« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.30

危ういのは

アイソンは不死身だった!

消滅したように見えたのに、現在は飛行を確認できているそうで……

良かったね、皆さん。

 

今日は少し暖かく、日中は窓を開けるくらいにポカポカ。

でも、夕方にはしっかりと冷え込んできた。

 

今朝からアメリカのブラックフライデーの映像が何度も流れている。

カートに山と商品を積み上げ、レジに並ぶアメリカ国民……

株式市場も連日の史上最高値更新……

―――どうしてそんなに景気が良いの?

景気が良くなる実体はどこにもないのに・・・・・・???

 

アメリカでは金融緩和策が続き、金融市場に何百兆円というゼロ金利のマネーがあふれている。

一見良さそうに見える企業の業績も、低金利と賃金カットや臨時雇用制による人件費削減によるもの。

危うい状態だわ……

 

そんな中、マンハッタンを見下ろすタワーマンションが完成し、90億円近いペントハウスが売れたとか、そのマンションの他の部屋の販売も好調だとか……

その購買層はアジア圏の富裕者らしい。

中国の富裕層や共産党の高官たちの資産もほとんどアメリカに渡っているという。

 

さて、そんな状態で中国とアメリカが敵対したとしたら……

敵国民の国内資産は凍結され、没収なんてことになりかねないよね?

 

案外、アメリカのほうはそうなることを望んでいるかも。

国債だって敵国になったら紙切れにしてもいいわけだし。

ここに来て日本寄りの発言をしているのはそういうことだったりして。

 

中国はアメリカに投資することによりアメリカの口を塞ぎ、富裕層はアメリカに資産を持ち出し、いずれは国を捨てるつもりなのかもしれないけど……

ここで読みを間違うと、本人は本土に入れても貰えずアメリカ滞在中の子女も国外退去なんてことにも。

そうなると、好き勝手し放題で汚染した国土、憤怒に満ちた民衆に囲まれて暮らしかなくなる。

こうなると一番危ういのは、日本でもアメリカでもなく、中国富裕層ということに。

 

飛び級をしても、いずれそれは人生のどこかでクリアしなければならない課題として現れる。

よりよく生きることを望むなら、今の自分の環境を愛し大事にし、その中で成長するしかないのにね……

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.29

冬が来た

さて、アイソン彗星……

昨日のNASA予測その(1)の通りに、消滅しちゃったみたい。

アイソン彗星を利用しようとしたビジネスプランも消滅もしくは軌道修正が必要になり、関係者の皆様は大変なことでございます……

 

そういえば、昨夕の空はかなり不穏だった。

1_5_2

あれはアイソンへのレクイエムだったのかしらん……

 

で、昨夜はどんどん冷え込んで、今朝は車が凍るほどに。

大阪や九州でも初雪が。

1_5

メイちんはようやく冬支度に入ったのか、そこら中が白い毛だらけ。(*^-^)

コマつんはヘナへナの夏毛のままだけど……大丈夫?

 

今年の1月から3月はガス代と電気代が悲惨な額になっていたから、この冬は何とか節約しなきゃ。

ということで、おもっきり厚着している。

それに……

311以来、夜中の地震に備えてそのまま外に出てもおかしくない服を着て寝ているのだけど、こう寒くなると、やはり、フリースが最強。

でも、フリースも洗濯をすると次第に暖かくなくなる。

ということで、今日はユニクロのセールでフリースをゲット。 

 

――――この冬は、はたしてどんな冬になるのやら……

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.28

アイソン彗星

中国が設定したばかりの「防空識別圏(ADIZ)」を嘲笑うかのように、25日、米爆撃機が設定空域を飛んだ。

中国はちゃんと米軍機と識別したと発表したけど……

単に識別するだけで、スクランブルをかけて追い払う気はないのかしら?

そんなんだったら、何も大々的に設定を発表することもいらないのにね。

でもまあ、中国のことだから、アメリカは良いけど、日本はダメよな話になるかも。

油断は大敵デス。

 

さて、中国は喉に刺さったとげみたいにイライラさせられるけど……

別に毎日の生活に支障が出ているわけでもない。

日々は、至って平穏に過ぎている。 

毎日に支障はないものの、起こっていることと言えば、アレもそうだわ。

 

アイソン彗星。

 

刻々と地球に近づいている。

明日は29日、アメリカでは感謝祭の11月の第4木曜日28日だけど、アイソン彗星は太陽の表面から数百万Kmのところまで最接近する。

その時、アイソン彗星の氷の核付近の温度は華氏5000℃(摂氏では2760℃)にも上昇するとか。

太陽に近づくにつれ、アイソン彗星は4倍~10倍もの明るさになっているそうで。

ニュースによれば…… 

米航空宇宙局(NASA)によると、これほど太陽に接近した彗星の行方は3通り。

(1)強い重力や熱で崩壊し蒸発する

(2)本体が何個にも分裂する

(3)生き残ってガスやちりを噴き出し非常に明るくなる

国立天文台の渡部潤一副台長は「アイソン彗星は太陽をかすめる彗星の中では大きい。完全になくなるとは考えにくい」とした上で、最接近の後に「長い尾を伸ばす可能性が高い」と期待する。

消えなければ、12月上旬には夜明け前の東の空で目視できる可能性も。

地球最接近は12月27日ごろ。

その頃には夜明け前の東の空だけでなく、日没前の西の空でも見えるらしい。

今ほどの明るさは望めないみたいだけど、目視できるといいなぁ。

 

彗星と言えば、いつも思い出すのはずいぶんと古い漫画……

彗星の行った方向で待ち合わせる約束をした恋人に会うために、60年間、彗星を待っていた男の話。

誰が書いたのか、どんなタイトルだったかも忘れたけど……

よぼよぼの老人になった男が杖を突いて彗星の方向に向かう後姿が今も目に浮かぶ。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.27

美味しい日

朝からしめ飾りの講習。

その後、山奥の川の側の食事処までバスで移動し……

1_4_2
景色を楽しみながら、ご馳走を頂いた。

その上、ビンゴでお菓子をいっぱい頂いて……

美味しい日に。(◎´∀`)ノ

 

作品展に心を奪われていた間に、この辺りの紅葉も色鮮やかになっている。

1_4
四季桜も見ごろ。

 

15時前に家に帰り、とんでもなく散らかった部屋を掃除して、まったり。

 

もうすぐアドヴェントが始まる。

――――アドヴェントカレンダーシュト―レンも用意してないなぁ……

キリスト教徒ではないから、しなきゃいけないということもないけど、楽しい行事は押さえたいものね。

 

キリストも、モハメッドも、ブッダも、迷える子羊の迷いを払い、この世に平安をもたらすために生まれてきたはず。

彼らの教えは神は常に人とともにあるというものだったはず。

教会に行かなくても、モスクに行かなくても、お寺に行かなくても、神社に行かなくても、我々は神様と直接つながっている。

だけど、後世の人間たちが彼らの教えを自分の都合の良いように悪用して、人間と神との間に関所を設けてしまった。

その関所を取り除くためにも、偉大な先人たちの誕生を寿ごう。

4月8日の花まつり、年により異なる聖者生誕祭(マウリド)、12月25日のクリスマス……

皆、等しく祝う。

これで問題無しだわ。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.26

鳩の歌

雲一つない青空で始まった今日……

洗濯をしている間にまたもや空が曇り始め、風が吹く冷たい日に。

 

中国が尖閣諸島を含む東シナ海に「防空識別圏(ADIZ)」を設定した。

どうも中国は国内がかなり危ないことになっているみたい。

どんなに日本に因縁を吹っかけても、日本は専守防衛だから攻めては来ない。

アメリカは国債を買って抑えているから大丈夫。

国内引き締めには日本を敵にするのが一番と思っているらしい。

 

だけど、さすがのアメリカも今回の「防空識別圏(ADIZ)」の設定は非難している。

アメリカはこれまで表立っては中国に警告しなかったけれど、ケネディ女史を駐日大使にし、日本との絆を世界に知らしめようとしている。

日本には触るなというやんわりとした警告なのに、中国にはその意味が解っていないのか、わかっていても何もできまいと舐めているのか……

ただ、アメリカはポチには我慢させてお得意様を大事にする意志を中国に伝えている可能性もある。

それが中国をここまで増長させたとすると、今頃はちょっと怒っているかもね。

 

確かに、日本はアメリカの傘の下にあるけど、国土は自分で守るしかない。

引けばどんどん攻められる。

ここからは一歩も引かないという覚悟を見せるしかない。

 

そんなことをしたら戦争になるからとんでもない!

と平和を愛する鳩は歌うだろうけど……

もし、猫が鳥かごの周りをうろうろして、扉をこじ開けようとするなら……

その猫の手を嘴で突いて辞めさせようとするくらいのことは鳩だってやるさ。

 

鳥かごの中に居れば猫の爪も届かないけど、鳥かごが無くなれば、あっという間に餌食になるよ。

その時に「平和を守れ!」と歌っても、頭から丸かじりされておしまい。

それでも無抵抗であるべきというのなら……

まず尖閣に移住して、領海侵犯してくる中国の船や領空侵犯してくる中国軍機に向かって友好の歌でも歌ってみたら?

 

死んでもこれ以上は引かないという覚悟を見せないと、相手は付け上がり、カルマを増やす行為をしてしまう。

これ以上怒らせれば何をするかわからないと思えば、相手も引き下がる。

それこそが平和を保つであり、互いの無益なカルマを増やさない方法……  

   


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.25

それは良かった

朝、コマメを外に出すと、変に生暖かい。

その上、空が不穏な気配……

鳥たちが風に追われ、群れて飛んでいく。

 

―――嵐?

 

昨日の片づけが一段落した後は、明後日の講習会の準備は明日に持ち越して、まったり。

昼前に病院に行った夫から連絡。

この夏、検診で引っかかって精密検査をし、「がんに違いない」と言われ、経過観察中だった夫。

それが、なんと、「炎症だったのかな?」と医師が不思議がる結果に。

ふふ、やったね。

 

その後帰った夫は食事をして出勤。

その頃には天気は最悪に。

 

―――ああ、嵐が酷くなった……

滋賀でテントを吹き飛ばした突風がきたのかしら。

なんて思いながらも、うつらうつら。

 

気が付くと暗くなっていて、嵐も収まっていた。

 

天候は最悪だったけど、今日はなかなかに嬉しい一日……

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.24

終了!

作品展完了!

今回はプロのカメラマンにお願いしたので、ほとんど写真を撮っていない。

1131124


1311241



1_2




1_3

きっとそのうち芸術的な写真ができてくるはず。

楽しみ! 

 

ここ半年、常に頭の片隅に有った行事が終わった。

少しゆっくりしよう。

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.22

塞翁が馬

まあ、猪瀬都知事、大変なことに。

徳洲会が選挙時に行った資金の不正使用と処理を調べていての発覚……?

とんだとばっちりね。

でも、発覚しなきゃ、猪瀬さんはずっとお金を借りていたのかしらん?

徳洲会は石原さんを支持していたから、その副都知事だった猪瀬さんも応援したということだろうけど……

5000万円くらい、何の痛痒もなく出せるのね、徳田虎雄さんは。

 

徳田さんの徳洲会のおかげで医療の現場はかなり様変わりした。

24時間救急患者を受け入れる、患者からの贈り物は一切受け取らない、差額ベッドの廃止・・・・・

患者にとってはありがたい改革をしてきた方だけど、医師会からは総スカン。

そうやって患者のために尽くしたはずなのに、皮肉なことに、徳田さん自身はALS を発症。

自分では何一つできない身になっている。

頭が冴えているのに身体がいうことを聞かないって、本当につらいことだよね……

 

徳田さんの栄光と病、娘たちを巻き込んでの選挙違反と失脚……

猪瀬さんもオリンピック招致成功という素晴らしい成果を出したばかりなのにどうなるのかしら?

この世のことは人智を超えるね。

「塞翁が馬」だね……

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.21

新島と盗難

朝から、小笠原諸島の先に島ができているという報道が。

海上保安庁が20日、「新しい島」が出現した様子をとらえた映像には、爆発とともに噴き上がる黒い噴煙や、同時に飛び出したとみられる岩石が、四方八方に飛び散る様子も確認できる。

この島の直径は、200メートル程度。

断続的に観測される、爆発にともなう黒い噴煙は、火山灰を含んでおり、島の表面から立ちのぼる噴煙は、主に湯気を含んでいるため、白く見えるという。

島が現れた場所は、東京から南におよそ1,000km、小笠原諸島の無人島・西之島の南南東500メートル付近。

午前10時20分ごろ、海上自衛隊から気象庁に「噴煙が上がっている」と通報があり、午後4時17分、海上保安庁が、新しい島が出現していることを確認した。

この新しい島のすぐ近くにある西之島という島は海底から4000m以上の火山の頂上部分で、この新島もその火山が横から噴火してできたものかもしれないという説明もあった。

この前のインド洋と言い江嶋縁起に書かれている江ノ島と言い、島って、突然、できるものらしい。

菅官房長官は「領海が広がる」と喜んでいたけど、今から守ってないと、どこかの国に盗られちゃうかもよ。

 

あれ?

盗まれると言えば……

 

今日は町の宴会だった。

といっても、昔と違ってお酒の出ない宴会。

例年、町長さん始め県議会議員さんとか町のお偉いさんたちがいらっさるのだけど……

今年は公務員の盗難騒動が発覚し、それどころじゃない。

町長さんは公務に近い会だから出席されたけど、他の方たちは欠席された。

なんか、この時代にストレートで大学を卒業し、公務員になって順風満帆なはずなのに、何を考えたんだか……

彼の気持ちを理解できるのは……みのもんたの息子さんだけ?

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.20

準備中

今日は名古屋の市場へ。

週末の生け込みには少し早いのだけど……

 

11月初めの作品展の時、本来の仕入れの日に全く花が出て無くて……

w(゚o゚)w

実はその前に気に入った花があったので早めに仕入れていて助かった。

という経験をしたので、天候不順なこの頃、早めに花の仕入れをすることに。

1_3

6時に出発し、市場で待ち合わせた姪に手伝ってもらって仕入れ。

その後、生徒と待ち合わせた遠くの農園まで高速を飛ばし、近くの農園にも寄って、家に帰るとちょうど正午。

午後からはバラのハウスで野バラの実を取ったり、栽培していただいているスマイラックスを切ったり……

 

まだまだ花が足りないので明日からも買い足していくのだけど……

なんか、凄く冷え込んできているのでドキドキ。

 

こんなに頑張ってるのに、22日は地震の注意日なんて情報があって……

冗談じゃないわ。

揺らせるものですか!

な気分。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.19

思い出して鬱?

キャロライン・ケネディ駐日米大使が馬車で御所に向かい信任状俸呈式に出席。

ドレスは着ていないのに、ティアラは付けていないのに、馬車の中から手を振る姿はちゃんとお姫様なケネディ大使……

 

それにしても、馬車が皇居へ向かう道筋の銀杏並木の美しいこと。

 

大学に入った年の秋、友人が自殺し、その後すぐに親しくして頂いた先輩が病死した。

鬱々とした日を過ごしていたある日、大学の前からホテルニューオータニ方面へひとり歩き、道を渡って迎賓館方面に向かい、その銀杏並木の美しさに我を忘れた。

その時の銀杏の凄味のある美しさには、それ以降、出会ったことが無い。

大学時代も、数年後にニューオータニのとあるテナントに勤めていた頃にも、行こうと思えばすぐに行けたのに、その銀杏並木は避けていた。

――――銀杏並木が「死」に近いような気がしていたのかしらん?

 

秋は「死の気配」が一番近づく時。

恐ろしいほど美しく、嘘のように儚い。

秋に死んで、冬に眠り、春に蘇り、夏に繁殖する。

そんなサイクルが狂いつつある。

今年の秋はあっという間に過ぎていく。

 

そのうち、眠りも再生も繁殖もない世界になったりして。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.18

高齢者向けビジネス

午後のお茶は隣の市の喫茶店へ。

ここは駅前から移転して開店したばかり。

畑の中の広い敷地の真新しい喫茶店……

14時だというのに車がいっぱい停まっている。

そして、ほとんどの車にはもみじジマークが……

ざっと見た客層もどう見ても40代以上。

 

コーヒーを注文するとトースト半分が付いてきた。

小倉トーストを齧りながら、オーナーの奥様とおしゃべり。

開店日、朝8時開店なのに7時には行列ができたとか。

―――ああ、わかるわ。

きっと、6時に開店しても、お客さん、並んだはず。

田舎の朝は早いものね。ヽ(´▽`)/

 

それに、老人の朝はもっと早い。

うちの辺りなんか、朝4時に散歩するご老人たちがいっぱい。

まあ、見かけたのは夏だったけど、今も同じ時間に散歩しているのかな?

今の4時って、まだ、真っ暗だけど。

 

あの辺りの老人の皆さん、きっと、朝早くから営業の喫茶店ができてうれしかったに違いない。

車で走るにも、もみじの身では長時間は無理だしね。

おらが町の喫茶店になりつつあるのかも。

もみじ世代と言えば……   

この前、美容院で「イオンに行っても若者の物ばかりで、中高年の服はない」と話していたら、隣の席のおばあちゃんが反応して……

「老人はどこで服を買えばいいの!」と怒っていらさった。

「これは良いかと試着すれば、手足は良くても胴体がきつい。

ワンサイズ上げると、胴体は良くても手足部分が長い。

サイズがぴったりだとバカ高い。

結局、着るものが無いわけじゃないからと諦めて帰るのよ」

(`ε´)

 

老人と言えども、孫のことばかり考えているわけじゃない。

オシャレして出かけたいという欲求もあるし、美味しいものを食べたいという欲求もある。

でも、老人の物は高止まりしているし、老人が気軽に行けるような場所もない。

これだけ国民の老齢化が進んでいるというのに、購買層の設定が若いまま?

ユニクロ並みの価格で売る年輩向けの洋服や、ファミレスならぬおひとり様が集うレストラン、なんかがあったら良いのにね。

もみじ世代の購買欲をそそるものがあれば、きっともっと景気が良くなるのに。

もったいない話……

きっと、企業が熟年層をリストラしちゃってるから、若者は50代・60代以上の市場を狙った熟年層向けビジネスなんて思いつかないのだろうなぁ。

 

そういう意味では、今日の知人の喫茶店なんか、明るくて清潔だし、お手軽価格だし、良いトコ行っているのかも……

後は知人が忙しすぎて倒れないかと心配だったのだけど……

良くしたもので、夕方5時に夕食が出て、6時過ぎにはお客様がいなくなるそうだ。

早寝早起きで、すっかり健康になったりして。(*^-^)

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.17

全力教室

全力教室」という番組を初めて見たのだけど……

美容家のIkkoさんが、理由ありそうな女性たちを前に教え諭そうと頑張っておられた。

最初を見ていないかったので、今、リンク先で知ったのだけど、「汚部屋に住む女性」たちに「日々の環境が美しさを決める」という内容の予定だったらしい。

なにせ、見始めた時にはかなりのバトルになっていて、そんなテーマは吹っ飛んでいたもので・……

 

私が見始めた時は、ご主人と起業した女性が仕事のストレスから部屋が片づけられなくなり、夫に「手伝ってほしい」とお願いしても、「それは無理」と言われたという話で……

そこに他の女性が絡んできて、紛糾していたのだけど……

Ikkoさん、自らのいじめられた過去やパニック障害をカミングアウトし、

カツラを脱ぎ捨てダイエットで髪を失った頭をさらけ出し、

時には言葉を荒立て、絡んできた女性に「出ていけ」なんて言い、

VTR画面も壊しちゃうほどの力の入れよう。

ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

 

まあね、テレビなので、どこまで本気かわからないところもあるけど……

必死さが伝わってきて、Ikkoさんってなんて誠実な人なのだろうと思った。

 

で、次はいじめに遭っていたけど笑ってやり過ごしたという女性の話になり、Ikkoさんが、

「いじめられたことをそのままやり過ごさず、なぜいじめられたかを考えなければいかない」

と言ったところで、別の女性が反応して、

「いじめは100%、いじめている人間が悪い」と言い出して揉めた。

Ikkoさんの本意は、

「いじめた人間が100%悪いのは当然だけど、二度といじめられないように、自分が変わらなければならない」

というもの。 

Ikkoさんはいじめに遭っていた女性に、

  「『はい』と言った口元がゆがんでいる。

  それは苛められた時の悔しさを身体が形状記憶しているから」

といった。

まさに、美容家としての着眼点。

そういえば、以前、地元のケーブルテレビのインタビューで話している自分を見て、どうして口が曲がっているのかしらんと思ったことがあったけど……

私も形状記憶していたのかしらん?

 

「自分は悪くない」「相手に変わって欲しい」と願う女性たち……

Ikkoさんは、

事態を変えたいのなら、事の善悪は関係なく、相手を変えようとせず、自分が変わる努力をすべき。

と教えたかったようだ。 

社会に出たら、教え導いてくれるのは「意地悪な他人」という言葉にも納得。

最後にはIkkoさんの強さと優しさに皆さん敬服して、涙、涙……

 

日曜日の夜、お気楽に見るにはかなりな重量級だったけど、ご縁があって良かった。

明日から、口、気を付けよう。 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.16

宝箱

このところ、なんとなく、やる気が出てきて教室のFacebookページを作ってみた。

ここ数年、こんな時代に花の教室を続ける意味はあるのだろうか……?

なんて考えてしまい、迷い道に入り込んでいたけど、アベノミクス効果……?( ̄▽ ̄)

 

最近、打ち合わせで生徒たちと過去の話をするようになり……

あれやこれやあり、決して順風満帆とはいかなかった24年の教室の歴史の間、じっと見守ってくださった存在がいたことに気付いた。

当然のように思っていたけど、私一人では教室は成り立たない。

彼女たちがずっと来てくださったから、何があっても信じてくれたからこそ、やって来れた。

 

私なんか誰のためにもならない。

ひっそりと消えてしまいたい。

なんて思った時期もあったけど……

 

なんとか生き続けて来れたのは、明日、来週、来月を約束した生徒たちがいたから。

その約束を守るために今日を生き、

より良い花を選ぶためにいろんなところへ動き、

新しいアレンジをイメージするために無い知恵を振り絞った。

 

そうして、24年。

これは、もう、感謝しかない。

 

そして……

こんな田舎町の片隅でひっそりとやっている教室でも、それなりに意義もあったのだろうと思えるようになった。

 

一人ぼっちが平気な私だけど、誰かと笑顔で共有した時間は宝物。

毎日、私の人生という宝箱に宝物が増えていく。

 

たとえくすんだ光しか残せないまでも、

私も誰かの宝箱の中の宝物になることができますようにと願わずにはいられない。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.15

無理ない

朝から次々と来客……

コマメもヘトヘト?

131114
 

一昨日、暴行傷害容疑で逮捕されていたドイツ人の自称学生が取調室から逃げ出して、次々と衣装を変えて逃げていた事件があった。

心優しい人たちが善意で衣服を与え、ヒッチハイクをさせていたようだけど、七ヶ浜町に逃げたのが確認され、防災無線でドイツ語による自首を勧めていた。

寒いのとお腹が空いたのとで交番に出頭したみたいだけど、まあ、アジア人ならともかく、いかにも外人なあの容貌では逃げ切るのは難しかったに違いない。

 

……逃げなければよかったのにね。

逃げるメリットが無いというか、意味不明。

もし、何かまずいことがあったとしても、ちょっと拘留されて、国外追放くらいで済んだのでは?

こんなに大騒ぎになったら、裁判まで行くだろうなぁ……

 

外人繋がりでいえば、今日はキャロライン・ケネディ駐日米大使が来日。

暗殺された悲劇の米大統領ジョン・F・ケネディとジャクリーン・ケネディの娘さん。

映像に残る在りし日のケネディに甘える幼い少女が、ちょっとシワが目立つおばさんになっちゃって……

長い年月を感じるわぁ。

 

そうそう、今日、打ち合わせに来た生徒は結婚前からの付き合いなんだけど、彼女の娘さん、もう17歳なんですって。

私のシワが増えても無理ないわね。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.14

今どきの若者は

この前、何とはなしにテレビを見ていたら……

イモトさんがマナスルに登っていた!

あの方、2009年のキリマンジャロ登頂以来、モンブラン、アコンカグア、マッターホルン、そして今度のマナスルと世界の難関とされている山々に登り続け、いずれはエベレスト登頂を目指しているのだとか。

タレントも命がけな……

 

マナスルって地球上にある14座の8000m級の山のひとつ。

(座は高い山の数え方らしい)

8,196mで第8位の高峰。

もちろん、1位はエベレスト(8,844m)……

なんか、イモトさんなら登れそう。

 

イモトさんって、どんな危険な仕事でも気力でこなす「男前」な方。

見ていて気持ち良いのは、なんだかんだ言っても最後には笑顔できっちり〆るところ。

見習いたい姿勢デス。

私、文句言ったり、愚痴ったりする面倒なタイプなんで。

 

 

それにしても……

イモトさんに限らず、最近の若者には、ほんとに頭が下がる人いる。

学業以外に、資格を取ったり、外国語を習ったりしてる。

それでも、希望通りにはいかないことも多いのに、きちんと生きてる。

私たち世代なら……

こんなに頑張ってるのに報われないってどういうこと!

ってやさぐれちゃうよね。

もしくは、アホ臭くなって、年金24億円、ネコババしちゃったり……( ̄▽ ̄)

 

今回の作品展に参加してくださる方の中には、20代前後のお子さんがいるお母さん世代がいるのだけど……

彼女たちの頑張り屋で素直で可愛いお嬢さんたちが様々お手伝いしてくださることになった。

ピアノ(手違いでキーボードになっちゃったけど)を弾いてくださる方、お茶を運んでくださる方、カメラマンの夫を引っ張ってきてくださる方……

あ、姪もお菓子を焼いてくれると言っていたような……

 

そんな方たちにお手伝いいただくのだから、これは絶対に素敵な会にしなきゃ!

愚痴を言ったり、怠けてダラダラしている場合じゃないわ。

頑張れ、私!

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.13

偽装の詰め合わせ

今日は作品展の会場で机を並べたり、器具のチェックをしたり、なんとなく形が見えてきた。

ちょっと手違いがあって、どうしようと思ったけど……

会場の係の方のおかげで何とか誤魔化せそう。

ありがたいことデス。

 

午後からは知人が遊びに来て、おしゃべり。

結構、年上の方たちだけど、楽しいお話ができた。

コマメも大好きな女の子と散歩ができて大満足。

夜は生徒が打ち合わせに来た。

あっという間の一日。

 

今年も残り1月と17日。

ボーナスや福袋の話題もちらほら。

世間様では景気が良い話もあるけど、果たして我が家に反映するのかしらん?

 

そういえば、すでにおせちの予約も始まっている。

おせちと言えば車海老とか伊勢海老とかアワビなんて普段は使わない高級品が入っているイメージだけど……

今年は様変わりするかもね。

バナメイ海老やロブスターの塩焼き、アワビではなくトコブシの柔らか煮、牛脂注入牛肉のステーキ、ブラジル産鶏肉のから揚げ、中国野菜の筑前煮……

―――偽装の詰め合わせ?

もう、何年も前からそうなっていたに違いないけど、こうやって書き連ねると、ちょっと、引くわ。

あ、年越しそばも下手すると、年越し中国蕎麦になるよね。

 

あれ?

なんか、すでに侵略されているような気がするのは、気のせい……?

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.12

太陽フレアホルミシス?

昨日から日本中が冷え込んで、北海道や東北では雪が降ったところも……

この辺りも今朝の最低気温は2℃と予報されていたけど、さほど寒く感じなかった。

実際は6℃だったようだ。

でも、最高気温は13℃しかなく、夕方からまた冷え込み始めて、今は10℃を切っている。

 

あっという間に冬だね。

 

私の寒暖差アレルギーは落ち着いたみたいで、くしゃみは出ない。

寒いのが定着したら、それでいいのかしらん?

 

そういえば、この前の夕方、散歩していて、可愛い花が風に揺れているのを見つけたのだけど……

1_1
それがなんと、セイタカアワダチソウだった。

 

セウタカアワダチソウといえばアレルゲンの最たるもの。

そこら中の空き地にボーボーと茂っていた迷惑な奴だったのに……

夕日に当たって黄金に輝くセイタカアワダチソウは、昔のように茎がぶ太っくて背が高く花房が大きい「いかつい」姿かたちではなく、茎が細く花もとても可憐ないかにも日本の野草な顔になっていた。

―――ああ、あなたたちもちゃんと日本の花になったのね……

なんて、ちょっと感動……

 

話しは変わるけど、最近、高麗がとても活動的。

1 

芽生が来て以来、ほとんど遊ばなくなっていたのに、最近は一人遊びしたり、私におもちゃを持ってきて遊びを要求したりする。

太陽に当てて、危機を脱した高麗……

もしや、太陽フレアから出る放射線が良いのかしら?

太陽フレアホルミシス? 

そういえば、ここ数日、私も調子が良い。

昼寝をほとんどしなくなった。

結構、太陽フレアのおかげで体調が良いなんて人もいたりして……

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.11

からたちの花

台風30号の被害状況が次第に分かってきた。

直撃されたレイテ島は、まさに311の津波被害を受けた現場と同じように、何もかもがぐちゃぐちゃ……

無事に残っている家屋はほとんど無い。

被災直後から略奪があり、治安は悪化。

食料や水、物資も全く足りていないらしい。

まだ、連絡の取れない邦人もいるとのこと、どうか、ご無事でありますように。

 

ところで、台風30号……

30号まで発生したのは19年ぶりなのだとか。

それなのに、もう一つ熱帯低気圧が発生し、すでにフィリピン方面に向かっている。

31号になる可能性もあるらしい。

これ以上の被害は出ませんように。

 

記録の残っている1951年以降の発生数の最高は1967年の39というから、記録を破るほどではないけれど……

今年の台風は数も多いけど、その大きさが重量級というか、例年とはスケールが全く違った感じ。

直撃された土地の被害がそれを物語っている。

 

そういえば、27号と同時期に日本方面に向かいW台風と言われた28号は、中心気圧が905hPaだった。

フィリピンに大被害をもたらした30号の895hPaに匹敵するような台風だったわけだけど……

27号が行く手を阻むようにゆっくりと日本に沿って動いたおかげで、28号は日本に接近することはなかった。

―――あれは、本当に幸いなことだったのね……

 

そうやって、紙一重の差で難を逃れている。

そのことに感謝しなければ。 

 

さて、昨日から急激にアクセスが増えた。

島倉千代子さんがお亡くなりになって、「オーラの泉」の記事にいらっしゃる方が多かったようだ。

テレビ各局からは「人生いろいろ」が流れてくる。

私が知っているだけでも、本当に波乱万丈な人生!

その優しさと無防備が他者の悪心を刺激してしまったのかも。

だけど、ドロドロの人間関係を恨むことなくきれいに振り切って、歌を歌い続けた……

それにより島倉さんの人生はとても豊かなで素晴らしい人生になった。

人の世のすべての哀しみを受けてもあんなに優雅に、あんなに美しい笑顔を持ち続けることができる。 

それは人類の希望ともいえる。

 

島倉さんのデビュー曲は「からたち日記」だけど、「からたち」というと思いだすのは……

からたちの花が咲いたよ。

白い白い花が咲いたよ。

 

からたちのとげはいたいよ。

靑い靑い針のとげだよ。

 

からたちは畑の垣根よ。

いつもいつもとほる道だよ。

 

からたちも秋はみのるよ。

まろいまろい金のたまだよ。

 

からたちのそばで泣いたよ。

みんなみんなやさしかつたよ。

 

からたちの花が咲いたよ。

白い白い花が咲いたよ。  

 

      (「からたちの花」 by 北原白秋)

 

島倉さんは棘のある枳殻(からたち)の小さな花というよりは、大輪の牡丹のような人だったね。

ご冥福を。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.10

ひな形としての日本

ハイエンの被害は想像を絶する規模になりそうで……

1万人以上が犠牲になった可能性も。

台風の強さと高潮の相乗効果で、8mほども海面が上がり津波状態で押し寄せたとか。

 

ニュースの写真は最近見慣れたものに似ている。

規模は違えど、311の東北沿岸部のような状態が世界中に出現している。

やはり日本は世界のひな型?

 

こんな写真を見ると……

自然は惜しみなく人間に恵みを与えるけど、容赦なく命も奪うということを実感する。

 

昼過ぎに近所の日帰り温泉に行き、帰ると311の後の自衛隊の活躍をまとめた2012年の番組が再放送されていた。

最後に311の後、どう変わったかと聞かれ、隊員の皆さん、少しも変わらないと答えていた。

そして、日々の訓練を真剣に続ける。

それこそが、いざという時のためになることを実感したという人もいた。

311で脚光を浴びたけど、感謝されたことに驕らないだけでなく、自分たちは見えないほうが一般人は幸せなのだという意味のことを言っておられた人もいた。

確かに、彼らが活躍するということは、そこに問題があるということで……

 

自衛隊の皆さんは今も様々な災害の救援作業を続けておられる。

国と国民を守るために自衛隊があるのなら、それも大切な職務。

軍隊を持つ世界の国々から見れば、日本の自衛隊のやっていることは本来の仕事ではないように見えるかもしれないけど、

平和憲法下で軍隊にはなれなかったゆえに自衛隊は素晴らしい組織になったのかもしれない。

侵略のためではなく、平和と国民を守るための組織……

侵略好きな世界の軍隊の方々に自衛隊員の爪の垢を飲ませてあげたいくらい。

 

ついこの間まで、新しい世界、アセンション、そんな言葉で世界が変わると思われていたけど……

確かに世界は変わりつつある。

まず地球環境が激変している。

もう、人間と人間が争い戦う時代ではなくなり、人間がいかに地球の変化に振り落とされずにいられるかになっている。

 

日本は自衛隊を世界に誇り、その理念を世界に浸透させていくべきなのかも。

たぶん、世界中で自衛隊のような高潔な意識を持った組織が必要になるから。

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.09

屁のような……

台風30号=ハイエン(中国語の海燕)のせいでフィリピンが大変なことになっているみたい。

観測史上最高の895hPaでレイテ島に上陸したハイエン、風速は87.5メートル、最大瞬間風速105メートルですって。

あまりの被害に実態がつかめず、まだ被害状況は報道されないけど……

100名を超える犠牲者が出ているという話も。

どうか、被害が最小で済みますように。

犠牲になられた方々の魂が平安のうちにありますように。

 

フィリピンに大きな被害を与えてもまだ衰えないまま、ハイエンは進路をベトナムに向けて進んでいるらしい。

進路となる方向の皆様はどうか、お気をつけて。 

 

同じような場所で発生しても、台風は別々の進路を取る。

同じように気圧が低いまま来れたかどうかはわからないけど、ハイエンが日本に来た可能性もある。

今年はあちこちで台風や豪雨で大きな被害が出ている日本。

26号による伊豆大島の山崩れの記憶は新しい……

幸いだったというべきかも。

 

そういえば、昨日、自衛隊が伊豆大島から撤収したという報道が。

未だ4名が行方不明のままとはいうものの……

よくぞそこまで救出作業をしてくださった。

途中、27号、28号というW台風の接近もあって、まさに、命がけの作業だったはず。

自衛隊を始め救出作業をなさった皆様、ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

 

人は誰も明日をも知れぬ身。

突然、命を失う人がいる。

すべてを失い路頭に迷う人がいる。

でも、その人々を私は救えない。

 

それは権力が無いからでも資力が無いからでもなく……

人間だから。

だって、天皇陛下であろうが、アメリカの大統領であろうが、ダライ・ラマであろうが、人間である限り、全ての苦難のうちにある人々を救うことはできないもの。

人間は事態を受けてできるだけのことをし、自分にできる範囲以外は、ただ、見送るしかない。

苦しむ相手に、どうか、「頑張って」と心を寄せるしかない。

今、テレビで「ステキな金縛り」の更科六兵衛さんが、人間社会では何もできない自分を「屁のようなもの」と言ったけど……

まったく、人間も他人にとっては屁のようなもの。

幽霊と変わらない。

 

ま、私はかなり臭いアレかもだけど。 ヾ(´ε`*)ゝ

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.08

そぐわないのは……

9月初め、庭のノウゼンカズラの枝を切ろうと引っ張ったら、アシナガバチが枝についてきて腕を刺された。

アシナガバチに刺されたのは二回目。

アナフィラキシーが心配だったけど何とか無事だった。

のは良いけど……

それからしばらくして、夜中にその刺された場所の近くでブーンという羽音を聞き、翌朝よくよく調べたら、木製のフェンスにびっしりとアシナガバチが!!

ホースで水を掛けたら、出てくる、出てくる!

 

その話を姉にしたら、ヒトデで出来た防虫剤がハチを寄せ付けないとのこと。

友人が作って売っているからと、一袋貰った。

そのヒトデの防虫剤をフェンスの側に置いたら、見事にアシナガバチが飛んで来なくなって、そこにいたアシナガバチたちもいつの間にかいなくなった。

これはラッキーと喜んでいたのだけど……

なんと、昨日「In Deep」さんのところに、アメリカのヒトデが自滅しているという話が!

 

「自分で手足を次々と落して死んでいくアメリカ沿岸のヒトデたち」

「消耗性疾患」という病気にかかったヒトデが自分で自分の体を自切して死んでいるらしい。

―――あらま、来年もお世話になろうと思っていたのに、ヒトデがいなくなったら困るわ。

 

今のところ、日本では騒がれていないけど…… 

アメリカは今、リュウグウノツカイという深海魚も、次々と深海底から上がってきているみたいだし、どうなっているのかしらん?

 

海底に限らず、地底にも異変が起きていて……

ベトナムでは体長10mにも及ぶ巨大生物が地中から掘り起こされたとか。

こちらに衝撃の映像が……http://gakugo.net/unarigoe/2013/11/post-4005.html

 

あと、「地球の記録」さんには、ボルネオで見つかった新種の魚が……

  

上の魚(?・・・・甲殻類?)なんて装甲車みたいな感じ。

もう「守れるだけ身体を守ってます」な感じ。

これに比べたら固そうに見えるけど実は柔らかい星形のヒトデなんて平和の象徴みたいに見える。

どうも今までの地球にはそぐわない形のものが現れているみたいなのだけど、実は、今までの生物が地球にそぐわなくなっているのかも…… 

もう、のんびりダヨ~ンとしたものは生きていけない世界になるってことなのかしら?

 

といいつつ……


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

ブログバナーはまったりと。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.07

太陽フレアのせい?

朝からしめ飾り講習の準備作業。

今年は例年の講習が一つなくなったので、注文を少なくしておいたのに、新たな講習が増えて何回も追加発注。

これで最後かな……

 

一階中に物を広げている中に、ガス器具チェックの係員が……

そういえば、約束していたんだった。

キッチンだけじゃなく居間のガス栓も見るというので、居間に入れたけど、ドンだけ散らかっている家だとびっくりしたに違いない。

(*´v゚*)ゞ

 

バタバタ動いたのがいけなかったのか……

午後からは、またもや、くしゃみ連発。

今年はいったいどうなってるんだか……

 

そういえば、今日の14時以降は一昨日のフレアⅩ3.3の影響が出るんだった。

この前のくしゃみの時は10月31日。

10月28日のⅩ1.0の影響があったころだし……

太陽フレアも免疫力低下の原因になるのかも。

 

あ、秋田で強風のために電柱が折れたり、屋根が飛んだりしたのもそのせいかしら?

低気圧のせいだけではないのかもね。

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.06

エッグ作り

今日は姪たちと作業。

131106

エッグの色付け。

楽しかった~(*^-^) 

こういうのをやっていると時間を忘れちゃう。

 

一年を花とともに過ごし、季節行事のことばかり考えている。

日々、遊びに近いことばかりしている。

 

何かしたいと思ったら、口にすれば、誰かが協力してくれる。

いつも色々やらされる羽目になる義兄などは「あいつのために人脈作りしているような気がする」と姉に愚痴っているらしい。

(≧m≦)

確かに姉夫婦が出会う人出会う人、私がやりたいということの技術や材料を持っていて……

私がこれをやりたいあれをやりたいと言うと、すぐにポンと出てくる。

数年前のことだけど、直径1mの回転台が欲しいと言った瞬間、義兄の友人の倉庫の片隅から現れた。

あれにはさすがにびっくりした。

今回も木材を山ほど持っている方が作業所と材料を提供してくださったので、思い通りの物ができた。

 

収入が無いので経費はかけられないのに、やりたいことはその時々に協力してくださる方がいて、ほとんど出来ている。

それって、最高に幸せなこと。

義兄と協力してくださる皆様に感謝!

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

星口生物

今日は遅い時間にレッスンがあり、さっき終わった。

次の作品展の打ち合わせに入っているのでいつもよりも時間がかかる。

 

次回の作品展はうち単独の作品展。

会場構成はある程度まとまったけど、あれこれ考えることが多い。

で、

車を運転していても行き先を間違ったり、買い物に行っても必要じゃないものを買ったり必要なものを買い忘れたり、人と話していてもボ~として思わぬことを話してしまったり……

生活に支障が出ちゃう。

集中力有り杉かしらん……(*゚ー゚*)

1phonto
ふふ。

なかなかに辛辣ね。

でもあなたたちは忙しいときには我慢してくれるから、助かってるよん。

 

さて、世界中の海の底には「星口生物」というものが住んでいるとか。

「星」が付いているとなんかロマンチックなものを想像してしまうけど、実は……

 

こんなのね。

 

    

 

砂の惑星デューンに居そうな奴……

 

このカンブリア紀(5億4千年前)から生きているらしい蠕虫(ぜんちゅう)が、生物の生きる根幹ともいえる「血」を作り出せるという。

星口生物の成分ムエリスリンは酸素を運搬する多量体タンパク質。

それと塩と水を使って、ルーマニアの科学者が人工血液を作ったとか。

その人工血液は赤血球を含まないため透明だという。

 

私は造血機能に問題ありと診断されたことがあり、今でも人間ドックを受けると血液が問題になる。

昔は血液がピンク色になるほど赤血球が少なく、今は多すぎて問題になる。

このまま血液の問題が多くなれば、そのうち、人工血液に頼ることもあるかもだから……

これはありがたいニュース!

だけど……

今は普通の顔色の私だけど、血液がピンク色の頃は蒼白で死人のようだったと友人が言うから、きっと透明の血液になると真っ白になるんだろうなぁ。

ゾンビみたいな顔色になったら、怖いよね?

 

あら、ついつい、現実逃避……

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.04

私的胡蝶の夢 2013・11・4

偽装食品問題はまだまだ広がりを見せ……

ついには、夫に誕生日ランチをご馳走してもらった賢島のあのホテルも偽装していたと報道されている。

車海老といいつつ、ブラックタイガーを使用していたとか。

     

私のメインは「伊勢志摩の新鮮魚介類の紙パイ包み焼き カルダモンの香り 」

ふふ、「新鮮魚介類」というのが怪しいところだね。

乗っている海老は伊勢海老という話しだったけど、まさか……? 

なんて疑ったりして。 (*^m^)

 

でもね。

食べた時は美味しかったし、料金払ったのは夫だし……

私的には無問題。

どちらかというと、ブログネタにもできて、らっき~?

 

さて、昨夜は久しぶりに長い夢を視た。

私は10階ほどの高さのビルのベランダから下を眺めている。

そこは何棟かの高い建物に囲まれたかなり広めの中庭になっていて……

最初に見た時には、あちこちに水が溜まっていて、そこに……

ワニが何頭か蠢いていた!

 

次に見た時にはもう少し水が増えていて、ワニのほかに、象や犀、ライオンまで!

――――アフリカか!?

それとも、動物園が水没?

 

そこで、場面が変わり……

水路の横の道を歩いていた。

水路と道路の間には1mほどのコンクリートの塀があり、水路の向こうはすぐに小高い山になっている。

道路の水路を挟んだ反対側は一段低くなり、民家が並んでいる。

 

歩いているうちにどんどん水路の水かさが増してきた。

そのうち、手を伸ばせば、塀越しに水を触れそうなほどに。

これは危ないと逃げようとしたところで、向うの小山の一部が木を載せたまま水路に崩れ落ちて来るのが見えた!

でも、逃げるられるのは、道路よりも低い民家側しかなく……

水路から溢れて、大きなしぶきをあげて襲ってくる水から必死に逃げていて、振り返ると……

なぜか電車まで流れてきた!

 

そこで夢は終わった。

目覚めて……

こんな夢はしばらく見なかったのに。

また、始まるのかしら……

なんて、思ったりした。

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.03

東北楽天イーグルス 優勝!

おめでとう!

東北楽天ゴールデンイーグルス!

 

球団創設8年目にして、日本シリーズ初優勝、本当におめでとう。

 

星野監督も初めての日本シリーズ優勝、おめでとう!

 

あまり野球は見ない私でも、最後の最後はやはり、見てしまった。

最後の最後でエース田中投手に替えられたけど、9回まで巨人を抑えていた美馬投手、則本投手もご立派。

これからまーくんは世界に羽ばたく予定らしいけど、抜けた穴はばっちり埋められそうだね。

 

東北楽天の活躍を見るたびに、私はホリエモンこと堀江貴文氏を思い出す。

彼が一歩踏み出さなければ、プロ野球は全く違う形態になっていて……

あの311後の東北の方々の心の支えとなる球団はなかった。

 

そう考えると、一人の人間が考え行動することがいかに重要かがわかる。

堀江さんの言動は、ある種の人々を刺激し、これでもかというほどの仕打ちを受けたけど、彼が始めたことは継続した。

それは、多くの人々がそれが正しいと感じ、それを支持したから。

継続した人々の努力は華々しく報われる。

だけど……

本当に凄いのは、「始めの一歩」を踏み出した人なのだ。

 

だから、堀江さん、おめでとう。

あなたの夢は叶った。

 

そうそう、あの壁の詩を堀江さんに……

 

  大きなことを成し遂げるために
  力を与えて欲しいと神に求めたのに
  謙遜を学ぶようにと 弱さを授かった

 

  偉大なことができるように
  健康を求めたのに
  よりよきことをするようにと 病気を賜わった

  幸せになろうとして
  富を求めたのに
  懸命であるようにと 貧困を授かった

  世の人々の賞賛を得ようとして
  成功を求めたのに
  得意にならないようにと 失敗を授かった

  求めたものは 一つとして与えられなかったが
  願いは すべて聞きとげられた

  神の意に添わぬ者であるにもかかわらず
  心の中の言い表せない祈りは
  すべて叶えられた

  私は最も豊かに 祝福されたのだ

  A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED

  I asked God for strength, that I might achieve
  I was made weak, that I might learn humbly to obey...

  I asked for health, that I might do greater things
  I was given infirmity, that I might do better things...

  I asked for riches, that I might be happy
  I was given poverty, that I might be wise...

  I asked for power, that I might have the praise of men
  I was given weakness, that I might feel the need of God...

  I asked for all things, that I might enjoy life
  I was given life, I might enjoy all things...

  I got nothing that I asked for - but everything I had hoped for

  Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
  I am among all men, most richly blessed!

 

ま、堀江さんは現実、貧困ではなく豊かだし、身体も丈夫そうだから、この詩には当てはまらないけど……

ご本人的にはもっとさまざまな成し遂げていくおつもりだったのでは?

と思うので、そういう意味では当てはまるかも。

ということで、

これからもその合理的な思考で、あいまいな日本の慣習に潜む闇を照らすよう、

日本がより良き方向に向かうよう、始めの一歩を踏み出してくださいますように。

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.02

ついつい

朝一番で作品展の会場へ。

萎れている花もなく、一安心。

お茶を頂きに茶室に行き、某衆議院議員さんと同席。

名刺を頂いた。

確かに、町の方々が集まるこの機会を逃すこともないわね。

 

国会議員と言えば、園遊会で山本太郎参議院議員が天皇陛下に福島原発事故後のあれこれについてのお手紙を渡してしまい……

「それを何とかするのがあんたの役目だろ!」な意見があちこちで出ている。

もっとも左翼的な人なのに、ついつい天皇陛下に頼ってしまうって……????

やはり、どなたにとっても天皇陛下は最後のよりどころなのね。

 

昨夜は熱が出てしまったので、会場からは早々と帰宅したというのに……

ゆっくり休んだおかげで、夕方には元気になり、ついつい、スカパーで「のぼうの城」なんか見てしまい、こんな時間に。

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.01

告発する子供

今日は町の作品展。

1_1
今月の24日にはまた作品展があるので、今回はさっぱりと。

 

先日、みのもんたさんが窃盗事件を起こした次男を育てた責任を取り、報道関係のテレビ番組を降りるというので、会見を開いた。

長い長い会見の最後に、「息子に対して言いたいことは?」と訊かれ、「ばかやろう」と吐き捨てた。

 

きっと、みのさんには息子のしていることが意味不明なのだろう。

何不自由なく育ち、就職にも苦労せず、欲しいものを手にしてきたというのに、

酔っ払って寝ているサラリーマンの財布を盗んで、仕事を失い、親を窮地に陥れる……

何をしたいのかさっぱり。

だよね。

 

スピリチュアルな考えでは、親が子供を選ぶのではなく、子供が親を選んで生まれてくるという。

―――どういう家系のどういう親の元に生まれるか……

魂は自分の目標を達成するに相応しい環境を選んで生まれる。

 

ただ、悲しいかな……

自分にとって楽しく居心地の良い場を選べば、それは磨き砂にはならない。

角を削る痛みに耐えて、丸くなることが必要。

だから、尖がっている魂ほど自分にとっての居心地の良い楽しい場所には生まれず、辛く悲しい環境に生まれることになる。

それは子供にとってとても悲しいことだけど、親にとっても大変なことで……

なにせ、自分とはまったく相容れない子供が生まれてくることにも。

 

先人たちは、幼いころから子供を厳しく躾け、我が家の家風に合うように育てた。

そうしなければ、自分たちの身に災難が降りかかると経験で知っていたから。

だから、封建的な社会では「家」が存続していた。

だけど、現代社会では子供たちの人権や自由を優先する。

そして、子供たちの自主性を大事にし個性を歪めないようにしたいと、子供を放置する。

それは現代の理想的な「家」のように見えるけど……

親とは相容れないまま、磨かれることもないまま、野放図に育つことにもなりかねない。

 

そうやって育ち社会に出た彼らが、壁に突き当たった時には……

親のせいで自分は生き辛いのだと親を糾弾する。

無意識に社会に反した行動をすることにより、世間に親の非を告発する。

 

最近、そんな考えを持つようになったのは、身近でいろいろあるのを見たから。

親と子供、どちらが悪いとは言いきれない。

どちらも同じように苦しみ、どちらもおかしい。

問題の解決は、「一緒に住まないこと」しかない。

 

これが物もなく金もない状態なら、子供は親についていくしかないのだけど……

日本には物が溢れている。

お金さえあれば、子供だって「お客様」

お客様に注意する者はいない。

無限の孤独地獄だ。

 

だけど……

生き辛い子供たちでも、この世を天国に変えられる。

とても簡単に。

それは、ただ、「自分は幸せだ」と思うだけで良いのだけど……

そのことを教える方法がわからなくて、迷っている。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »