« 期日前に | トップページ | 一歩 »

2016.07.09

インデペンデンスといっても

「インデペンデンス・ディ リサージェンス」を観た。

うーん、世界はアメリカと中国しかないみたい。

最近のSFもののハリウッド映画をみてイライラするのは、そういう世界観で作られているからだな、きっと。


中国…

実はアメリカと仲良くして大親友になりたいのでは?

大好きなアメリカとともに世界を支配したい。

アメリカと一体になり、敵を倒したい。

だから、いっぱい国債を買ってあげたし、他の国では売れないアメ車も買って上げてるのに…

アメリカ君にはべったりくっついている性悪な彼女(日本)がいて、なかなか、思い通りにいかない。

日本は戦争に負けたくせに他の国には好かれているし、アメリカとの間に水を差すやな奴!



ということで、日本を無視したら、他の国も無視せざるを得なくなり…

月とアメリカ限定のめちゃ規模の小さ話になってしまった…

って、感じ。

あ、なぜか、中東もちょっこと出てたな。

アメリカ大統領は今、初のアフリカ系のオバマさんで…

次は初の女性大統領になるかもしれない。

で、いずれヒスパニック系になり、その後は中国系になる可能性もあると聞いた。

移民により、中国は戦わずしてアメリカを手に入れると…

そうなれば、今のアメリカの軍事力に頼りきりの日米関係では、日本は結果として中国に従うしか無くなる。

だから、日本は独自の防衛網を持つべきなんですって。

(そんなところまで考えられるのはあの人くらいのもの?)


まあ、エイリアンを倒す仲間に入れてもらえなくても良いけど。

日本は独自の科学発展をして、別の形で世界貢献できるようになれますように…







にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村



|

« 期日前に | トップページ | 一歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インデペンデンスといっても:

« 期日前に | トップページ | 一歩 »