« 昨夜の暑さは… | トップページ | 東京で54年ぶりの… »

2016.11.23

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

昨日よりもうんと冷え込んだ今日は…

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観た。

いや〜、魔法生物、可愛いったらありゃしない!


カモノシタみたいな風貌でヒカリモノ大好き、ついつい宝石や金貨を盗んでしまう二フラー、

主人公のニュートラブで身体から離れない木の枝みたいなボウトラックル、

自在に大きさを変えるヘビみたいなオカミーの卵の殻は、なんと銀製!(ここ大事!)


イギリス魔法省の魔法動物学者のニュート・スキャマンダーは立ち寄ったNYで素敵な仲間に出会う。

魔法使いのティナとクイニー姉妹だけでなく、マグル、いや、NYではノー・マジと呼ばれる人間のジェイコブ。

ジェイコブはスマートでハンサムなニュートとは異なり、お腹に出たしょぼくれおっさんタイプ…

でも、レジリメンス(他人の心を読む能力のある魔法使い)のクイニーがゾッコンになる程ハートはハンサムな奴。

4人の信頼関係や魔法生物の可愛らしさで胸キュンな物語だった。


使う魔法や世界設定はハリー・ポッターシリーズを受け継いでいるけど…

この物語は1926年の設定。

つまり、ハリー達のおじいさん世代の話。

ニュートが世界中を旅して著した「魔法生物とその生息地」という書物は、ハリー達の参考書になっている。

そして、今回の悪役と「名前を呼んでは行けないあの人」には意外な繋がりが…


一回では掴みきれないほど脚注があるので、映画を観た後、こちらで復習。( ^ω^ )

エディ・レッドメインは本当に素敵な魔法使いで…

あの方、この前のインタビューで日本大好きと言ってたから、いいやつだよ、きっと。


で、

今一番欲しいものは…

ニュートのトランク!








にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


|

« 昨夜の暑さは… | トップページ | 東京で54年ぶりの… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/64534195

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅:

« 昨夜の暑さは… | トップページ | 東京で54年ぶりの… »