« 3回目 | トップページ | ゆるゆると »

2018.12.16

OriHime

夕方、テレビを見ていたら、ロボットがカフェのようなところで飲み物を運んでいる。

ペッパーちゃんより可愛い!

なんか妖精っぽい。

上品な感じだなぁ。

なんて思いながら見ていたら…

なんと、このロボットを操縦しているのは金田正太郎少年ならぬ…

怪我で寝たきりになられた方だった!


このロボット、(株)オリィ研究所というベンチャー企業の分身ロボット。

身体的、精神的に傷つき、外に出て他者と触れ合ったり仕事をしたりできない人が、

家にいても、ベッドで寝たきりになっていても、

このロボットを操作することで他者と触れ合ったり仕事ができたりというロボット。

今流行りのAIとは違う方向だけど、人間とロボットの共生という点では正しい方向かも。


私が見たのは全長120cmほどの動けるタイプだったけど、

21cmほどの動き回らないタイプのロボットもあるみたい。

そのロボットを自身の代わりに授業に参加させていた引きこもりの中学生が、

自信を取り戻し学校に行けるようになったとか。


凄いことを考える人もいるんだなぁと思って見ていたら、

代表の吉藤さん、めちゃ若い!

会社の案内を見ると、吉藤さん…

***

自身の不登校の体験をもとに、対孤独用分身コミュニケーションロボット「OriHime」を開発(この功績から2012年に「人間力大賞」を受賞)。

開発したロボットを多くの人に使ってもらうべく、株式会社オリィ研究所を設立。

自身の体験から「ベッドの上にいながら、会いたい人と会い、社会に参加できる未来の実現」

を理念に、開発を進めている。

***


ああ、日本、大丈夫だなぁ。

世界覇権を狙うような強欲な発明はできなくても、

というか、せずに、

人のためになろうと必死で努力する若者がいる。


嬉しいなぁ。

本当に、ありがとう。






人気ブログランキング


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村





|

« 3回目 | トップページ | ゆるゆると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OriHime:

« 3回目 | トップページ | ゆるゆると »