« まだまだ | トップページ | 発表された文書は… »

2018.03.11

慰霊

さて、3月11日です。

もう、7年も経ちました。

あの時、もう、ダメかと思った日本がなんとか生き残って、

2年後にはオリンピックまでやろうとしている!


そんなこと、とても思えなかった日々…

国中が重く暗い中、

こちらが励まし癒すべき被災された方々の言動が、

私たちを励まし癒し、勇気をくださった。


あんなに美しく純粋な心を見せられたら、

こっちもいい加減には生きていられない。

それから、私は自分のことだけでなく、この国のことを考えるようになった。

そうすると、今まで信じていたもののまやかしが見えるようになり、

様々な知識も入るようになった。


冷やかし半分で見た虎ノ門ニュースで、

青山繁晴さんの国への熱い思いを知ったのも大きかったなぁ…


おそらく、多くの国民が私のようにあの災害を契機に、

国とは何か、生きるとは何か、災害の意味は何かを考えるようになったのでは?

今また、わけのわからない勢力が国を蝕んでいる。

それに立ち向かう人々に、力を与えるのは国民の国を愛する心。


自然は厳しいけど、日本は本当に美しい国で、

自然から頂く恵も大きい。

この国に生まれたことは本当に幸運なこと…

先の大戦で国のために命を捧げた先人達や、

阪神淡路大震災や東日本大震災で犠牲になられた方々も、

この国に生まれたことを後悔されていなかったのでは?


なので、この国を護り、この国を彼らの子孫に残していくこと。

それが私たちにできる慰霊…


毎年、毎年、この日には同じようなことを思うのです。




人気ブログランキング



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村










|

« まだまだ | トップページ | 発表された文書は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/66486142

この記事へのトラックバック一覧です: 慰霊:

« まだまだ | トップページ | 発表された文書は… »