« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014.05.31

やばし、やばし…

朝早く出かけて、さっき帰ってきた。

 
で、こんなものを食べちゃった……
 
1_72 
やばし!
 
こんな夜中に食べていいものじゃないよね……
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.30

くくり

天照大御神様のご子孫と素戔嗚尊様のご子孫が結ばれるという発表に、こんな凄いことが起こるとは、日本、まだまだ大丈夫だわ。
 
―――出雲大社の禰宜・千家国麿さんは石清水八幡宮でも修行なさったらしいから、菊理媛様のおかげかしらん? 
 
と心躍る思いだったところに、北朝鮮が拉致被害者の全面調査をするという報道が……
 
 
おお、いよいよ、あちこちでククリが始まるのね。
 
 
再調査に疑問の声とマスメディアは報道するけど……
 
日本がすでに鬼籍に入られた「拉致を指示した方々」の責任を、今の統治者に負わせなければ、物事はうまく進むのでは?
 
ククリは赦しでもあるのだから……
 
過ぎたことで相手を責めず、未来を考えたほうがいいよね。
 
とにかく、一日も早く、拉致被害者の方々が帰って来れますように。
 
 

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.29

死亡消費税

暑い日……

 
熱気で霞んでしまうのか、暑くなると太陽ギラギラというよりも薄曇りになるけど、今日はそんな感じ。
 
明日には黄砂も来るというし、どんだけ暑くなるのかしら?
 
でも、今日は豊田市で初真夏日だったようだけど……
 
この辺りは27℃止まり。
 
まだ、真夏日にはなっていない。
 
例年と比べると、かなり遅いような……
 
 
今年は涼しい夏になるといいな。
 
だけど、それじゃ不作になるしな。
 
と、私が悩んでも仕方ないのだけど……
 
極端な気候には苦労するね。
 
 
極端と言えば、昔は「質素・倹約・貯金生活」が推奨されたのに……
 
最近は「お金は社会の血液。大事にしても貯め込むな、使え」ということになっているらしい。
 
脂肪死亡消費税」なんてものも検討されているとか。
 
亡くなられた段階で消費税をいただくというもの。
 
60歳で定年されて、85歳でお亡くなりになられるまでに、一生懸命、消費して日本の景気に貢献された方は消費税を払ってお亡くなりになっておられる。
 
しかし、60歳から85歳まで、お使いにならないでひたすら溜め込んだ方は、消費税を払わないでお亡くなりになられて、しかもそれが相当な金額にならない限りは、遺産相続税の対象にならない。
 
ですから、生前にお支払いにならなかった消費税を少しいただく。それを、後期高齢者の方の医療費に使わせていただくというものです」;
 
首相ブレーンの伊藤元重・東京大学教授(63歳)の論理……
 
あこぎな気がするのは私だけ?
 
 
この前、レトロなナポリタンを食べながら、夫の母、曰く……
 
「昔は節約してお金を貯めるのが美徳だったでしょ?
 
ダンナも私もビンボーな家庭で育ったから、とにかく、お金を貯めなきゃと思って……
 
 
せっせと貯金してきたから、今は施設に入るのも多分困っていないと思う。
 
考えてみれば上げ膳据え膳の贅沢な生活だけど……
 
私はそれを楽しめないの。
 
今までゆったりとした生活をした事なんかないもの。
 
 
もっと、人生を楽しんでおけばよかったと思う。
 
貯めたお金が施設の費用にどんどん消えていくなんて、馬鹿みたい。
 
 
人生はあっという間だから……
 
あなたたちはゆったりとした生活をしなさいね。
 
私たちのお金、全部、使っちゃって良いから」
 
なんてありがたいことを言ってくださった。
 
 
こんなにしっかりした話はしたことがなかったのだけど……
 
悲しい話だと思った。
 
夫の母親の実家は北区の名家で、駅一帯の土地を持っていたという。
 
だけど、父親の代で没落し、母親も早くに亡くし、夫の母はかなり苦労されたようだ。
 
夫の母、検察庁に勤めていたくらいだから、頭も良かったに違いないけど……
 
とにかく質素に小さく小さく縮こまるように生活するのを心掛けていた。
 
そこに、全く反対の浮かれトンボのような嫁が来たものだから、気に入らなくて当然。
 
 
だけど、今はその嫁に頼るしかない。
 
それも母のストレスの一部なんだろうなぁ。
 
それでも、夫の母はこういう心境に達したから幸せだと言える。
 
夫の父はまだ、拘っているからどうしようもない。
 
 
で、死亡消費税……
 
そんなことをする前に、生前相続を優遇し死後相続を100%にすれば、何も問題無いんじゃ……?
 
そうなったら、老人は握っている財布の中からある程度のものは子供世代に渡すでしょ?
 
お金が必要な子育て世代にはそのほうがありがたいと思うけど……
 
それをしたくないのは、この税制を検討している方々が自分たちのことを考えているからよね。
 
すでに皆さんご老人だから、子供に全額渡して不安になるよりは、手元に残して、死亡消費税を払うほうが良いと思っている?
 
 
老兵はただ、去りゆくのみ……
 
未来の税制はご老人じゃなく、若い人に検討していただいた方が良いと思うけど。
 
 

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.28

レトロなナポリタンとミレーと

今日は名古屋へ。

 
夫の母親のあれこれで区役所へ行き、ついでに住基カードを申し込んだところ……
 
「免許証かパスポート、お持ちじゃないですか?」
 
「それが無いから、写真付きの住基カードを作るんです!」(`ε´)
 
ほとんど、ケンカ腰な私……
 
―――皆さん、よっぽど、責任をとりたくないのね。 
 
 
少し早い昼食は甘味処でレトロなナポリタンを食べて、次は郵便局。
 
 
10年物の定期の満期が来ているのを処理して、ついでにあれこれ、解約しようとしたら、ここでも無くなった印鑑を使っていて……
 
「写真付きの証明書、ありませんか?」
 
はいはい、来週には何とかなると思いマス。
 
出直しますヨ。 ┐(´д`)┌
 
良かった、住基カード申し込んでおいて。 
 
 
今日の母はとても精神状態が良かった。
 
施設に行った時にはエレベーターホールのソファに座っていて、声をかけると、「ああ、迎えに来てくれたのね」と満面の笑み。
 
セキュリティボックスの暗証番号を押さないとエレベーターが来ないので、そこにいて「誰かが来てドアが開いたら逃げ出そうと思ってた」と笑って言う。
 
冗談なのか本気なのか……
 
最初は付いていなかったセキュリティが付いたのは、母ではないけど、逃げた人がいたからなので、案外、本気だったかも。
 
 
食事の間にいろんな話をして、犬たちの話になり……
 
「ご飯のときには大騒ぎをする」と話すと、
 
「きっと、二匹で相談して、おねだりしようと決めてるのよ」と夫の母。
 
「この前は私がおねだりしたから、今日はあなたの番よなんてやっているかもね」
 
そんな話で大笑い。
 
この人は、本当に笑顔が可愛い人なのに、悲しい顔ばかりさせてしまってる……
 
 
施設の話も、結構楽しそうにしていた。
 
担当の方の話だと、気の合うお仲間ができたらしい。
 
「昨日は牡丹餅を作って、いっぱい、食べたからおなかが空かない」
 
と言いつつも、鉄板の上に卵を敷いてこんもり盛っているナポリタンをほとんど完食。
 
食欲もあるようで何より。
 
 
郵便局は家の近くだったけど、夫の母親、家に寄りたいとも言わずに施設に帰った。
 
この状態が何とか続けばよいのだけど……
 
 
母と別れた後、金山駅へ。
 
夫の誕生日旅行のチケットを受け取り、車を止めたボストン美術館で開催されている「開館15周年記念 ボストン美術館 ミレー展 」へ。
 
ミレーの代表作品「種をまく人」のほか、「バルビゾン村とフォンテーヌブローの森から」ということで、コローやルソー、モネの作品もあった。
 
 
今回の作品群……
 
空にはどれも雲が広がっていて、森は緑が黒に近いほど濃いか、晩秋の落ち葉色で、家の中は仄暗い。
 
今回の作品群はパリ万博以降のジャポニズムの影響を受ける前のものかしら?
 
古伊万里や浮世絵など日本美術の影響を受けた印象派の色遣いとはちと違う感じ。
 
 
帰りは23号線で。
 
高速道路は思いっきり値上がり……
 
というか、割引が無くなったので、急いでいるときしか使えない。
 
家に帰ると、17時過ぎ。
 
長い一日だった……
 
 
 
 

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.27

犠牲者

この前、ふと思いついてこんなtweetをした……

 

最近の様々な事件を見ていると、そう思うことが多い。
 
この前のAKB48襲撃事件の犯人も、自分にはそれをする権利があると思っていたに違いない。
 
そうでもなければ、ファンどころか何の関心もない女性を殺傷しようとはしないだろう。
 
 
 
自分を犠牲者とするのは心地よいことでもある。
 
自分が犠牲者なら、自分に責任が無い。
 
誰かを害することは罪ではなく当然の権利(報復)になる。
 
 
お隣りの国では国家がそう国民を教育しているけど……
 
最近の彼の国で頻発する事件や事故はかなりの部分、その教育のせいなのでは……?
 
 
この考えの怖いところは、決して、前に進めないということ。
 
犠牲者でいる限り、自分の宿命=生まれた国・家系・親兄弟・境遇……
 
そこから抜け出せない。
 
人生はあっという間に過ぎていくというのに。
 
 
「愛」や「信頼」はこの世の果実。
 
犠牲者は、それらを絵空事と哂うけど……
 
「愛」や「信頼」を自分の中に持ち、守ろうとすれば……
 
それは現実の中で血のにじむような努力と自分を律する厳しさが必要となる。
 
自分が全ての責任者だと思い、何があっても受け入れなければ、この世の果実は手に入らない。
 
 
「子供は親を選べない」と子供は教えられる。
 
だけど、そう思う限り、宿命のとりこになる。
 
「子供(自分)が親を選んで生まれてくる(きた)」と思えば、全てを自分の責任として受け止め、運命を切り開くことができるようになる。
 
そして……
 
この世の果実はすでに自分の中にあったのだと気づく。
 
 
 

人気ブログランキングへ

 
 
と、分かっていても、常に怒れちゃうことはある。
 
世の理不尽を悲しみながらも、今の自分に出来ることをして、少しずつ、それを乗り越えていくしかない。
 
ということで、いつかは郵貯も乗り越えるぞい!  ヽ(´▽`)/
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.05.26

なりすまし

今日は雨。
 
少し肌寒い。
 
1p5260144

庭では、エゴノキの花が終わり、柏葉アジサイが咲き始めた。

 
  
このところ、准看護師の女性が殺されてトランクルームで発見された事件が報道されている。
 
小学校の同級生だった女性が容疑者として挙がっていて……
 
その同級生が犠牲者に成りすましてパスポートを作り上海に行っているとか。
 
 
―――まあ、どうして、そんなに簡単にパスポートが作れちゃうのかしら?
 
 
夫の父親、未だに郵貯の印鑑変更ができない。
 
とにかく、本人確認ができないからの一点張り。
 
85歳にもなる老人、何年も出かけることも運転もできていない人に、期限切れじゃない写真付きの公的証明書を求めるもんだから、どうすることもできない。
 
だけど、年金の振り込みが郵貯だから、何とかしないと新しい施設の支払に困る。
 
しかたなく、写真付き住基カードを作ろうと区役所に行ったら、夫が撮って持って行った写真の背景がブルーじゃないのでダメですって。
 
ちゃんと証明写真を撮る機械で撮ってくれと言われても、車椅子でそんなところ、入れませんがな。
 
そんなこんなしている間に、施設からはどんどん請求書が届く……
 
私に写真付き証明書の話をしたら、狂いますぜ、ダンナ……(-_-X)
 
の状態なので、そんな成りすましにパスポート発行しているなんて聞いた日にゃ、怒りメラメラ。
 
 
変なところで厳しくして家族を困らせてるくせに、成りすましにパスポート、発行してんじゃね~よ!
 
 
あ~すっきりした。
 
 
ま、郵貯とパスポートを発行しているところは違うので、怒っても仕方ないんだけどね。
 
つ~か、成りすましが多いのか、最近……?
 
 
ストレス解消の秘薬は……
 
1p5250129    
この子たちの笑顔!
 
あんたら、な~ンも悩みがない顔だね。(笑) 
 

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.05.25

モリコロパークとゆずり葉

気温が30℃を超える可能性もあると報道されていた今日……

 
コマメを連れて、長久手のモリコロパークへ。
 
1p5250019 
う~ん、新緑が美しい!
 
 
 
1p5250075 
 
まずは「サツキとメイの家」を望む場所へ。
 
いつものことながら、中に入らず、望む場所で記念撮影(笑)
 
あら?
 
芽生は初めてかしら?
 
 
ここまでですでにコマメはバテバテ。
 
30℃はなさそうだけど、確かに暑いものね……
 
芝生広場に行く時にはもう、歩く気、ナッシング!
 
で、ほとんどコマメはバギーに乗ってた。
 
誰の散歩に来たやらデス。 
 
 
そういえば、モリコロパークの駐車場……
 
確か、以前は無料だったような気がするのだけど、今回は有料だった。
 
公園の手入れは行き届いていて雑草なんか生えていないけど……
 
グローバルループの金属のさびが目立った。
駐車場が有料になっても、そういうところを手入れしていただけるのなら、良いのだけど。
 
あのループは「愛・地球博」の記念だもの。
 
ずっと残してほしいなぁ。
 
広場の屋台であれこれ買って、池のほとりの四阿で食事をし、カキツバタを見て、帰宅。
 
 
夕方、夫の母親の施設の担当さんから電話。
 
業務連絡の後、母の様子を訊いたら……
 
昨日、私たちが来て家に帰ったことを覚えておらず、家に帰りたいと訴えているという。
 
あらまあ。
 
とりあえず、心療内科の予約を取っていただくことにした。
 
 
昔、私は自分の母親が壊れていくのを見ているしかなかった。
 
最初は物忘れがひどいくらいで済んだけど、次第に妄想の世界に行ってしまい、同じ次元に住むことはできなくなった母……
 
あの時の何とも言えない不安感と焦燥を、夫は今、感じているのだろう。
 
 
夫はこれから、親を喪うという辛い経験をしなければならない。
 
どんなに病んでいようと変な言動をしようと、親が生きているということがどんなに心強いことだったかを思い知ることになる。
 
ただ、悲しみの中にも救いはあって……
 
死が忌むべきものでなく、解放でもあるのだと理解する時が来る。
 
これはとても個人的なことなので、その時期がいつかは分からないけど。
 
私にできることは、ただ、傍にいることだけ……
 
 
 
「ゆずり葉」という詩を思い出した。
 
子供たちよ
 
これはゆずり葉の木です
 
このゆずり葉は
 
新しい葉が出来ると
 
入り代わってふるい葉が落ちてしまうのです
 
 
こんなに厚い葉
 
こんなに大きい葉でも 
 
新しい葉が出来ると無造作に落ちる
 
新しい葉にいのちをゆずって----
 
 
子供たちよ 
 
お前たちはなにをほしがらないでも
 
すべてのものがお前たちにゆずられるのです
 
太陽のめぐるかぎり 
 
ゆずられるものは絶えません
 
 
かがやける大都会も
 
そっくりお前たちがゆずり受けるのです
 
読みきれないほどの書物も
 
みんなお前たちの手に受け取るのです
 
幸福なる子供たちよ
 
お前たちの手はまだちいさいけれど―――
 
 
世のお父さん、お母さんたちは
 
何一つ持ってゆかない
 
みんなお前たちにゆずってゆくために
 
いのちあるもの、よいもの、美しいものを
 
一生懸命に造っています
 
 
今、お前たちは気が付かないけれど
 
ひとりでにいのちは延びる
 
鳥のようにうたい、花のように笑っている間に
 
気が付いていきます
 
 
そしたら子供たちよ
 
もう一度ゆずり葉の木の下に立って
 
ゆずり葉を見る時が来るでしょう
 
              by河井醉茗 「ゆずり葉」
 
 
私たちは今、「ゆずり葉」の木の下に立っているのかもね……
 
 

人気ブログランキングへ

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンタルバーノ

朝寝坊し午前中は家でまったり。

 
昼から、名古屋へ。
 
2週間ぶりに夫の母を訪ねた。
 
先週は作品展で、当然、私は行けなかったのだけど、夫にも行かないようにお願いした。
 
夫、母の症状を一向に理解せず、おかしなことを言うのに怒るものだから、二人きりであった日にゃ、なだめ役がいないから、ふたりともかっかしたままになってしまう。
 
 
行くとは連絡していなかったのに、夫の母は、荷物をまとめてショルダーバッグを肩にかけて寝ていた。
 
どうも、毎日、そんな感じで過ごしているみたい。
 
可哀そうだけど、ますます、自宅に帰すのが難しくなっている……
 
 
 
今夜は「アメリカンアイドル」の放送日だけど、とっくの昔に挫折してしまい、大好きな「モンタルバーノ」を見た。
 
その後はモンタルバーノが若いころのエピソード「ヤング・モンタルバーノ」もあり、もう、「モンタルバーノ」三昧。
 
シチリアの険しくも美しい自然とちょっと危ないほど人情家の刑事……
 
観ていると、ほんと、癒されるわぁ……
 
 
で、こんな時間まで夜更かし……
 
明日も朝寝坊決定!
 
 
 

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.23

年収で選んでも

最近、「あの人は今」みたいなテレビ番組が多い。

 
今日は佳那晃子さんの近況が……
 
なんと、佳那さん、くも膜下出血のため寝たきりになっていた。
 
あの美しいお顔も歪んだまま。
 
 
その彼女を支えるのが夫の源さん、生活苦の中、必死で佳那さんの闘病を支えている。
 
で、今、ネットで佳那さんの名前を検索したら、こんな記事が……
 
ご主人、大変!
 
 
佳那さん、今を時めく放送作家・事務所の社長で高収入の方と結婚なさったはずなのに、事務所が倒産して借金が3億円……
 
必死に働いて借金を返し終えて、ホッとしたのもつかの間、今度は病気に……
 
でも、ご主人が苦しんでいる時期に見捨てて逃げなかったからこそ、今、ご主人が佳那さんを支えている。
 
人生、ほんと、いろいろあるね……
 
 
この話……
 
この前、川崎貴子さんのブログ「酒と泪と女と女」の「 『男は年収』の婚活に物申したい」という記事を読ませていただき、何となくもやもやと思っていたことにリンクする。
 
川崎さんは……
 
年収600万以上の収入を得ている都内独身男性(25歳~35歳)は3.5%しかいない。
 
そもそも、年功序列が崩壊し、どんな大企業でも先行き不明、大手企業の社長すら外資に買われてリストラされ、公務員だって年収削減されるこの時代……
 
『現在の年収」は今や、時価!
 
結婚したいのなら、せめて年収を200万ほど下げたらどうかと婚活女性に提案しても、却下されるという。
 
その却下する女性たちの言い分は……
 
「私は普通でいいのです。自分が育った家庭のような、普通の」
 
 
でも、その「普通」は経済成長していた日本の特殊な「普通」で、今はもはや「特権階級」と川崎さんは見ておられる。
 
「『専業主婦』という立場は『貴族』と思った方が身のため」ですって。
 
そして、川崎さん……
 
お相手の現在の年収よりも、家事や育児の資質(もしくは能動的な姿勢)やコミュニケーション能力を重視し、「この人となら一緒に苦労できそうだ。」「いざとなったら、工事現場でバイトしても家族を守ってくれそうだ。」というような観点で、スペックよりパーソナリティ重視で探してみてはどうかとお奨めしております。

ですって。

 
ほんと、何が起こるかわからない世の中ですものね。
 
 
佳那さんと源さんご夫婦も、さまざまな苦難を通じて「家族」になれたのでしょうけど、苦難、凄すぎ!
 
どうか、これから、いっぱい良いことがありますように。
 
 
で、ご近所の若夫婦を見ると……
 
大きな家を建てて、次々、車を買い替えて、子供にも習い事をいっぱいさせて、海外旅行に一家で行き、月に何回かは外食もしている。
 
いくら親に援助してもらい、ステップ35を利用したとしても、そんな生活を維持しようと思ったら、そりゃ、600万でも足りないよね。
 
冬至の前後には日が暮れてもほとんどの家が真っ暗なのも当然。
 
 
それでも、若いうちはいいけど、次第に、病気やリストラも想定しなきゃいけない。
 
生きるって大変。
 
 
 

人気ブログランキングへ

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.22

まだ行けない。。。

中国ウルムチの爆発で31名が犠牲に……

 
でも、ほとんどの犠牲者が民間人……
 
しかも朝市に来ていたご老人たち。
 
そんな人たちをテロリストが狙うかしら?
 
夜にはウルムチ行の飛行機で爆発物を積んでいるという証言があり、騒ぎになったらしいし……
 
――――当局のマッチポンプ……?
 
 
タイでは陸軍が、いよいよ、クーデター。
 
あそこは良くクーデターの起るところなんだけど……
 
これまでクーデターを抑えていらした国王がご高齢な今、果たして以前のように解決ができるのか不明らしい。
 
 
今日は北朝鮮も黄海で韓国軍の艦艇を砲撃なんてことをやっちった。
 
韓国軍も応酬して、打ち合いになったみたい。
 
両国の艦隊が南北の海の境界線とするラインを挟んで睨み合っているとか。
 
ま、日本の場合、韓国と北朝鮮がどうなろうと、「自衛隊が朝鮮半島に入ることは許さない」と韓国国防省が発表したばかりだから、自衛隊が巻き込まれる心配はいらないけどね。
 
 
各国にお住いの邦人のみなさんは、そうそうに帰国なさった方がよろしいかと。
 
ほら、今はまだ、自衛隊がお迎えにはいけないから。
 
 
 
 

人気ブログランキングへ

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.21

風の神様に

今日のレッスン後のランチは……

 
1_71 
とうふや豆蔵」の豆腐ねばねば丼。
 
ごはんは十穀ごはんにしていただいた。
 
その上に豆腐・とろろ・オクラ・なめたけ・カリカリしらすが載っていて、思いっきり、ネバネバ。
 
美味しゅうございました。
 
 
午前中は昨夜来の雨が残っていたけど、昼からは上天気。
 
でも、風が強くて、家が揺れるほどだった。
 
昨日、ようやく、予防注射をしたばかりで散歩には行けないコマメ……
 
庭で飛ばされそうになりながら用を足していた。(笑)
 
 
鳥はかなり焦って飛んでいたし、木の葉があちこちから槍のように飛んできたし、まるで嵐のような風!
 
なのに雲一つない青空……
 
風が吹く理由が雨が降るのと一緒ではないってこと?
 
そのうち、青空なのに竜巻とかあったりして。
 
 
ところで、風の神様はイザナギノミコトとイザナミノミコトの間に生まれたシナツヒコノミコトとその妻とされるシナトベノミコトなんですって。
 
外宮では風宮、内宮では風日祈宮で祀られている。
 
その風の神様たちに適当な雨が降らし、適当な風を吹かしていただくようお願いするお祭り(風日祈祭)が14日に行われたそうな。
 
―――あら、それで張り切ってくださったの?
 
 
 
風の神様たち、鎌倉時代は元寇を神風で防ぎ、国難を救ってくださったと言われている。
 
東日本大震災発生当時は、福島第一原発からの放射能汚染を避けるよう、風向きが内陸部に及ばないように多くの人々が祈りをささげたそうで……
 
神様もそんなことで頼りにされてもと思われたかしら?
 
 
 
今日は大飯原発の再稼働を認めない判決が出た。
 
私は今のまま原発を動かすことには賛成じゃない。
 
だけど、すでに日本中に作ってしまった原発を安全にしていくために研究はすべきと思っている。
 
だって、すでにそこには燃料棒とか放射性廃棄物とかあるわけだから。
 
出来るだけ早く不安定な放射能を安定させる技術を開発していただき……
 
原発を再稼働しても風の神様にご迷惑をお掛けすることがないようになりますように……
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.20

サイコパス

PCを遠隔操作し襲撃や殺人予告をしたとして逮捕されていた男……

 
ずっと拘留されながらも否認を続けていて、弁護士さんは冤罪だと騒いでいたのに、こんなことに
 
あらま。
 
 
弁護士さん……
 
「こういう事態になり、どうしてああいう人が生まれたのかということを考えないといけない」と神妙な面持ちで心境を語ったらしいけど……
 
「真犯人はサイコパスだと思う」なんて言っていた彼が、「それは自分。ウソを平気でつける」なんて言っちゃってるわけで、人間不信になっちゃったかもね。
 
 
この犯人……
 
PC操作では全く抜かりがなかったのに、江の島の猫・裕(ゆたか=犯人命名)くんに真犯人しか持っていないデータの入ったチップを付けて捕まったり……
 
保釈された後、真犯人が別にいるように自分の公判中にメールが送られるように設定したスマホを河川敷に埋めて、後をつけていた警察官に目撃されて墓穴を掘ったり……
 
――――リアルでは結構、間抜けている?
 
 
犯人は自殺しようとしたとか言っているけど、捕まった後の映像は、にやけていた。
 
絶対、死ぬ気なんてなかったね、あれは。
 
 
 
まあ、でも、電脳空間でもリアルでも隙のないサイコパスが出てくる可能性もあるわけで……
 
ある日、突然、全く覚えのない容疑でしょっ引かれて、 完璧な証拠もそろっていて、なんてことになったらどうしよう……
 
爆破とかできなくても、脅すだけで犯罪なわけだから、私みたいなおばちゃんでも出来なくはないと判定されそう。
 
あら、そういえば、北海道の警察関係にガスボンベ爆弾を仕掛けていたとされた女性はどうなったのかしら?
 
 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
 
 
にしても、冤罪だと騒いでいたジャーナリストたちの変わり身の早いこと!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.19

民族移動

ほほう、公明党はそう来ましたか……

 
「集団的自衛権なんてトンでもない」という創価学会の意向には逆らえないということなのね。
 
やはり、政教分離は無理ってことね。
 
 
この機会に、日本を守るということを我々国民ももっとしっかり考えなきゃね。
 
世界で起っていること……
 
ある日突然国が割れたり、子供たちが拉致されたり、殺されたり、泥沼の内紛が起ったり……
 
それはいつ日本で起っても不思議じゃない。
 
昭和な時代どころか世紀末とも全く違う世界情勢になってしまっているのに、70年近く前のお子ちゃま扱いのままで日本が守れるのかということだよね。
 
 
なによりも問題なのは、最近の不安定な気候……
 
この不安定な気候を安定させる技術を人間は手にしていない。
 
というか、人間がいなくなるのが一番の解決法という悲しい現実……
 
幸いなことに、日本では不安定ながらも春が来て夏に向かっているけど、この先も大丈夫とは誰にも言えない。
 
タイ米を食べなきゃいけなかった1993年のように冷夏になる可能性もあるし、熱波で穀物の値が上がるどころか、輸入できなくなるかもしれない。
 
地震や火山の噴火はすでにあちこちで危ない状況になっている。
 
 
歴史的に見ても、天変地異は大きな民族移動を誘発している。
 
4世紀、北アジアと中央アジアの草原の気候変動はフン族の移動の原因となり、フン族に押される形でゲルマン民族の大移動が起こり、西ローマ帝国崩壊の原因となった。
 
小氷河期(マウンダー極小期)の17世紀、「大航海時代」なんて耳触りの良い言葉で語られるけど、あれは西欧列国によるアメリカ大陸侵略。
 
彼らは奴隷をアフリカから調達し、今のアメリカは人種のるつぼとなっている。
 
 
「背に腹は代えられない」ということで……
 
日本だけ幸せでのほほんとお花畑にいるのは危険なのだと自覚しなきゃね。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.18

作品展の話

上天気な二日間、皆さんお出かけでなかなか来て頂けないのではと思っていたけど……

 
そこそこの来客数で作品展終了!
 
 
1p5170044
 
アンガスがさまよう野辺のイメージ……
 
1p5170025 
伝わったかしら?
 
 
魚は…… 
 
1p5170041  
銀色の鱒というよりも、鯉みたいにお口の大きい子だけど、私的にはとっても気に入っている。
 
若い子はすぐに「魚だ!」と言ってくださったのだけど、年配の方は???だったみたい。
 
 
 
今回はコサージュの体験レッスンをした。
 
老若男女に関わらず、皆さん、バラのコサージュ作成に挑戦。
 
(団塊世代の御夫婦同行率、高過ぎ!)
 
このレッスン、バラ農家の方がバラを提供してくださったので、無料。
 
朝摘みの新鮮なバラのコサージュは大好評! 
 
生徒たち、作成指導役で大活躍。
 
皆さん、頼もしいわぁ。
 
 
作品展には毎回来て下さる方が多く、生徒の友人で直接の知り合いでなくても、もう顔見知りになった方もいる。
 
友人知人のほかに、生徒たちのご家族や今はお休みしている生徒たち、なかなか出会えない方たちにも出会えて、とってもHappyな二日間だった。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.17

さまよえるアンガス

今年のイメージは……
 

1p5170040_2 

「さまよえるアンガスの歌」  by W.B.Yeats
 

I WENT out to the hazel wood,

 
Because a fire was in my head,
 
And cut and peeled a hazel wand,
 
And hooked a berry to a thread;
 
 
And when white moths were on the wing,
 
And moth-like stars were flickering out,
 
I dropped the berry in a stream
 
And caught a little silver trout.
 
 
When I had laid it on the floor
 
I went to blow the fire a-flame,
 
But something rustled on the floor,
 
And someone called me by my name:
 
It had become a glimmering girl
 
With apple blossom in her hair
 
Who called me by my name and ran
 
And faded through the brightening air.
 
 
Though I am old with wandering
 
Through hollow lands and hilly lands,
 
I will find out where she has gone,
 
And kiss her lips and take her hands;
 
And walk among long dappled grass,
 
And pluck till time and times are done,
 
The silver apples of the moon,
 
The golden apples of the sun.
 
 
私はハシバミの林に行った
 
頭の中が燃えていたので
 
ハシバミの枝を切って皮をはぎ、
 
イチゴを糸につけた
 
 
白い蛾が飛びかい
 
蛾のように星がまたたくころ
 
イチゴの実を流れに落として
 
小さな銀色のマスを釣った。
 
それを床に置き
 
火を熾しにかかった
 
そのとき床からさらさらと音がして
 
誰かが私の名前を呼んだ
 
それは林檎の花を髪にさした輝く少女になり
 
私の名前を呼んで駆け出し
 
暁の光に消えて行った
 
 
野山をさ迷い歩いて
 
年老いてしまったが
 
彼女の行方を見つけ
 
その唇にくちづけしその手を取りたい
 
まだらに色づく丈高い草地を巡り
 
時がついに果てるまで
 
月の銀の林檎
 
太陽の金の林檎
 
 
ちゃんと魚もいるんだよん。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.16

更新はしたものの

ようやく準備終了!

 
なんかもう、全て終わった気分だけど、本番は明日から……
 
今回も多くの方々に協力いただき、何とか形になった。
 
ありがたいことでございます。
 
 
ボ~としてしまって、な~ンも考えられないわ。
 
って、いつものことだけど。
 
 
あら、ボ~としている間にこんな時間……
 
寝ます!
 
せっかく来て頂いたのに、こんなですみません。
 
1_70  
こんなのも飾ったデスよ。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.15

敵の敵は

おお、中国、とんでもない国に喧嘩を吹っ掛けちゃったわね。

 
ベトナムに脅しは効かない。
 
なんせ、アメリカに辛酸を舐めさせた国ですもん。
 
 
私が忙しくしている間に、なんか、あちこちがきな臭いことになっている。
 
中国、ベトナムで痛い目に遭って、日本に八つ当たり……
 
なんてことになりませんように。
 
 
あと、ベトナムの皆さん、敵の敵は味方デスよ。
 
そこんとこ、よろしく!!
 
 
 
 
作品展準備も後一日……
 
ここ数日4時間睡眠が続いているけど、結構、平気。
 
この前の神島行で体力が付いたのかしらん?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.13

私的鼻血問題

「美味しんぼ」で鼻血問題が注目されているからか……

 
流行に乗り遅れないようにという無意識の反応なのか、朝、鼻血ダーダー。
 
もう滝のように流れてきてびっくり!
 
―――私、どこで被爆したんですかね?(笑)
 
 
この春は風邪なのか花粉症なのか、それともPM2.5への反応なのか、ずっと鼻がグズグズしていた。
 
鼻をかんでも粘液みたいなのが取りきれないし、臭いにも鈍感になっているような気がするしで、昨日、ドリンクタイプのキトサンサプリをカット綿に浸し、鼻の奥に突っ込んだんだけど……
 
おそらくあれが原因だな。( ̄▽ ̄)
 
 
―――これはもう、病院へ行かなきゃいけない?
 
と思うほど鼻血が出たけど、何とか止まった。
 
後は、すっきり!
 
私、子宮筋腫で苦しんでいたころは、このままでは命が危ないと言われたほどの貧血だったけど……
 
今はスポーツ選手並みといわれたほど赤血球の多い血液になっているらしいから、薄まって、ちょうどいいわ。
 
 
さて、今週は作品展ウィーク……
 
今日から準備を始めた。
 
明日は市場に行く予定。
 
 
どこぞの元町長さんは連日の鼻血で眠れないそうだけど……
 
そんなことにはなりたくないわぁ。
 
明朝は鼻血でませんように。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.11

「母の日」の「ブルーボネット」

「母の日」の今日は……

 
夫の母を誘って、「ブルーボネット」へ。
 
 
1_66  
 
伊勢湾のどん詰まり、無味乾燥な倉庫とケミカル工場に囲まれているとは到底思えない花園……
 
 
今日は日差しは強いものの風が涼しく、外にいるには最適の日。
 
レストランで食事をした後、車椅子を借りて夫の母を乗せ、ゆっくりと散歩。
 
今の時期の花は名前の由来となっているブルーボネット(小さめのルピナス)やジギタリス、キバナフジ……
 
バラも開き始めていた。
 
 
1_67 
まだ、ポピーはまばら……
 
1_68 
 
海に面したところに花のアーチが作られていた。
 
鐘があるところを見ると、「恋人たちのなんちゃら」?
 
 
夫の母、迎えに行ったときには、相変わらず、「家に帰りたい」と言って荷物をまとめていたけど……
 
一度自宅に寄って、それから買い物したりブルーボネットに行ったりして少し気が紛れたのか、大人しく、施設に帰った。
 
疲れたから寝ると言ってパジャマに着替えて、「また来てね」
可愛いこと、言ってくれちゃって。
 
 
1p5101100
 
 
夫が選んだ色取り取りの寄せ植え花籠、今夜一晩、自分の部屋で楽しんで、明日には共有スペースに飾って皆さんに楽しんでいただくんですって。
 
喜ばれるといいね。
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.10

消費税が上がっても

夫の母が施設に入ったので、「母の日」の花を今年はアレンジではなく鉢花にしようということで、西尾の農園へ。

 
さすが、「母の日」前、駐車場は満車で、溢れた車が駐車場をぐるぐる回っている。
 
幸いなことに、その列に加わってすぐに目の前の車が出て、止めることができた。
 
 
駐車場から店に向かう途中、すれ違う皆さん、購入した花苗や寄せ花籠をたくさんカートに入れている。
 
なんか、景気が良くて良いねえ。(*^-^) 
 
確かに、ここの商品はかなりお値打ち。
 
たくさん買いたくなる気持ちはわかる。
 
遠くから足を運んでも損はしないし。
 
4月の統計が出て、小売業に関しては消費税の影響はさほど無かったと、今朝、報道されていたけど……
 
この繁盛ぶりを見ると納得しちゃうわ。
 
 
 
「母の日」は花屋さんにとっての一大イベントで、普段、花を買わないような人も押し掛けていたけど……
 
不況になって以来、どんどん切り花(=花束やアレンジメント)よりも鉢花にシフトしている。
 
そして、以前はラッピングや色合わせにオシャレ感がなかったこういう農園の商品も、出展者が勉強してどんどん魅力的になっている。
 
商品数が圧倒的に多いし、つい、近場の花屋さんよりもこういうところに行っちゃうのかも。 
 
 
でも……
 
こういうところまで車で団塊の世代が来れるのは、あと20年もない。
 
車を運転できなくなった団塊の世代が近場で買い物をしようとしたときに、近所には……
 
「コンビニしかない!」
 
という時代になっているに違いない。
 
ということは、日常品からギフトまでコンビニで済ませるか、ネットにシフトするしかない状態に……?
 
老人こそ、ネットを使いこなさなきゃやっていけない……?
 
あら、ボケてる場合じゃないわ。
 
 
この農園のバラ園、来週から「バラ祭り」が始まると告知されていたけど……
 
1_63
すでにかなりのバラが開いていて、目を楽しませてくれた。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.09

ボーボー万歳!

今日は作品展の準備。

 
寄せ植えを作った。
 
今年は夫の両親のあれこれで心忙しく、イマイチ、モチベーションが上がっていなかったのだけど、ここ数日、さすがにこれではマズイなと……
 
ちょっとだけ頑張っている。
 
とはいえ、残り一週間、ちゃんと間に合わせなきゃ……
 
 
 
で、農園で花苗を選んでいたら、スイカズラの苗を発見!
 
――――うわ、この子、売り物になるんだ……
 
スイカズラ、庭に自生して、絶賛、増殖中!
 
1p5090003
 
売れば結構な稼ぎになるかも。ヽ(´▽`)/
 
 
このところ、我が家の庭は植えたものやら、自生したものやらで、ボーボー。
 
だけど、作品展では草一本でも使い道があるから、来週まではボーボーが続くんだよん。
 
ボーボー万歳!
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.08

May メイ

この前、ラグーナでナンパされためいデス。
 
1p5040986 
わたちの可愛さにノックアウトされたに~ちゃんが、デートしている彼女そっちのけでわたちに寄ってきて……
 
「こんなに可愛い子、見たことない!」
 
フフン、当然デス。
 
あ、こまっちのことは、
 
「こんなでかいヨーキー見たことない!」
 
ヒャヒャヒャ、当然デス。
 
 
あ、か~ちゃん……?
 
気分がすぐれないそうデス。
 
きっと、おせんべいを一袋食べたせいデス。
 
食べ過ぎデス。
 
 
食べ過ぎと言えば……
 
こまっちはぼんやりしたように見せてマスガ……
 
1p5041000
 
 
食べ物となるとイヌが変わりマス。
 
 
1p5040984
 
独り占めするやなやつデス。
 
 
でも……
 
1p5081078  
こまっちの近くで寝ると、なんか、ホッとするデスヨ。
 
でかいからデスかね?
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.07

難民にならないように

連休が終わった今日は私の安息日。

 
 
朝、選択やら掃除やらを済ませ、出かけようか家で待ったりしようか悩んでいたら……
 
スカパーで、「デイアフター2020 首都大凍結」という映画が始まった。
 
「デイアフター」なんて付いているので、あの有名な映画のパクリかと思いきや……
 
本題は「ICE」だったのを、日本で「デイアフター」なんて付けちゃったみたい。
 
 
―――あら、クレア・フォーラニが出てる!
 
ジョー・ブラックをよろしく」の時のお嬢さん役がとても上品で、美しくて、大好きになったんだよね、この人……
 
若くハンサムな死神役のブラッド・ピットと、ほんと、お似合いだった。 
 
 
で、ついつい、観始めたのだけど……
 
氷点下30℃の中でパワフルに動きまくる皆さん。
 
以前は信じられなかったけど、最近、コケイジャン(白人)には可能かもと思うようになった。
 
あやつら、日本人とは体感温度がまるで違うもの。
 
 
内容は……
 
西暦2020年、地球温暖化により、多くの地域が砂漠化。
 
難民が緯度の高い地域に向かい、イギリスにも押しかけ、イギリスは外国人の入国を阻止する対策を取り始めた。
 
そして、深刻化するエネルギー危機のため、北極圏の氷原の下に眠る石油を掘削していた。
 
科学者の主人公は掘削作業が氷原を破壊し新たな氷河期を招くと警告するものの、掘削している企業は儲けのため、政府はエネルギー危機回避のため、彼のいうことに耳を貸さない。
 
あれこれ有って……主人公の予測は的中、イギリスを含む北半球は雪に覆われた。
 
あら、こうやってあらすじを書くと、ほとんど、あの有名映画と同じね。
 
 
でもまあ、思ったよりも面白かったので、188分、しっかり観てしまった。
 
で、出かけたのはコマメの散歩だけという一日に。
 
 
 
番組を観てから、難民のこと、ずっと、考えている。
 
これは氷河期到来よりも、私には難しい問題。
 
氷河期になるときは人類一蓮托生だけど……
 
今の世界の気象や過激な宗教紛争・国土汚染により、おそらく、そう遠くない将来、日本はこの映画のイギリスのように難民で悩むようになるのでは……
 
そうなったときに、受け入れないという選択は簡単。
 
だけど……
 
国のカルマとしてはどうなのだろう?
 
 
どの民族も生まれ育った土地で幸せに人生を全うするのが当然。
 
その土地を清浄に保ち他者を敬愛し共生するというのが、人生の目的であってしかるべき。
 
でも、なかなかそうはいかない。
 
生物が生きられないほど土地を穢し、隙あらば他者を貶め、その持てるものを奪おうとする人々が居る限り、難民は発生する。
 
難民を前に国土を要塞化し、自分たちだけがぬくぬくと暮らし、他民族を見捨てるという行為は、いつか、子孫が清算しなければならないカルマになってしまうのでは……?
 
日本人は、他国民が生まれ育った土地で幸せに生きられるようにする手助けをしなければ、自分たちが大変なことになるのだということを、もっと、強く感じるべきかも。
 
 
そんなことを思っていたのだけど……
 
この耳鳴り……半端ないわ。
 
日本人が難民になるのが先なんてことがありませんように。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.06

笑えるソフトクリーム

日本はなんだかんだ言っても平和なGWを終えようとしている。
 
昨日は東京で地震があったけど、大きな被害は無かったようで……
 
ありがたいことでございます。
 
 
さて、私たちがツアーで行った神島は、総人口400名ほど……
 
当然のことに、高齢化が進んでいる。
 
港に一軒の食堂があり、そこもやはり、おばあさんふたりでやっていた。
 
着いてすぐに、その店でソフトクリームを頼んだ。
 
私の前にも頼んだ人がいて、その人のはちゃんと作れていたにもかかわらず……
 
私の分をセットして作り始めたおばあさん、「硬すぎて、出てこない!」と言い出した。
 
ソフトクリームメーカーは家庭用みたいな小さなもので、レバーを押し下げて絞り出すタイプ。
 
おばあさん、ぶら下がるようにしてそのレバーを下そうとしているのに、下りない! 
 
しばらく、頑張ったおばあさん、「私、もうダメ!」と息を切らし、別のおばあさんにバトンタッチ!
 
1p5030024 
これはおばあさん二人の渾身の作! (笑)
 
バトンタッチされたおばあさんもひいひい言いながら作ってくださったありがたいものでございます……
 
 
でも、歩き終えて港に着たら、先に帰った人たちの数人がソフトクリームを舐めていたところを見ると、どうやら、直った?
 
それとも、おばあさんたち、コツを身に着けたのかしらん?
 
まさか、力のある人を臨時雇いしたとか?
 
 
夫とその話をすると、思わず二人とも笑顔に。
 
おかげさまでずっと楽しめる思い出ができた。
 
これから、ソフトクリームを見るたびに、私たち、きっと、楽しくなるね。 
 
ありがとうございます、おばあさんたち…… 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.05

レイライン発動?

朝、夫が携帯に来た地震情報を見て、「東京で震度5弱の地震があったらしい」と言い出した。

 
―――おお、そういえば、ここ数日、あちこちで注意情報を見かけたような……
 
でも、常に揺れが始まるより先に目覚める私が目覚めなかったということは、うちには地震波、来なかったのね。
 
後で調べると、愛知県でも揺れた場所はあったようだけど、うちの辺りは全く揺れていなかった。
 
 
 
神島に行った3日から長野と岐阜で地震が続いていて、これはいよいよかと思っていたけど……
 
東京に行っちゃったのね。
 
 
今回の地震、かなり不思議な揺れ方をしている。
 
震源地は大島近海……伊勢~神島を結ぶレイラインの延長上に近い。
 
なのに、もっとも揺れたのは皇居のある千代田区……
 
 
昨夜は伊勢と神島を結ぶレイラインの先が気になって調べていて……
 
それが利島という伊豆大島よりも少し本州から離れた小さな島の近くで終わると知った。
利島って6千年も前から人が住んでいて、神津島に産出する黒曜石を運ぶ中継地だったそうな。
 
縄文時代や弥生時代の土器が出土するのだけど、その形式や住居の作り方が関西や中部地方のものと似ているという。 
 
そして、そこには八幡神社が……
 
 
今回の地震の震源は利島に近い。
 
もしや、あの地震は伊勢の神宮からなにものかが「太陽の道」=レイラインを通って、皇居に行かれた結果? 
 
それって、この前、天皇陛下が三種の神器を携えて伊勢に行かれたことに関係するのかしら?
 
なんて、いろいろ想像したりして。
 
なんせ、日本史の知識はないし、目に見えないものを見る霊能もないので、フリーに思考できるのよ。(笑) 
 
 
ということで……
 
今夜は天皇陛下のご健康をお祈りすることに。
 
今生陛下がご無事な限り、日本は大丈夫……
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.04

神島へ

昨日は「神島~答志島~菅島のツアー」に参加。

 
朝、名古屋駅で集合し、近畿日本ツーリスト専用電車「かぎろひ」に乗車。 
 
この電車、足元ゆったり、バーコーナー付き、シャワートイレ付の優れもの。
 
 
鳥羽まで途中停車しながらゆっくりと行き、そこからは船で、まずは神島へ。
 
 
1p5030015
 
神島は三重県鳥羽佐田港からは14㎞、愛知県伊良湖港からは3.5㎞。
 
愛知県のほうがずっと近いけれど、伊勢神宮との関係から伊勢のある三重県に入ったということだった。
 
神島は淡路島の伊勢の森から、堺の大鳥神社、奈良の大神神社、長谷寺、箸墓古墳、伊勢の斎宮址などを繋ぐ北緯34°32の線上にあり、それはレイライン(太陽の道)と呼ばれているそうな。
 
レイラインにはいろんなラインがあるみたいだけど……
 
 
今回の目当てはこの神島。
 
どうやらツアーに参加されるほとんどの方が神島目当てらしいのだけど、天候により、行けないこともあるのだとか。
 
今回も午後からは波が高いという予報が出ていて、ギリギリOKだったみたい。
 
良かった!
 
 
神島行きは夫の希望。
 
ここ数年行きたいと言い続けていた。

あの人の行きたいところはどうも素戔嗚系の神社が多い。

神島にも八代神社という神社があり、もともとは八幡宮だったようだけど、今は、天照大御神、綿津見神とともに、素戔嗚尊が祀られている。
 
 
ところで、綿津見=海神、海の龍神様……
 
――――もしや、今日は龍神様とのご縁が……
 
そんなことを想いながら、200段以上の階段を上ると……
 
1p5030069   
伊良湖岬が見える。
 
―――「ち、近かっ!」
 
そういえば、311の後、伊良湖のほうから神島とその先の伊勢方面を見たのだけど……
 
その時に物凄いエネルギーが伊勢のほうから放射されていたっけ。

Dscn3108

↑の写真ね。
 
あの島の中腹に神社があるんだよん。
 
 
神島が有名なのは、三島由紀夫の「潮騒」のおかげ。
 
今回のツアーの案内ボランティアの方々の中には、吉永小百合主演の「潮騒」のロケに立ち会った方も。
 
神社からさらに登ると、灯台があり…… 
 
その先の峠を下ると有名な焚火シーンの舞台となった監的硝跡があり、伊良湖水道を一望できる。
 
1p5030118 
 
さらに下ると、
 
1p5030136
あのカルスト地形の岬へ。
 
 
そうやって島を一周して、ほぼ2時間……
 
思いっきり神島を味わった感じ。
 
この時点で、すでにもう、クタクタ、ヨレヨレ。
 
 
で、次は、高いうねりの波が来る中、答志島へ。
 
答志島では関ヶ原で大坂方に付き、失意のうちに自刃された鳥羽城主の首塚と胴塚を見学するというので、それはパスさせて頂いた。
 
それって、怖すぎ!
 
 
で、私と夫だけツアーから離れて、美多羅志神社へ。 
 
この神社は神功皇后と古代の海人族「タラシ」一族ゆかりの神社ですって。
 
こちらももともとは八幡系みたい。
 
もちろん、海人族の神社だけに龍神様が祀られていて……
 
リンク先にある通り、幹に龍の顔そっくりな曲りのある椎の木があった。
 
写真はさすがにご遠慮させていただいたけど、実物はリンク先の写真よりもうんと龍っぽいお顔でびっくり!
 
 
すっかり満足して答志島を後にし、菅島へ。
 
菅島はただ今、ひじき漁が真っ盛り! 
 
島のいたるところにひじきが干されていて、歩くのもやっとな状態。
 
1p5030200
 
これ、4月末から5月初めの大潮のときだけの光景らしい。
 
 
菅島では白髭神社に参拝。
 
案内のボランティアさん、「平坦なところですぐですよ」って詐欺だわ。
 
1p5030211
 
すっかり、夕なずむ海を見ながら、かなりの坂を上ったり下りたりして神社へ。
 
祭神の白髭明神様は猿田彦命の別名とか。
 
 
やはり、海の神様をお祀りしているみたい。
 
 
神社にお参りして浜に帰るともう……
 
1p5030253 
すっかり、夕暮れ。
 
 
帰りの海は結構な荒れ具合。
 
フェリーの波を被ったときには、これはもう海の藻屑か、と思うほどだった。
 
鳥羽から、また、「かぎろひ」に乗り、車窓から伊勢の山に最後の夕日が落ちる瞬間を見た。
 
なかなかに深い意味のある旅だったのかも……
 
 
 
 
 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.03

島へ

さて、今日はこんなところへ……

 
1405031
 
どうも、今日は龍神様にご縁のある日だったみたい。
 
詳しくは、明日……
 
 
 
 
 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

ムチムチお尻はお留守番、ぽちっとよろしく!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.02

ストレスが溜まる運動場

私はほとんど運動というものをしない。

 
コマメの散歩がやっと。
 
だけど、明日は私らには珍しく動かなきゃいけない。
 
この前、3時間近く歩いて我が家に来た姉がこむら返りを起こして動けなくなり、送って行ったなんてことがあり……
 
あんなことにならないように少し動かなきゃ!
 
 
ということで、ここ二日、ショッピングセンターに通っている。
 
この辺のショッピングセンターって、やたら広いし、店がいっぱいで目の保養はできるし、疲れたら座るところはあるし、お腹がすいたら食べ物はあるし……
 
なによりも、日に焼けない!
 
という優れものの運動場。(笑)
 
 
昨日は西尾駅前に開店したアピタへ行き、今日は岡崎のイオンに行った。
 
今年は日並びが悪く、まだ連休が始まってい無いところも多いのか、アピタもイオンもガラガラ。
 
なので、ゆっくりとウインドウショッピング。
 
いい運動になりましたさ。
 
 
ただ、この運動場、一つ難点が……
 
やたらと欲しいものが目に入り、ついつい買ってしまう。
 
お財布には優しくないとこだった……
 
下手に高価なものが目に入り、欲しいけど買えないとなると、変なストレスが溜まる運動場でもある。
 
だから、なかなか行けないんだけどね。
 
 
1p4260931 
 
だから、日焼けが怖いお年頃なの!
 
 
 
 
 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

ムチムチお尻バナー、ぽちっとよろしく!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.01

陰謀がいっぱい

新疆ウイグル自治区の自爆テロ事件……

 
中国では情報統制で詳しい報道がないみたい。
 
そりゃ、国家主席の視察直後にこんな事件が起ったなんて、メンツ丸つぶれだもの。
 
報道できるわけないよね。
 
今後、ウイグル族への弾圧が続くに違いないけど、忘れてはいけないのは……
 
北風は旅人のマントを脱がすことはできなかったってこと。
 
 
 
中国には火種がいっぱいある。
 
圧倒的に数も武器も少ないので抑え込まれているけれど、もし、中国の解体を望む他国の干渉が始まったら……
 
それなりの結果は出るだろう。
 
他国の干渉について、中国は心配していないみたいだけど、案外、暗躍しようとしているところはあるのかもね。
 
でもなきゃ、爆発物をホイホイ手に入れられるわけがない。   
 
―――世の中、陰謀がいっぱいだねえ。
 
やだ、やだ。
 
 
日本は武器の輸出ができるようになるらしいけど、いったい、どこのどいつが、いつの間に、武器なんか作っていたのかしらん?
 
言われているのは、三菱重工、川崎重工、NEC……
 
あらまあ。
 
三菱重工と言えば、「風立ちぬ」の堀越次郎が飛行機を作ったのは三菱重工名古屋製作所だった。
 
車作ったり、船造ったり、テレビ作ったりしながら、細々と武器を作っていたってこと?
 
 
日本にも結構な陰謀があるのね。
 
 
 
 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

ムチムチお尻バナー、ぽちっとよろしく!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »