« そういう時代 | トップページ | スタートレック Beyond »

2016.10.22

美意識

久しぶりに夫の母と食事。

Img_9749

名古屋の能楽堂にある「大森」で、櫃まぶし御膳 (о´∀`о)

うみゃ〜でかんわ。


食事の後は目の前の名古屋城へ。

Img_9750

再建中の本丸御殿と天守閣を見物。


戦乱に明け暮れた安土桃山時代に始まった大きな石積みの上に立つ城とその絢爛豪華な内装…

富と権力の集中がなければ、こんな物は造れない。

その芸術性は、作者はもちろんのこと、為政者の美意識までもが問われるもの。

信長、秀吉、家康…

あの戦乱に明け暮れ悲惨な死を見つめながら、どうやってこの美意識を育てたのか…


そんなことを考え…

万里の長城のレンガを盗み壊してしまい、

補修と称してのっぺらなコンクリートの道を造ってしまった民族のことを思った。


美しいサンゴ礁を埋め立てて要塞にし、

その領有権を持つ国に2兆円以上の経済援助を約束して黙らせようとしている国…

その権力と富の集中振りは言うまでもないけど…

どうやら、美意識は育てていないみたい。

数百年、数千年経って、皆が大事に残そうとするものをあの国は生み出すことができのかしら?


そういえば、河村名古屋市長は名古屋城の天守閣を木造にしたいらしい。

あの人の美意識ではコンクリートはNG?


夫の母に子供の頃、戦争で焼ける前の名古屋城はどうだった?と聞いてみたら…

全く、覚えていなかった。

相変わらず夫の母の記憶はトンチンカン。

だけど、その場その場では喜んでくれるから、それで、充分。



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村



|

« そういう時代 | トップページ | スタートレック Beyond »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美意識:

« そういう時代 | トップページ | スタートレック Beyond »