« インターステラーを見た | トップページ | 逃げ恥 »

2016.12.01

ヒトと人間

ネットで見つけたこの記事…

http://gigazine.net/news/20161130-regeneration-human-body/

ワシントン大学のビリー・スワラ教授率いる研究チームは、浅い海底の泥の中にいるギボシムシという動物が体を再生する際の遺伝子発現パターンを分析していて…

(遺伝子発現とは遺伝子の情報が細胞の構造や機能に変換される過程のこと)

ヒトと同じ遺伝子を多数持つギボシムシの遺伝子が、新しく作られた体の部分にどのように変換されているのかがわかれば、人間にも活用できる可能性がある!

という結論を得たらしい。


ギボシムシは新口動物。

沖縄科学技術大学院大学の研究によりギボシムシの8600もの遺伝子が新口動物の間で共有されていることが判明している。

新口動物には、ヒトを含む脊椎動物が含まれている。


新口生物って胞胚の最初にできる口(原口)が肛門になり、その反対側に口ができる生物。

原口が口になりその反対側に肛門ができる生物は旧口生物という。

口から食べたものが体の中の一本の空洞を通って糞になり排泄される。

動物はほとんどが竹輪かミミズのようなもの。

「ヒトは糞製造機」というけど、あれはあながち間違いではないみたい。


研究チームは人間にも再生能力が潜在的に備わっているが、何らかの力によって再生能力を発揮できない状態にある、と考えているそうな。

その遺伝子発現を解明できたら、ヒトの損傷した体の部位を再生することは可能!


。。。。わあ、この研究、早くものにして欲しいわぁ。

いや、歯の再生とか目の再生ができたら、老人、怖いもの無しだよ。


でも…

ギボシムシ、頭の再生もできるらしい。

ということは、リアルアンパンマン出現?

そうなると、今は脳機能の一部とみられている「心」はどこにあることになるのかしら?

心は体の外にあるってこと?


もし、心が細胞一つ一つに宿っていたりしたら…

輸血とか臓器移植とかあり得なくなってしまう。

人格分裂しちゃうよね?


だけど、現実には脳が損なわれるとその人の心の表れ用は変わるわけだし…

再生した頭=脳は以前と同じ人格を備えているのかしら?

うーん、難しい…


生物としてのヒトは、ゲノム解析でどんどん解明されていくけど、

霊的存在としての人間の解明はちっとも進んでいないみたい。




にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

|

« インターステラーを見た | トップページ | 逃げ恥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒトと人間:

« インターステラーを見た | トップページ | 逃げ恥 »