« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015.03.31

陶芸体験と放送事故

昨日は生徒たちとこの前発見した常滑の陶芸スクールの体験に。

 
2㎏の土を頂いて、皆それぞれの作品を作り上げた。
 
たたら造りという、平べったく伸ばした土を型に乗せて作る簡単なものなので、それぞれ、複数の作品が出来上がった。
 
後は焼きあがりがどうなるか……楽しみなような心配なような(笑)
 
 
思いっきり土に親しんだ(?)後は、隣のビストロでランチ。
 
120150330 

にわか陶芸家の我々は、料理が出てくるなり、器を鑑賞し、感嘆!(笑)
 
料理はもちろん、美味しゅうございました。 
 
その後、コストコに寄って買い物。
 
我が家からは1時間はかかるので、なかなか行けないけど、機会が有ったらまた行きたいなぁ…… 
 
 
で、帰宅後、私は作品展の打ち合わせとレッスン。
 
長い一日だった。
 
 
 
さて、昨日・今日と先週の報道ステーションでの古賀さんの発言が問題となっている。
 
その時は見ていなかったので、あちこちでのまとめを見ているのだけど……
 
なんというか……自滅?
 
 
あの番組は朝日新聞の恵村さんも含めて、安倍政権に批判的だった。
 
ISILの日本人殺害の時にはテロリストを責めずに、安倍総理に責任があるとし、「I am not ABE」なんて言いだして、これはどこまで行くんだろうと心配になった。
 
見ている方が心配になるくらいだから……
 
報道の公平性からすると、余りに極端に振れていると上層部も心配したのではないかしら?
 
 
古賀さんの言うように、官房長官が直接、テレビ局の一番組のコメンテーター人事に口を出すなんてありえない。
 
なにせ、現政権を揺るがすほどの影響力をあの二人は持っていないし、見ている方も痛々しく感じるほどのアホらしい発言が多かった。
 
おそらく、辞めさせる口実で「……官邸もね」みたいなことを言い訳をしたのかもしれない。
 
そこで、安倍総理や菅官房長官に持っている古賀さんの不信や敵意が、ブーメランになって古賀さん本人に戻り、あの放送事故になったというのが真相ではないかしら。
 
 
降板を決めたと当事者として名前を出されたテレビ朝日の会長も謝ったようだし、これ以上、何をか言わんや……
 
そうだ、古賀さん!
 
今度、何か言いたくなったら、「そこまで言って委員会」に出たらいいよ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.30

へろへろ

今日は……

 
1img_6354  
 
普段の5倍くらい、いろんなことが有ったので、もう、へろへろ。 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.29

幸せが怖い?

昨日は楽しかったけど……

 
1p3290003 
この子たちはご不満の様子。
 
1p3290002 
いや、イチゴのお土産は無かったけど、食べきれなかった「びっくり」の牛肉、こっそり持ってきたじゃないの!
 
 
でもま、我が家、頂きものがあって、ただ今いちご長者……
 
少しは上げましょうかね。
 
1p3290009 
喰いつきがよいですね、高麗さん。
 
1p3290013 
ご満足ですか、芽生さん?
 
 
昨日、名古屋のばあちゃんは、「幸せすぎて不安」なんて言ってたよ。
 
衣食住に何も心配がなく、わがままにできていて幸せだけど、これじゃいけないという思いが頭を離れないんですって。
 
あなたたちのように、何も考えずに今の幸せを楽しめると良いのにね。
 
「今が幸せと思うなら、ここに至るまで頑張ってきた過去の自分に感謝したら?」 
 
っていったら、そんなこと考えたこともなかったとか。
 
過去の自分に感謝したら、そこから別の道が開くと思うんだけどなぁ…… 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.28

いちご狩り

夫の母を連れて、いちご狩りに……

 
行先は知多半島の阿久比にあるマリモファーム
 
大きなハウスが何棟も並んでいた。
 
 
1p3280023 
 
清潔なハウスの中で栽培されている大きな章姫は、甘くて美味!
 
 
場所を割り当てられたときには、「こんなに食べられ無い!」と思ったけど……
 
結構、食べられるものでございました。(*^m^)
 
 
いちご狩りを終えて、昼食の予約まで時間があったので、半田の運河沿いを散歩。
 
1p3280058
 
まるで切り絵のような運河沿いの黒壁倉庫の形式美……
 
素晴らしいわぁ。
 
 
昼食はこちらで……
 
1img_6341
 
夫の母が選んだお昼のランチ。
 
びっくりな量だったけど、案外食べれるものでございます。(本日二回目)
 
 
食後は高浜の大山緑地公園へ。
 
ソメイヨシノは五分咲き程度だったけど……
 
1p3280079 
根尾谷から移植された薄墨桜の子孫はすでに満開!
 
 
1p3280081 
麗らかな春の日を堪能した。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.27

色覚タイプ

さて、人の眼はどれも同じ働きをしていると思いがちだけど……

 
この記事によると、人の色の見え方には3タイプあるらしい。
 
色覚テストの画像
 
上の色、何色に見えますか?
 
私は38色に見えるのだけど、夫は25色くらい???
 
じつは何色に見えるかによって、色覚タイプが異なるという。
 
 
ニューロマーケティングの専門家のDiana Derval氏によると……
 
 
25色未満の人は2色型色覚タイプ。
 
一般的に赤や緑を認識しずらいと言う。
 
人口の25%がこのタイプ。
 
 
20~32色見えた人は、青(紫)、緑、赤に反応する錐体細胞を持っている3色型色覚タイプ。
 
人口の50%ほど。
 
一般的に100万色ほど認識できるという。
 
 
33色から39色見えた人は、4色色覚タイプ。
 
3色タイプの青(紫)、緑、赤に加えて、黄にも反応する錐体細胞を持っている。
 
人口の25%。
 
一億色以上認識できる。
 
 
記事によるとあの青黒ドレスか白金ドレスかの違いも、この色覚タイプが影響しているとか。
 
4色色覚タイプはあのドレスでも元の色の青黒にしか見えないらしい。
 
おや、だから、私にはどうやっても、青黒にしか見えなかったのか……
 
 
だけど、4色型色覚には他にもいろんなテストがあり、幾つかやってみたけど、それでは4色型ではなかったので、ちこっと4色型なのかしらん?
 
