« 小春日和に | トップページ | アメリカ大統領選 »

2016.11.06

北極振動のせい?

今日も麗らかな小春日和だったのこの辺り。

でも、札幌では23センチの積雪という報道が!

さすが細長い日本列島!

というのもあるけど…

やっぱ、これは…

氷河期?

昨年、2030年には到来するという研究結果が発表されていた小氷河期に、すでに突入?


今年の初め、台湾で寒波のため80名以上の死者が出た。

それは北極からの極渦のせいとされていた。

本来極渦は台湾まで張り出しては来ないのだけど、北極振動のせいで来たらしい。


この北極振動は、太陽活動に影響される。

太陽活動が活発になると、太陽から到達するプロトンが増え、成層圏のオゾン量を減少させる。

オゾン層は太陽からの紫外線を吸収して熱を帯び、対流圏を暖めているのだけど、

オゾンが少なくなると成層圏の熱エネルギーが減少し、極地の温度低下を促進する。


で、極地から太陽風が吹き込んで…

(太陽風は地磁気の隙間がある極地からしか地球に進入できない)

発達した冷たい気団が中〜低緯度を張り出していく。

ということに。

今回の突然の大雪も北極振動のせいかしら?

だとしたら…

明日、突然、ここにも雪が降るかも…

くわばらくわばら。


地球はあくまでも太陽の影響下にある。

人間の存在しなかった太古から、その仕組みは続き、

人間が滅びてもなお、続くのだろう。


人間がわずかばかりのCO2を操作しようがしまいが、太陽に影響はない。

どんな無茶をして国を滅ぼそうと、植物はその廃墟を覆い、土の下に埋もれさせていく。

放射能などあっという間に地上から消える。

人間は地球の心配などせず、自分や子孫たちが生存できるかどうかを心配すべき。

人間のしたことに最も影響を受けるのは人間なのだから。



ところで…

最近、まとめサイトなどで、日本を敵視する国の国民が日本が侵略してくると心配しているのを見て…

おら、びっくらこいただ!

日本みたいに平和で恵まれた国に住んでいる私らが、何が悲しくて他国を侵略するのかしら?


日本に侵略されるかもとご心配の国の皆様、どうか、ご安心を。

日本はそれでなくとも少子化なので、おたく様の土地をいただかなくても結構ですから!







にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村




|

« 小春日和に | トップページ | アメリカ大統領選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北極振動のせい?:

« 小春日和に | トップページ | アメリカ大統領選 »