意見が多かったから、

これはもう、万々歳?

 

令和。

一瞬、ポカンとしてしまったけど、じわじわと沁みてくるわぁ。

 

万葉集は皇族・貴族だけでなく、庶民の和歌も収められている。

総理はそのことを強調し、「わが国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書」と紹介した。

そして、

「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく」

「厳しい寒さのあとに春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定いたしました」

SMAPの「世界に一つだけの花」まで引き合いにしたのにはちょっと驚いたけど。

 

でもって、発表以降の騒動は、天皇崩御後でバタバタした前回とは異なり、ちょっとしたお祭りで…

国民が心から新元号制定を楽しむことができて、笑顔が溢れたもので…

これこそが今上陛下が譲位を決意された意味なのだと思えた。

ありがたいことでございます。

A1f57a776bc849f1b17f447736b6038c 

 

今日は寒い1日だったけど…

一月後に迫った令和の時代が、その意味の通り、

さわやかな空気の中に風が柔らかく吹いているよき時代でありますように。

 

 

 

|

« 花見と通り雨 | トップページ | 不穏な 寒さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花見と通り雨 | トップページ | 不穏な 寒さ »