« 紫陽花 | トップページ | 1000年も生きるには »

2016.06.11

繁栄のワナ

午後、野暮用で東郷町へ。

その後、刈谷のハイウェイオアシスでティータイム。

ソルティライムスパークリングでスッキリ!


車がまだレンタカーなのに、行かなきゃいけないところがあって、大変。

車なんて毎日作っているものと思っていたけど…

注文したのが作る日が決まっているマイナーな車だったみたい。(;д;)


車といえば…

今日、あるところで黒プードルを連れたオサレな若者を見かけたのだけど…

その兄ちゃんの車の後ろにダースベーダーが!

あれ、どうやって付いているんだろうと見る間もなく言っちゃったけど…

どこまでオサレな!


そういう子を見ると思うのは…

こんな田舎でも、親の収入格差による格差がハンパないってこと。

いや、ここ、だからこそ、か…


大きな企業の城下町近くの田舎…

ジモピーで土地持ちの親が大企業に勤めていたら、

生まれた瞬間から、世界の数パーセントに入る運の良さということになる。

そういう子もいれば、他所から身一つで仕事を求めてここに来て、

誰の援助も得られずに派遣で細々食いつなぐしかない子もいる。


そんな硬直した格差を縮めるために、天変地異はあるのかもしれない。


自分の境遇を呪い、恵まれたものを呪う人が増えたら、

天は多数の思いに応えて、天地をひっくり返すような災害を与えるのかも。

政府はその格差を埋めるために税を集め再分配する仕組みだけど、

あまり今はうまく機能していない。

それは政府側に格差の底辺の声が届かないから。

裕福で優秀な人だけが政府側にいるからというわけでもなく…

舛添さんのようにかつては苦渋を舐めたはずなのに、いつか、自分が格差の上位に行けば、自分のことしか考えられなくなる人が多いからかもね。


繁栄しすぎた国のワナ、ということか…





にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村








|

« 紫陽花 | トップページ | 1000年も生きるには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁栄のワナ:

« 紫陽花 | トップページ | 1000年も生きるには »