« 消された参考人 | トップページ | 犬山城が »

2017.07.11

新参者

テレビを見ていたら、梅や桜、桃などを好み木を枯らすカミキリムシの話が…

木の幹に産み付けられた小さな卵が、木の真ん中に穴を開けて枯らしていく!


あ、これ…

エゴノキを枯らしたのと同じ!

エゴノキを切った後、幹のど真ん中に穴が空いていて、虫が入ったのだと知った。

近くに大きなカミキリムシがいて…

。。。。あんたが、犯人!?

問題の外来産のクビアカカミキリムシではなかったけど、

大事なエゴノキを食い荒らす飛んでもない奴!

捕まえようとしたけど、素早く消えてしまった。

なので、我が家の庭にまだ居るかも。


最近、ヒアリがコンテナに入ってやってきて、あちこちで発見されて話題になって居るけど、

カミキリムシの新参者もかなりの困ったちゃんだ。

というか、外来種は日本に馴染んで住み分けができるようになるまでは、無茶苦茶な繁殖をするよね。

一時のセイタカアワダチソウもそうだった。

あの猛々しいまでに大きく育つ黄色い花は空き地という空き地を占拠していて、

花粉症の原因とも言われていた。

黄色を見るだけで、ぞっとした人も多いのでは?


そんな猛威を振るったセイタカアワダチソウだけど…

今はあまり見かけない。

この前、山野草のような趣のセイタカアワダチソウを見つけた。

他の野草や野菊の間に50センチほどの丈で可憐に花をつけていて…

別の花かと思ったけど、ちゃんとセイタカアワダチソウだった。

あなたはこうやって、日本に定着したのね…と感動!


クビアカカミキリムシやヒアリもいつかは日本の風土に馴染み、突出した存在では無くなるかも。

何しろ、日本は他の国々とは異なる土壌だもの。

今日もまた、鹿児島で震度5強の地震があったように、いつも国土が揺れて、独特な波動の元にあるのだから。

虫と言えども影響を受けないわけがない。


日本に住みながら日本を忌み嫌う渡来の方々も、いつか、日本を祖国として慈しむようになってくれるかしら…

何世代も住んで居るなら、彼らは我々と同じように日本の土と日本の空気と日本の水からできている。

すでに彼らの祖国は日本なのに、いつまでも、日本を否定し続けているのは不幸だよね。

自らのアイデンティティを損なう事になりかねないのでは?

最近の反日騒動を見るにつけ、そろそろ、日本人である自分を発見してほしいと思うのよね…




人気ブログランキング


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

|

« 消された参考人 | トップページ | 犬山城が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/65522362

この記事へのトラックバック一覧です: 新参者:

« 消された参考人 | トップページ | 犬山城が »