« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014.02.28

パタリロとビットコイン

行方不明だった日本のビットコインを扱っていたマウントゴックスの社長が会見を開いた。

システムのバグを悪用した不正取引により、全てのビットコインが、
 
「なくなりました~」
 
だって。
 
マウントゴックスの社長、上手いんだか下手なんだかわからない日本語と「パタリロ」風味の容姿……
 
;
 
――――こ、これは……物まね芸人が大喜びしそうな!
 
 
報道によると、マウントゴックス者の利用者は12万7千人、ただし、日本人は少ないという。
 
保有していた85万ビットコイン=114億6000万円が消え、マウントゴックスは民事再生の申し立てをしたが、犯人の目星はついていないという。
 
ついでに銀行預金のうち使途不明金が28億円もあるとか。
 
――――あらまあ。
 
 
「ビットコインで儲かった」という話は昨年末に聴こえてきたけど、仕組みが良くわからなかった。
 
2013年7月に日経新聞の記者がマウントゴックス社を通してビットコインを使用した結果を報告している(⇒記事)。
 
「仮想通貨、ビットコイン、便利さ、記者も使って実感」と題された記事を見ると、何やら良さげな雰囲気が。
 
この時点でのMTGの登録者数は……
 
「世界で57万人。
 
米国人が36%を占め、次いで英国人7%、中国人5%、日本人は約1650人と1%にも満たない」
 
――――あれ?  12万7千人と57万人じゃえらい違いじゃない?
 
 
でもまあ、日本人が少ないのは確かようで、日本であまり騒がれていないのは、その利用者の少なさゆえ……?
 
それなのに、日本の司法が民事再生の可否を決めなきゃいけないのって、迷惑な話よね。
 
民事再生を認めるということは、無法者にバッジを与えるようなものだから。
 
 
雪が降る中、マウントゴックス社の前で社長に詰め寄っていたイギリスの人は、2700万円も預けていたという。
 
それは便利に使うというよりも投機目的?
 
なにせ、ビットコインの相場は円相場と同じように、刻一刻と変動する。
 
2012年5月には「1ビット=500円」だったのが、2013年の1月には1200円、2013年11月には5~60000円という話が……
 
日経の記者さんも、申し込んだ7月1日には1ビットコイン(BTC)=9000円前後だったのが、5日に6000円台まで下落……
 
手続きが完了するまでに相場が上昇し、結局8960円の時点で3ビットコイン注文した。
 
という状態だったようだ。
 
 
まあ、小銭があったら、ちょビット申し込んでいたかも…… 
 
ビンボーで助かることもあるのね。
 
 
通貨発行は某団体の利権。
 
目を付けられないなんてことは有りえない。
 
今回の騒動もきっと、そこら辺りが謀ったのね。
 
だけど、ビットコインはもう止められないと踏んだだろうから、今頃、PC鉱山を作り、必死で発掘しているかも。(笑)
 
 
 
にしても、マウントゴックス社の社長、雪の中、半そでTシャツで歩いていた。
 
雪男か!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.27

狂暴チワワ

安息日。

 
このところ動き過ぎだったので、今日は休むことに。
 
朝、ゴミ出しをした後はまったり。
 
温かくて心地よくて、気が付くと寝ていた。
 
様々な夢を見たけど、忘れてしまった。
 
 
さて、ネットで見つけた狂暴化するチワワの話題……
 
我が家にもチワワらしきものがいるので、興味津々。
 
1p2230102 
 
お~こわっ!
 
 
120130317_012
 
芽生は6か月近くなってから、我が家に来た。
 
前の家で、男の子わんこに囲まれいじめられていたという情報もあり、可哀そうと思っていたけど……
 
我が家に来るなり、高麗(ヨーキー・当時4歳)を無視して、高麗のお気に入りの場所にどっかと座ったのを見て、私も高麗も目が点!
 
その後も、まったく、高麗を無視して、私にベタベタ甘えるようになった。
 
 
そこで、私たちはかなり強く「高麗優先」という態度を取らなければならなかった。 
 
おやつをもらうのも、抱っこされるのも、まず、高麗……
 
芽生は不満で怒りながら、私の脚にぴょんぴょん飛びついていた。
 
 
芽生が我が家に来て、一年を過ぎたころから、いじけきっていた高麗が強く出るようになり、芽生が気に入らないことをしたら「ウ~」と唸り、文句を言うようになった。
 
そういわれた芽生が思いっきりびっくりしていたのが可笑しかった。
 
 
「アステカの勇士たるチワワにネズミ取り犬が口答えするなんて!」
 
ということかも。(笑)
 
 
最近はふたりとも自分たちが対等に扱われていることに納得したらしい。
 
芽生は高麗が抱かれている間、足踏みして待てるようになった。
 
 
1img_4100 
流血の惨事なんてことにならずに済んだのは、ネズミ取り犬が一歩引いて負けてあげたから。
 
分かってる? メイちん……
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.26

今そこら中にある危機

昨朝、すでに白く霞んでいる屋外に出ようと掃出し窓を開けて……

あまりのケミカル臭にびっくり!
 
臭いまで来てるとは!
 
 
そんな状態の屋外に出たくなかったけど、レッスンの準備や夫の母の病院に行かなきゃならない用事があって……
 
半日外出して、帰ると、早速、咳がゴホゴホ。
 
 
今日もまだまっちろなこの辺り、目や鼻が痒く、喉が痛い。
 
北京はこんなもんじゃないらしいから、北京の人たち……
 
すでに、超人類になってる?
 
 
という状態のところに――――
 
 
昨朝のX4.9の太陽フレア!
 
 
その影響は今日の16時くらいから始まり、今夜23時にはピークになるらしい。
 
大陸からはPM2.5、空からは太陽フレアX4.9…… 
 
そして、テレビでは池上さんが「巨大地震」のお話……
 
――――まさに、今や日本は「風前の灯」、「四面楚歌」……? 
 
 
 
「今、そこにある危機」どころか、「今、そこら中にある危機」!
 
デンジャラスな時代に生きているというか……
 
デンジャラスを予測できる時代に生きているというか……
 
 
私らあれこれ、知り過ぎて、生きづらくなっている?
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.25

税金ではダメ!

昨夜、区役所で頂いた夫の父親の戸籍謄本を見ていて……

 
父方のおばあちゃんの名前が「きん」さんで……
 
母方のおばあちゃんの名前が「ぎん」さん!
 
ということに気づき、大笑い。
 
笑いすぎてひきつけ起こしそうだった。( ̄▽ ̄)
 
 
その話を今日、夫の母親に話したら、
 
「名前の割にはどちらもビンボーだった(笑)」
 
ですって。(^Д^)
 
 
でもまあ、そういう時代だったんだよね。 
 
一部の特権階級を除き、皆、ビンボーだった昭和の初期……
 
 
だけど、生きる喜びや楽しみがないわけではなかったのが、日本の幸いなところだった。
 
同じ「貧困」と言っても、北朝鮮などとはそこが違っている。
 
ただ、怖いことに、最近の「ビンボー」は北朝鮮のような夢も希望も楽しむこともできない「貧困」に近づいている。
 
一億総中流だったころの生活を維持できる人とそこから落ちていく人の差は、ほんの紙一重……
 
気づいた時にはどうすることもできない状態になっている場合が。
 
 
昨日の「TVタックル」で生活保護を狙った貧困ビジネスの話が有って……
 
貧困ビジネスはとんでもない悪徳ビジネスな場合も多いけど……
 
路上生活者に生活保護を受けられるように住むところと食料を与えるというのは、正しいことではある。
 
本来なら行政がやるべきところを放っているから、そこに危ない方々が入り込んでいる。
 
それに、生活保護の額がそういう方々にとって「うまみのある額」になっているということでもある。
 
これが国民年金並みの金額なら、狙ってもうまみがないものね。
 
そこの辺りをちゃんと整理しなければ、路上生活までするほど落ち込んだ方々を救うことはできない。
 
そして、そういう人が増えれば、国は崩壊する。
 
 
国が崩壊と言えば……
 
ウクライナ。
 
ヤヌコビッチ大統領官邸の映像を見れば、国がデフォルトの瀬戸際というのに、大統領があんなに贅沢をしているその矛盾が一目瞭然。
 
国民が立ち上がったのもムべなるかな。
 
官邸になだれ込んだ人民が見た光景は……
 
インドネシアのスカルノ大統領、ルーマニアのチャウシェスク大統領、イラクのフセイン大統領が倒されたときに、その官邸になだれ込んだ人民が見たものと同じ。
 
驕りと欺瞞と他人の痛みへの無関心の塊がごろごろ。
 
 
実業家が自分の稼ぎで贅を尽くした邸宅を建て財宝を集めても、文句は言わないけど……
 
税金でそれをやっちゃ、だめでしょ! 
 
そこのところはきっちり分けなきゃ。
 
 
今の日本の官邸はあんなに豪華絢爛ではないし、御所だって国の象徴たる天皇陛下のお住まいにしてはかなり質素……
 
まだ、大丈夫……?
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.24

ワガママなやつら

去年の11月の作品展で使ったツルウメモドキ……
 
あまりに大量だったので引き取り手もなく、捨てるのも可哀そうだったので、葉を落とした庭の百日紅に引っ掛けた。
 
枯れ木が赤い実で賑わって、なかなか良かったのだけど……
 
さすがに二月も半ばともなれば、雨風で実の色も褪め、かなりみすぼらしくなった。
 
 
――――そろそろ新芽の季節だから撤去しなきゃな……
 
と、眺めていたら……
 
メジロが二羽、チュチュッと鳴きながら飛んできて、首を左右に傾げて、私を見た!
 
 
――――そ、それは、実を捨てないでほしいということですか?
 
あなたたち、この実を食べてるの……???
 
 
よくよく見ると、実がちぎられたようになっていた。
 
その後、注意して見ていると、メジロだけでなくヒヨドリも食べに来ているようで、私が帰ってくるとバタバタと飛んで逃げていく。
 
そして、赤い実は着実に減って、ますます、みすぼらしくなっているのだけど……
 
 
――――鳥たちも、この前のような大雪になると食料確保が大変なのかも。
 
少しの実でもお役にたっているのなら、まあ、いいか……
 
 
最近、鳥たち、調子に乗っている。
 
この前の朝、リンゴを食べていたら、ヒヨドリが庭でキェーキェーうるさかった。
 
見ると、キウイの枝にとまって、部屋の中を覗き込んでいる!
 
しかたなく、残った一切れをデッキに置いたら……
 
1p2230026
 
早速、食いついた。
 
そして……
 
1p2230012   
 
お気に入りのご様子。
 
――――ねえ、そろそろ、ツルウメモドキ、捨ててもいいでしょうかね?
 
 
 
さて、さっきテレビにペット好き芸能人が出ていて、スウェーデンの愛犬事情が話題に……
 
なんとスウェーデンでは犬を一頭だけで5時間以上放置すると、「虐待」とみなされるんですって!
 
1p2240118
 
え?
 
そ、そりゃ、今日は名古屋へ用足しに行って留守にしたけど……
 
1p2240122
 
ア、アウトって……w(゚o゚)w
 
あれはと~ちゃんのお父さんの施設に行って、実家に寄って、区役所に行って、す、すっごく大変だったんだから!
 
ヨレヨレで帰ってきたでしょ?
 
1p2240120
 
 
それに、あなたたち、ふたりじゃないの!
 
そんな風に、くたくた寝ていたら、5時間、6時間、あっという間でしょ!
 
 
ネグレクトなんて、言われたくないでしゅ~! (;д;)
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.23

心無い

今日は、電車の衝突や自動車での暴走など、事故の話題が多かった。

 
―――なんか、皆さん、気もそぞろ……
 
まさか、オリンピックを見ての寝不足とか?
 
 
さて、羽生君の金メダルで一気に盛り上がったオリンピックも、もう、終わる。
メダル数のトップはロシアの33個、前回は15個だったのに、倍以上……
 
さすが開催国効果でございマス。
 
 
日本は金メダル1、銀メダル4、銅メダル3―――合計8個。
 
前回は金メダルなし、銀3、銅2の5個だから、なかなかの好成績じゃない?
 
