« 誰かが空を | トップページ | 「風立ちぬ」を観た »

2013.09.18

美は誰のために?

作家の中村うさぎさんが大学病院に入院し、一時は心肺停止状態になったらしい。

8月16日のブログで、

「いま、あたし入院してるのよ……。

とにかく体力なさ過ぎて、手足がプルプル震え、一人で歩けなくなったので病院行ったら、即入院になちゃったの」

と、公表されていたうさぎさん……

入院時からお世話されていたタカナシクリニックの高梨院長のブログによると

「低体温療法を止めて、麻酔・鎮静剤を減量したした結果、今朝から目を覚まして、呼びかけに反応し、力は弱いながらも、手も握れました!

人工呼吸のチューブが入っている為、しゃべれませんが、こちらの話は分かっているようです」

とのこと。

 

―――うさぎさん、美容整形をし過ぎちゃったの?

入院前には鼻の下を短くする手術を受けていて、痺れが残っていたらしい。

手術は成功しても、麻酔とか鎮痛剤とか、身体にはあまり良くないよね……

 

「今」の否定からの美の追求は留まるところを知らない。

扇風機おばさんのような例もあることだし……

うさぎさんはここで留まるようにと、病気になることで止めていただけたのかも。

 

どうか、お大事に。

 

今日は私も美容院に行き、夏の間伸ばしていた髪をカットしていただいた。

誰の目を意識することもなくなったけど……

「自分」という冷たい観察者が、シワやら、シミやら、白髪やらを探し出しては、「お前も老けたね」と囁く。

冷酷で我儘な観察者を交わして、いかに毎日を上機嫌で生きるかが、今の課題……

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

にほんブログ村

|

« 誰かが空を | トップページ | 「風立ちぬ」を観た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/58220456

この記事へのトラックバック一覧です: 美は誰のために?:

« 誰かが空を | トップページ | 「風立ちぬ」を観た »