« 北極振動のせい? | トップページ | 女性大統領 »

2016.11.07

アメリカ大統領選

アメリカ大統領選挙の投票が明日から始まり、明後日には新大統領が誕生する。

お互いを誹謗中傷するだけで、ちっとも政策論争をしない史上最低の大統領選と言われる今回の選挙は…

史上最高の接戦でもある。

今だに、クリントン、トランプ、どちらが大統領になるのか、誰も断言できない。


クリントンさんはあまりに長く権力の中枢に居て、新鮮味がない。

アメリカがダメになったと感じている人々にしてみれば、彼女にも凋落の責任がある。

トランプさんはあまりに自分勝手な主張をしている。

その主張通りに国政を行うなら、ほとんどクーデター状態になる。


。。。3億2000万人もいながら、この二人しかいないのか?

というのは、誰もが感じる疑問では?


アメリカの凋落の原因は、バラク・オバマの弱腰が原因という見方がある。

初っ端にノーベル平和賞をもらった彼は、軍事力の行使をしなくなった。

皮肉なことに、それは平和ではなく、混乱と戦乱をもたらした。

アメリカという重石が外れ、好き勝手をやる国が出てきたから。

核がこれだけ拡散していると、核による抑止力もないに等しい。

核爆弾は沢山なくても、数発あれば十分なのだから。


トランプはそんなアメリカの凋落を不法移民や外国企業にアメリカ国民の仕事や富を奪われたせいにしている

だから、海外から兵を引き、国境に柵を作ろうと言う。

彼は、内向きの政策でアメリカが良くなると言う幻想を、不遇な人々に振りまいているけど…

実はアメリカの景気回復と国民の生活向上を図るなら、海外にどんどん派兵して、兵器をガンガン作り、移民をどんどん入れた方が良いのかもしれない。

何て思ったりする。


それでも、ドナルド・トランプはトンチンカンながらもアメリカの未来を語るけど…

ヒラリー・クリントンはというと、はっきり言って、何も語っていない。

彼女にとって、アメリカは自身の権力を発揮する場であって、国民に何かを与える場ではないから。

。。。この二人、どちらが大統領になっても、国民は大変だわ…


そんな国と一蓮托生な日本も、結構大変。

安倍総理もどちらになってもご苦労なことで…




にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

|

« 北極振動のせい? | トップページ | 女性大統領 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ大統領選:

« 北極振動のせい? | トップページ | 女性大統領 »