 
そういえば、以前から私はこんなことを考えていた。
 
  ―――― 以下、2006年2月28日の記事より―――――

私は今でこそ、裸眼で0.04などという立派な近眼だが、高校に入るまではちゃんと、1.0くらいの視力があった。

その頃は、近視ってどういうものかと想像していたが、次第に視力が衰え、ある日、メガネを掛けたときに、「え~、世界ってこんなにクリアに見えるものなの?」と驚いた。

で、その頃は、

「老眼になるとどう見えるのだろう? もしかして、近視が治るかも」

なんて儚い望みを抱いていた。

近視は近視のまま、老眼が進むという状況は想定していなかった。

なんとも、面倒なことだ。

人間よりも、動物達はさらに面倒な眼を持っていると、この前の「世界一受けたい授業」で知った。

といっても、人間として生きるには面倒なと言う意味だけど。

赤外線を見られるフロリダの沼蛇、獲物だけズームで見ることができる鳥、獲物が歩いた足跡を見ることの出来る鳥、そんな驚異の眼を持つ生物がいっぱい紹介されていた。

そこら辺でひらひらしているモンシロチョウだって、人間には同じ白にしか見えない雌雄が、ちゃんと色が違って見えているんだってさ。

――つまり、眼と言うものはその生物が生きるために必要なものを見られるようになっている?

人間がなぜ、地球の覇者になれたかと言うと、人間が他の動物よりもはるかにいろんなものが見えるからなのね。

沼蛇は暗闇の中でネズミを見つけられるが、他のものが見えるわけではないらしい。

だが、沼蛇に見えないからといって、それは存在していないわけではない。

人間がその地に立てば、沼蛇とネズミのほかに、水草が繁っている沼地や、空を飛んでいる鳥たち、青い空、光る水、などが見えるだろう。

その情報量の多さこそが、丸裸で生まれ、すぐ傷つく弱い肉体を持ち、たいして力が強くない人間を、守っていた武器であり、進化を促進する原動力だったのだ。

そんなことを思った。

それにしても、私は、人間はみな、同じ眼を持っていると信じてきたけど、もしかしたら、人間の眼はその固体によってかなり違う働きをしていて、人はそれぞれ違うものを見ているのかもしれない。

ズームで遠くのものを見ている人もいるかもしれないし、赤外線を見ることが出来る人もいるかもしれないし、男性と女性を色分けで見ている人もいるかもしれない。

もしかしたら、私たち人間が見えない次元から、人間を見ているものがいたりして――そう、私たちは、フロリダの沼蛇と同じなのかもしれない・・・ 
 
私の目はどんどん悪くなっている。
 
iPS細胞の研究が早いところ普及してほしいもので。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.26

リチャード3世

さて、ちょっと前にこんなニュースがあったのだけど……

 
ヨーク朝最後の王・リチャード3世、可哀そうに、全く敬意を払われずに今は市の駐車場となっている修道院跡に埋められていたのね。
 
リチャード3世とみられる遺体のDNAを検査した結果、リチャード3世の姉アン(ヨーク家のアン)の子孫二人とのDNAが一致したことから、その遺体はリチャード3世のものと確定された。
 
ところが、このDNA 、リチャード3世の曾祖父の兄ジョン・オブ・ゴーントから続く同家系の男系の子孫とは一致しなかったそうで……
 
 
今の英国王室はウィンザー朝……
 
この王室には、ヘンリー7世はリチャード3世の姪のエリザベス・ヨークと結婚している結果、チューダー家とヨーク家の血筋が繋がっているはずなのだけど……
 
 
つまり、英国王室はどこかで、正当な嫡男ではない人物が王権を継承したことに!
 
 
今回の検査結果で摘出に関する疑念が生まれるのは、エドワード3世の息子ジョン・オブ・ゴーントととランカスター家のブランシュから繋がるプランタジネット朝のヘンリー4世、ヘンリー5世、ヘンリー6世……
 
ジョン・オブ・ゴーントの3番目の妻キャサリンとの息子から繋がるヘンリー7世、ヘンリー8世、エドワード6世、メアリー1世、エリザベス1世……つまり、チューダー王朝全体!
 
そして、リチャード3世を殺したのはヘンリー7世……
 
あらま、おどろおどろしいものがありそう。
 
 
リチャード3世、英国では極悪非道な王として語り継がれ、シェイクスピアにもかなりの悪人として描かれた。
 
そして、遺体にも侮辱の傷を付けられ、適当に葬られ、500年以上も見捨てられてきた。
 
ところが、ここに来て、真の英国王は誰かというと、ヘンリー7世ではなく彼だったのかもしれないということに……
 
 
真実がこんな形で暴かれる世になって、リチャード3世は喜んでおられるかしら?
 
でも、リチャード3世のためには……
 
魂の在り方としては、この世のすべての怨念を捨てた方が幸せというもの。
 
どうか、安らかでありますように。
 
 
 
 
 
あら、ボイスレコーダーで驚きの事実が!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空で何が

地磁気に問題があるのか、ネット環境が良くない。

この投稿もできるかどうか…


ドイツの旅客機が急降下してアルプス山脈のとある山の尾根に激突……

報道を見ると何が何やら分からないほど粉々になった残骸が、谷間を埋め尽くしている。

今の時代、皆さん、携帯やらモバイルツールを持っていそうなものだけど、誰も外に連絡を取っていないのか、なんら情報が出てこない。

急降下を始めた時点で全員気絶していたのかもしれないなんて説もあるけど…

それならそれで、恐怖の数分間を味あわずに済んで、却って幸いだったのかも。

犠牲になられた方々の冥福をお祈りいたします。


で、今日のニュースによると、墜落したジャーマンウィング社のパイロットや乗務員たちの搭乗拒否が相次ぎ、1便が欠航となったとか。

哀悼の意を表するためとされているけど、もしや、あの航路の危険性を案じてのことだったりして。

世界で航空機事故が続いている。

何かが空で起こっている?


そんな何かの影響が、明日、我が家の辺りを氷点下にするのかなぁ。

もう、すでに真冬並みの寒さになっているので、氷点下予報、間違いない。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.24

母になる

日本海側が冬の嵐となった今日、この辺りも風が強く寒い一日になった。

 

今日は生徒が赤ちゃん連れで遊びに来て……

 
1p3240060
我が家でランチ。
 
1p3240062  
 
授乳期のお母さんの食事に何がいいかを調べたら、和食が一番と言う感じだったので……
 
それらしいものを作った。
 
 
彼女はママ友たちとうまく情報交換して、新ママライフを楽しんでいるみたい。
 
そのおかげか、赤ちゃんものびのびと育っている。
 
彼はママ大好きな男の子になって、きっと、彼女を幸せにしてくれるはず。
 
 
子供が新生児の間、愛情を注ぐ相手の一番が子供になるのは正常な母親の本能。
 
女性は子供が産まれた瞬間に嫌でも母親の現実を突きつけられるけど……
 
子供がいるのだから、自動的に夫が父親になると思わない方がいい。
 
今の時代、夫が父親になれるように母親がケアしなきゃ、無理な人もいる。
 
油断すると、某タレントのようなことになる。
 
彼女は賢いから、きっと、上手に子育て父親育てを出来るはず。
 
 
あの子が成人するころには、私はもう大おばあさんになっちゃうけど、
 
ハツラツとした青年になりますように。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.23

ソメイヨシノもびっくりの

温かさにすっかり身体が馴染んでいたのに……

 
今日の寒さはなに!
 
 
せっかく咲き始めたソメイヨシノも驚きの寒さ。
 
芽生の服を春ものに替えたら、ぶるぶる震って動かなくなった。(笑)
 
 
1p3190021
 
昼過ぎに、数日前と同じ格好で出かけたら、すっかり浮いていた。
 
イオンのお客さんのダウン着用率、めちゃ高!
 
そういえば、夫も朝、ダウンを着て行ったっけ。
 
ま、店の中は寒くなかったし、行き来は車だから良かったけど。
 
 
ところで、財産や保険金目当てで婚活し、紹介された男性とお付き合いしたり結婚したりした上で、青酸カリで殺していた女性……
 
なんと、7人以上も餌食にしていたとか。
 
ドンだけ、お金が必要だったんだか……
 
彼女、婚活殺人ビジネスで、10億ほど稼いだけど、ほとんど先物取引やFX投資で消え、借金が残っていたらしい。
 
 
実は……
 
一途に愛する人が証券会社に勤めていて、貢いでいたりして。(;д;)
 
 
ま、そんなことは無くても……
 
そこまでお金をつぎ込んだなら、絶対に担当者とかはいるはず。
 
その人、おかしいと思わなかったのかしら?
 
住所も苗字もどんどん変わって、どこからかお金が湧いてくるのに。
 
不思議だわ。
 
 
さて、せっかく洗って仕舞った毛布を出さなきゃ、今夜、凍えちゃういそう。 
 
明日も寒いのかなぁ……
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.22

アメリカンアイドル・シーズン14 TOP12→11

今日は温かく、天気も良く、過ごしやすい一日だった。
 
のだけど……

黄昏(こうこん)の初刻頃(19時)、突然の雷!

 
大きな音に、コマメ、大騒ぎ!
 
光が遠かった(我が家は空が丸見え。遠いと窓の中ほどで光る)から、あまり心配はしなかったけど、物凄い響きだった。
 
一度など風呂場の電灯が揺らいだほど。
 
 
さて、アメリカンアイドル・シーズン14もついにTOP12…… 
 
なかなか今シーズンは私好みなので、見ていても楽しい。
 
 
発表のトップはレイヴァン。
 
キースが「最高!君に夢中!」ですって。
 
この人、声が心地よくって、私もお気に入り。
 
 
ジョーイの「FANCY」も良かった。
 
この曲、現代の曲を1920年代風にアレンジしたらしい。
 
珍しくハリーがべたぼめ。
 
クラークはピアノを弾いて大奮闘。
 
この人、優勝候補みたいね。
 
 
カシムは独特のダンスを封印して、ギターを持ち歌唱力をアピール。
 
ま、何をやっても、この人、絵になるよね。
 
見ているだけでワクワクしちゃう。
 
 
一度は落ちていたはずのアダナも大奮闘。
 
なんか、この人はどんどん良くなるというか、舞台映えする。
 
並ぶとさほど背は変わらないのに、ウエストの位置がライアン・シークレストよりもうんと高くて……
 
なんか、ライアンがお気の毒。(笑)
 
 
ティアナの声は安定していて、かなりアップテンポで激しい曲だったにもかかわらず、聞いていて癒された。
 
JLoは「最高のパーフォーマンス」
 
辛口ハリーも「10点満点」
 
きっと、良い結果が出るね。(*^m^)
 
 
ダニエルは、も~、可愛い!!
 
おばちゃん、すっかり保護者気分でなかなか名前を呼ばれなくてドキドキしちゃった。
 
JLo も「応援したくなる」らしいから、すっかりおばちゃん?
 
でも、彼の存在は次第に、番組の課題になりつつあるかも。
 
可愛すぎるって罪だわ。
 
 
マディ、ジャックス、クエンティン、ニックも順調に残って……
 
今週でサヨナラはサリナ……
 
 
もう、この辺りになると、実力云々よりも運不運がものを言いそう。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.21

この世の時間

今日は久しぶりに夫の母と出かけた。

 
Img_6881  
熱田神宮。
 
早咲きのしだれ桜がびゅーていほー! 
 
熱田神宮の境内ではあちこちで桜がちらほら咲いていたけど、寒桜の種類?
 
 
本殿の前の広場で結婚式の集合写真を撮っていて、白無垢・綿帽子の花嫁に華やかな振り袖や黒留袖や色留袖の女性たちが色を添えていた。
 
それを見て、
 
「あんな晴れがましい席に、私は出たことないわねぇ」
 
と、母が一言ポツリ……
 
スミマセンね、山奥の教会で親族だけの結婚式をしちゃって。
 
 
それでもあの時はその時期には降るはずのない雪が降り積もって、雪に埋もれた小さな教会はとてもロマンティックな趣だったでしょ?
 
雪の上の赤い絨毯はとてもきれいだったしね。
 
 
ところで、このところ、夫はかなりお彼岸の影響を受けているようで。
 
18日の夜中はうなされっぱなし、19日の夜は全身蕁麻疹、20日は何とか無事だったものの、今朝、顎が外れた!
 
歯磨きしていて顎が外れるなんて!
 
 
その話を夫の母にしたら、「あんたもそういう歳になったってことよ」
 
だよね。
 
そういうやり取りをしていると随分普通に思えるのだけど……
 
夫の母、自分がどこにいるか認識していなかった。
 
駐車場に着いた時に、「熱田神宮だよ」と言うと、「そうそう、私たち結婚した当時はこの近くに住んでいたのよ」と言ったのに。 
 
途中で、「ここ、熱田さんだったの? 知らんかった」だって。
 
 
夫の母の意識はこの世とこの世ならぬ世に引き裂かれ始めている。
 
今は夫と母にとって、とても大事な時間……  
 
ご先祖様、どうか、二人にもっともっと、時間を与えてくださいまし。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.20

オウムとイスラム国

今日は地下鉄サリン事件後20年……

 
このところ関連報道が増えている。
 
昨夜はオウム真理教の麻原こと松本の三女のインタビューが放送されていた。
 
幼いころの面影を残しながらも美しく成長した三女は、父親が「地下鉄サリン事件」の首謀者であることを認めず、「(指示したかどうかは)わからない」とした。
 
どうやら、自分の来し方を本にして出版するようだ。
 
今の時点で、インタビューに応じたのは本を売るためなのかと、ちょっと、悲しかった。
 
 
親のしたことの責任を子供に取れというのも理不尽な話……
 
だけど、多くの犠牲者が出て、サリン被害に遭った人が未だ苦しんでいる中で、
 
松本死刑囚から教団の後継者に指名された特別な娘が自分の出自を売り物にするのはどうかと思う。
 
 
父親の罪を認めているのならまだしも、彼女はそれを認めていない。
 
そうであるならば、彼女が書く内容は遺族や被害者のこころを乱し傷つけるものにしかならない。
 
謝れとは言わないし、隠れて暮らせとも言わないけど……
 
せめて、遺族や被害者の目に触れないところにいて欲しかった。
 
それが彼女に出来る精いっぱいの思いやりだったのでは?
 
 
松本死刑囚は未だ、オウムの後継集団である「アレフ」や枝分かれした「ひかりの輪」で神格化されているらしい。
 
自分の境遇に疲れ、誰かに何かに救われたいと願うことは理解できる。
 
今の自分が本当の自分ではない。
 
どこかに本当の自分を見出してくれる人がいる。
 
まるでシンデレラの魔法使いのように、ガラスの靴を差し出してくれる人がいる。
 
悲しいとき、辛いとき、そう思うのも理解できる。
 
 
だけど、自分が「他」によって救われることは無い。
 
自分を救うことができるのは、自分だけ。
 
 
「いかに自分の頭で考えないことが危険なことか」
 
オウムを脱退し、父親とともに信者救済活動していた永岡さんはそう語る。
 
彼の父親はオウムに殺された坂本弁護士と被害者の会を立ち上げ、息子の救出後も出家信者の家族とともに活動していて、VXガスでポアされ(殺され)かけた。
 
今夜はその家族の戦いのようすが放送されている。 
 
 
その番組で、  
 
「オウムは反社会、反国家である」
 
と語る松本死刑囚の声も放送された。
 
つまり、オウムはイスラム国の先駆け?
 
 
信教の自由は世界中で認められた権利だけど、それは個人の生命よりも優先されるものではない。
 
神と人の間に教義と言う壁を作り、自分たちだけが通せるという門を造り、そこを通るのにお布施を要求する宗教は、真の宗教と言えるのだろうか……
 
宗教を名乗る集団が世界中でテロを起こしている今、宗教とは何かを問われる時期に来ているのでは?
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.19

忘れられたお彼岸

今週は月曜日からバタバタしていたけれど、今日の生け込でようやく、終了!ヽ(´▽`)/

 
 
余りのバタバタぶりに、高麗の美容院の予約を忘れ、出先で連絡を頂く羽目に。
 
慌てて、家に帰り、高麗を連れて美容院へ。
 
30分も遅れた引け目から、つい、勧められたオプションのバブルバスなんかお願いしてしまった。
 
アワアワのお風呂に入れてもらった高麗さん……
 
1p3190023  
 
はい、はい、きれいでしゅよ。
 
 
体感も変だ。
 
四国は大丈夫かな……
 
 
そういえば、昨日は彼岸の入り。
 
今回は夫が影響を受けているみたい。
 
忙しさに、つい、お供えとかできていなかったのがいけなかったかしらん?
 
明日はしっかりお供えしなきゃ。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.18

ようやく、ホッ

今日はいろいろと……

 
1201503182
 
オバマ夫人が来日。
 
せっかくいらしたのだから、日本とお仲良しになれますように。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.17

夢の終わり

今年一番の暖かさになった今日は……

 
花の仕入に遠くの農園へ。
 
この前、花がぶっ飛んだところ。
 
今日は風もなく、何事もなく帰ってきた。
 
 
お昼、テレビを見ていたら、年下の奥さんに離婚裁判を起こされた歌手の方が、インタビューに応じている。
 
一年以上別居していて、その間、子供の顔も見ていないって……
 
それでいて、話し合ったときに「離婚の話は無かった」って……
 
鈍感過ぎ!
 
もう、さっさと離婚届に判を押して、奥さんを解放してあげたらよいのにね。
 
 
きっと、最初は奥さんの方が夢中で結婚したんだろうなぁ。
 
その記憶(成功体験)があるから、彼女の気持ちがあっさり変わったことを認められないのかも。
 
「おしどり夫婦」として営業もできて、仕事的にも万々歳だったしね。
 
16歳だった彼女はどんどん大人になり代わっていたのに対し、すでにアラフォーだった彼は変化できなかったのね。
 
 
さて、今日は三つの原発の廃炉が決まった。
 
関西電力の美浜1号機と2号機、日本原電の敦賀1号機。
 
地域に堪える影響や放射能廃棄物処理に関しての問題は残る。
 
熱烈お願いで原発建設を認めたのに、止める時には相談もない……
 
ずっと原発関連で潤ってきた町の財政はど~なる!
 
ということで、美浜町長も戸惑っている。
 
なのに、相手は「早期に更地化したい」なんて、つれないことを言っているし。
 
(あらあら、どこかのカップルそっくり……)
 
 
手にしたものはいつか失う。
 
失ったものを取り戻そうとするのは愚か。
 
だけど、先に進めばさらにいろんなものを失いそうで、足踏みして現実を受け入れないようにしてしまう。
 
今までは人もうらやむ夢のような生活をしていたから、辛いだろうけど……
 
歌手の方は「アラ還のおじさん」の現実を受け入れるしかないし、美浜町は「これという産業の無い日本海に面した町」の現実を受け入れるしかない。 
 
皆、その現実の中で生きている。
 
だから、大丈夫!
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.16

メルケルさんまで

曇っているものの暖かい日……

 
 
最近、安倍さんが「戦後70年談話」で何を語るかで国内外ともに大騒ぎ。
どうも、皆さん、固唾を飲んで、安倍さんの談話を待っているようす。
 
あ、固唾を飲まずに吐き散らしているところも有るわ。(笑)
 
 
この前来日されたドイツのメルケル首相まで、民主党の岡田さんとの会談で「慰安婦問題」に言及したという報道があったけど……
 
なんと、この報道に、ドイツから在独大使館を通じて「否定」が!
 
 
確かに、メルケルさんが「慰安婦問題」を持ち出して、日本を責めるのは腑に落ちない。
 
今回、メルケルさんが何年も来ていなかった日本に来たのは、ウクライナ問題、対ロシア問題などで日本政府の賛同と援助が欲しかっただけだから……
 
いくら中国好きなメルケルさんと言えど、日本を怒らせてまで、韓国や中国に恩を売る理由もない。
 
それどころか、メルケルさんはドイツの戦後政策の成功はフランスなど近隣諸国の「寛容」のおかげだと発言している。
 
そこのところをどうして日本のメディアは報道しないのかしら?
 
 
岡田さんは「確かに発言した」と強弁していたけど、次第にトーンダウンして、「私もかなり丸めていっているが……」なんて言いだしている。
 
メディアも民主党も、他所の国の首脳を利用してまで、自分たちの主張を貫こうとしたのかしら?
 
外交問題になったらどうするんでしょ。
 
 
と、まあ、こんなにガタガタするのも、すべて、「安倍談話」に影響を及ぼそうとしてのこと。
 
皆さん、安倍さんに言われて困ること、あるのかしらん?
 
戦後、日本がどれだけODAを出したとか、援助したとか、解決にお金を払っているとか、ぶっちゃけられたら、困る人がいっぱいいるのかもね。
 
今までの日本の首相は皆さん奥ゆかしくて、そんなこと言わなかったけど、安倍なら言いかねないってか?
 
ま、安倍さんは好きなことを言えばよろしいかと。
 
どうせ、気に入られないのだから、せめて、国民にみじめな思いさせるようなことは無しにしてね。 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.15

古いけれど

今日は……

 
1p3150009001 
最近手に入れたノリタケのセットで、一人、ティータイム。
 
 
これ、もう廃盤になった「ローズ・パティオ」という絵柄。
 
汚い箱に入って、一個一個カバーが掛かった状態で売られてた。
 
このセットは他に、カップ&ソーサー1客、ケーキ皿1枚付き。
 
で、なんと、全部で、1980円!
 
―――1980円って……
 
 
ヤオフクなんかだと、カップとソーサー1客で2500~5000円している。
 
ウソみたいな低価格。
 
0が抜けていないかどうか、何度も価格を確かめちゃった。(笑)
 
 
おそらくバブル期以前のものだと思うけど、このころのノリタケはとっても質が良い。
 
雅な形もやさしい絵柄もしっとりとした質感も、最高。
 
今のはなんか、ゴワゴワな感じで高級感が無いのよねぇ。
 
 
思わぬ掘り出し物に喜んで、置き場所を夜中に作っていて、大事な湯呑を割っちゃったわけで。
 
ラッキーなのかアンラッキーなのか……
 
 
さて、土日は恒例のアメリカンアイドル……
 
今年はアイドルらしい人が選ばれていて、安心できる。
 
中でも15歳のダニエル君は超キュート!
 
どこまで行けるかな?
 
 
昨日の「男子TOP12→8回」の幕開けは、アレサ・フランクリンの「I Will Survive」
 
聞いたことがあるけど、曲名が思い出せなくて、かなり探した。
 
 
 
 
アレサ・フランクリンだけじゃなく、本家グロリア・ゲイナー版やダイアナ・ロス版まで、午前中、ずっと聞いていた。
 
アメリカンアイドルはこうやって、古いけど良質の歌を思い出させてくれるから好き。
 
おかげでここ数年、懐かしい歌たちに再会している。
 
今年はどんな歌たちに出会えるかしら……
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.14

乙川の河津桜 2015

乙川の河津桜、そろそろ、咲いているかと観に行った。

 
1p3140069 
満開でございマシタ。ヽ(´▽`)/
 
1p3140078 
河津桜はピンクが濃くて、花も大きいから可愛いなぁ……
 
この並木はボランティアの方々が植樹されて、今は岡崎市に移管されているらしい。
 
15年弱でここまで大きくなり、美しく咲くようになったとか。
 
美しい桜を見せて頂いて、ありがとうございます。
 
 
出がけにパラパラ雨が降り出したので、コマメを連れて行くのを迷ったけど……
 
1p3140070 
着いた時はもう止んでいたので、川岸の土手を散歩。
 
見物のおばあちゃんたちに可愛がっていただいて、高麗、大はしゃぎ。
 
 
1p3140071
 
 
余りにはしゃいで言うことをきかなくなり、叱られて、ちょっと仏頂面な高麗。(笑)
 
 
 
1p3140112 
鳥たちも春を喜び、枝から枝へ……
 
「世はすべてことも無し」 
 
「遊べや遊べ」
 
だねぇ。
 
 
昼食は「ばーばら」でラーメン。
 
ここのラーメンはこってりタイプなので、全くお腹が空かない……
 
なのに、夫からのホワイトデーのチョコレートロールを食べちゃった。
 
今夜は食事抜きに決定!
 
