« 神戸へ | トップページ | 言い訳 »

2016.06.07

適切でない

北海道のヤマトくん、今日、退院して元気な顔を見せてくれた。

ホント、良かった。

神隠しにあったのかと思ってた。


生命力にあふれた子供、違う次元の力に繋がっている子供を育てるのは、本当に大変なこと…

親御さんは理解しかねる我子に思い悩むことが多かったのでは?

だからと言って、熊が普通に住んでいる森に一瞬でも置き去りにしたのは、「適切じゃない」

でも、魂から言えば、親だからと言って子供よりも大人とは限らないので、今回のことは親御さんの方が、色々学んだ出来事だったのかもね。


で、今や人心を逆なでする言葉と言える「適切でない、が、違法ではない」

昨日出た舛添さんの弁護士による調査結果…

「適切ではないが違法とは言えない」ことが多すぎて笑った。

「適切ではない」という言葉が意味するものは、大きい。

あの方、検事だったらしいから、今の弁護士としては知事をかばうしかないけど…

その言葉に「知事として不適切」という意味も含んでいるのかもね。


問題は何でもオッケーな政治資金にある。

そこのところを掘り下げると、我が身に降りかかるので、今日、質問をした都議会議員も、知事が「せこい」と怒っている(ふりをしている?)

でもね、それ、自分もやってるでしょ?

違法じゃないもんね。

あなたたちがすべきは知事の責任追及もさりながら、何でもオッケーな政治資金の使い道をきちんと決めることデス。


もちろん、舛添さんはやめるべき。

湯河原の別荘を売ることなんか、責任を取ったとは言えないもの。

誰からも尊敬されない人が、トップにいる組織は腐ってしまう。

首都が腐れば、日本がおかしくなるから…

他人事じゃないのよ、私ら田舎者も。






にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

|

« 神戸へ | トップページ | 言い訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適切でない:

« 神戸へ | トップページ | 言い訳 »