« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.30

やれることは…

さて、我が家の二階……

 
140930  
ただ今、劇的ビフォーアフター並にすっからかんになっておりまする。
 
 
この家、大工さん曰く、昔ながらの三河普請なんですってさ。
 
今どきはこんな太い松の丸太梁は使わないらしい。
 
通し柱も何本も入っているし、雨漏りの跡もないから、ちゃんと手を入れさえすれば、なんとか、あと30年くらいは持つんですってよ。
 
 
そういえば、この家を建てた工務店……
 
バブルの真っ只中だったので、国産の木材に拘った本格和風の家を売りにしていたっけ……
 
でも、私らは洋風にしたかったので、あれこれ口を出したら対応ができず、変な家が出来上がっちゃって……
 
あれは痛恨の極みだったわ。
 
 
今回、お願いした工務店は私の無理難題にもきちんと対応してくれるので、出来上がりが楽しみ!
 
 
実は今回のリフォームはかなり迷った。
 
こんな異常気象で天変地異のある時代に、崖っぷちにある家を直してもすぐに飛ばされたり壊れたりするんじゃないか、無駄なんじゃないかと。
 
だけど、そうなったらそうなったとき。
 
未来を畏れて、今、不便なままで我慢していて災害で儚くなったら、それこそ、何のための我慢かわからない。
 
たとえ一日でも、心地よく住めたら、無念も残らないってもので。
 
やれることは、今、やった方がいい。
ということで、リフォームを決めたっス。
 
ま、そうは言っても、こんな激動の時代に生き合うなんて滅多ないこと……
 
もう少し今の身体で世の中を眺めていたいものデス。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.29

登山

今日も良い天気の一日。

 
御嶽山の噴火の被害者はどんどん増えている。
 
軽自動車ほどの岩が飛んできたなんて証言もあり……
 
まさに「2012」のイエローストーン噴火シーンそのもの。
 
 
登山されていた方たちも、山小屋のスタッフも、気象庁ですら予期できなかった今度の噴火……
 
地下のマグマで水が沸騰させられた結果の水蒸気噴火だという。
 
マグマが上がってきた噴火とは異なり山体膨張は無く、噴火を示唆する火山性震動があったのは、わずか12分前!
 
――――そんな噴火もあると世に知らしめるため……?
 
 
つまり、山に行かなきゃいいということなのだけど、そうもいかない。
 
何故、山に登るかと言うと……
 
そこに山があるからだし。
 
人間てそういうものだし。
 
ただ……
 
日本人の登山歴はそう長くない。
 
 
欧米の「登山」と言う概念が入ってきたのは明治期。
 
「日本アルプス」の名付け親のイギリス人・ガウランドと、東京開成高校の教師・アトキンソン、イギリスの外交官サトウが初めて六甲山に登り、日本の山の魅力を本国に紹介した。
 
その後、ウエストンの「日本アルプスの登山と探検」などが、1905年の「日本山岳会」発足のきっかけとなった。
 
この「日本山岳会」の参加者は学生や貴族院議員、大学教授など、いわゆる上流階級に属する人々。
 
映画化もされた新田次郎の「剱岳 点の記」では、測量のための三等三角点を剱岳に設置するために登ることになった主人公たちと「初登頂」を競っていたっけ。
 
そこには剱岳を神様と進行する地元民との相克もあった。
 
 
つまり、日本の山岳とは、明治期までは畏怖し祀るものであったわけで……
 
それは地球上の火山の7割を狭い国土に持つ日本に住まう人々の生活の知恵でもあったのかもしれない。
 
これからは、「そこに山があるから登る」ではなく……
 
明治以前のように、世界のどこの国とも異なる山との付き合いを、日本はしなければならないのかも。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑くて寒い

御嶽山の噴火はあまりに突然で……

 
青天の紅葉の美しい土曜日、頂上の風景を楽しんでおられた多くの人々が犠牲になられた。
 
どうか、彼の方々の魂が平安のうちにありますように。
 
 
多くの人々が山頂に滞在中だったのは、それだけ多くの人々が登っていたということで……
 
なにせ、8合目までロープウェイができて、7合目まで道路が繋がっている。
 
7合目の駐車場から頂上を見るとすぐそこにあるような気がして、私みたいなお調子者は、つい、簡単に登れるような気になってしまう。
 
とても3000m級の山には見えないというか……
 
 
だけど、御嶽山は、本来、神様の山。
 
登るのは潔斎を済ませた修験道の人々。
 
神山に対する畏敬の念を思い起こせというメッセージもあるのかしら……
 
ということは、富士山はもっと……だよね。
 
 
さて、我が家のリフォーム……
 
最初の予定では先週で終わりだったのだけど、二階の部屋もすることになってしまった。
 
というのも、二階の寝室が夏は暑く、冬は寒くというステキなお部屋。(笑)
 
特に冬はまるで氷室の中で寝ている気分になるほど冷え込む。
 
工務店の監督さんに相談したところ、断熱材が薄いか古くなって効かなくなっている可能性もあるという。
 
で、この際、断熱材を入れ替えて少しでも温かくしようということに。 
 
あちこちで火山が噴火しているということは、寒冷化の可能性もあるわけだし……
 
朝起きたら凍っていたなんてことになったら大変だものね。
 
 
ということで、今日は夫とケンカしいしい、二階の片づけ。
 
片づけられないものはすっきりさっぱり捨てた。
 
 
断捨離って、物凄い修行……
 
だって、また手に入れられるあてがないのに、今あるものを手放すんだもの。
辛いじゃない?
 
ビンボーな私はそうやって物を貯め込んで身動きできなくなったのね……(;ω;) 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.27

御嶽山が!

朝、キッチンにいると、居間から夫が声を潜めて呼ぶ声が聴こえた。

 
居間に行くと、「見たこともない鳥が来てる!」と興奮していたのだけど、残念ながら、私の気配に気づいたのか飛んで行ってしまった。
 
「頭が赤かったんだけどなぁ」と残念そう。
 
 
少しして、聴き慣れない囀りが聴こえたので、窓から庭を覗いてみたら……
 
煉瓦色のお腹の鳥がいた。
 
「お腹が赤かった?」と夫に訊くと、「違うよ、頭が赤かったんだよ」という返事。
 
「多分、キツツキの種類だね。アカゲラかな?」
 
ググってみたら、オオアカゲラだった。
 
0049
 
 
↑はネットでお借りした画像だけど……
 
頭が赤くてお腹も赤いでしょ?
 
 
我が家にはたま~に現れるキツツキたち。
 
以前、寝坊した時はキウイの棚をガンガン叩いて起こしてくれたっけ。 
 
でも、キウイは切ってしまったし、棚は壊してしまったから、突くものが無くて申し訳ないわぁ。
 
 
その後、名古屋に出かける夫を送ったついでにニトリに買い物に出て、昼過ぎに帰った。
 
その後はずっと、二階の片づけ。
 
あっという間に夕方になり……
 
姉からの電話で御嶽山の噴火を知った。
 
――――そう、御嶽山が…… 
 
中部地方で内圧が高まっていたのが、今朝は収まっていたので、もう大丈夫かと思っていたのに。
 
御嶽山が引き受けてくださったのね。
 
 
青天の土曜日、噴火した山頂付近には多くの登山客がいらしたみたいで、被害を受けた方が多いみたい。
 
噴火一分前に山頂で写真をアップされた方がいる。⇒Twitter
 
噴火した後、逃げるところの動画をアップされた方もいる。⇒YOUTUBE
 
リンク先の噴火前の映像は噴火の兆候など感じられない静かな光景なのに、噴煙が何もかもを覆っていく……
 
まだ消息の分からに人も多いとか、どうか、皆様、ご無事でありますように……
 
 
にしても、この噴火が11時過ぎ。
 
私、お昼にテレビを見ながらご飯を食べたのに……
 
民放は噴火なんか知ったこっちゃないのかしらん?
 
 
 
地震、雷、雹に火山噴火……
 
どうやら、「イスラム国」に対抗して「21世紀の十字軍」まで結成・派遣されそうな気配だし……
 
なんつ~か、文明の一つの曲がり角に立ち会っているよね、私たち。
 
 
 
御嶽山には芽生が来てすぐに行ったんだよん。
 
 
 
ああ、パソコンが山ほどフリーズする!
 
まだ、何かあるの?  
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.25

ご機嫌

昨夜は久しぶりの雨。

 
台風の影響か風も強かった。
 
名古屋では地下鉄の構内が水に浸かったようで、この辺はそんなにひどい降りでもなく、コマメもちゃんと散歩に出れたくらいだったのに……
 
 
神戸の女児……無事見つかるようにという祈りも虚しく、残念な結果に。
 
行方不明から遺体発見までは時間がかかったけど、犯人逮捕はあっという間。
 
バラバラにした遺体を分けて入れていた袋に犯人の診察券と煙草の吸殻があり、DNAで特定できたようだ。
 
犯人は47歳の元自衛官、今は生活保護で暮らしていたとか。
 
 
神戸というと、富裕層が住むオシャレな大人の街な印象だけど、時々、凄惨な事件が起こる。
 
あの酒鬼薔薇事件、大学生のリンチ殺人事件も高校生のいじめによる自殺なども大きく報道された。
 
神戸は神の戸……
 
阪神淡路大震災でそのカギが外れたとか……
 
古くから栄えた土地だけに、いろいろな因縁が積み重なっているのね。
 
 
その地にマイナスな因縁があったとしても、土地の精霊様や周囲の人々に感謝を捧げていれば、何も起こらないどころか、良いことも起こり始める。
 
だけど……
 
感謝を忘れ、自分の不幸を論い他人を羨み妬むようになると、精霊様どころか普通の人間も近寄りがたくなり、その悪い感情に相応しいものが来る。
 
もし、隣にそういう人が住んでいたら、顔を見るのも怖くなるのは当然。
 
そうやってマイナスなスパイラルに陥って、悪霊の餌食になってしまう。
 
今回の犯人も自分のあまりうまく行かない人生について忸怩たる思いがあってのことなのだろうけど……
 
古から多くの人々が住み、多くの因縁が積もっているような土地に住むときには、心しなければね。
 
転居するときには、これから自分が行こうとしている場所の因縁にもっと気を付けた方がよいかも。
 
これは私の実感……
 
 
 
昨夜来の雨も朝には上がって……
 
今日もこの地の精霊様はご機嫌でいらっしゃいます。
 
 
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.23

秋晴れ

台風16号が近づいているらしい。

 
この台風、フィリピンと台湾に大きな被害をもたらし、中国では23万人を避難させたという強者……
 
台風の進路図を見ていた夫、「なんであそこで急に曲がるかな?」
 
高気圧が阻んでいて、そこを迂回するかららしいけど、高気圧、もうちょっこし頑張ってくれたら、日本には来ないのになぁ…… 
 
我が家、未だカバーされた状態で雨樋もついていないので、できれば、ウォンウォンちゃんには来てほしくないんだけど。
 
 
でもまあ、今日も秋晴れの麗しい一日で……
 
あちこちで祭りも滞りなくなされていて、その花火にコマメはドキドキ、ウロウロ。
 
お彼岸のご先祖様たちお喜びでしょう。
 
皆さんのおかげで日本は平和な時間を頂けました。
 
ありがとうございます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.22

初恋は・・・

狂乱の9月……

 
気が付けば、半ばを過ぎている。
 
「朝夕は冬並み、日中は真夏」という悪いとこ取りをしてくれるので、迷惑っちゃありゃしない。
 
 
今日はクローゼットの整理をするつもりが、ゴミのコンテナがいっぱいで出来なかった。
 
捨てるものが山ほどなんだけどなぁ……
 
それでも、一階のリフォームは今週いっぱい。
 
来週からは2階が始まるので、何とか片付けないと。
 
 
ちょっと体調を崩してしまい、記事を書くことができないので、こんな過去記事など。
 

さっきから「冬のソナタ」のコンサートが放映されています。

実らなかった恋は、いつまでも、心に残ります。

まして、初めての恋ならそりゃあもう、ダイヤモンド並みの輝きで残るってもんです。

 

初恋の人と夜行列車で向かい合わせに座ったことがあります。

私はその頃、男の子と話すのを禁じられているカトリックの学校に行っていて、その人とも話せませんでした。

冬の平野を走る列車は、暖房が効きすぎていて、満員で、それでなくてものぼせているのに、さらにぼうっとなってしまい、一時間がとても辛かったのを憶えています。

その人とは、それきり、会っていません。

 

この前、同級生と会ったときに、同級会の集合写真を見せてくれました。

中学時代そのままの顔、なんとなく面影がある顔、その中央に先生たち・・・あれ、見たことのない先生がいる。

でっぷりと太ったツルベ似のおじさん。

「こんな先生いたっけ?」

 

私の問いに彼女は無常にも、「○○クンだよ」と答える。

ひえー、うそ、でしょ?

同級会には、誘われていたけど出られなかった。

あれは正解だったのね。

ブーな自分を省みず、そんなことを思った私。

 

だって、初恋って冬ソナみたいに美しい場面だけで構成された御伽噺。

その中では私だって、初々しい少女。

相手だって、爽やかな少年でいて欲しい。

ツルベじゃ、魔法がとけた自分に気付いてしまうもの。

――で、私の中の彼は、今でもほっそりしたハンサムな少年。

勉強も運動も出来る優等生。

風のうわさでは、有名なお医者様になったとか・・・

あの写真のことは忘れよう。

もう、一生、会わなくてもいいわ。 
 
 
2004年の9月に書いたこの文章……
 
もう、10年です。
 
 
今年、その「初恋の君」に同窓会で出会いましたさ。
 
危惧していたほどツルベじゃなくて、ホッ。(*^-^) 
 
いろんなことが有る歳デス。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.19

ゴボゴボ?

昨日は半日人間ドック。

 
こんなにバテバテで、野菜はほとんど食べられず、お弁当やパンばかりの食生活での人間ドック……
 
結果、怖すぎ!
 
 
キッチンが入ったけど、まだ、上下水道も電気も繋がっていない状態。
 
夜、洗濯していたら、キッチンの排水溝からゴボゴボゴボと恐ろしげなる音がした。
 
きちんと繋げば出なくなるらしいけど、あんな音が洗濯機を回すたびに聴こえたんじゃどうしょうだよね。
 
 
その洗濯機、今週の初めには使えるようにしてくださったのだけど、なぜかの、水漏れ!
 
メンテナンスの方に来て頂いてようやく直ったばかり。
 
洗濯機に限らず、そっとしておけばなんとかそれなりに行っているものでも、位置を動かすと不調を訴え始めるのね。
 
で、今は冷蔵庫が時々唸っている……ドキドキ。(;ω;)
 
 
コマメは今週始めから、二階の刑。
 
もっと精神的にダメージを受けるのではと心配したけど…… 
 
1_5 
だそうで……
 
Photo 
なかなか極楽な気配……( ̄▽ ̄)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.17

情報過疎

毎日が矢のように過ぎていき、情報過疎な私……

 
昨日の関東の地震も、今朝、知った。
 
――――そう言えばこのところ、なかなかに体感が悪かったものなぁ……
 
毎日、苦しくて苦しくて……
 
でも、それを言えば、まだ、解消していないんだけど。
 
どうか、無事に済みますように。 
 
 
今日はグアム沖でもM7.1という大地震が。
 
被害はほとんど無かったようで何より。
 
 
地球はどう見ても動き出したようだけど、人間も落ち着かないよね。
 
中東は言わずもがな、ウクライナの紛争やスコットランドの独立問題やアフリカのエボラ出血熱拡大……その余波なのか、地中海の難民騒動……
 
騒乱の時期が来たみたい。
 
日本も影響を受けざるを得ないのだろうけど……
 
世界の熱風を柳に風と受け流して、穏やかに暮らすことを国民皆が望めば、きっと、被害は最小で済むはず。
 
 
もっともいけないのは、どこかに同調してその方向にしか向けなくなってしまうこと。
 
自らを縛ることを敢えてしないようにしたいもので。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.16

あれこれと

リフォームも2週目となれば……
 
家の中にいる場所が無い!
 
居間にトイレが転がっている……
 
 
昨日は水道工事のあんちゃん、床下に潜った途端に脱皮した蛇皮に遭遇!
 
蛇が大嫌いなんですよ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。と涙目。
 
蛇は煙が嫌いらしいので、今日は朝一に、床下収納に豚さん蚊取り器をセットしておいた。
 
そのおかげかどうかはわからないけど、どうやら逢わずに済んだみたい。
 
まぁ……家蛇さんだって、今はどこかに避難しているよね。
 
どこかの草むらで断熱材が替わって床下がぬくぬくになるのを楽しみにされているかも。
 
 
さて、今日は大工さん、奥様が事故に遭い救急車で運ばれて来れなくなってしまい、大わらわ。
 
この家、新築で建てる時には大工さんがうつ病になり、現場監督さん、二人も急に辞めて、なかなか建たなかった。
 
その後、この地の因縁をいろいろ聞いてそういうことかと腑に落ちたのだけど……
 
またもや?
 
 
でも、毎日、上天気で外の作業も捗っているから……
 
きっと、土地の精霊様は応援してくださっていると思うのだけど。
 
きっと、家蛇さんも(笑) 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.14

ご迷惑を

太陽フレアが到着した昨日は……

久しぶりに0時前に寝たのだけど、一時間もしないうちに目覚め、なかなか寝付けなかった。 

そう言えばと、空の扉を開けて、ようやく眠れたのが、多分、3時過ぎ。
 
で、朝、目覚めて夫の目覚ましを見ると7時過ぎ!
 
これはいかんと慌てて起きて、居間に行くと……
 
居間の時計では6時過ぎ?
 
夫、時刻合わせを間違えたらしい。
 
 
あ~、もうちょっと寝ていたかった……
 
この一週間、なかなかにハードだったもの。
 
 
ふらふらしながら、生け込に行き、帰ってからは明日から始まるキッチンのリフォームのために片づけをした。
 
夫、このままでは倒れるかもしれないから、中断しようかというけど……
 
またいつかこんなことするのは嫌だから、ずんずん、やって頂くわさ。
 
 
で、今週はもっとハードになりそうな気配……
 
 
我が家の床下には蛇の抜け殻が二本もあったそうだけど、蛇様、今はどこに居られるのかしら?
 
屋根の瓦の間の漆喰が抜けたところには、もれなく雀の巣があったそうだけど、新しく漆喰を入れ直したから、雀たち、帰ったら……「家が無い!」状態?
 
軒下や家の周り、ウッドデッキの下に、蜂の巣は10個以上見つかり、撤去したから、蜂たちも家なき子に?
 
 
ご近所の皆様ばかりか、この地に住まう動植物の皆様にご迷惑をかけして、リフォームは続く……
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.13

二つの吉田

朝日新聞は読者の皆様には謝罪しても、国民は無視なんですってさ。

 
被害を受けているのは読者だけでなく、日本国民すべてなのにねぇ。 (`ε´)
 
 
国家権力と雄々しく闘うというのが「カッコイイ」という感じ方は私たちの世代にもあった。
 
だけど、学生運動でワチャワチャな団塊の世代ほどの強さは無かったので、何をやっているのかと彼らを白けた目で見ていた。
 
そんな彼らは、「いちご白書をもう一度」のように、「就職が決まって髪を切った」後も、政治家や官憲を信頼できなかったようだ。
 
 
 
 
そして、彼らの思いに添うべく紙面を作り上げてきたのが朝日新聞といえる。
 
 
お上のやることはすべて人を搾取し犠牲にする感情(勘定)から始まっているという前提のもとに築かれた世界感……
 
だから、吉田証言の偽証を見抜けず、吉田調書の上辺しか見えず、誤報する。
 
彼らは自らの正義を振りかざして他者を批判はしても、他者の正義は認めず、思いやりや広い視野に欠けている。
 
まさに、「華胥の幽夢(かしょのゆめ)」そのもの。
 
 
 
 
元々の「華胥の夢」とは中国の故事で、伝説の皇帝・黄帝が夢で見た理想の国が華胥(氏)の国。
 
そこは君主もおらず、だれもが自然のままに暮らすまさに理想の国……
 
小野不由美の「華胥の幽夢」では、傾国の先王を倒した王が、華胥華朶を枕辺において理想の国を夢見る。
 
だがそれは、あくまでも彼独自の理想であり、その理想になかなか至らないことに業を煮やした王は民や官を虐げる暴君となっていく……
 
 
戦時に慰安婦にお世話になった先人は多い。
 
だから、彼らはどんな報道をされようとその実態については沈黙せざるを得なかった。
 
朝日の従軍慰安婦キャンペーンは彼らに戦争の悲惨の責任を押し付ける。
 
そして、国に残虐非道な国というレッテルを貼り付け、すべての国民を貶める。
 
 
それは戦争の一面ではあるけれど、全てではない。
 
それは恥じるべきことだけど、その恥は日本だけが負うべきものでもない。
 
どの国も等しく戦時には同じような出来事を経験したはずだから。
 
しなかったとは言わせない。
 
 
そんな中で日本だけが責められるのは、日本人だけがそれを恥じるから、政治的に利用できるからだとも言える。
 
敗戦後から311までの長い間、日本人は他国に言われるままに国を恥じていた。
 
だけど、今は多くの日本人が、日本の国民であることの誇りを取り戻している。
 
その目を覚まさせてくれたのが、あの東日本大震災だった。
 
 
あの命の瀬戸際で災害のさなか、多くの日本人が自己犠牲と勇気を示してくれた。
 
吉田調書で問題になった福島第一原発の職員たちも同じ……
 
彼らが命がけで踏み止まってくださったから、東北は復興に向かえた。
 
彼らが朝日の報道のようにさっさと逃げていたら、今頃、東北全てが死の町になっているはず。
 
恩を仇で返すとは、まったく、お子ちゃまなメディアは困りものだ。 
 
 
まあ、そんなお子ちゃまなメディアを有難がって、フンフンと読んでいたのだから、文句を言える立場ではないけど……
 
 
せっかく謝ったのだから、これから一緒にやり直しましょう。  
 
どんな国であろうと、そこに住まわせていただくことに感謝を持って、その国を良くしようと努力していれば、きっと、次世代には良い国が遺せる。
 
今日よりも明日は良くなる。
 
そう信じて……  
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.11

そこら中が

昨夕から日本のあちこちでスーパー豪雨が降り、日本列島水浸し……

 
名古屋もすでに雷が鳴り雨が降り出しているみたい。
 
我が家の辺りも今日は雨の予報でいつ来るかと身構えていたのだけど、昼過ぎに遠雷が聴こえたけど、今はまだ、降っていない。
 
 
その上、太陽フレアが続々発生し地球めがけて来ているそうで。
 
特に今日未明に発生したX級はまさに地球直撃コースらしい。
 
太陽フレアでこの電気に支えられた文明は滅ぶと言われているけど……
 
今まで何となく大きな太陽フレアの直撃コースは免れていた。
 
今回は初めての経験、大丈夫かなァ。
 
それでなくとも、最近、PCもiPadもブチ切れ。
 
かなり地磁気が乱れている感じなので……ちっこし心配。
 
ま、マイナスとマイナスが打ち消しあうということも有りかもだし、
 
心配したところで私がどうにかできるわけでもないし、
 
なったらなったようにするしかないね。
 
子供の頃、山の中で暮らした経験がきっと役立つに違いない。うほ。
 
 
と、ここまで書いたところで、夫から連絡があり、近くの日帰り温泉に行くことに。
 
行く途中から空がビカビカし始め、帰りには稲妻が落ちるのまで見え、家に帰り着いた時にはザッと風が吹き、大粒の雨が!
 
でもそんな暴風雨状態も遅い夕食の間に終了。
 
今は夜空に星がひとつ、ふたつ……
 
あのまま続いたら、家にかかっている養生シートが飛んでいきかねないと思っていたけど、良かったわ。
 
土地の精霊様、ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.10

それはそれで

月曜日からリフォームが始まって……

 
家のあちこちに穴が開いている。(笑)
 
お風呂は日帰り温泉へ。
 
 
初日はどんな小さな音にも反応し、吠え通したコマメ……
 
昨日は小さな物音や人の気配に反応して吠えていたけど、今日はもう、
 
140910 
何にも反応しない!
 
 
職人さんはすでに空気のような存在らしく、すれ違おうと、しっかり無視。
 
どんな物音がしようと、すっかり熟睡でございます。( ̄▽ ̄)
 
 
初日のように吠え通されたらどうしようと思っていたので、ありがたいっちゃありがたいんだけど……
 
番犬としては、どうかと。
 
 
ま、人間、勝手なものでございます。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.09

ありがとう!

錦織選手……残念でした。

 
だけど……
 
今回の敗北は彼のためには良かったのではないかと、敗れた瞬間に思った。
 
 
幼いころから天才と持て囃され、それに見合う実績を重ねてきた錦織選手……
 
でも、24歳での全米オープンの優勝には手が届かなかった。
 
その悔しさはや反省は、彼の選手生命を長く保つ源になりそう。
 
ワールドカップ目前で帰国させられたキング・カズが、まだ、現役であるように。
 
あの時のカズを除く選手たち全員が、今はもう現役ではないけど、カズはまだピッチに立ち続け、少年のように夢を語っている。
 
線香花火のように儚く短い過去の栄光ではなく、40歳を超えた今でもボールを追っていられるのは、スポーツマンとして最高の栄誉なのではないかと、常々、私は思っている。
 
 
錦織選手はあの時のカズよりもうんと若い。
 
この敗北にめげずに自分のテニスを求めていくうちに、グランドスラムに勝つどころかグランドスラムを達成できるかも。
 
楽しみが増えたわ。
 
 
誰に言われなくとも彼は頑張るに違いないから……
 
今は、ただ……
 
錦織選手、ありがとう!
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.07

ああ、もう!

ああ、もう、なんといって良いのやら。(*゚ー゚*)

 
錦織選手、凄すぎる!
 
世界ランキング1位を圧倒的なパワーで下し、決勝戦へ。
 
これは男子シングルスの日本人としては初の快挙。
 
おめでとうございます。
 
これはもう、優勝……
 
期待しちゃいますよ!
 
 
さて、華々しい錦織選手の報道の陰に隠れてしまったけど……
 
なんと、車椅子ダブルスで、一足先に優勝した選手たちが!
 
男子は国枝慎吾選手、女子は上地結衣選手。
 
まあ、ふたりがペアで組んだら、最強じゃないの!
 
なんて思ったりして。 (笑)
 
おめでとうございます。
 
 
その上、ジュニアダブルスでも中川直樹選手が、2006年の全仏オープンで優勝した錦織選手の後を追う快挙!
 
これって、いったい……?
 
いつから、日本ってこんなにテニスが強くなったのかしら?
 
 
やっぱ、修造効果? c(>ω<)ゞ
 
常に熱くテニスを語る松岡修造さんのお蔭?
 
ふふ、今回もあちこちの番組で熱く語っておられたっけ。
 
さぞかし体温高いだろうなぁ、あの人……
 
がんにならないわね、きっと。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.06

セピアのハガキ

今日も片づけの続き。

 
結婚前に受け取ったセピアのハガキを見つけた。
 
彼女、子育てで忙しく、太ることが悩みらしい。
 
おお、幸せそうで何より。
 
 
――――でも……
 
全く、思い出せない!
 
あなたは、だあれ……?
 
 
他にも何通か、今は疎遠の友人たちの便りを見つけた。
 
一人には電話したけれど通じなかったし、もう一人はネットで検索したけど出なかった。
 
皆さん、どんな人生を送られているのやら。
 
まあ、何であれ……
 
どうか、幸せでありますように。
 
 
そんなことをしながら片づけているので、全く進まない。
 
夫にも手伝ってもらい、ようやく、一部屋目途が付いたって感じ。
 
あと、2部屋、考えただけでくらくらする…… 
 
 
さて、一昨日の夜も昨夜も、大きな月が真っ赤に染まっていた。
 
関東の地震も続いている。
 
地磁気の不安定な時期なのだろう。
 
 
庭の備蓄品の箱を空けると、消費期限が過ぎたものばかり。
 
この際捨てることにした。
 
今後は、長期備蓄用の食品は買わずに、日頃の買い置きを多くして置くことに。
 
でも、今、地震が来たらな~ンもない。
 
――――どうか、来ませんように 
 
 
昨日・今日と暑かったけど、夕方から雨が降り始めたおかげで、ずいぶん涼しくなった。
 
明日も涼しくなりますように。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.05

断捨離中

我が家は風の通り道に建っている。
 
入居してすぐの台風で屋根瓦が半分飛んでしまった。
 
いまにして思えば、その時は竜巻が発生していたようで……
 
近所の小屋が飛んできたし、うちの前後2㎞程の一直線に屋根に傷がついた家があったっけ。
 
 
その頃は雷の通り道でもあったので、良く雷が給湯器に入って壊れていた。
 
建てて2年目にシロアリも発生したから、シロアリの通り道でもあったみたい。(笑)
 
 
しかも、何やら、居られる気配もあり……
 
霊の通り道でもあったのかしらん?
 
次々起こる不幸な出来事に、どんだけ、大変なところに住んでしまったんだと嘆いたものだった。
 
 
その頃も、何とか脱出したくて、あちこちを見に行ったけど……
 
どこに行っても、どんな家を見ても、家に帰るとここが一番と思ってしまい、とうとう20年以上住んでしまった。 
 
だけど、このところの強力化している台風や竜巻を想えば……
 
やはり、ここを引っ越した方が良いと思い始め、春先からずっと探していた。
 
 
だけど……
 
やっぱ、どこにもときめかない!
 
 
で、ときめくところが見つかるまでここにいることにした。
 
それなら、もう少し、住みやすくしようということで、リフォームをすることに。
 
広告が入っていた大手の会社に見積りしてもらったのだけど、なんか、イマイチで……
 
結局、前に床暖リフォームしていただいたところにお願いした。
 
 
20年以上、床暖リフォームしただけで何も手を入れていなかったせいで、今回はやらなきゃいけないところがいっぱい。
 
積もりに積もったゴミもいっぱいで、片づけも大変。
 
ということで、今日は一日、汚部屋の整理。
 
出たゴミは庭にコンテナを置いて頂き、ガンガン捨てている。
 
でも、ちっとも片付かない……(;д;)
 
 
どんなことも過ぎていく。
 
どんなことにも正負がある。
 
 
すぐに吹っ飛んじゃうかと心配したこの家のおかげで、どんな時でも雨露をしのげたし、楽しい時間を過ごせるようになった。
 
ゴミだらけのこの家をスッキリサッパリさせて、この家に喜んでもらえるようにしよう。
 
良い機会だから、流行りの断捨離をするつもりで、頑張りマス。
 
 
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.04

ビバ!

今日は日本のあちこちで大雨が降って被害が出ていたようだ。

 
伊勢志摩には大雨注意報が出ていたけど、我が家の辺りは昼過ぎから時々しょぼしょぼする程度で助かっている。
 
 
さて、今朝はテニスの錦織選手が全米オープンベスト4に進出!
 
緩急自在なそのプレーで、格上の選手を翻弄した姿を拝見して、テニスのことなんか、な~ンも知らない私でも、つい、興奮してしまった。
 
日本人選手が全米オープンでベスト4まで進んだのは96年ぶり。
 
4大大会でも81年ぶりなんですってさ。
 
 
――――その96年前に全米オープン4位になったお方はどなたかいな……?
 
と、調べたら、熊谷一弥という人だった。
 
日本にテニスが導入されたのが1878年、熊谷氏がベスト4になったのは1918年…… 
 
以来96年、日本人はベスト4まで届かなかったということに。
 
長い道のりだったねぇ。
 
 
もう、これは、錦織選手に優勝していただいて、新たなレジェンドを打ち立てていただくしかないでしょ!
 
と、一人、盛り上がってしまった。
 
 
で、今回の全米オープン、嬉しいことにもう一つ快挙が!
 
40歳を超えている女子のクルム・伊達選手もダブルスでベスト4へ!!
 
もう、なんといって良いやら……素晴らしすぎるわ。゜゜(´□`。)°゜。
 
 
 
あとね、私はひねくれ者だったので、若いころは誰かの努力が報われ、素晴らしい結果を残せたとしても、フ~ンって感じだったのだけど……
 
今は素直に感動できる。
 
これって素敵……
 
 
今の私、案外、好きだわ。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内閣改造と贈り物

今日は内閣改造が……
 
内閣のみなさんが日本を愛する政治家なら良いのだけど……
 
女性を数多く登用するというので、外国人参政権に賛成のあの方も大臣になるかもと心配していたけど、そうはならなかった。
 
Wikipediaによれば……
 
松島みどり氏は夫婦別姓賛成、永住外国人の参政権にどちらかと言えば反対。
 
小渕優子氏は選択的夫婦別姓に賛成、外国人参政権にはどちらともいえない。
 
高市早苗氏は選択的夫婦別姓制度には反対しているが、旧姓続称を認めるのには賛成、外国人参政権には反対。
 
山谷えり子氏は選択的夫婦別姓制度には反対しているが、旧姓続称を認めるのには賛成、外国人参政権には反対。
 
有村治子氏は夫婦別姓反対、外国人参政権反対。
 
内閣ではないけど自民党の政務調査会長に抜擢された稲田朋美氏も夫婦別姓反対、外国人参政権反対。
 
つまり、第二次安倍内閣はそういう方向に進むということで、一安心デス。
 
 
さて、朝日新聞の池上彰氏のコラム……
 
池上氏が朝日の慰安婦問題記事についての検証が不十分という内容で書いたところ、掲載を断られ、それならと連載打ち切りを申し出ていた。
 
で、そのコラム、明日の朝刊に掲載が決まったらしい。
 
原稿は当初のままで、朝日新聞のお詫びコメントと池上氏のコメントを加えて掲載されることに。
 
でも、池上氏はコラムの連載を続けるかどうかは検討中だとか。
 
朝日新聞は自社への批判をする週刊誌の広告を断ったりしていたけど……
 
池上氏の影響力は侮れなかったのね。
 
そして、池上氏はここで妥協できないにちがいない。
 
人気商売だもの。
 
朝日と心中はできない。
 
 
 
朝日のお偉い方々は、ここまで国民が怒るのは想定外……?
 
どれだけの損害と不名誉を日本国民に与えたか、ちっともわかってなかったのね。
 
そりゃ、韓国大統領から贈り物なんか頂いていたら、あっち向きになってても無理ないけど。 
 
贈り物は干し肉・ナツメ・松の実だそうだけど、韓国では高級な食材なんでしょうけど……
 
この贈り物、朝日にはかなりお高くつくのでは?
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.02

色気がないと

このところの話題は安倍総理の内閣改造。

 
今日は石破さんの代わりの自民党幹事長は谷垣さんという情報が……
 
谷垣さん……自民党総裁になるも総理になれなかったという不運なお方……
 
出自も経歴も申し分ないし、容姿端麗なのに、なぜか、幸薄い感じ。
 
 
私の妄想では、安倍さんと石破さんと谷垣さんが合コンに行ったら……
 
 
安倍さんはすぐに酔っぱになっちゃって、真っ赤な顔になり、ますます呂律が回らなくなり、そのうち、寝ちゃいそう。
 
石破さんは初めは女の子に興味はないような顔をして気取っているけど、酔うままにニヤニヤし始め、ついには好みの女の子の傍にべったりで嫌がられそう。
 
谷垣さんは最初から最後までさわやかで気の利いたトークもし、その場ではモテモテ。
 
でも……
 
嫌われていたはずの石破さんはいつの間にかお目当ての娘と消え、酔っぱで寝てしまった安倍さんはしっかり者の女の子に介抱されて送られ…… 
 
谷垣さん、紳士らしく他の女の子たちを駅まで見送り……・
 
帰り道はなぜか一人!
 
な~んちゃって。 
 
 
 
私的には、谷垣さん、優等生だけど色気なさすぎ!
 
でもまあ、知り合ってみるととっても面白い人だったりするかもだから……
 
勝手な妄想、お許しあれ。 (*^.^*)
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.01

9月の始まり

涼しいというよりも寒いと言えるような9月の始まり。

 
ランチに出かけたら、帰りは土砂降り!
 
田んぼの真ん中でソーナンするかと思った。
 
 
さて、デング熱感染者は20名以上だったと判明。
 
厚生省の発表によるとデング熱ウイルスを持った蚊が代々木公園全域に生息している可能性もあるとか。
 
7月8月の東京の気温は熱帯に近いものがあるから、感染蚊が複数存在したとしても不思議じゃない。
 
感染蚊は秋になるといなくなるというけど、卵で越冬する可能性もあるらしい。
 
困ったもんだ。
 
 
ところで、就職難と言われていたのに、なぜか、最近、人手不足なんて話が。
 
ちきりんさんがこのエントリーで、人手不足が日本のいろんな問題を解決すると語っておられるけど……
 
私も人手不足は結構なことかもしれないと思っている。
 
だって、ここ数年、日本の社会は「労働者」をないがしろにし過ぎていたもの。
 
 
物の値段が安いから、いっぱい売らなきゃいけない。
 
いっぱい売るためにはいっぱい生産しなきゃいけない。
 
だけど、それを作る労働者の賃金は上がらない。
 
賃金が上がらないから、安いものしか売れない。
 
 
日本はそういうデフレスパイラルに陥っていたわけだけど……
 
 
人手は足りない、物価は高くなるという状態になりつつある。
 
で、9月は値上げラッシュに。
 
はたしてこの値上げラッシュの後はどうなるのかしら?
 
 
人手不足で労働者の賃金が上がるから、それが価格に転嫁される。
 
物の価格が上がるから、吟味して買い物をする。
 
価格が高くなると大量生産しても売れないから、少量でも付加価値が付いた高いものを生産するようになる。
 
賃金が上がるから高いものでも買える。
 
 
という方向に喜ばしい方向に行くか……
 
 
皆が、とにかく安けりゃいいと、何処でどのように作られたか分からないけど安価なものを買う。
 
日本の産業が軒並み撃沈。
 
 
という恐ろしい方向に行くか……
 
ここが日本の正念場?
 
 
 
今後、政府が目論むように、女性の社会参加がもっと進めば、安心な外食産業とか食事の宅配、家事のアウトソーシングが必要になる。
 
子育てを終えた主婦がそのあたりで活躍できるようになるかも。
 
そして、家人が出かけた後に、掃除や洗濯をしてくれる人が家に入るのを監視する家庭用監視カメラとかも売れるかもね。
 
 
必要とされる産業がどんどん変わっていくのは世の常。
 
代々木ゼミナールの経営者は、さすがに頭の良い方だけに、方向転換を早めにしたけど……
 
そのうち、思いがけない企業が思いがけない商売を始めるかも。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »