« そこそこの幸せ | トップページ | そんな子はいない »

2017.03.29

Leaders2

録画していた「Leaders 2」を見た。

「Leaders」はトヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎氏をモデルに、国産自動車製造に命をかける愛知佐一郎と彼の下でその夢を実現して行った男たちの物語だったけど…

「Leaders 2」は佐一郎に惚れ込み、彼の作った国産自動車を売ろうとした販売店側の話がメイン。


愛知佐一郎は前作と変わらず佐藤浩市、

販売店の中心となる日の出モーターズの支配人山崎亘に内野聖陽、

日産がモデルとされる若草自動車から移った菊間武二郎に大泉洋。

家康さんと真田信之さんが東大寺で未来を憂えている図は、なんとも…

山崎亘のモデルは今の愛知トヨタの創業者・山口昇氏、菊間武二郎のモデルは奈良トヨタの創業者菊池武三郎氏ですって。


今では日本中に外車しか走っていない状況なんて信じられないけど…

日本は自動車後進国だった。

あの時代、大きな制約を受けながら、日本の未来のために自動車産業を育てようと血を吐く思いをした先人たちがいたおかげで…

日本に自動車産業という大きな花が開いた。

今じゃ、世界中にトヨタの車が走ってる。


極東の、戦争に負けた資源も何もない貧しい島国が、

高々数十年で、世界で最も平和で豊かな国になれたのは、

彼らのように必死で国を護り盛り上げようとした先人たちのおかげ。

ありがとうございます。


うちの親戚にも、創業間もないトヨタで働いた人たちがいて、今はおかげさまで豊かに暮らしているみたい。

彼らに限らず、この地方に住んでいる限り、どんな職種の人でもトヨタの恩恵に預かっている。


一人の人間の夢であっても、正しいものでさえあれば、周りを巻き込んで、人々に、世界に、素晴らしい未来をもたらす。

何かに失敗し、今は失意の底にいる人であっても、正しい方向に向いてさえいれば、きっと協力者や理解者は現れる。

なので…

若者は失敗を恐れず、夢に向かって正しい努力をされますように。


ただ、愛知佐一郎は失意のうちに会社を去り、彼の夢が花開いたのは彼の死後…

そんなことも人生にはある。

あとは、自己責任で。



Img_1701


今の車に変えて直ぐに行った新城の四谷の千枚田…

山崎の人柄に惚れ込んだでんでん演ずるところの前川が、最初に販売されたトラック6台のうちの一台のオーナーになったものの、こんな感じの棚田でどうしても故障するというエピソードがあった。

坂の途中に作業小屋を建てて故障に対処していた。

嘘みたいな話だけど、きっと似たようなエピソードはあったのね。


そんな苦労が今の世界企業の礎…

ちょっとやそっとでは揺るがないよね。





にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

|

« そこそこの幸せ | トップページ | そんな子はいない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/65082651

この記事へのトラックバック一覧です: Leaders2 :

« そこそこの幸せ | トップページ | そんな子はいない »