おかげさまで、思っていた以上に楽しまさせていただきました。
 
ありがとう、アスリートのみなさん。
 
 
森元総理が何やらろくでもない発言をしたようだけど……
 
あの方、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長なのね。
 
そういう方の発言にしては、「心無い」よね。
 
トップがそういう人なら、よほど実務のトップに素晴らしい人を配置しなければ、「心無さ」が組織の至る所に浸透していくだろうから……
 
東京オリンピックが心配。
 
どうかアスリートの立場を思いやれる人が実務のトップになっていますように。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.22

ももんが?

2月22日……ニャンニャンニャンの日。

 
日が長くなって、6時過ぎまでなんとなく明るい。
 
日中、外は風が強くて寒いけど、家の中はぽかぽか。
 
1p2210010
 
チビたちは日差しが入る場所で日向ぼっこ。
 
 
恨めしそうに見ても、今日は散歩に行かないよん!
 
か~ちゃんは、風邪っぴきなんだから。
 
 
それにしても、こまっち……
 
見事なモモンガ体型……
 
1p2210018
 
 
ま、いいじゃないの、幸せならば。(笑)
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.21

金メダル以上のもの

どんなにそれを願い、努力を続けても、実らない夢もある。

実らないのには、理由がある。 
 
それに気づくまでは、「なぜ? どうして?」と悩み、達成できなかった自分を責めるけど……
 
ある日、気が付く。
 
「もしかして、あれでよかったのか……」と。
 
 
そして……
 
夢が実っていたら、それはそれで幸せだったろうけど……
 
実らなかったことで得たものも、十分に、幸せで尊かったと知る。
 
 
今回、真央ちゃんのオリンピック王者の夢は実らなかった。
 
それが確定したも同然のショートプログラムのミス……
 
一夜明けて、どうなることかと固唾を飲んで見守った人々は、彼女のフリーの演技に魅了され涙した。
 
それは努力して血の汗を流してきたものしか辿り着けない境地だった。
 
 
今、多くの日本の若者たちは、努力しても報われない日々を送っている。
 
なりたい自分になれずにもがいている。
 
だけど、必死の努力は、失敗をしたときに立ち直る杖になり、他人の心に響く鐘になるのだと、彼女がその身をもって教えてくれた。
 
今日がうまくいかなくても、明日は精一杯の自分で生きること……
 
そうすれば未来は開けるのだと、教えてくれた。
 
――――ありがとう、真央ちゃん!
 
 
 
羽生結弦くんの強運……
 
浅田真央さんの不運……
 
結果は違っても、どちらも同じように、日本人の強さと美しさを世界に知らしめた。 
 
二人とも、金メダル以上のものを日本に与えてくれた。
 
素晴らしい若者が育っている日本の未来は明るい。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.20

ショックのあまり

芽生が熟睡中デス。

1_3

ぬくぬくで幸せそう……

 

ぬくぬくと言えば、この前の「なばなの里」のベコニアガーデン……

1_3_2

こんなカワイイ花だけではなく……

1_4

なぜか、ジャングル風なところも。

 

外は雪だったけど、ぬくぬくぽかぽか。

温かいって幸せだね。

 

 

 

今日はMAOショックなあまり、現実逃避ちう。

 

 

真央ちゃん、日本国民はあなたがどんなに頑張ったか、ちゃんと知っているからね。

大丈夫、あなたのこと、変わらず応援しているよ。

その思いが温かい風となってソチの彼女に届きますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.19

そういえば

竹内選手、スノーボードパラレル大回転、銀メダル!

おめでとうございます!
 
 
こういう競技があってこういう有望な選手がいること、全く知らなかった。
スミマセン……
 
もうちょっとで、金メダルだったのにってのは、野暮ってもんですね……
 
女子初めてのメダル、ありがとうございます!
 
 
 
この中継はお通夜から帰って観た。
 
毎日、その家の前を通って大通りに出るというのに、彼女が病気だと知らなかった。
 
ポストに入っていた逝去のお知らせにも気づかず、お隣さんに聞いて、びっくり……
 
そういえば、昨日の朝、葬儀会館の車が家の前に停まっていたっけ。
 
 
お通夜の席で1年も前から闘病生活だったと聞き、そういえば、少し前に、介護ベッドを運び込んでいたっけ。
 
そういえば、そういえば、思い当たる節はいっぱいある……
 
でも、まさか、あの元気そうな方が「がん」とは思わなかった。
 
 
未婚のお嬢さん二人を残しての早すぎる死……
 
会場に入りきれないほどの弔問客の前で、遺されたお嬢さんたちが亡き母に捧げたピアノ演奏が、あまりに素敵だったから、余計に悲しみが深くなった。
 
どうか、魂の安らかであらんことを。
 
 
 
人の命は順番じゃないけど……
 
夫の父親なんか頭が真っ白と言われるほど脳梗塞を起こしていても元気なのに、若くて元気そうに見えても、あっという間に逝ってしまう人もいる。
 
お坊さんが「明日は我が身」と仰ったけど……
 
我が身になったときに悔いのない生き方をしなければ。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.18

無事でありますように

大雪の後遺症はいまだ残っていて……

3日も車とか電車で缶詰にされたとか、なかなか凄い話ばかり。

で、ちょっと、気になってネットで調べたら……

一昨年の夏、犬連れでお世話になった西湖畔の宿が雪に埋もれていた。

あそこは裏山が急斜面だし、前はすぐに湖だし……

どうか、皆さん、ご無事でありますように。

 

無事と言えば・……

バリ島でダイビング中に行方不明になっていた7名の日本人女性のうち、5名が30キロも離れた島で無事見つかった。

残りのお二人は発見されたとか、ウエットスーツの女性のご遺体が見つかったとか、情報が錯そうしている。

全員ご無事で、一日も早く、帰国できますように。

 

インドネシア……

ジャワ島東部にあるケルート火山 スマトラ島のシナブン山……

あちこちで火山が噴火している。

しかもまだ、噴火予備軍が20近くあるのだとか。

そんな状態なのだから、海流にも影響が出ているのかも。

 

海も山も里ですらも、油断大敵な時代になってしまったのね……

 

まずはスコップ、買わなきゃな。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.17

当たり前ではなく

朝、花の仕入れを終えた後、名古屋へ。

姪と待ち合わせて……

 1_2

 

カフェでアボカドまぐろ丼!

私、まぐろはほとんど選ばないのだけど、ここのアボカドまぐろ丼は格別。

ボリュームたっぷりなので、大満腹。

眠くなったけど、ここは用事を済ませなきゃ…… 

今日の用事は例によって実家や区役所巡り。

でも、まだ、不備なことがあって……

また、近い内に行かなきゃ。(;д;)

 

帰り、熱田の神宮会館でお茶。

1_3

窓の向こうには紅白の梅と、四季桜が……

 

姪と熱田で別れ、夕方、家に帰ってテレビを見ると、雪に埋もれた車や家……

普段なら数時間で行ける場所で、大変な思いをされている方々がいる。

愛知県でも山間部では雪のために停電している集落がある。

当たり前のように、高速で車を走らせ、食事やお茶を頂き、梅や桜を楽しんだけど……

あれは今の日本では奇跡に近いことだったのね。

 

奇跡の一日をありがとうございます。 

 

 

ps:

1p2170774

今夜の月はこの前の大雪の前のハロのときよりもずっと明るい……

これ以上、雪が降りませんように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.16

レジェンド

葛西選手、おめでとうございます!

 
シルバーはリレハンメルの団体に続き、二回目。
 
僅差でゴールドを取れず、本人はかなり悔しかったみたいだけど、41歳のメダリストになれた。
 
―――まさにレジェンド!
 
19歳での初参加以来22年、今回は7回目のオリンピック、ジャンプとオリンピックに捧げた人生……
 
まだまだゴールドを取る気満々みたいだから、これからも記録を塗り変えて行かれることでしょう。
 
 
 
さて、今日、出かけようとして、玄関で何となく違和感を覚え……
 
振り返ると、そこに有ったのはモミジ……
 
 
なんと、新芽が開いていた!
 
 
1p2160791
 
―――いや、あなた……
 
先週、ようやく枯れた葉を取ってあげたばかりでしょ?
 
なのに、もう、葉を付けているんですか?
 
この辺りは消えちゃったけど、関東では、豪雪でエライことになってますよ。
 
自衛隊まで出て雪に閉じ込められた方々を救出しているんですよ。
 
まだまだ、これからも寒波が予測されていて、この辺りだってどうなるかわからないというのに……
 
そんなお気楽で大丈夫すか? 
 
1p2160788  
我が家の庭に自生しているのを見つけ、コーヒーカップに入れて6年ほど……
 
苔が乗せてあるだけでほとんど栄養もないはずなのに、たまにお水を上げるだけで、ずっと、元気な不思議なモミジなんだけど……
 
ここまでミラクルなやつとは!
 
 
ミラクルと言えば、夫も……
 
3泊4日で今日退院!
 
 
私も3泊4日で退院だったけど、あれは乳がんで、いわばおできを取ったようなもの。
 
夫の場合は虫垂=消化器を取ったのだから、もう少し、時間がかかるかと思ったのに……
 
 
で、「夕ご飯、何にする?」と訊いたら、「とんかつ!」ですって。
 
――――小中学生か!?
 
ヒレカツ、揚げさせていただきました。
 
 
ま、良いんでないすかね。
 
我が家のレジェンドが増えたということで。 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.15

やったね!

羽生結弦選手、金メダルおめでとうございます!

この気持ちは、表彰台のフラワーセレモニーでホッペに触ったおばちゃんと同じ……?

魅了されてマス。(*^-^)

 

フィギュアって、これまでスポーツという気がしていなかったけど……

まさにあれは真剣勝負をするハードなスポーツ!

そう、今回の羽生選手の話を聞いて思った。

彼の話にはまるで真剣勝負したあとの剣聖のような清々しさと潔さが……

(ま、スケートって剣に乗って滑っているようなものだし、あながち、剣聖と言っても間違いじゃないかも)

 

羽生選手は、日本と東北の被災地を背負って、世界と競った若武者。

その思いが自然と日の丸を背負ってのウィニングランに現れたのね……

ありがとうございます。

 

日本は今、スポーツ界に新日本人が現れている。

それは多くの先人たちが血のにじむような努力をして、世界への扉を開いてくれたから。

だけど、政治や経済の世界にはまだそういう人が出てこない。

そこに羽生選手のようなサムライが出てきたら、きっと、日本は素晴らしい方向に進むのに違いない。

 

祖国、自分が生まれ育った国を愛することを恥ずかしいことのようにマスコミは報道するけど……

自分を愛せない人間が他人を愛することができないように、自分の国を愛せずに他国を愛せるわけはない。

日本人はもっと日本を愛し、日本を良くするために努力すべき。

 

デラシネになりかけていた日本人を、自然災害が引き戻してくれた。

東日本大震災は失望と瓦礫だけを残したように見えて、羽生選手のような素晴らしい希望を残してくれた。

これから、あの被災地から彼に続く、国を愛する子供たちが現れ、それぞれの力をそれぞれの分野で発揮し、日本をけん引して行ってくれそう。

大人はその芽を摘まないようにしなきゃね。

 

 

 

 

それにしても、羽生選手やバレエの二山さんは体型からして違うよね……

ああいう体型は農耕民族の体型ではなく、貴族の体型。

日本では長らく公家さんがそういう体型だったはず。

くしくも今回の表彰台をアジア系が占めたけど、あれは世界の経済が欧米(コケイジャン)からアジア(モンゴロイド)に移っていることにも関係しそう。

 

世界がつながった結果、スポーツは資金力により左右されるようになっている。

貧者のスポーツのはずのサッカーやマラソンでさえ、例外ではない。

ウエアや靴が勝敗に関与するようになっているから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.14

あれこれなバレンタインデー

羽生君はすごいですねぇ。
 
あのしなやかな柳のような身体と年に似合わない表現力!
 
このところ、バレエやフィギュアと言った、以前なら絶対体型負けする種目でトップに立つ若者が出ている。
 
日本の男の子も変わったなぁ……
 
 
さて、真夜中から降り始めた雪は朝になってもやまず、結構な積雪になった。
 
1p2140769 
そんな今日は2月14日……
 
言わずと知れたバレンタインデー!
 
 
この日のために、万全な体制を取った女の子もいるでしょうに、チョコレートも凍る日になっちゃったね……
 
つか、交通機関がマヒしているから、本命に会えず渡せないという危機も……
 
がんばれ、女の子!
 
 
そして、今日は……
 
メイちんの3歳の誕生日!
 
 
メイちん、この雪は天からのプレゼントかもよ!
 
1p2140773   
ま、そう言わずに。(*^-^)
 
 
メイちんの誕生日を寿いだ後は、雪国生まれの義兄に送っていただき、病院へ。
 
 
1_29 
 
夫の手術終了。
 
 
腹腔鏡手術で済んだのだけど……
 
あの病院、昨夏、親戚の子が腹腔鏡手術した後、悪化!
 
開腹手術をし直したところ……
 
 
油断大敵!
 
しばらくは安静にしてもらわなきゃ。
 
 
 
 
最近、世界中で揺れていて、日本も揺れているけど……
 
なんとなく、淡路島辺りが揺れそうな予感。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.13

ピアソラを聴きながら

キャンドルを灯し、ピアソラを聴く……

1p2130760

バンドネオンの音にキャンドルの光が揺らぐ……

いつもの居間が、異世界になる。

 

今日は夫が入院。

明日には手術の予定。

暮れに罹った虫垂炎……炎症が治まった時期に手術をしたほうが良いと言われ、今まで手術を延ばしていた。

せっせと病院に貢いでいる割に、夫、手術は初めて。

今頃はベッドでオリンピックを見ているかな?

それとも、心細くて泣いているかしらん。(笑)

 

山の上の病院から帰る途中、見上げた空は鈍色。

今にも雪が降ってもおかしくないような雲で覆われていた。

週末はまた雪という予報もある。

 

と、ここまで書いたところで夫から電話……

明日には雪が20cmも積もるという予報が出ているらしい。

立ち会いに「来るな」とか言ってるけど……

私が行かなきゃ、手術、始まりませんがな。

 

まったく、私ら、大当たりだね……  


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢山杉

朝、突然、くしゃみ連発、鼻水ダーダー。

昨夜湯冷めしたのかしらん?

一日、苦しんだ。

 

さて、朝のレッスンの後はうな丼ランチ。

最近、介護が始まった友人たちと義理親の話題で盛り上がった。

自宅で今まで通り暮らすことができると言う要介護5の親……

―――どこも同じだわ……

 

我が家の要介護5は毎日のように老健で立ち上がろうとしてひっくり返り、その知らせが来る。

その度、ご迷惑をおかけしてスミマセンと謝るしかない。

けれど、目下の悩みはそれじゃない。

目下の悩みは、要支援1の母親が印鑑を紛失したこと。

何もかも同じ印鑑を使っていて、いわば資産の鍵なのに……

それを失くしてくれるんだもの。

 

いくら老後に備えて貯め込んだところで、それが使えないなら、無いのと同じデスよ!

(しかもまだ、老後に備えようとしている……)

 

印鑑紛失の場合の改印に郵便局で必要なものは、本人と通帳と新しい印鑑と写真付きの身分証明書……

運転しない夫の母の写真付きの身分証明書と言えば、20年以上前のパスポートしかない。

そこで、母の病院近くの郵便局でなきゃ二度手間になるので、ナビを頼りに訊きに行ったところ……

本部に問い合わせて下さり、そのパスポートの住所と保険証の住所が一致していればオッケーとのお返事。

―――ホッ。

本人もほっとしたんじゃないかしら。

 

 

その後、姉夫婦とお茶。

そこで話題になったのは、難病の子供のために医師とともに会社を立ち上げ、治療薬を開発した父親が、その治療薬の特許を製薬会社に売ったという話題。

そりゃ、懸命な判断だわ。

どんなに良い薬でも、小さなベンチャー製薬会社が厚生省の承認を受け販売するに至るには、課題が多すぎる。

だけど、既成の大会社ならあっという間に承認を受け、大量生産できる。

特許を売ったことで会社を解散するための資金もでき、薬も早くできて子供も助かったのなら、万々歳。

 

大抵の発明家の失敗は、凄い発明をしたことで有頂天になり、それを手放せないところにある。

それを自分で販売し儲けようと思うから、時間がかかり、資金が尽きて二束三文で手放すことになったり、せっかくの発明が日の目を見ないことになる。

ビル・ゲイツやザッカ―バーグがやれたんだから、やれる!

と思うのだろうけど……

彼らが成功したように全くの新分野でならともかく、薬なんてガチな規制品を作るのは大変。

なんて話をした。

 

夜のレッスンまでの間に、夫の入院準備。

レッスン後にはコマメのご飯を買い忘れていたのを買いに外出……

ふう。

私にしては盛り沢山杉!

 

そういや、この鼻グズグズは沢山の杉のせい?!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.11

2014年の建国記念の日

「建国記念の日」の今日は……

家でまったり。

 
「建国記念の日」はかつての「紀元節」=神武天皇の即位された日。
 
2014年、平成26年は皇紀2674年となる。
 
世界はとりあえずグレゴリオ暦を共通暦としているけど、当然、独自の暦もあるわけで……
 
今でも使われているのもあるらしい。
 
 
タイ・ミャンマーなど東南アジアの国々ではお釈迦様のが入滅された日もしくは翌日を紀元とする「仏滅紀元」が今でも使われている。
 
今年は……2557年?
 
 
イランを中心に中東の国々で使われているのは、「ヒジュラ暦
 
今年はヒジュラ1434年になるらしい。 
 
 
韓国と北朝鮮は同じ民族だけど、暦はかなり異なる。
 
韓国は「檀君紀元」で、今年は4347年!
 
2012年で終わってしまったマヤの暦は紀元前3114年から始まっていたから、マヤ暦より、ちょっこし、短いね。
 
 
北朝鮮は「主体暦
 
これは金日成主席が生まれた1912年が紀元で、今年は主体暦103年になる。
 
 
ところで、中国が大人しくグレゴリオ暦を使っているのが不思議……
 
4000年の歴史を誇っているからには、キリストの誕生日なんかを紀元としていられないような気もするけど。
 
 
とはいえ……
 
日本のように暦の紀元となった家系が永く続いている国は見当たらない。
 
 
それには、天皇が統治者ではあっても政治家ではなく、神様の末裔として「存在」していたことが大きい。
 
武力で統治していない天皇を、日本の民は信じ、崇め奉ってきた。
 
それが、この先どれだけ続くかは国民の問題……
 
 
天皇が在る限り、日本は存続できる。
 
天皇を失えば、世界の国々のように、武力に翻弄される。
 
そのことを忘れてはいけないと思う紀元節の夜……
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.10

都知事選とオリンピック

大雪後の都知事選は211万票を得た舛添さんの圧勝。

 
宇都宮さんと細川さんはそれぞれ90万票台で脱原発票を分け合った。
 
ま、足しても、舛添さんの得票には届かないから……
 
脱原発は民意ではなかったということかしら? 
 
 
田母神さんは61万票と健闘。
 
20代の得票率では宇都宮さん、細川さんを上回った。
 
この得票は今後の田母神さんの行動を後押しするものになるでしょうね。
 
 
まあね、首都の首長なんだから国を愛する人が一番なんだけど、舛添さんはどうかなぁ……
 
今後の行動はしっかりと見張らせていただきマス。
 
 
都知事選に先駆けて、ソチ五輪が始まった。
 
メダルはまだ取れていない。
 
選手はそれぞれの人生をかけて全力を尽くしておられることだろうけど……
 
勝負は時の運。
 
順位をうんぬんしても仕方ない。
 
 
メダルだけがオリンピックの意義ではない。
 
ソチで学んだ何かを代表選手たちが日本に持ち帰って、後輩や周囲に伝えるだけでも、十分に参加した意義はある。
 
なので、あまり落ち込まずに帰ってきてほしい。
 
ただ……
 
あまり、ニコニコして平気な顔をしていると気に障る人もいるに違いないから、ちょっとがっかりした表情をしていると良いかも。
 
それは人生のテクニック……
 
「楽しめて良かった」と本人に言われたら、「楽しめて良かったね」と他人が慰めることができなくなるじゃない?
 
慰めの言葉を自分から発しない生き方をしていると、ぶち当たってくるものが少なくて楽というもので。
 
 
さて、今日も夫の親たちのことであれこれ。
 
あれこれ有っても、悩まずにその時できることを淡々としていけば良い。
 
と、思えるのは、私の両親の時の経験から。
 
あのときに比べれば、夫の両親のあれこれなんて、「屁」でもないざんす。( ̄ー ̄)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.09

ミラクルな日帰り旅行

昨日は恒例のある会のOB仲間のバスツアー。

大雪と予報されていたけど、まあ、この辺のバスの運転手さんなら雪道も平気かと……
 
みぞれが降る中、集合場所に。
 
なかなか好企画のツアーだったので、満員御礼かと思いきや……
 
参加予定者わずか20名!
 
しかもこの雪で2名キャンセル……
 
18名でトイレ付の大型バスを使わせていただくという贅沢さ!
 
 
まず、向かったのは伊勢志摩。
 
伊勢湾岸道は11キロの渋滞という情報があったらしく、運転手さん、東名~名古屋環状線~東名阪~伊勢道というコースを選んだ。
 
このコースはほとんど車が走っておらず、途中の伊勢関でトイレ休憩しただけで、あっという間に伊勢到着。
 
伊勢はかなりの降雪だったのに、志摩市に入った途端、雪景色は消え、沿道には満開の梅という嘘のような光景が。
 
 
ランチ・ブッフェを摂った「アクアヴィラ伊勢志摩」からの眺めにも……
 
1_1
 
雨は降っているものの雪はなかった。
 
 
――――でもねぇ……
 
気心の知れた仲間とブッフェに行くほど危険なことは無い。
 
しかもその料理が、期待以上においしいと、もう、大惨事!
 
遠慮なく好きなだけ食べてしまい、おなかがはち切れそうな状態に。
 
と、私たちは大満足だったけど、たった18名のために100名は入りそうなレストランで30品目のランチブッフェを用意したホテルは大迷惑だったかも。(≧∇≦)
 
 
ランチ後に向かったのは、伊勢の内宮。
 
自分たちのツアーが全く渋滞にはまらず、なおかつ少人数だったので、油断していたら……
 
内宮、物凄いバスの数と物凄い人出!
 
なんとか、正宮と荒祭宮にお参りできて、ホッ。
 
1_24_2
 
宇治川から見る五十鈴川も寒そう……
 
 
お参り後、おはらい町を散策しおかげ横丁が見えたところでタイムアップ!
 
あわてて土産物を買い、バスに戻った。
 
 
実は今回のツアー、伊勢で終わらず、「なばなの里のイルミネーション」もコースに入っていて……
 
あれだけのバスと人出だから、帰りは混むだろうと覚悟していたのに……
 
まったく渋滞もなく、定時に「なばなの里」に!
 
ミラクルだわ…… 
 
 
で、「なばなの里」……
 
1_27
 
すっかり雪景色だったけど、ベコニアガーデンは……
 
1_28
 
常夏。
 
 
ベコニアガーデンで暗くなるのを待って、いよいよ、「富士山」見物に。
 
1_26 
寒かったけど、これでもかのイルミネーションに感動!
 
 
ここでも大混みだったけど……
 
帰りの伊勢湾岸道は順調に流れていて、予定時刻よりも早く到着。
 
――――私ら、どれだけ、ラッキー!?
 
と皆で喜んだミラクルな日帰り旅行だった。
 
 
でも、今日、ニュースを見ると、世の中、大変なことに……
 
お気楽極楽でスミマセン。( ̄▽ ̄)
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.08

どこ?

予報通りに……

 Photo_2

薄墨色の朝を迎えた今日は……

1_2_5

こんなところを通り……

1_2_4

こんなところへ。

ふふ。

わかるかなぁ?

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.07

チョコは誰のもの?

この前買ったチョコは……

1p2070575

 

可愛いバレンタインアレンジの中に入れたのだけど……

「チョコは私のもの~♪」

と、皆さん、楽しみにしていた。(笑)

確かに、本命にはもっとがっつりチョコをあげなきゃね。

抹茶チョコ、美味しいチョコでありますように。

 

週末は日本列島全てが寒波に包まれ、東海地方でも30cm(!)も積もるんですって。

広島はすでに凄いことになっている。

雪って日本海側から来る気がしていたのに、九州から降り始めているなんて、不思議。

 

さっき外を見たら、もう、雨が降り出していた。

オリンピックが始まるころには雪に変わるのかしら……

 

明日は出かける予定があるのに、果たして、行けるのか、私……????

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.06

偽物はない

今朝、名古屋はこの冬一番の冷え込みだった。

寒いけれど、去年ほどでもないような気がするのは、雪が降らないせい?

 

今日は朝のうちに出かけなきゃいけない用事を済ませ、昼からは家でまったり。

テレビをつけると、全聾の作曲家の騒動が……

別人に作曲してもらった楽曲を自分のものとして発表していたんですって。

もともと被爆二世というふれこみだったところに、突然の全聾(突発性難聴?)……

全く耳が聞こえないのに、シンフォニーまで作曲する絶対音感を持つ天才と持て囃されていたらしい。

 

今のところ、音大の非常勤講師をしているゴースト作曲家が名乗り出て、作曲は自分がやったと告白した上に……

全聾作曲家はピアノが弾けない、楽譜をかけない、全聾にも疑問と思いっきりぶちまけている。

あらま。

 

突発性難聴って、発症したその日のうちにお医者さんに行けば治療できるらしいから、発症はしたものの治った、とか?

ゴースト作曲家が作曲し全聾作曲家の作曲したものと発表していた曲が、ソチでフィギュアの高橋大輔さんが使用することになっているらしいから、しばらくは騒動が続きそう。

 

まあね。

音楽家が「品行方正で正直者でなきゃいけない」ことはない。

反って、世間の枠に収まるようじゃ芸術家としては大成できないかも。

ショパンやモーツアルトはかなり不品行でやな奴だったというし、リストはどうしようもない女ったらし、ベートーベンはどうしようもない偏屈頑固……

高名な作曲家たちも結構、その生きている時代には問題児扱いされていた。

 

だけど、素晴らしい音楽はその生みの親が誰であろうと、時代を越えて生き続ける。

 

啓示は世界に満ちている。

自然科学に関して、同じような研究が同時期に離れた地で始まるのはそういうことなのだろう。

音楽も同じく、世界に満ちている。

それを聴き取り、音符にし、楽譜を作り上げることができる人が作曲家……

誰が作曲しようと、曲には本物も偽物もない。

 

ということで、彼ら(?)の作った音楽は、もしかしたら、後世に残り、その作曲家については面白おかしく語り継がれるかもしれない。

私はあまり彼ら(!)の曲には関心が無かったので、何とも言えないけど……

彼ら(!)の楽曲を愛した人々は、これからも曲を愛し続けていかれるのがよろしいかと。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.05

ご当地名物は

冷え込んだ今日は、名古屋へ。

姪に付き合ってもらい、仕入れを済ませ、夫の実家と区役所に寄り、名駅へ。

 

高島屋のバレンタイン・フェアが目当てだったんだよ~ん♪

1_1

だけど、あまりの人混みに、何も考えられなくなり、適当に買っちゃったざんす。

 

ま、チョコの前にこんなのをおなかいっぱい食べたのも、何も考えられない原因だったんだけど……

1_3

 

 

串カツをぐつぐつのお味噌に浸して食べる…… 

1

海老どて」ですって。

 

姪が県外の友人をお連れしたら、「これが名古屋飯か!」と感動していたそうで。

確かに、海老ふりゃーに八丁味噌……

外れてはいないけど、愛知県に住んで長いけど、初めて見たわぁ。

案外、ご当地名物ってそんなものかも。

 

そういえば、岡崎は「まぜめん」を名物にしようとしているけど、「オカザえもん」の方が先にメジャーになったみたい。 

東急ハンズでもぬいぐるみを売っていてびっくり。

きっと、どこかにオカザえもんチョコもあるに違いない。(*^-^)

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.04

大を高に

節分を過ぎて、今日は立春……

でも、関東は大雪みたい。

お昼は暖かかったこの辺りも、かなり冷え込んできた。

 

さて、昨日、強制執行で幕を閉じた大須演芸場……

昨夜、「買ってください」というツィートに、

「強制執行を見に来たお客さまで大盛況ですが時代の流れです。

僕は安楽死派。

南無阿弥陀仏」

と答えていた高須克弥高須クリニック院長……

 

ところが、今朝の時点で、

「大須演芸場は看板の大の字→高に変えるだけで営業可能だ!」というツィートに

「そりゃ面白い!家主がいいと言えば僕はすぐにやるぜ」

と返事していて……

 

夕方には、

「志の高い席亭さんの奮闘努力の甲斐もなく力つきた名古屋大須演芸場。

全ての病根が明らかになったぜ。

いまからカンフル注射して生き返らせるぜなう」

という院長のツィートが!

 

で、その一時間後には、

「とりあえず滞納した一千万円と一年分の家賃240万円払うからロックアウト解いて下さるようお願いいたします」と大家さんの弁護士さんに申し出たぞなう 」

と書きつつも、

「大須演芸場の大家さんと直接話し合いたいが困難だぜ」とも。

 

高須院長自身は、すでに、席亭さんに出会っていて、一緒に写真撮っている!

―――行動、早っ!

 

大金を持つと、要塞のような豪邸に住み、セレブ人脈としか付き合わず、一般ピープルと出会うこともなくなるようなイメージだけど……

高須院長は電車で移動し、コメダでお茶し、最近は困っている方々に次々と援助を申し出ている。

女子ホッケーや安藤美姫さん、打ち切りを噂されているテレビドラマのスポンサーまで……

 

高須院長の場合、自分でせっせと稼いだお金をばらまいているから、誰に迷惑をかけることもない。

だけど、自分ではばらまけない人には目の上のたんこぶ、というか、偽善者のように見えるのだろう。 

そして、世の中にはばらまけない人の方が多い。

なので、誤解されたり、断られたり、難航したり。

 

今度はうまく行きますように。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.03

小保方さんと「ダークレディ」

STAP細胞を発見した小保方さんが頼りにした共同研究者の山梨大生命環境学部の若山照彦教授(46)のインタビューを見た。

――今や全国のヒロインとなった小保方さんに続く若手研究者は今後出ると思うか。

という問いに、

「彼女は次元が違い、難しいかもしれない。

小保方さんのように世紀の大発見をするには誰もがあり得ないと思うことにチャレンジすることが必要だ。

でもそれは、若い研究者が長期間、成果を出せなくなる可能性があり、その後の研究者人生を考えればとても危険なこと。

トライするのは並大抵の人ではできない」

と答えている。

 

そこで思い出したのは福岡伸一青山学院大教授の「生物と無生物のあいだ」のエピソード……

「ダークレディー」と揶揄されたロザリンド・フランクリンのこと。

 

彼女についてはAmazonのこちらの説明が最も完結だ。

1953年、James D. Watson とFrancis Crickは、DNAが2重らせん構造をとることを発見した。

2人が正解にたどり着くきっかけになったのは、DNAを撮影した1枚のX線写真だった。

本書は、このX線写真を撮影したRosalind Franklinの伝記だ。

Franklinは、1920年に英国のユダヤ人銀行家の娘として生まれた。

私立女子校からCambridge大学に入学し、物理化学を学んで優秀な成績を収める。

第2次大戦終結後はパリに留学。

半ば不本意ながら帰国した先で待っていたのが、DNAの研究だった。

しかし結局、らせん構造の発見者という名誉を、Franklinは得られなかった。

研究チーム内のトラブルでDNAの研究を離れたFranklinは、別の研究所に移籍する。

ここではウイルス構造をX線で解明する研究を主導し、優れた成果を出す。

だがFranklinに与えられた時間はあまりにも短かった。

Watsonのベストセラー「二重らせん」では「悪女」として描写されたこともあり、がんで37歳の若さで亡くなった彼女の業績が評価されるようになったのは、1980年代に入ってからのことだ。

ロザリンド・フランクリンは粘り強く実験とDNA撮影を繰り返し、その中の一枚の写真がワトソンとクリックがノーベル賞を取る発表の基となった。

彼女が若くしてがんで亡くなったのは、コンピューターも無い時代、手計算で散乱パターンを解析する数学的作業をこなし、レントゲンを撮り続けた結果……

そうやって、まさに身(命)を削って撮った写真の成果は、盗み見した別人のものとなったばかりか、その研究者の著書の中では「ダーク・レディ」とまで呼ばれた。

彼女が女性でなかったなら……と思う。

 

実は、今回の発表の時、帰宅したばかりで食事をしていた夫は、テレビを見て「嘘くさい」と言ったのだ。

これが初老の男性教授が発表したなら、夫は「そりゃすごい」と言ったにきまっている。

若く美しい女性がニコニコ顔で発表しているのを見て、彼の中の何かが反応したのだ。

うちの夫は決して男尊女卑な考えの人ではなく、私のすることも、かなり認めてくれているけど、そんな人でもなのだ!

 

ましてや、大学や研究室というのは見事なトライアングルになっている。

その権威社会で30歳という若さでチームリーダーに選ばれ、海の物とも山の物ともわからない研究をさせてもらえるって、凄い!

彼女だけでなく、その研究環境も素晴らしい。

理化学研究所の今のトップはノーベル化学賞を受賞した野依良治理事長……

「天才は天才を知る」ということかしら?

 

小保方さんは「ダークレディ」にならずに済んだ。

彼女が稀有な人なのは、その発想と行動だけでなく、権威社会の中で泳げる人間力、そして「運」があるということ。

発想が素晴らしい人はいくらでもいる。

行動ができる人もいくらでもいる。

人間関係を見極め必要な振る舞いができるなら権威社会で泳ぐのも何とかなる。

だけど、それらをまったく自然にできた上で、なおかつ、必要な時に必要な人と出会い、必要なものがなんとなく目の前に現れ、一直線に見える道を歩ける人というのはめったにいない。

彼女には多くの先行した女性研究者たちが恵まれなかった「運」もあるといえる。

 

ただ……

今度の発表で、彼女はすでに研究室を超えて認知されてしまったから、今後、平凡な人間の中の無邪気な思い込みが、そのまっすぐな道に飛び出してくるイバラになりかねない。

願わくは、これからも潰されることなく、人類に貢献する研究を続けることができますように……

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.02

ピアソラ

今朝、テレビをつけると「題名のない音楽会」をやっていた。

流れてきたのは「バンドネオン協奏曲」

……ピアソラだわ。

 

 

無性にピアソラの曲を聴きたくなり、youtubeで聴き、アマゾンにベストアルバムを注文。

 

ピアソラはタンゴを否定しながら、もっともタンゴらしい曲を作る作曲家と言われているけど……

彼の曲には華やかな中にひんやりとした悲しみが潜んでいる。

バンドネオンはその感情を発露するに最も適した楽器だね。

 

なぜか、バンドネオンの音を聴くと思い出すシャガールの絵があるのだけど……

あれはなんという題名だったかしら?

 

今日は厚着して出かけたら汗をかくほど暖かくて……

なんだかぼんやりと過ごしてしまった。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.01

認証不可?

今日はあるサービスの申し込みに出かけた。

それにはある認証が必要で、登録しようとしたところ……

何度初期認証させようとしても受け付けてもらえない!

受付の方は「こんなことは初めて」と青ざめ、平謝り。

―――いいの、いいの、いつものことだから。

 

私の場合、何か新しいことをするときには必ず問題が起こる。

機械物は100%近く、壊れる。

なので、怒るというよりも、相手がお気の毒……

 

「もし、お時間があればメンテナンス要員を呼びますから、待っていてくださいませんか」

「じゃ、あそこのイタリアンレストランでランチしてきます」

というやり取りがあり、初めてのお店に。

機械の不備が無くてもそこで食事をするつもりだったけど、なかなかに美味しくてお値打ちで、ラッキ~!

例によって、撮る前に食べちゃたので、写真は無いよ~ん。(*^-^)

 

食事中に直ったと連絡が入り、食後に再びトライ。

今度はうまく認証されて、手続き終了。

お土産まで頂いちゃいました。ヽ(´▽`)/

1p2010454

ありがたいことデス。(笑)

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »