« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014.11.30

不審なピンク

先だって、ゴミ出しに出て近所の奥さんとすれ違ったところ……

 
「お宅の二階の外壁にピンクのものが見えるけど、あれは何?」
 
と訊かれた。
 
―――ほ~ら、やっぱ、不審に思われたじゃないの!
 
と、心中、夫に文句を言い、
 
「あれはエアコンの穴なの。 なかなか夫がエアコンを選んでくれなくて……」
 
「あ、そうなんだ。 あそこに何ができるか楽しみにしていたんだよ」
 
「単なる室外機ケーブル用の穴をテープで覆っているだけデス」
 
(´・ω・`)
 
―――もしや、ご近所の笑いもの?
 
 
 
で、早速、夫を引っ張ってエアコンを買いに行ったのだけど……
 
1週間後にしか取付できないというので、しかたなく、待つことに。
 
 
その1週間後が連休明けの火曜日だったのだけど、約束よりも遅れてやってきた取り付け職人さん……
 
「あ、これはダメだわ」
 
「長い梯子じゃないと届かない」、しかも「雨の日は危険で無理」という。
しかたなく、天気予報も見ながら、土曜日に決めた。
 
 
で、昨日は資材を分けながら、待っていたのだけど、朝一番に来るはずが10時を過ぎても来ない。
 
そのうち、雨が降り始めた。
 
―――これは今日も延期か……
 
げんなり。
 
 
小糠雨がどしゃ降りに成長した11時近くに現れた職人さん、
 
「今、雨雲の後の方から来ました。
絶対、晴れますから、やります!」
 
―――ほう……根性、見せたね。
 
 
2時間くらいで終わるという予定が、4時間近くかかったけど……
 
確かに彼の言うとおり、途中で太陽ギラギラになった。
 
 
 
ご近所の奥さん、「ようやく取り付けたのね」と思っているかしら?
 
世の中の人って、良く見ているものね。
 
 
つ~か、利休鼠系の外壁に、ショッキングピンクのテープを張り付けて行った工務店のアンちゃんのセンス、凄すぎ!
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.28

モランから

何とか起き上がり、レッスンしたり、ショッピングしたり……

 
まだ、すっきりとはいかないけど、時々、変な汗も出るけど、咳も出るし、鼻水も止まらないけど……
 
もう、寝ている時間はありませんがな。
 
がんばりまっしょい!
 
 
リフォームしたおかげで我が家に全身が映る鏡が、玄関に1個、風呂場に1個、2階のクローゼットに1個、合計三つも!
 
―――あ~私、3頭身だわ……
 
鏡の中には、髪の毛ぼさぼさ、顔が大きく、脚が短い猫背の無愛想なおばさん……
 
良く言えば、太ったミー?
 
 
今までは、街中のショーウインドウに映るくらいで済んでいたのにさ。
 
そこら中で出くわして、悲しいったらありゃしない。
 
寝込んでいるときには、ミーモランに変身!
 
……ますますがっくり!
 
せめて心はムーミンママになりたいもんダス。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.27

ようやく復帰…?

二日も寝てしまったので、やらなきゃいけないことがいっぱい。

 
朝一で、車屋さんに電話して、修理の予約。
 
資材屋さんに宅配で頼んだ資材が届いていないのの問合せ。
 
洗濯を4回した後、食料が何もなくなってしまったので農園へ。
 
買い出しして、あちこちで用事を済ませたら、お昼になってしまった。
 
 
で、お昼は、ここ二日、野菜とうどんとお米しか食べてなかったので、焼き肉ガシガシ。
 
やっぱ、体力造りはタンパク質でしょ!
 
ということで。
 
 
午後からはレッスン。
 
変な汗が出るけど、これは今日、気温が高いせいだよね?
 
うんうん、熱が出てるせいじゃないよ。
 
とか何とか、行っているうちに、あっという間に一日終了!
 
 
 
私の場合、2日も寝込んだら、以前はお通じが出なくなって苦しんだのだけど…… 
 
今回は姉が紹介してくれた高電圧のお座布団のおかげで、寝ていてもスッキリ。
 
さすが、腸閉塞で死にかけた人が良いというだけのことは有るわ。
 
健康おたくの姉のおかげで、いろんな良いものに巡り合えて、ありがたいことでございます。
 
費用は掛かるけど。
 
健康には代えられないということで。
 
 
ところで、私が寝込んでいる間に、阿蘇山が噴火していたようで。
 
噴煙が上がったのは19年ぶりですって。
 
阿蘇は昔、行ったことがある。
 
火口の傍にはシェルターがあった。
 
噴火口は小さいけど……
カルデラの中に町がありJRが走っているというから、、あの周辺全てがカルデラ……?
 
 
どうか、大きな噴火にはなりませんように。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.26

困ったもので

また、アップしたはずの、記事が消えちゃった。

IPad調子悪いなぁ。


さて、今日も一日、寝てしまった私……




コマメもお相伴。


今回のこの風邪症状、喉からはじまった。

どうも世の中、喉からの風邪が流行っているみたい。

ずっと雨が降らずにかんそうしていたから、そんなウィルスが蔓延していたのかしら?

昨日からようやく雨が降り始め、少しはウィルスも減ったかな……


久しぶりの酷い状態だったけど、身体の芯の疲れまで取れたような気がする。

風邪さまさま、だね。

じっくり休めたから、年末に向かって、頑張りましょう。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.25

鬼の霍乱

なぜかアップした記事がきえてる……

たいした内容じゃないので、消えてもさほど問題はないのですが。

風邪引いて、熱が出て、一日、寝込んだ、こんやももう、ベッドの中って、ことデスよ。

熱が出るのは免疫作用としてはお目出度いこと……

でも、ふうふう言っている割には、たぶん、37度までも行っていないかも。

あと一日で治さなきゃ、仕事が目白押し。

可愛いメジロちゃんたちがいっぱい並んでいる夢を見れたら、いいのになぁ……


皆様もこの好き勝手な気象に振り回されて、お風邪など召ませんよう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.24

岩屋堂とあれこれ

雨の予定があっ晴れ。

 
三連休の最後に、天気が良いのはうれしいけど、余りに乾燥していて、鼻や喉が……
 
思いっきりくしゃみ鼻水。
 
困ったものデス。
 
 
昨日、夫の母と岩屋堂に行ったときに、ちょっと喉が痛かったのでマスクをしたのがいけなかったかしらん?
 
マスクをした瞬間から息が出来なくなったもの。
 
あれ、もしや、中国製? 
 
風邪もだけど、多分、軽めのシックハウスにもなっていると思うけどね。
 
 
岩屋堂に行く道、携帯にナビをしてもらったら、なぜか、裏側から入っていくことに。
 
めちゃくちゃ混んでいる中、何とか駐車場で空きそうなところを見つけ、その車が出るまで、停車して待っていたら……
 
突然、横に駐車していた車がバックしてきて、車の後部ドアにドン!
 
その車にしてみれば、真後ろにいたはずなのに、全く見ずに出たらしい。
 
幸い、大した傷にもならなかったけど、保険会社に連絡したり面倒なことに。
 
 
―――そう来たか……
 
最近、車の調子が悪いから、点検しろってことだよね……
 
仕方ないから、今週中に修理&点検に出しましょ。
 
 
岩屋堂の紅葉は見ごろ。
 
1pb232160
 
川面に映る紅葉も……
 
1pb232126
 
最高!
 
 
夫の母も紅葉狩りを喜び、甘酒と五平餅でご機嫌。
 
で、帰りは、正規の道に。
 
 
すると、反対車線の岩屋堂への道は大渋滞!
 
 
あの携帯のナビ、なんか変な山道をくねくねと走らされて、大丈夫かと心配したけど、こちらの道を教えてもらっていたら、大渋滞にはまって大変なことになるところだった。
 
―――こんなに混んでいたら、まだ、着いていなかったね……ラッキー♪
 
と喜びながら帰った。
 
 
ま、起ることは起るべくして起こる。
 
車、修理しなきゃ。
 
 
あれ?
 
風邪も引くべくして引いている……?
 
サプリがぶ飲みしなさいってことかしら?
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.23

不思議 20141122

昨夜の緊急地震速報には、全く驚かされた。

 
あの時は「リーガル・ハイ」を見ていて、速報を聴き、慌てて玄関を開け、揺れに備えた。
 
のだけど、全く揺れなくて、しばらくして、神棚にお供えした榊の器がカタカタ鳴って、終わり。
 
 
なので、地震速報の「6弱」という震度にびっくり。
 
そんなに揺れたなんて……
 
しかも、揺れたのが「白馬」だなんて。
 
 
白馬は今年の夏の旅行で泊まった場所……
 
景色が良く穏やかなところだったのに、こんな目に遭うなんて…… 
 
大変な被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
 
 
地震に関しては……
 
20日にiPadで更新した記事が、なぜか、11月22日付けになっていたときから覚悟していた。
 
普通、日付指定をした場合、その日にアップされるので、私が日付を間違ったわけではないはず。
 
 
21日には真夜中に家の電話が鳴った。
 
うちの電話は非通知は鳴らない設定。
 
呼び出し音が鳴る通知された着信には番号が出るはずなのに、その履歴には番号が無かった。
 
 
そんな不思議が続いたので、これはいよいよかと……
 
なのに、「ここ」ではなかった。
 
ホッとしたような、もしかしたら、これから来るのかと不安なような…… 
 
 
にしても、今回動いた断層は「神城断層」
 
いよいよ、神様がお城からお出ましに? 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.22

紅葉狩り

ポッカポカで上天気の今日は……

 
1pb221919
 
 
一家総出で、作手高原の森へ。
 
月曜に一人で来た時よりも、さらに紅葉が進んで……
 
1pb221881 
 
錦の装い。
 
 
お昼は近くのお店でお弁当を買い、三河湖へ。
 
Img_7020
 
山の中なのに、なぜか牡蠣ごはんと牡蠣フライのお弁当……
 
これがめちゃ美味!
 
 
1pb221976
 
こんな景色を見ながら食べたおかげ?
 
1pb221986 
 
1pb221996 
 
コマメはあちこちをフンフン。
 
「ご近所では嗅いだことの無い臭いばっかデス」……でしょ?(*^m^)
 
 
帰りは来たときとは別の道を通り、
 
Img_7027
 
川沿いの見事な紅葉も楽しめた。
 
 
麗しい秋の日でございました。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラックな私 (11月21日の記事はこの前に)

追記:
 
昨日、iPadでこの記事をアップしたら、なぜか、11月22日の日付になってしまった。
 
で、今日の記事をアップしたところ、順番が逆に。
 
可笑しなこともあるもんデス。
 
ということで、以下は20日の記事になります。  
 
 

朝、何もする気になれず、ボ~としていようと決め、ゴミ出しを夫に頼んだ。

さあ、ゆっくりしよう、何なら、二階のベッドで寝よう♪(´ε` )

何て思っていたのに……

あちこちから電話が来るわ、人が訪ねてくるわで、ちっとも休めなかった( ̄◇ ̄;)

10時間くらい連続で眠りたい……

で、何となくテレビを見ていたら、夫をシアン化合物で殺したとされる女性の逮捕が報道されていた。

テレビクルーを部屋に招き入れ、夫も遺体を発見した時の様子を再現したりしてる。

ーーーマ、マスミ?

劇薬と縁のあるような人生じゃないとまくしたてるようなその口調。・°°・(>_<)・°°・。デジャブ……

和歌山ヒ素入りカレー殺人事件のマスミさまそっくり。

そういえば、あの事件って、そういえばどうなったんだっけ?

ググって見たら、2009年に死刑確定、現在、再審請求中だった。

夫や交際相手が次々死ぬという点では、年配の男性と援交し次々殺したとされているキジマカナエさまとも通じるものが……

もし、今回の被疑者が本当に毒物による連続殺人をしていたのなら、日本には女性の連続殺人犯が何人もいることに!

なかなかに凄いことだわ。

しかも、婚活女子が苦労しているのに、彼女たちは資産家と援交したり、結婚したり、モテモテ。

う~ん、もしかしたら、日本には入れ食いの釣り堀のような結婚市場があるのかも。

婚活女子の皆さん、背は低くても高学歴でなくても勤務先は大企業でなくても、先祖代々資産家なおじさんという選択肢もあるかもよ。

ふふ、疲れのあまり、ブラックだわ、私……






 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.21

アベノミクス解散

今日は「アベノミクス解散」の日。

 
議長が解散の宣言の「御名御璽」を読む前に、万歳をしてしまった早とちりな方々もいらっしゃたっとか。
 
「御名御璽(ぎょめいぎょじ)」とは君主の署名捺印のこと。
 
お名前を呼ぶのは不敬に当たるので、ご署名は御名、公印は御璽と呼ぶそうで。
 
日本の衆議院の解散は、解散権は総理大臣にあるけど、内外にそれを知らしめるのは天皇陛下の国事行為ってことで……
 
知らない議員さんが多いのかしら?
 
日本は子供の教育の前に議員さんの教育も必要?
 
 
さて、アベノミクスといっても、ちっとも景気回復を実感しないという声が多い。
だけど……
 
うちはリフォームで精いっぱいだったけど、ご近所は建て替えラッシュだし、
 
町に出れば、買い物袋を持った人が多いし、
 
伊勢神宮は平日でも参拝者でいっぱい。
 
ということは、そこそこ景気回復しているところがあるはず。
 
 
でも、あのころに比べればと言う意識が常にあり、古き良き時代に戻らない不満がある。
 
日本の不況と言うのは、バブルとその崩壊で傷ついた記憶を捨てなきゃ回復しないのかもね。 
 
 
ずっと、不況でつらいと言いながらそれなりに、皆、生きている。
 
世界にはこんなもんじゃない不況がある。
 
そこに至らなかっただけでもめっけもの。
 
アベノミクスの失敗ばかり論わず、皆、いろんなことを喜べばいいのにね。
 
世の中を変えるには、自分自身の「気」を変えなきゃだめなの。
 
皆が今を喜べば、きっと景気も良くなるよ。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.19

たかじんさんの純愛

解散騒動の中、今は亡きたかじんさんの奥様に重婚疑惑が……

 
海外での結婚式の写真がネットにも出回っている。
 
お相手は若くハンサムな外国人で、教会での挙式の様子では、お似合いのカップル。
 
それが何年か後には、たかじんさんと結婚しているのだから、人生分からないものだねぇ……
 
  
 
そんな話や百田さんの「殉愛」がかなり奥様よりの話になっていることで、怒っている方々もいらっしゃるとか。
 
でも……
 
たかじんさん本人は満足して逝かれたのではないかしら?
 
 
若く美しい女性との「純愛」で人生を締めくくるなんて、男のロマンだよね?
 
たかじんさんの場合、それを叶えてくれた相手が、あの奥様だったということで……
 
 
「死」を宣告された人には、もう、財産は何の価値もない。
 
「どんなに金があっても『食道』を買うことはできない」と、たかじんさんもメモしている。
 
突然現れた若い女性に財産すべてを持っていかれて、元奥様やお子さんたちはショックだったろうけど……
 
その人たちには、たかじんさんのことだから、それまで十分なものを渡していたはず。
 
たかじんさんにとって、その人たちはもう財産を遺さなくても良い関係になっていて……
 
最後にパ~と自分のために散財した。
 
その相手が「純愛に付き合ってくれた女性」ってことかな。
 
 
何となく理解できるなぁ。
 
「死」を感じたときの恐怖と孤独感は心身ともに冷えるものだけど……
 
身内って案外つれなかったりする。
 
財産が有れば死ぬのを待っていられるような気もするかもしれない。
 
そんなときに、傍にいて温めてくれる女性がいただけでも、たかじんさんは幸せだったね。
 
 
あれこれ余計なことを穿り返して、ガタガタいうのはスマートじゃない。
 
と、たかじんさんは思っておられるかもよ。
 
 
 
 
 
あら、「みんなの党」バラバラ事件……
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.18

解散と健さんと

午前午後とレッスンが続く間に、高倉健さんの訃報が……

 
健さんの追悼はしなきゃいけないわ、首相は解散を表明するわで、マスコミのみなさん、大わらわ?
 
