« 体力なし | トップページ | お出かけ中 »

2017.05.03

非常呪縛

ようやく夫も連休に入り…

今日はゆっくり寝て、喫茶店でモーニング。

天気もそこそこ良く、良い感じの連休の始まり。

でも、北海道では28度にもなったらしい。

暑いし寒いし、天候不順の一番の被害者だな、北海道って…


それでもまあ、何とか、田植え日和な日が来て…

うちの近所はの田んぼには水が張られ、苗が植えられている。

大型の機械があっという間に田植えをしているけど、苗出しや畦の草刈りなどには相変わらず人手が必要。

まだまだ、稲作すべてを機械化とは行かないみたい。


日本でさえそんな風なので…

北朝鮮は田植えを戦争と呼び、軍人たちが2ヶ月間、農業に従事するらしい。

気候が良くなり、田植えシーズンなのは北朝鮮も同じ…

キム首領様は、どうやら、いまの緊張関係を何とかして、田植えをしたいらしい。

食料確保はあの閉鎖的な国にとって何よりも優先だものね。

そのくせ、日本に核攻撃するようなこと言っちゃうから、中々、カールビンソンは帰らない。

ヤキモキしているかも。


ということは、あと2ヶ月、このまま緊張関係を引っ張れば、北朝鮮は何もしなくても食糧難で瓦解するわけで…

トランプさん、キムさんと話しても良いよ〜なんて言って、時間稼ぎしているのかしら?


カールビンソンの出張費用は日本に持たせれば良いし、

話がまとまらなくて、北朝鮮が日本のどこかにミサイル撃ったとしても、日本が傷つくだけだし、

攻撃を受けたら国連は反撃を非難できないから100倍返しすりゃいいし…

このディールは悪くない。

なんて思ってたりして。(>_<)


なので、日本国民は自衛策を取らなきゃ。

避難訓練、結構でございます。

ソウルもしないのに、なぜ日本でというけどね、

ソウルはミサイルを撃たれたら避難なんかしている暇ないのよ。

あそこは「始まったら終わり」の位置にあるから。

でも日本に届くにはミサイルが発射されてから10分近く時間がある。

少しは被害を少なくできるじゃない?


滋賀県では教育委員会がミサイル避難についての文書を出したら「戦争の危機を煽り子供に不安を与えた」と教職員組合が文句を言ったそうだけど…

日本に核を撃つと言っている国が隣にいるのに、そんなこと言うのって信じられない。

それって多数派同調バイアスとか正常化バイアスと呼ばれている心理状態だよね。

そんなことがあるはずがないと信じたいのでしょうけど…

ミサイルが飛んで来ても「非常呪縛」(思いがけない状況が発生し「無思考状態」に陥ったときに「優先すべき行動が混乱しているため判断ができなくなってしまう」現象)に陥らないよう、何を優先するかを決めておくことは大事。

このままでは、可愛い子供達があのセウォル号内で「落ち着け」と言われて船とともに沈んでしまった高校生たちのようなことになりかねないでしょ?

「転ばぬ先の杖」

何もなくても備えて無駄なことは一つもない。

さあて、私はどこに避難しようかな…





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

|

« 体力なし | トップページ | お出かけ中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/65230536

この記事へのトラックバック一覧です: 非常呪縛:

« 体力なし | トップページ | お出かけ中 »