« マラカスくんは静かに | トップページ | 日本人はほもさぴえんすではない? »

2016.09.21

サラリーマン大家

ここ数日、何もやる気にならず、ついにウツになってしまったかと心配していたけど…

今日はスッキリ!


青空は見えなかったけど雨は降っていなかったので、大洗濯し、

家中拭き掃除をした後、美容院に行くほど、元気になれた。


どうも私は気圧に影響されてしまうみたいで…

いつもの台風だと、暴風雨の間中、寝てしまっていた。

そんなんじゃ、何があっても避難なんかできない。

危ないったらありゃしないのだけど…

今回の台風の最接近時には、お目々ぱっちり!

少し、まともになりつつあるのかしら?


さて、今朝の新聞に公示地価が載っていて…

ご近所を見たら、去年と同じだった。

まあ。


最近は銀行がマイナス金利対策でお金を貸し出すらしく、

サラリーマン大家というのが流行っていて、

あちこちで不動産バブルが起こっているらしいのに…

人気ないのね、この辺り。


考えてみれば、この田舎に物件を持っても、借りてくれる人なんていないもんなァ。

マンションもないしなァ。


サラリーマンが購入額全額を借りて何軒もマンションの部屋を持つって、どうなんだろ?

銀行、今はいい顔していても、絶対、金利が上がれば貸し渋りと貸し剥がしを始めるよ。

なんたって、大元はシャイロックの末裔だもの。

必ず全室借り手がつくとも思えないし、大丈夫…?


なんて、考えちゃうのは、バブルが弾けてえらい目にあった人の話を見知っているから。

それに、テレビ番組で特集されるようになったということは、サラリーマン大家も終焉が近づいているってことかもだし。


でも、大家さんになって、ワクワクしたりドキドキしたり思わぬ収入で贅沢できたりしたなら…

ちまちま貯金して、なーんも楽しい思いもせずに気が付いたら老人ホーム…

なんてことになるより、「この世」を楽しめて良かったねということかも。


失敗も成功もその人の個人的な経験…

昔、バブルが弾けてえらい目にあった人がいるからと自粛する意味はない。

また、同じようにバブルが弾けて、誰かがえらい目にあったとしても…

それはその人の大事な経験であって、

いつかの誰かの失敗の繰り返しじゃない。


でも、いつかの誰かの失敗から学んで、失敗を回避することはできるかもしれない。

そこもまた、人生の楽しいところ。


また、バブルったら、タクシーに万札をひらひらするのかな?

今から、タクシー免許、取れるように頑張ったほうがいいのかな?(*^_^*)




にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


|

« マラカスくんは静かに | トップページ | 日本人はほもさぴえんすではない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/64237528

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマン大家:

« マラカスくんは静かに | トップページ | 日本人はほもさぴえんすではない? »