 
高倉健さんが夫の母よりも年上だったことは、ちょっこしショック……
 
解散は……
 
ま、これだけ盛り上がっちゃうと、解散するしかないよね。
 
 
でも、また野党が政権を取ったら……
 
またもや大震災が起こりそう。(;ω;)
 
「来る~、きっと来る~」
 
次はうちの辺り? 
 
怖っ!
 
 
そんなことにはなりませんように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.17

いろいろと

さて、私たちが出かけている間、コマメはお泊り保育。

 
前回お世話になったペットホテルへ。
 
201411172
 
 
ふふ、怒ってる、怒ってる…… 
 
3泊4日、高麗はマイペースで暮らし、芽生は2日目からおやつを食べ、3日目にはご飯を少し食べたみたい。
 
芽生、連れて行ったときにはホテルを覚えていたようで、以前よりは馴染んでいた。
 
次回には高麗のようになれるかな?
 
お世話してくださるオーナーさんはとても優しく話しかけてくれるから、ご飯は食べられなくても元気いっぱい甘えていたようね。
 
 
午前中は田舎へ出かける予定があり、連れて行こうかと思ったけど、二人とも、私が出かける支度をしていても寄り添って寝ていたので、置いて出かけた。
 
行ったのは……
 
201411171
 
紅葉の森……
 
素敵なところだった。
 
 
午後からは、工務店の方が来て、最後の仕上げ。
 
山ほどのゴミも持って行って頂いた。
 
シルバーさんに庭の木も選定して頂き、庭も片付いた。
 
長かった我が家再生もこれで終了。
 
後は、なんとか20年くらい持ってくれれば良しということで。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.16

鳥羽~伊勢

今回のホテルは、鳥羽国際ホテル

 
1pb151815
客室の大きな窓からはこんな景色が……
 
 
潮路亭でパールオーロラ風呂で真珠のようにピカピカになり、遅い食事はレストラン「もんど岬」で。
 
鳥羽国際ホテルと言うと有名なのは洋食なのだけど、和食も美味しゅうございました。
 
鮑のバター焼きを初めて食べた夫の母も大喜び。
 
 
3人で泊まったので、私はエクストラベッドだったけど、寝心地は良く……
 
ぐっすり眠れたおかげで、いつもより早起きして、
 
201411162 
日の出を見ることができた。
 
 
朝食ブッフェでしっかり腹ごしらえをし、ホテルを出発。
 
向かったのは、
 
201411161
 
 
 
ただ今、遷宮に向けての工事中。
 
作っているのは、ご神体にお渡り頂くときの雨よけ屋根だそうで。
 
 
伊雑宮、以前、参拝させていただた時、見かけは普通のそこらのお宮さんな感じだったので、その強さにびっくりだったけど……
 
―――何なの、これ!?
 
と、驚くほどの変わり様。
 
全てが新しく美しく、整然としていて、神宮衛士の控所までできていた。
 
まあ、由緒が由緒だけに、今のように手を入れられて立派になさるのが当たり前?
 
 
ところで、私は「伊勢白山道」さんのブログで伊雑宮を知ったのだけど……
 
鳥羽国際ホテルの客室にも数冊写真集が置いてあり、その一つが「伊勢白山道」さんの伊勢の写真集だった。
 
ブログって、凄い影響力を持つ事もできるのね。
 
 
伊雑宮からは山越えで伊勢へ。
 
内宮にお参りし、おはらい町からおかげ横丁と楽しみ、早めに伊勢を後にした。
 
 
今回のお土産、赤福と……
 
201411163
 
 
おかげ犬サブレ。
 
美味しゅうございました。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.15

松坂~伊勢

さて、昨日の朝、夫の母をピックアップし向かったのは……

松坂市。
 
 
夫の母、小学生の頃、学童疎開で射和(いざわ)町のお寺にお世話になったと何度も話すので、一度は連れて行こうと夫と決めていた。
 
そのお寺の名前も聞き、到着~♪
 
「さあ、お母さん、懐かしいでしょ!」
 
そのお寺を見た母……
 
「こんなところじゃなかったよ」
 
――――え、ええっ!?
 
 
だけど、夫の母の言う名前で出てくるのはそこしかない。
 
これは、もう、場所から探すしかないということで、そのお寺があった場所近辺の記憶を追及。
 
そのお寺の隣りもお寺で、近くにも大きなお寺があったとか、お寺のすぐ傍を川が流れていたとかと話しているうちに、母、橋の名前を思い出した。
 
 
グーグルマップでその橋を出し、地図を拡大してお寺を探したところ……
 
間違ったお寺と同じ読みで、全く異なる文字のお寺を発見!
 
 
迷いながらも、ようやく、そのお寺に到着……
 
見た瞬間、「ここよ、ここ!」と興奮する母。
 
20141114  
確かに、特徴のあるデコラティヴなお寺だけど、かなり古いまま……
 
「30年前とちっとも変ってない」と夫の母。
 
いやいや、70年前ですから!
 
 
ま、何年前かは別として、そのお寺を見ながら、小学生時代が甦ったらしく、思い出を滔々と語り始めた夫の母。
 
――――ほっ。
 
 
このお寺でお世話になっていたころ、夫の母はこのお寺がかなり裕福だと思っていたらしい。
 
今、お寺をググってみたら、ここは富山と言う豪商の菩提寺だったそうで。
 
この冨山氏、「伊勢の射和は富山さま、四方白壁八ツ棟造り、前は切石切戸の御門、裏は大川船が着く」と歌われたほどの豪商。
 
夫の母、鋭かったのね。
 
 
夫の母は、その大川船が着く川辺で遊び、その洪水も目撃し、お寺で寝ていて三河地震にも遭った。
 
もちろん、戦時中で親元から離れての生活だった。
 
だけど、話を聞く限り、当時の夫の母はハツラツとした少女だった感じ。
 
子供たちのリーダー的な役割もしていたようだ。
 
 
しばらく、夫の母の思い出話を聞きながら、お寺で過ごし……外宮へ。
 
 
最近、神宮では砂利道でも大丈夫な太い車輪の参拝用の車椅子を貸し出してくださる。
 
お蔭で、夫の母もちゃんと正殿に参拝できた。
 
 
で、宿泊先の鳥羽のホテルへ行こうと、ナビの指示に従い伊勢志摩スカイラインへ……
 
201411141  
風は強かったものの、天気は良く、絶景を見ることができた。
 
 
鳥羽のホテルは……
 
また明日ということで。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.14

おなかいっぱい!



鮑のバター焼き、美味!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.13

サンゴラッシュ

寒い一日……
 
昨日までとは大違いで、日中もすっかり真冬な感じ。
 
 
昨夜の熱はサプリがぶ飲みで海嘯……
 
なぜ、「海嘯」? 
 
「解消」の方が一般的じゃないのか?
 
最近の返還は、えい、変換はわけわからんw
 
 
なんかうちのPC、もちゃもちゃしてる。
 
 
さて、国会は解散とな?
 
だからかしらん、この前の会に衆議院議員さん、次々、お出ましになったのは。
 
皆さん、マメなことと思っていたら、すでに先が見えていたのね。
 
 
この記事(「うちわ解散?」)を書いた時には、笑っちゃう感じだったけど、現実になると笑えないわ。
 
総取っ替えなんかできないもの。
 
またもや、同じような人を選んで、信任されたとか言われたら、片腹痛いわ。
 
 
こんな大変な時期にろくに審議もせずにと怒っていたら、「サンゴ密漁対策法」は成立する見通しだとか。
 
外国人による領海内や排他的経済水域での違法操業は罰金最高3千万ですって。
 
200隻に対して5,6隻で対応しているらしいから、捕まえられるか怪しいけど、無いよりはまし。
 
ガンガン捕まえて罰金を国庫に入れて欲しいわ。
 
その罰金で船をいっぱい作っても良くってよ。(何気に上から目線)
 
 
考えたんだけど……
 
そんなにサンゴを欲しているなら、きちんと資源として管理して、ちょっとずつ採取して、中国様に買って頂いたら?
 
一回、漁に出れば3000万ほど儲かるそうだから、ゴールドラッシュならぬ……
 
――――ビバ、サンゴラッシュ!
 
になるかも。
 
 
採取できるのは小笠原周辺在住の日本国民に限ることにしたら、小笠原近辺に移住する人が増え、守りも固まるじゃない?
 
海域がスカスカに空いているから気楽に来られるんで、船がいっぱい有ったら向こうもそう簡単には来れない。
 
ま、空き巣から強盗になったら、海自が出張ればいいわけだし。
 
 
と言うわけで、ビバ、サンゴラッシュ! 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.12

熱が

今日は生徒たちとランチ。

 
その後、我が家でこの前の作品展のツリーの材料で、リースを作成。
 
おしゃべりしながら、お茶を飲みながら、楽しい時間を過ごした。
 
 
有意義な時間だったのだけど……
 
少し熱が出ている。
 
ブレーキがかかっているみたい。
 
明日はゆっくり……できないなぁ。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.11

性格

曇り時々雨な一日。

 
1
 
久しぶりにイオンに行ったら、すっかり、リニューアルされていて、イオン直営のペットショップが出来ていた。
 
何十万と言う値が付いているエリートの可愛い仔犬たちがもちゃもちゃしていた。
 
生れたときから、うちの子たちとはえらい違いなのねぇ……
 
 
そこで、コマの誕生日プレゼントにベッドを購入。
 
メイはこの前買ったクッションを独占しているので、ま、いっか……
 
と、思いきや……
 
ベッドを居間に置いて、コマを乗せたら、すぐに逃げて、 
 
Img_6929_1  
ちゃっかり、メイが。 
 
 
1img_6932
 
 
新し物好きなメイ、新しいものにすぐに馴染めず様子見しちゃうコマ……
 
犬の性格も様々。
 
エリートではないけど、我が家にとっては大切なチビたちデス。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.10

文化資本

ここ数日、二人の日本の天才アスリートの話題が日本を照らしてくれた。

 
世界のベスト8の中に入りATPツアー・ファイナルにアジア人選手として初招待された錦織圭選手は、今まで勝ったことが無い、しかも開催地・英国出身のマリー選手に勝利。
 
羽生結弦選手は、ソチ・オリンピックの金メダリストとして出場した中国・アジア大会で、練習中に中国人選手と激突して大けがを負ったにもかかわらず、包帯姿で滑り、2位になった。
 
羽生くんも錦織くんも、ほんと、素晴らしい!!
 
その技術ばかりでなく、のほほんと歳ばっか取ってる大人が多い中、精神的にも大成しているよね、二人とも。
 
 
羽生くんがあの怪我を押して出場したことには賛否両論ある。
 
でも、羽生くんは坂上忍さんの言うとおり、「個人事業主」
 
ルールとしてドクターストップが無い以上、本人が望めば、「出場」しかなかったのだろう。
 
 
でも……
 
この世と言うのは、本当に厳しい試練を与えるよね。
 
あんなにまっすぐに自分の道を頑張って歩いている若者であっても、その仕組みから逃れることができない。
 
羽生くんはこの大けがと言う試練を通して受け取らなければいけないものがあるのね……
 
そして、錦織くんは、「大統領並」の扱いを受けて、世界の一流プレーヤーのソサエティで生きることを学ばなければいけない。 
 
錦織くんの奥さんになる人はもしかしたらハリウッド女優かもしれないわけで……
 
 
そんな若者が育っている日本……
 
宮崎駿監督はアカデミー名誉賞受賞のスピーチで、こう述べた。
 
私の家内が、お前は幸運だとよく言います。
 
一つは、紙と鉛筆とフィルムの最後の時代の50年に、私がつきあえたことだと思います。
 
 
それから、(アニメ制作をしていた)私の50年間に、私たちの国は一度も戦争しませんでした。
 
戦争でもうけたりはしましたけれど、でも戦争をしなかった。
 
そのおかげが、僕らの仕事にとっては、とても力になったと思います。
 
 
でも最大の幸運は今日でした。
 
(同じく名誉賞を受賞した94歳の女優)モーリン・オハラさんに会えたことです。
 
これはすごいことです。
 
こんな幸運はありません。
 
美しいですね。本当に良かった。 
 
どうもありがとうございました。

 
平和な時代が70年近く続いた日本。
 
70年は3世代……
 
70年の間に、戦後に生まれた第一世代は様々な他国の文化を吸収し、多国籍文化的な生活を始めるようになった。
 
第二世代はその恩恵のもと、経済大国の民として世界に出た。
 
そして、その3世代目に様々な才能を若くして開花できる若者が現れている。
 
それは平和な時代が続き、経済的にも繁栄し、多くの国民が「文化資本」を得たから。
 
 
今、不遇の若者たちは、自分には何もないと思っているかもしれないけど……
 
知らずに身に付いたその文化資本を元手に世界に打って出れば、大きな成功も夢ではないかもよ。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.08

さてはて

昨夜、我が家はあまり良くなかったようで……

 
PCのフリーズが酷く、書いた文章をアップするのにタイトルを入れることができなかった。
 
 
夫のご機嫌も最悪で、ちょっとしたことに怒っていた。
 
彼は私の体調を心配するあまり、私が無理をしているような気配にめちゃくちゃ腹が立つらしい。
 
 
私は花と言う素材を使って、形の無いものを形にしていく仕事をしている。
 
そのイメージが降ってくるのを待っている時期は、本を読んだり、音楽を聴いたり、もしくはぼ~っとしながら、微かな何かを感じている。
 
で、イメージが定まって、仕入や生け込み日ともなると、今度は思いっきりガテン系……
 
朝早くから動きっぱなし。
 
重いものを運び、大工仕事に近いこともする。
 
そんな日の夜は、疲れすぎて眠れなくなり、またもや夜更かし。
 
 
それを見ている夫、疲れているときには夜更かしせずにさっさと寝ればいいのにと思うらしく、傍でガミガミ。
 
私にしてみれば、心配するなら、そっとしておいて欲しいんだけど。
 
夫にしてみれば、そんなことしていたからがんになったんでしょということで、怒る、怒る。
 
ま、これは永遠に平行線な感じ。
 
夫よ、大丈夫だよ、私はちゃんと昼寝してるからさ。 おほ。(*^m^) 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.07

12014110_2

 
一足先にクリスマス♪
 
 
今日はエボラ出血熱患者と疑わしきお方が二名も!
 
まだ結果は判明していないけど、なんか、ひたひたと近づいている感じ……
 
 
さて、今夜の「金スマ」は、今は亡きたかじんさんへの奥様さくらさんの「殉愛
 
二人を取材し、「殉愛」を執筆した百田尚樹さんも出演されていた。
 
本人への取材だけでなく、たかじんさんの手書きのメモ、さくらさんの献身的な看護を目撃した医師や看護師の証言……
 
彼女の言葉を裏付ける多くの資料をもとに書かれた「殉愛」
 
さくらさんは「たかじんさんを天国に導く天使として遣わされた」と百田さん……
 
 
う~ん……魅力ある存在だったたかじんさん、真心を尽くした女性はたった一人ではなかっただろうに。
 
出遭った時期が「多くのお付き合いのあった女性の一人」と「唯一無二の存在」を分けた?
 
なんて、皮肉な私は思ったりする。
 
そして、たかじんさんは死への恐怖を「愛」に逃げることで克服しようとしたのかもと。
 
 
 
どんなにお金があっても食道は買えないというたかじんさんのメモ……
 
もう少し生きられたら、IPS細胞が何とかしてくれて、食道も買えたかもしれないのにね。
 
そうなったらそうなったで、お金と交換できないものがこの世の宝になるのだろうけど。
 
 
この世のすべてを手に入れてもなお渇望していたたかじんさんの魂を救ったのは一人の女性……
 
結婚はしても性的関係は結ばなかったのは、あくまでも、「永遠の女性」を求めてしまったからかも。
 
つまり、たかじんさんは彼の作詞そのままにとても感傷的な「永遠の少年」だったということで。
 
 
そういえば、昨夜はなぜかとてもこの歌を聴きたくて……
 
 
Youtubeで聴いた。
 
 
たかじんさんが福山さんのようなルックスだったら、案外、普通の人生を送れたかもしれないわねぇ……
 
 
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.06

天職とゆとり

今日は生徒たちと作品展の仕入。

 
朝早く出たのに、通勤時間帯にかかって、大渋滞に巻き込まれてしまった。
 
毎朝、あんな渋滞を我慢している方たちは、ほんと、忍耐強いわ。
 
 
朝のうちに用事を済ませて、昼からはまったり。
 
この数日を乗り切るためには、休み休み動かなきゃ。
 
 
さて、「若者は『天職志向』で就職難」と言う「注目のニュース」がこれを書いている画面の横にリンクされている。
 
今の若者は面接を受けても面接官にちょっときついことを言われると、この会社とは合わないと就職をあきらめるとか。
 
彼らは何とか仕事を見つけて、自分を養わなければという切羽詰まった状態ではないのかもね。
 
明日の食費にも事欠くような状態だったら、仕事を選んでなんかいられないものね。
 
それに……
 
天職って仕事を続けていった結果。
 
先に「天職」ってものがあるわけじゃない。
仕事が続かない人でもめげずに、どんどん仕事を探して、次々経験していくと、そのうちに……
 
「あれ?これは何か続いているぞ」
 
と言うものに出会えるはず。
 
そういう仕事に出くわすまで、仕事を変えても良いんじゃない?
職探しの段階で選びに選んで働かない若者の余裕は、親の面倒を見る必要が無いどころか、親に頼っていられるところから来ていて……
 
それは彼らの親世代に潤沢な年金が支払われているおかげ。
 
今の老人たちは戦後の食うや食わずの状態から、必死に仕事をして、日本を経済発展させた世代……
 
今、ようやくゆとりを頂いている。
 
今の若者世代は子供の頃こそ「ゆとり世代」だけど……
 
今の社会情勢と彼らの働き様では、彼らには親世代のようなゆとりはないだろう。
 
 
老人でゆとりがいいか、若いうちにゆとりがいいか……
 
私なら、老人でゆとりの方がいいなぁ。
 
歳をとって、身体が動かなくなっても、生活費の心配しなきゃいけないなんて、辛すぎ! 
 
 
若者の皆様におかれましては、嫌なことは早々に済ませて置かれるのがよろしいかと。
 
 
だいたい、子供に「ゆとり」を持たせようって政策自体が、陰謀めいているよね。
 
そんな政策を出した官僚が自分の子供に「ゆとり」教育をしているなんて、とても思えないもの。
 
民主主義社会では官僚の地位は世襲できないから、自分の子供の競争相手を少なくしようとしたんじゃない?
 
な~んて、疑り深いおばさんは思ったり……
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.05

閏月の13夜

13夜の月が暗い雲間を進んでいく……

171年ぶりの閏月、「後の13夜」 の今夜は曇り空。

 
旧暦では今日は閏9月の13日。
 
月の満ち欠けによる暦・太陰暦では12ヶ月は354.367日、毎年11日ほど太陽暦とずれていく。
 
そこで、3年に一度、19年の間に7回の閏月が設けられている。
 
ただし、19年に7回の閏月をどこに入れるかは確定しておらず、9月が閏月になったのは171年ぶりと言うことらしい。
 
38年後には、「15夜が閏15夜になるかもorならないかも」って感じですってよ。
 
 
 
さて、台風が来ている。 
 
その進路には中国のサンゴ密漁船がどっちゃり!
 
彼の国では「元寇」……日本に向かうと「神風」が吹くとか、言い伝わっていないのかしらん?
 
 
中国船、今は小笠原諸島の南東数十キロまで退避したみたいだけど、遭難しそうになってSOSを発信したら、日本が助けなきゃいけないのかな?
 
中国は人道的配慮しろなんて言ってるけど、そう言われると、なんか、配慮したくないなぁ……
 
でも、放っておいたら、救助を理由に中国海軍がやってきて、小笠原諸島占拠されたりして。
 
――――お、もしや、それが中国当局がサンゴ密漁船を放置した魂胆?
 
 
ま、お人よしの日本は、自分たちの危険も顧みず、助けに行っちゃったりするだろうし、そうでなきゃ、いけないのだけど。
 
悪意に悪意を返してはいけないからね。
 
悪意ある相手をも助けるような国であることに、誇りを持つべきだしね。
 
 
にしても……
 
「良く在る」ってのは、辛いもんだ。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.04

不良品

ようやくベッドが届いた。

 
これでベッドで眠れると喜んだのもつかの間、なんと、「組み立てましたところ、不良品でしたので、交換しま~す」ですってさ。
 
にしても、ベッドの枠の不良品って聞いたことないわ。
 
有名メーカーなのに、ど~ゆうこと?
 
 
「たまにあるんですよ」
 
ベッドを運んできた爽やかなアンちゃんが笑顔で答える。
 
「で、どっちのベッドがいけないの?」
 
「両方ですね」
 
たまにある程度なのに、両方ともかいな!
 
 
――――大当たり?
 
それとも、設計自体に難が?
 
 
これから手配するので、いつ交換できるかわからないなんて言っちゃってくれるので、そのまま今夜から寝ることに。
 
悪夢を見ませんように!
 
 
 
ところで、今日、知人が盲腸で入院したと風のうわさで聞いた。
 
――――確かあの人は私よりも年上……
 
夫と同じようなことだったのかしらと思ったら、長期の入院期間に、びっくり。
 
 
夫は3泊4日で手術したあと、一回、診て頂いただけで、もう来なくて良いと言われたけど……
 
やはり、歳を行ってからの盲腸は一筋縄ではいかないのね。
 
パワフルに動いている方だから、あまり無理をせず、少し休みなさいということなのかも。
 
どうか、お大事に。
 
 
心はいつまでも若いつもりでいても、身体は着実に衰えていく。
 
ちゃんとメンテナンスして、大事にしなきゃね。
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.03

ぞぞぞ

昨夜はある報道を見て、思わず、ゾゾゾ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

 
東京、品川区で「マンホールの蓋など50枚が吹っ飛んだ」事件。
 
蓋が外れたのは、国道1号や周辺の路地の南北約200メートル、東西約160メートルの範囲。

近くで10代男性が修理していたバイクからガソリンが漏れ、側溝から下水道へ流れ、何らかの原因で引火したのではと見られている。
 
 
―――ふう。
 
 
我が家も危ういところだったねぇ。
 
 
この前のタンク穴あき事件……
 
ディーゼル車だったお蔭で、流れ出たのが軽油……
 
ガソリンだったら、こんなことになって、大惨事?
 
 
あの職人さんにはお気の毒だったけど、あれは不幸中の幸い……
 
私の車だったら、今頃、爆発炎上の責めを受けて、逃亡中だったかも。
 
ベッドが届かなくて、未だ床に布団を敷いて寝ていることに文句を言っている場合じゃないわ。
 
 
とりあえず、あの側溝埋めちゃったから、もう、心配いらないわ。
 
ほんと、良かった。
 
ご先祖様、土地の精霊様、ありがとうございます。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.02

魂に刻まれる

今日はまた、名古屋へ。

 
夫の母と食事し、買い物をし……
 
夫の母は少しずつ弱っている。
 
今日は言うことに脈絡が無く、取り違えもいっぱい。
 
私の母のアルツハイマー初期のような症状……
 
この不安定な気候も影響していると思うのだけど。
 
 
とにかく、ここで拗らせて、気持ちを荒立てないようにしなければということで、何を言われても、否定はしない。
 
たとえ、道ですれ違った人を見て、
 
「あの人と昨日も一緒だったね。良く遭うわ」
 
と言ったとしても、「そうだったの?」くらいでやめて置く。
 
それが何人続いても、「昨日はいろんな人に出遭ったのね」と言っておく。
 
 
ま、人間、今が一番若い。
 
これ以上、良くなることは望めないし、この先、この症状もどんどん進むだろう。
 
今のうちにいっぱい夫との楽しい時間を過ごさせてあげたい。
 
たとえ、明日には記憶から消えていても、その喜びは魂に刻まれるに違いない。
 
そして、夫にとっても、母との思い出を「幸い」と感じるときが、いつか、来るだろうし。
 
 
 
ところで、中国の船団が小笠原付近でサンゴを密漁しているそうで。
 
なぜ、政府はそれを野放しにしているのかしら?
 
そして、なぜ、世界の環境保護団体は、そんな環境破壊に対して何も言わないの?
 
クジラよりもサンゴの方がずっと希少な生物なのに。
 
おかしな世の中デス。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.01

ショッピング

今日は名古屋へ。

 
仕入の後、久しぶりに栄へ。
 
雨を避けて、松坂屋に濡れずに行けるパーキングを選んだ。
 
 
今日の目当てはお出かけ用のあれこれ。
 
何とか温かそうなものを手に入れた。
 
 
最近は名古屋に行っても母の買い物でイオンくらいにしか行っていなかったので、デパートは久しぶり……
 
オバサン物が高いのは納得だけど……
 
若者向けの店の商品、「一ケタ違うんじゃない?」と見直すような価格設定……
 
あんなのがぽんぽん売れているなら、日本、大丈夫じゃない?
 
 
あ、日銀の金融緩和政策発表で円安が進んで、大丈夫じゃないか……
 
 
日本には原材料から物を作る企業と、それを組み立てて海外に売る企業があり、それぞれに適正な円の価値がある。
 
円安になるとモノづくりの現場の原材料が上がり、円高になると輸出が伸び悩む。
 
海外に物を売りたい輸出企業は円安を望むけど、下請けからの値上げは容易に容認しない。
 
ここのところが問題よね。
 
 
とりあえず、モノづくり側にお金が回るようにしなければ、どんだけ金融緩和しても無駄。
 
その辺の政策……なんか考えてる場合じゃないか……国会は足の引っ張り合いに忙しくて。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »