« 霹靂 | トップページ | 野次馬 »

2017.07.18

水の記憶

炎天下で立ち話をしていて、ちょっと、頭がいたい。

今日みたいな日には無謀だった。


この辺りはかんかん照りだけど、今日は福島と新潟で大雨…

毎日毎日、どこかで記録的な大雨が降り、被害が出ている。


水が意思を持っているというSFがあったけど、

それがもし本当なら、今の水たちはどんな意思を持って山を崩し、全てを押し流しているというのかしら?

言葉の波動により、水は分子の形を変えるという話もあったけど、

流されながら、友人に別れの電話を掛けたという女性の声は水にどんな影響を与えたのかしら?

そんなことを思うと、

今のような日本のあり方に、水がノーと言っているのかもしれないと思う。

未曾有の災害が続くということは、何かがおかしいということだ。


例えば先の九州の災害…

殖林をして根の浅い針葉樹をいっぱい植えたくせに森林保全をしなかったのと、

民進党の前身、民主党の事業仕分けで上流に作り掛けていたダムの完成が遅れたという、

二つの人災が。


マスメディアが総理を追い詰めるのは勝手といえば勝手だけど…

我々にはもっと大事なことがある。

テレビを見るのが辛いという人は、それに気づいてきたからだろう。

増えているよ、最近。





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

|

« 霹靂 | トップページ | 野次馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水の記憶:

« 霹靂 | トップページ | 野次馬 »