« 猫と豚と私 | トップページ | 爆弾発言 »

2017.07.23

13年

13年前、ブログを書き始めた。

一丁前にランキングに参加したりして、よそ様のブログを徘徊。

その中に、ニュージーランドで犬と暮らす日本の女性たちのブログが…

楽しそうな犬との海外生活に惹かれ、毎日、拝見するようになった。


彼女たちの愛犬たちは大型犬から超小型犬まで、どの子も若く溌剌としていて…

その頃、我が子サクラはもう初老だったので、

彼女たちのブログで若い仔たちの可愛さを堪能させていただいた。


サクラが逝って10年…

その10年で、彼女たちは全員、その頃住んで居た地を離れ、

今は別々の国に住んでおられる。

愛犬たちはそれぞれのドックイヤーを経て

皆、年老い、虹の橋を渡っていった仔も…


今日、その仔たちの最後の一頭が虹の橋を渡ったというお知らせが…

姉と慕っていたあの仔、ちょっと前に逝ったあの仔、今月逝ったあの仔…

きっと、虹の橋で待っていてくれたよね。


あなたたちは立派に使命を果たし、天寿を全うしたよね。

立派だったね。

長い間、ブログで楽しませてくれてありがとうね。


サクラが私の目を見ながら逝ったあの朝を、思い出す。

ガンだったから、体力の衰えはあったけど、

前夜まで元気いっぱいでご飯をもりもり食べていたのに…

真夜中、突然、息が荒くなり、明け方、そのまま息が止まってしまった。


あの時、ああしてたら、こうしていればと、タラレバはいっぱいあるけど…

時間とともに悲歎は消え、一緒に生きてくれたことへの感謝だけが残っている。


犬たちは本当に無条件に飼い主を赦し愛してくれる。

私たちはそんな犬の姿に生きることの希望を見出す。

だからこそ、思いっきり悲しんだら、前に進める。


逝ってしまった仔たちにも、今、側で温めてくれる仔たちにも、

心から、感謝を…





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


|

« 猫と豚と私 | トップページ | 爆弾発言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13年:

« 猫と豚と私 | トップページ | 爆弾発言 »