« 気象の祓い | トップページ | 溺れる者は… »

2016.06.23

麒麟がおられるなら

なぜか、このところ、ここら辺は地磁気の状態が悪いらしく…

体調絶不調!

そういうのは私だけではないようで…


今朝、出先から帰る途中、警察車両が何台も止まっている場所があり、何があったんだろうと思っていたら…

夕方のニュースで事件の報道が!

ちょっと異常な事件で…

やっぱ、地磁気に影響されたのかも。


昨日から、FacebookとYouTubeで青山さんの選挙活動を追っている。

いい感じの東京駅前の初演説を聴いて、これは大丈夫と安心していたのに…


大阪で選挙カーが事故ってた!



ボランティアだけで回している青山さんの選挙活動。

選挙カーの運転も、普段は個人タクシーを運転している方がしていたようで、

選挙カーの高さを把握しきれず鉄橋に突っ込んだみたい。

どうなることかと思いきや、選挙カーなしで遊説を続け、それがまた、すごい迫力!

聴衆の皆さん、涙、涙。

今後、選挙カーなしで自転車になるかもしれないなんて話もあったけど…

さすが強運の青山さん、朝には直ってた! →★


青山さんのムチウチもよくなったというし、運転手さんも無事で何より。


でもって、今日は順調に遊説されているようで、一安心。

虎ノ門ニュース、本来なら木曜日なので青山さんだけど、今日は井上和彦さんと加藤清隆さんだった。

それはそれで勉強になったけど…

ちこっと寂しかったりする。


ま、万物は流転する。

どんなに願っても、同じことは永遠には続かないのだよん。

青山さんはある意味、自分の人生を投げ打って選挙に出られた。

それは厳しい流転を自ら選んだことで…

その勇気には感謝しかない。


虎8でこの一年、私が頂いた学びを、もっと多くの日本人が受け取るためには、もっと青山さんがメディアに露出するしかない。

だけど、報道しない自由を手に入れているメディアには無視されかねない。

だったら、もう、政治家になるしかないよね。


「十二国記・図南の翼」で、12歳の珠晶は、麒麟に王と認められるために妖魔が住む黄海を越えて麒麟の住む蓬山へと向かう。

それは王がいないから国が荒れ、妖魔が人を襲っているというのに、嘆くばかりで自ら動こうとしない大人たちに業を煮やしたからだった。

国民全員が登極=麒麟に会いに行けば、必ず、王はいるはず。

なのに皆、妖魔のいる黄海を渡ることに尻込みしていかない。

王の不在を嘆きながら、自分は王の器でないと言い訳して、動かない。

珠晶は子供の自分すら行けるのだからというために、登極した。


「青山繁晴、立つ!」と知った時、珠晶を思い出した。

青山さんはおじさんで12歳じゃないけど、12歳並みの正義感と清廉さを持った人…

選挙の麒麟がおられるなら、きっと選びたくなるはず。

選ばれて、国政で大鉈を振るう日が来ますように。







にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村




|

« 気象の祓い | トップページ | 溺れる者は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麒麟がおられるなら:

« 気象の祓い | トップページ | 溺れる者は… »