主婦には嬉しい楽ちん展開だわん。(≧∇≦) 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.13

形あるものは

うたた寝して……

 
さっき起きて、食器を片づけようとしたら、手に力が入らなくて滑ってしまい……
 
大事にしていた湯呑を3個も割ってしまった。
 
疲れているときには大事なものに触っちゃダメよ~。 
 
ダメ、ダメ~。゜゜(´□`。)°゜。
 
 
形あるものは壊れる。
 
とは言え、ショックが大きい……
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.12

特別な存在

昨日の311の慰霊祭……
 
宮城代表の19歳の女性の体験が凄すぎた。
 
 
中学校の卒業式を終えて帰宅したところに、突然の大地震。
 
すぐに津波に襲われ、家族とともに呑みこまれ……
 
がれきの上に流れ着いたら、その下にお母さんが……
 
助けようとしても動かすこともできない大きながれきの山。
 
このままでは助からないと彼女は泳いで逃げた。
 
「行かないで」と言う母親に、「ありがとう。大好きだよ」と言い残して……
 
 
そんな悲しい別れがあるだろうか……
 
 
人の脳には「忘却機能」がある。
 
忘れなければ生きていけないほど、辛いことがあるから。
 
だけど、彼女は「忘却」ではなく「語る」ことで、母を残して逃げたという辛く悲しい現実を昇華したのだろう。
 
そこに至るまでにはどれほどの苦しみと孤独を抱えていたことか……
 
 
あの日、あの美しい東北の海辺で数えきれない悲しい別れがあった。
 
人間だけでなく、ありとあらゆる生物が、人々の営みの証が、あの津波に消えて行った。
 
幸か不幸か、映像のおかげで、その場にいなかった私も、それを見ている。
 
だけど、彼女のように当事者ではないから、その痛みを忘れることもできる。
 
 
彼女は常にその痛みとともに生きている。
 
その痛み故に、普通の幸せを得てはいけないような思いに陥らなければよいのだけど……
 
と、オバサンな私は心配する。
 
 
特別な経験をしたから特別にならざるを得ないだろうけど……
 
特別な生き方をしなきゃいけないってものでもない。
 
彼女が心から幸せと思える人生を歩めますように。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.11

2015年3月11日

思いがけない春の雪で明けた今日は2015年の3月11日……

 
2011年3月11日2時46分は作品展の片づけをしていた。
 
車に荷物を運んで移動させようとエンジンをかけ、東北で大きな地震があったことを知った。
 
その後、テレビの向こうで起る災害をなすすべもなく見続けた。
 
 
その作品展は毎年あり……
 
今日は明日からの作品展の準備。
 
生徒たちがやってきて、準備の後、食事会。
 
いっぱい食べ、いっぱいしゃべり、いっぱい笑った。
 
それでも、皆、今日が3月11日だと忘れていたわけじゃない。
 
あの日何が起こったのかも、絶対に忘れない。
 
 
 
1p3110062 
 
あの震災とその後の津波、原発事故、避難生活……
 
その中で犠牲になられた多くの方々のご冥福をお祈りいたします。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.10

春の雪

雪を伴う春の嵐……

 
という予報が出ていたけど、まさかと思っていた。
 
 
朝、時折パラパラと雨が降る中、レッスンに出て……
 
終了後、食事もとらずに遠くの農園に行った。
 
大きな枝から小花まで30束ほど買って、新聞紙で6つに分けて包み、カートに乗せていたら……
 
突然の突風に、全部、飛ばされてしまった!
 
駐車場に叩きつけられた花の包みは、なおも強風に煽られ、ずるずると逃げていく。
 
必死で追いかけ、なんとか、全部抱えると、今度は身体ごと持っていかれそうな強風!
 
遠くの農園は吹きっ晒しで、いつも風が強いところだけど、こんな強風は初めて。
 
まるで台風みたい……
 
 
それでも家に帰りつくと、さほどの風もなく青空も見えていた。
 
のに!
 
それから、雹は降るわ、風がびゅんびゅんになるわ……
 
夕方のレッスンが終わったときには降っていなかったので、安心していたら……
 
なんと、すぐに降り始めて……
 
1p3100047 
せっかく咲き始めていたクリスマスローズも、
 
1p3100048  
 
雪を被って、えらい迷惑!
 
 
今回は雪女は来ていないから、大丈夫なような気もするけど…… 
 
なんとなく、青森と北海道の間の太平洋が、気になっている。
 
 
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.09

京の名残

さて、昨日のお昼は大徳寺の塔頭・大慈院内にある「泉仙(いずせん)」の鉄鉢料理。

 
まずは……
 
Img_6279 
わらび餅とお抹茶から。
 
 
このわらび餅、なかなか……
 
先に注文を受けて食事の間に作ってくれるというので、早速、注文。
 
(夫のお土産、決まったね!)
 
 
で、鉄鉢料理はというと……
 
Img_6278 
 
名前の由来は雲水が手に持ち、托鉢する鉄鉢からだそうで。
 
鉄鉢を模した赤い漆塗りの器に精進料理が盛り付けられている。
 
この他に甘漬けの梅の揚げ物など温かい料理が三品、デザートが付いて……
 
ご飯のお替りどうぞなんて言ってくださったけど、もう、苦しいほど、お腹いっぱい。
 
 
食事が終わり、鉢を重ねると……
 
1img_6286   
見事に重なりましたとさ。
 
 
昼食後、バスで向かったのは、「鶴屋吉信
 
ブルーベリー餅や桜の香りの麩焼きせんべいなんかをお土産にし、日持ちしない生菓子は自家用に……
 
 
昨夜はわらび餅を食べるのに忙しかったので……
 
1p3090018 
 
生菓子は、ようやく、今夜のデザートに……
 
1p3090022   
う~ん、京の名残……(*^m^)
 
 
普通、バスツアーはこれでもかと土産物屋さんに連れて行ってくれるものだけど……
 
京都は昨日、車椅子マラソンなんかもあって、道が混んでいたし……
昨日のツアーの買い物処は「鶴屋吉信」だけ。
 
それも予約時間に追われて、ゆっくり見る間もなかった。
 
もちろん、境内の土産物屋さんなんか覗く暇もない。
 
 
そんな状態なのに、約束の時間に必ず遅れる人もいて、行程を入れ替えたりして、ガイドさん大わらわ。
 
なんとなく、皆が常に遅れる人の動向を気にするようになっていて、笑えた。
 
そんなあれこれも楽しんで……
 
良い旅行でございました。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.08

京都に行った

今日は例年のおばさんグループのバスツアー。

 
京都に行った。
 
1img_6270 
 
北野天満宮の梅見と……
 
大徳寺の泉仙の鉄鉢料理。
 
1img_6301
 
石庭で有名な龍安寺。
 
 
行きも帰りも思いっきりおしゃべりして、思いっきり食べて……
 
心身ともにパンパンに膨らんで帰った。
 
近所に住んでいるのに、逢うのは一年に二回だけの仲間……
 
ほんの一年間、村の役を引き受けて苦楽を共にしただけの仲間……
 
それがもう、20年近いお付き合いになっている。
 
そんなご縁を頂けたことは、何よりの幸い。
 
この土地に馴染めなくて逃げ出すことばかり考えていた。
 
そんな私たちにお恵みを下さった土地の精霊様……
 
本当にありがとうございます。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.07

散歩

薄曇りの今日。

 
コマメの散歩は少し足を延ばして、河津桜が植えている小川まで。
 
1p3070209 
 
咲いてはいたけど、まだ、こんな感じ。
 
来週になったら満開かな?
 
 
1p3060171 
そだね。
 
あれは予期せぬ雨だったね……
 
1p3060166 
 
濡れたのはともかく、お尻洗われたのはビチう○ちだったせいでしょ。(笑)
 
そ~いえば、と~ちゃんたら、お尻の汚れた子とは歩きたくないなんてひどいこと言ってたね。
 
1p3050138 
心配しなくて大丈夫よ、メイち。
 
と~ちゃん、いじめっこになれないヘタレ……
 
か~ちゃんに「DV男!」とののしられても、我慢しているもの。(*^m^)
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.06

鏡を貸して

昨日、移動の途中で、アメリカの韓国大使襲撃事件と美濃加茂市の市長の無罪判決を知った。

 
 
アメリカ大使襲撃事件……
 
韓国、大丈夫?
 
朴大統領は自分が襲撃された体験を踏まえて、お見舞いを述べたようだけど……
 
それ、絶対に、まずいから。
 
加害者の国の代表として謝らなきゃいけないのに、自分を被害者側に持って行って、ど~する?
 
 
アメリカは甘い国じゃない。
 
世界中で大きな紛争を起こしているのはどこだと思っているの?
 
今まで日本関連で韓国が非常識なことをしても大目に見てもらえていたのは、日本を抑える効果があったからで……
 
アメリカに直接被害が及んできても、大目に見るとは思えない。
 
なんとも、不安な事件だわ……
 
 
美濃加茂市長の件は、もともと、冤罪なのだろうと思っていた。
 
あの市長は若いけどしっかりしているから。
 
あんなはした金ではなく、もっと大きな額の賄賂なら、もしかしてと思ったかもしれないけど。(笑)
 
あれは誰かと誰かの利害が一致して、雑な台本ができたのね。 
 
 
今、国会も補助金を受けた企業からの献金問題で揉めているけど……
 
あれも変な話。
 
たかが5万や10万で政治家が動くものかしらん?
 
彼らはそんなはした金、「おうおう、ありがとう」で終わり。
 
彼らを動かそうとしたら、桁がいくつか増えなきゃ無理……
 
あ、そっか、ガタガタいう政治家は、たかが5万の献金で、言うことをきくわけだ。 
 
 
違法献金なんて、予算委員会で出すような大事な話じゃない。
 
違法なら司法に委ねればいいだけ。
 
いつもいつも、反対のための反対しかできない野党がどれだけ魅力を失っているか、誰か彼らに鏡を貸してあげて欲しいものだわ。
 
あ、クネさんにもね。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.05

ナビに感謝!

晴れているものの風が強かった今日、お隣の奥さんとコストコへ。
 
 
途中、INAXミュージアムへ寄ったりしながら、ゆっくり行ったのだけど……
 
そろそろどこかでランチしましょうなんて話になったとき、ナビに案内してもらっていたのに、なぜか、遠回りの通ったことが無い道に迷い込んでいた。
 
お腹空いたね~なんて言いながら、きょろきょろ。
 
もう少しで美容院をカフェに間違いそうになったりしながら、コストコに向かっていたら、交差点の向こうに煉瓦の建物が……
 
もしや、あれは……と、駐車場に車を入れたのは良いけど、目に入った看板には「School」の文字!
 
「学校」?
 
―――陶芸教室……?
 
側面の駐車場から正面のほうに車を回すと……
 
Img_7224 
 
あれ?
 
あの黒板は……やっぱ、食事ができるの?
 
 
そんな話をしていたら、ちょうど車を止めて歩いてきたオバサン二人が話しかけてくれて……
 
そこで食事ができることが判明。
 
 
二人を追いかけて、恐る恐る入店すると、そこは……
 
Img_6225
 
窯の中!
 
Img_6228   
なに、このオシャレな空間!
 
Img_6224
 
お隣さんと思わずはしゃいでしまった。
 
 
 
同じ敷地に陶芸教室もあり、私たちが見た「……School」はそこの看板だったみたい。
 
 
さて、ランチはフルコースとハーフコースがあり、私たちはハーフコースをチョイス。
 
 
まずはアミューズ。
 
Img_6230
 
自家製コンソメのロワイヤル。
 
 
前菜は、
 
Img_6231 
メジマグロのグリルとホタルイカ、クスクスのサラダ仕立て。
 
  ~オリーブとマスタードのヴィネグレットソース~
 
 
スープは、
 
Img_6232 
キャベツのポタージュ。
 
 
メインは魚料理1品、肉料理4品から、一品を選択。
 
私は……
 
Img_6233
 
真鯛のポワレ。
 
 ~エスカルゴバターソース~
 
お隣さんは……
 
Img_6235
 
地元常滑つづきぽーく、もものポワレ。
 
 ~ハチミツとしょうがのソース~
 
ちなみにフルコースは魚料理、肉料理から一品ずつ選択するみたい。
 
  
デザートは、ココナッツ風味のヨーグルトのムースとカシスのソルベ……
 
Img_6236 
もちろん、パンと食後の飲み物もついている。
 
 

Img_6234

ふふ、パンの皿が汚れているのはお替りしたからデス。
 
 
もう、もう、大満足なランチでございましたさ。
 
二人とも、すっかりお腹いっぱい。
 
導いてくれたナビに感謝!!
 
 
上機嫌になって、コストコに行き……
 
うっかり、大量買いしてしまった私らって、ちょろ過ぎ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.04

パーフェクトは望まないけど

今日は名古屋へ。

 
仕入の後、夫の両親がお世話になっている施設へ。
 
実はこの施設、感染症が発生して面会禁止になって、早10日……
 
連絡するまで面会を控えてくださいというお便りが来ていた。
 
だけど、夫の母は寝る前におやつを食べなきゃ眠れないといい、いつもクッキーを買い込んでいる。
 
さすがにもう無くなっただろうということで、お菓子を買って持って行った。
 
まだ面会禁止は解けてなくて、受付で担当の方と話して、お菓子を預けて帰ってきたけど……
 
夫の母、きっと、退屈しているだろうなぁ。
 
 
感染症が発生するなんてなんて施設だ!
 
と思わないでもないけど……
 
でも、いろんな人が出入りしているとウィルスやら細菌やらダニやら、外から入ってくるのは仕方ないこと。
 
ことが起るのは仕方ないけど、後をきちんと対処してくれれば問題は無い。
 
 
一年前、夫の父は要介護5で家では到底看れないし、夫の母は私たちと住む覚悟ができなくて、今の施設に入る選択をした。
 
この前会ったとき、夫の母に「今の施設に不満があるのなら、もっと良そうなところを探す」と提案したけど……
 
「今の施設が良い」という意向だった。
 
 
誰かに何かを委ねるとき、委ねる側はパーフェクトを求めてはいけないけど……
 
委ねられた方が最初からパーフェクトを目指さないのは困る。
 
だから、たとえ面会できなくても、受付まででも行く。
 
家族がちゃんと見張っている。
 
見捨てられた老人じゃない。
 
というところは見せておかないと。
 
 
帰りは大高のイオンに寄り、休憩&買い物。
 
ちょっとしたドライブ気分で、楽しかった。
 
Img_6771
 
あなたたちはきっとこんな感じで待っていてくれたのね(*^m^)
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.03

2015 ひな祭り

さて、今日はひな祭りデス。

 
1p3030100  
メイち、我が家で一番小さなお雛様に迫る……
 
1p3030103
 
そして……
 
食べられないと知り、不満顔(笑)
 
 
でも、芽生……サクラはそのお雛様、良く齧っていたよ。
 
何度、お口から救出したことか……
 
高麗は高いところに登れないので届かなかったけど、サクラはあなたのように椅子に飛び乗れたから、届いたんだよ。
 
 
えっ?  あら?
 
高麗も……?
 
1p3030104
 
はい、はい、そのお雛様は高麗のなのね。
 
 
歴代ワンコたちを見守ってきてくださったお雛様たち……
 
今年もよろしくお願いいたします。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.02

救急車が

ポカポカと春らしい一日。

 
朝、ゴミ捨てから帰った夫が、少し離れたうちの来客用の駐車場に救急車が停まっていると言っていた。
 
どこに来たのだろうと話したけど、来客があったりしてすっかり忘れていた。
 
 
で、夕方、コマメの散歩の後、外に出たら、近所の奥さんがワンちゃんを散歩させていて……
 
「お隣のおじいさん、救急車で運ばれていったね」
 
「ええ~っ?」
 
 
まさか、お隣のおじいさんとは!
 
何があったのかしら?
 
聞きに行くのもなんだし、気がもめる……
 
1p2220079 
コマメは外に出て、おじいさんを見つけると、駆け寄っていく。
 
特に高麗はおじいさんが大好きでなかなか離れない。
 
高麗……か~しゃんも、おじいちゃん、大好き。
 
尊敬してるよ。
 
もう、アラ100なのに、背筋がピンと伸びているし、自転車こいで出かけるし、畑に次々と作物を育てるし、まるで老後の見本のような人なんだ……
 
早く、元気になりますようにって、お祈りしようね。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.01

チャーリー・モルデカイを見た

雨の日曜日……

 
久しぶりに映画を見た。
 
夫は「アメリカン・スナイパー」、私は「チャーリー・モルデカイ」
 
一緒にショッピングセンターのシネプレックスに行き、夫は始まりを30分待ち、私は観終わってから一時間待つと言う具合。
 
 
で、「チャーリー・モルデカイ」
 
「華麗なる名画の秘密」という副題がついているように、ゴヤの幻の名画の争奪戦。
 
名画と言えど絵が国家を揺るがすなんて……と思ったら、名画にはとんでもない秘密が!
 
1p3010027
 
う~ん……微妙?
 
 
こういうのって、先が読めちゃうじゃない?
 
だから、大筋を楽しむのは諦めて、瞬間を楽しむというか……
 
そういう点では面白かったけど、映画館の大画面で見なきゃいけないほどのものでもなかったような……
 
昨夜、地上波で途中から見た妻夫木君の「ジャッジ」の方が面白かったな。
 
1p3010045
 
だよね。
 
でも、その割に豪華には見えなかったの!
 
 
結論……
 
ジョニー・デップは貴族よりも海賊の方が魅力的!
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »