« 君の名は。 | トップページ | ちょっと複雑… »

2016.09.27

ごめんね。

歳をとると思わぬところに敵ができるのか…

点滴も命がけだね。

これは…

「搾取する老人vs搾取される若者」

「年金生活で優雅に暮らす高齢者vsブッラク職業でヘトヘトになりながら年金を負担させられる若者」

という構図を煽っているメディアにも責任があるのでは?


確かに日本の今の人口比率では、若者負担が大きくなるけど…

情けは人の為ならず。

老人を疎んじる社会を作ると、自分が老人になった時にさらにひどい扱いを受けることになるよ。

あれでいいんだなって、子供たちは見ているからね。


また、老人ももう少し若者に理解と温情を持った方が良いよね。

住宅地に保育園を作ろうとしたら、静かに暮らしたいという老人たちの反対でできないとか、あり得ない。

あなたが静かに暮らすための原資(年金)は、その煩いと疎まれる子供たちを育てる世代が負担している。

しかも、かの世代は奥さんが専業主婦ではやっていけないから、保育園に子供を預けて働こうとしている。

それを邪魔するなんて、自分で自分の首を締めるようなもんだ。


自分の立場を守りたいのなら、相手の立場を守ることも考えなければ。

自分が赦して、初めて相手に赦してもらえる…

そういうことじゃない?


なんて、よくできたような話をする私だけど…

実は この家に越してきた頃、本当に体調が悪くて、隣の子供たちの声で苦しんだ。

私のコンディションの問題はもちろんだったのだけど…

お隣さんの子供たちはめちゃくちゃ元気な兄妹で、近所でも騒音扱いされていたくらいだったから、かなりのものがあったのだと思う。

思わず、もう少し静かにしてもらえませんかと言ってしまったこともある。

で、関係がイマイチになりほとんどお付き合いせずに何年も経ってしまった。


お隣さんの子供たちはいつの間にか静かになり、いるかいないかわからないほどになって…

そのうち、結婚していた。

で、同居した娘さんに子供ができ…

今また、ご近所でも有名な元気な子になっている。


ちょっと離れたところの人に、コマメの散歩時に会った時に、

「何故、あの子はあんなに泣き喚いているの?」

と聞かれたけど、

そんなん、わかりませんがな!


でも、今の私は体調も良いからか、さほど、苦にならない。

ああ、今日も元気でよろしおます。

てなもんだす。

この時代に子供を産んでくれるなんてありがたいことじゃないですか。

いくら叫ぼうと大声で泣こうと、ありがたいありがたいと思えば、気にならなくなりますって。


で、せっかくそんなふうに私が悟ったというのに…

お隣さん、お引越しされることに。


きっと、あのチビちゃんがのびのびと育つようにと思ったんだろうなぁ。

私がまたクレームつけるかとドキドキしていたのかなぁ…

もう、取り返しがつかないけど…

ごめんね、ひどい隣人で…





にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


|

« 君の名は。 | トップページ | ちょっと複雑… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/64267208

この記事へのトラックバック一覧です: ごめんね。:

« 君の名は。 | トップページ | ちょっと複雑… »