« 青山さんが! | トップページ | 麒麟がおられるなら »

2016.06.21

気象の祓い

朝、レッスンに出かける準備をしていた時には篠突く雨で、ずぶ濡れになったのに…

レッスン帰りには青空が見え、午後はギラギラ太陽が…

面倒な気象に振り回された日だった。


九州もまた、気象に振り回され、大雨で大変なことになっている。

震災後の熊本でも、浸水や山崩れなど被害が出ている。

なんというか…

地震と津波も含めた水の害はセットにでもなっている?

やはり大祓詞の通りなのかしら…


祓いは個人にではなく地域に起こる。

個人に何ら落ち度がなくとも、地域に災難が降りかかれば、影響を受けざるをえない。

罪は川の神様により海に運ばれ、風の神様が根の国に吹き落とし、

根の国底の国の神様がさらに遠くに運び去り、消える…

罪という罪はあらじ。

となる。

やはり文明の最後は水による洗礼、ということなのかも。










にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

|

« 青山さんが! | トップページ | 麒麟がおられるなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気象の祓い:

« 青山さんが! | トップページ | 麒麟がおられるなら »