« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013.06.30

亡命したい人、してほしい人

今日の「たかじんのそこまで言って委員会」に安倍総理が出演され、様々な質問に答えておられた。

国会答弁よりも楽しそうに。

鳩山元総理の件に関しては、「開いた口がふさがらない」という菅官房長官の発言を擁護。

「国際社会は元総理だから言っていることにリアリティーがあると誤解する」

と、鳩山元総理の自覚の無さを指摘した。

そして、民主党の原口さんに話を振ったのだけど……

原口さん、「民主党を離党したのでどうしようもない。自民党の鳩山邦夫さんに頼むしかない」と逃げた。

―――ほほ、逃げ足の速さはさすがデス。

 

確かに金を持った浪人ほど始末に負えないものはない。(`ε´)

当の鳩山さんは中国で「(ご自分の)任期が短すぎた」なんて語られたみたいだけど……

十分デス。

出来れば、無かったことにしたいくらいデス。

ンでもって、お願いダカラ、中国に亡命してクダサイ!

 

 

亡命と言えば、まるで映画「ターミナル」のビクターのような立場になってしまった元CIA職員のスノーデンさん……

旅券が失効したので香港には帰れない。

かといって、ロシアに入国もできないから、頼みの綱のエクアドル大使館に行くこともできない。

でも、本来ならエアポートから出られないはずなのだけど、姿が見えないらしい。

諜報の国ロシアだけに危ない……?

 

情報を悪用したのはアメリカ政府で自分ではない。

自分は正義のためにそれを暴露した善人。

と思っているのかもだけど……

スノーデンさん、情報を振りかざしたばかりに、世界中の政府を敵に回したかも。 

だって、皆さん、脛に傷を持つ身。

自分たちに都合の悪い情報を持ってはいないかと、疑心暗鬼になるわけだし。

こんなことになるなんて、きっと、大誤算ね。

 

まあね、自分の国を裏切るような発言をするやつが尊敬されるはずもない。

お二人とも、この先、波乱万丈確定!

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.29

狛犬だけに

最近、いろいろあるんデス。

1phonto_3
コマつん、来週、入院デス……

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

舌はすっかり治ったんだけどね……

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.28

モヒートもどき

慌ただしい一日。

ただ今、モヒートもどきでまったり。

 

いえね、冷蔵庫を掃除していて去年の夏に八ヶ岳で買った乾燥ミントを見つけた後、買い物に行ったら、ライムを安売りをしていたの。

―――これはもう、モヒートでしょ!

 

と思ったけど、ラムは飲めない……(゚ー゚;

なので、ソーダだけ入れて、モヒートもどき(単なるライムソーダともいう)。

ふふ、さっぱりで美味しゅうございます。( ̄▽ ̄)

1dscn7570
今日みたいに暑いんだか寒いんだかすっきりしない日には、しゃきっとする感じで良いね。

でも、ミントは、やっぱ、生が良さそう。

香りがフレッシュだし色もきれいだし。

 

ミント、植えちゃおうかな。

でもなぁ……

以前、爆発的に増えちゃって、近所のケーキ屋さんが噂を聞きつけて買い付けに来たぐらいだったものなぁ。

また、庭中ミントになったら困る。

あれは雑草並みの繁殖力、そこら中に飛んで、抜くのが大変!

 

うちの庭は、ここは「中東か!」ってくらい、勢力争いが激しい。

皆それぞれに根を伸ばし、種をまき散らしている。

クリスマスローズとツルニチニチソウとヘデラとノウゼンカズラとユキノシタの争いにミントまで加わった日にゃ……

 

なんて、お気楽な心配ができるって、幸せなことね。

今日も世の中は切った張ったの大立ち回りが報道されている。

緑のおじさんが命がけの時代になるなんて、誰が想像できたかしら……

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.27

閉じた海の上に

高麗の舌は何とか傷口がふさがったようで、今日は出血しなかった。

1dscn7565
でも、日向ぼっこをしても、いつになく黄昏ている。

やっぱ、ショックが大きかったのかしらん……

1phonto_4

だね。

でも、血が止まったから手術しなくて済むよ。

良かったね。(*^-^)
 

 

昼下がり、高麗が落ち着いたので美容院に出かけた。

今朝、テレビを見ていたら鳩山元首相がインタビューに答えていて、思わずアサシンを派遣したくなった。

そう思ったのは私だけではなかったようで……

「まったく、お金持ちのボンボンってどうしようもない」と、皆さん怒ってる。

そういう人が一時でも総理大臣として国を治めていたのに、なんとか、国として保っていられたのはある意味、不思議!

―――優秀な官僚のおかげ?

それとも、すでに埋められない大穴が開いちゃってる?

 

さて、In Deepさんによると、

「 ヨーロッパとアメリカ大陸が少しずつ近づいている中で、大西洋は大陸の間の中に消滅していく」

らしい。

Noaaatlantic
科学者はそれが完成するには2億年以上かかると言っているらしいけど、「In Deep」さんはあっという間にそれが起こる可能性を考えておられる。

私も地球はじわじわと変化するのではなく、あっという間に変わる可能性があると思う。

 

というか、すでにもう変わっているよね。

その証拠に世界中で豪雨が降り、洪水が起こり、雹が降り、竜巻が起こり、水不足になり、干ばつが起こりと、まともな気象は無くなっている。

これから、この気象にあった植物が育ち、この気象に適応できる昆虫や動物が増える。

人間は火を使い衣服を着ることで、今までの気象に適応してきたけど……

今後の気象にも適応して、閉じた大西洋の上にできた大地に足跡を残せるのかしら?

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.26

大変な日

安倍総理の問責決議案が可決され、いくつかの重要法案が可決できないまま、国会が閉会した。

安倍総理の問責は「生活の党」「社民党」「みどりの風」が、安倍総理大臣と閣僚が参議院予算委員会の集中審議を欠席したことは「憲法に違反する行為である」として、25日に提出したもの。

当初は法案成立を優先すべきとしていた「民主党」がそれに乗り、先に問責決議をすることに。

 

結果として、「電気事業法改正案」などの重要な法案を潰してしまった民主党……

自民党が問責決議を先にしたために法案が潰れたと逆切れ。

問責に賛成した時点で道を誤ったとは思わないらしい。

 

で、この状態で参院選に突入となると……

ねじれがあるから法案が通らないという自民党の主張が認められて、野党はますます危うい状況になりそう。

そういう点では、法案を捨てて参院選に賭けた自民党が一枚上手だったということかしら……

ねじれが解消したら、好きな法案を好きなだけ通せるものね。

 

 

そんなことで、今日は国が大変な一日だったけど……

我が家でも大変なことが。

 

朝、レッスンに出る前に美容院に預けた高麗……

昼過ぎに迎えに行ったら、いつもはすぐに渡されるのに、なぜか、待たされた。

30分後、見たこともないトリマーさんが出てきて……

「すみません、高麗ちゃんの舌を切ってしまって、少し出血したんです」

―――じぇじぇじぇ!

 

と思ったものの、高麗は別に痛がってもいないし、血も止まっていたので、そのまま引き取ってきた。

うちに帰ると、ご飯を欲しがったので、これは大丈夫と思っていたら……

夫が帰ってきたときに喜んで吠えまくり、大出血。

床も夫も血まみれ……

―――じぇじぇじぇじぇじぇじぇ!

 

美容院に電話すると、隣の病院がまだ開いているので至急連れてきてくださいとのこと。

すぐに連れて行き、診てもらった。

その場で知ったのだけど、そのお医者さん、舌を切ったときに診察していたらしい。

で、血が止まったので返した、と。

心配なら入院させます。

血が出続けるようならこっちもちで手術もします。

と言われたけど……

とりあえず、抗生物質と血止めの注射を打ってもらって帰ってきた。

 

でも……

どうしても、吠えたり激しく動いたりすると出血してしまう。

―――こんなにひどいということは、美容院にいた間もかなり出血したのではないのかしらん?

もしかしたら、すでに注射もしていて、その結果、家に帰るときには血が止まっていたのかもしれない。

だったら、返す時に新人トリマーに謝らせるだけでなく、お医者さんからきちんと話が合ってしかるべきだったのではと思ってしまう。 

 

その美容院は、高麗がかかっている病院ではないけれど、病院が併設している美容院。

何かあった時に、病院が隣にあるから良いかと思い選んだのに。

と、ついつい責めたくなる。

 

だけど……

高麗は痛い思いをして可哀そうだけど……

あのトリマーさんもきっと今頃、自分のミスに心を痛めているに違いない。

お医者さんだって携帯電話を教えてくれて、「容態が心配になったらいつでも電話ください」と言ってくれた。

私たちがトリマーさんやお医者さんに怒りや憎しみを持てば、それが高麗に跳ね返り、容態を悪くするかもしれない。

私たちは彼らが最善を尽くしてくれたことを信じ、感謝し、高麗が心穏やかで安静にしていられるようにする。

それがもっとも高麗に良い方法。

そう思うと、少し、気持ちが落ち着いた。

 

どうか、明日には血が止まっていますように……

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.25

衝突

今日は最高気温が26℃ほどあったらしいけど、家の中は涼しかった。

窓を開けているとエアコンも扇風機もいらないほど。

夕方、図書館に行って、30分ほどいただけなのに、身体が冷え切ってしまい胸が痛くなって困った。

 

さて、連日話題の辛坊さんのヨット遭難事故……

昨日、こんな動画が発表された。

ぶつかる直前、波の合間に黒いものが見え、近づいている。

専門家の話では「マッコウクジラ」らしい。

 

辛坊さん、日本ですることがあるってことかしらん?

この流れで行くと……

「税金をたくさん使って申し訳ない」

「命を賭して助けてくれた自衛隊のため、日本のために、命を捧げる」

「参議院選挙に出て、恩返し」

って感じ?

 

問題は「維新」がこけていることで……

こけていなければ「維新」間違いなしだけど、こうなると「自民」かなぁ。

と、妄想が膨らんでしまうわ。

 

さて、今日は西武HDの株主総会。

サーベラスから8名の役員を送り込むという提案は否決された。

サーベラスはカンカンで、TOBで三分の一を得た今後は、西武の企業運営に口を出してやりにくくなるのではという意見もある。

一方、このアベノミクス景気のうちに上場するためには妥協するのではという希望的観測もある。

海外ファンドは日本が開かれていないというけれど、それは目先の利益確定のために企業を育てようとしない彼らにも問題がある。

西武線を廃止するとか、球団売っちゃうとか、案を出した時点でもう反感を買っているので、無理。

 

日本はあまりにも世界中から日本はおかしいと言われ、自分たちがおかしいと思いつつあったけど……

311という強烈なビンタのおかげで少し目が覚めたような気がする。

さらに強くなって、おかしいのはあんたらだよ!と言えるようになるには、まだまだだけど。

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

スーパームーンの影響か、今夜は耳鳴りがひどい。

どこかが揺れるのかなぁ……

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.06.24

スーパームーン

スーパームーンの続きなのか、今夜の月も真ん丸で大きい。

1_6
この月のせいか、昨夜は曇っていて見えなかったのに、崖下の野原でネコたちが大騒ぎしていた。

ネコも集会を開いてこの異常な気象の中、どう生き抜くかを話し合っていたり……(*^-^)

いや、あれはどうもケンカしているとしか思えなかった。

―――影響を受けて野生の血が騒いだのかしらん?

 

富士山の世界文化遺産登録、三保の松原も含めて決まった。

富士山は典型的な成層火山

ほぼ同一の火口から噴火を繰り返すことにより、火口の周囲に溶岩および火山砕屑物・火砕流堆積物が積み重なり、火山体が形成されていく。

火山体は溶岩および火山砕屑物・火砕流堆積物などの互層であり、それが層を成していることから、「成層」の名が付いた。

なお、山体構成物は上記のほか、泥流堆積物も含まれる場合がある。

噴出口が同一であることから、火山体の形状は円錐状となる。

……

爆発的な噴火による火砕物の生成が必要であり、揮発性成分が多い島弧や沈み込み帯の火山に多く見られる。

キリマンジャロも成層火山なんですって。

そんでもって、キリマンジャロも世界遺産で、イタリアのエトナ山も成層火山で世界遺産。

でも、富士山が一番形が美しいような……

あの美しい姿が変わることなく続きますように。

 

世界遺産とともに、今日、話題になったのは、スノーデンさん。

あの元CIAエージェントで、アメリカ政府の命令でNSAがインターネットなどから独自に個人情報を入手していたと暴露しちゃたお方。

5月の米中首脳会談で、オバマさんがアメリカが中国からサイバー攻撃受けていると批難しようとしたとき、習主席も中国がサイバー攻撃を受けていると言った。

それを証明するような告発をしたスノーデン氏。

ハワイから逃走し香港へ行ったのだけど、いつの間にかロシアへ。

―――そりゃ、中国だって、迷惑だよね。

告発者が逃げ込んで来たら、いかにも自分たちが黒幕と言われたようなものだし。

早いとこ、どこかへ行かせなきゃということで、ロシアだったのかしら?

で、ロシアも痛くない腹を探られてもヤだから、さっさとエクアドルへ逃そうとしたみたいだけど……

今のところはまだロシアにいるみたい。

 

エクアドルと言えば、ウィキリークスのアサンジさんもイギリスのエクアドル大使館に亡命したけど、出国のために外に出たら即逮捕されるので、すでに一年近く缶詰め状態。

スノーデンさんもロシアのエクアドル大使館に缶詰……?

 

我が家なんか、盗まれる情報も財産もないのでお気楽だけど、

持てる者はサイバー攻撃とか情報泥棒とかに備えなきゃいけなくて、大変な世の中になってる。

日本も今の小中高なんていうアナログな教育システムを変えなきゃ、こんな世界に対応できなくなるよね。

英語教育なんかせず、飛び級とか、才能に合わせた教育とか考えなきゃ、飛び抜けた才能を持つ子供ほど潰されてしまう。

こんな時代に育つ子供が、私らのようにぼんやり育った人間と同じ感覚を持つはずもないのにね……

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.06.23

US-2とオブリビオン

さて、辛坊さんたちを救った「US-2」は新明和工業という日本の会社が開発しMade In Japanの水陸両用飛行艇。

会社名からHPに飛ぶと、そこに波浪4mの時の離発着動画があるけど、なかなかの迫力デス。

こんな訓練をしていたからこその救助だったんでしょうね。

 

今回の救助には、ウン千万掛かったと言われているけど……

日本の海上自衛隊には素晴らしい飛行艇と優秀な自衛官がいることを世界に知らしめたわけで、

その上、救助したのは今を時めくキャスターだし……

ウン千万以上のCM効果があったかもね。

 

とはいえ、一般ピープルが知らないだけで、U-S2が素晴らしい飛行艇だということは知れ渡っていたようで……

すでに世界44ヵ国から引き合いが来ているのだとか。 

中でもインドとは民間転用しての輸出を協議し始めている。

インドは海軍や沿岸警備隊に使う可能性が高いようで、武器輸出三原則が問題になってくる。

そこのところがクリアできれば、輸出は可能に。

武器を輸出するのはどうかと思うけど……

バットだって包丁だって武器にしようと思えば武器になるわけだから、後は使う国の問題。

どこに輸出するかを企業ではなく国が厳正に審査したら良いかと。

企業には私ら文句言えないけど、国には文句言えるもの。

 

今日の午後は、「オブリビオン」を観に行った。

公開前はトムとオルガのロマンスもあって騒がれていたけど、公開から20日以上経っているのに、あまり、映画自体へのコメントを目にしない。

なので、少々不安だったけど……

 

そういえば、今夜はスーパームーンなのだけど……

映画の世界では侵略者に半分に壊された月がその残骸とともに空に浮かんでいた。

侵略者は追い払ったものの、月の異変による重力の変化で地震や津波に襲われ、侵略を止めるための核戦争で放射能に汚染された地球……

そこに二人きり残され、水を吸い上げるプラントを見張り、その警備をするドローンの修理を任務とする男女。

他の生き残った地球人は、地球を捨て土星の惑星タイタンに移住してしまった。

地球にはまだ、侵略者の残党がいる。

侵略者の残党に情報が漏れないよう、記憶を消されて5年の任務に就いているのだけど……

女はもうすぐ任務が終わるのを楽しみにし、男は密かに隠れ家を作り、地球に残りたいと思っている。

 

「オブリビオン」=「忘却」というところが、ミソなのね。

あの展開は予想していなかった。

その後は予想できたので、結末にもうひとひねり欲しかった。

というか、あんなに簡単に、もうちょっと驚かせてくれないと……

あ、いけない、ネタバレしちゃうね。

面白かったということで終了~。

1phonto_11
ふふ、あなたたちには教えてあげるから。


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.22

100本のバラ

思いがけず雨が上がった今日は……

朝一でお世話になっているバラ農家のAさんのところへ。

 

花束作成を頼まれ、百数十本のバラを預かり、帰宅。

今回は100本のバラの花束。

大きくするつもりなら案外簡単。

だけど、女性でも持てるようにするのは結構大変……

 

思った以上に時間がかかり、昼食をとるのがやっとの状態でAさんと待ち合わせた会館へ。

今日は加藤登紀子さんのコンサート。

事前になんの情報もなく行ったので早めに待ち合わせてしまったのと、コンサートだけでなく中高生と町長と加藤さんのディスカッションなんかもあって……

加藤さんのコンサートが始まったのは、会館で待ち合わせてから3時間後。

ふう。

 

少々疲れた頃に始まったコンサートだったのだけど……

最初の「100万本のバラ」で、もう、疲れなんか吹っ飛び!

プログラムには無かったご自身訳のピアフの「愛の賛歌」まで聴かせていただいて、大満足!

 

コンサートの終わりには地元の小学生たちとのコラボもあって、それが終わると、いよいよ、花束の出番。

いくら小さくまとめたと言っても100本のバラの花束は重たかったでしょうに、子供たちをステージから送り最後の挨拶をなさるまで抱きかかえていてくださって、嬉しかった。

 

今回のコンサートはあまり宣伝されていなくて、会館の広報誌にも載っていなかった。

花束を作るのを引き受けた時も行くつもりはなかったのに、なぜか、行くことに……

―――お計らいかなぁ……

 

2004年に亡くなった知人は、加藤登紀子さんの亡くなられたご主人が鴨川で始められた鴨川自然王国の当初からの参加者だった。

加藤さんは「愛の賛歌」を歌った後、ご主人の死後、「あの世は永遠だから、あの世に行った人とはずっと一緒に居られると思うようになった」という感じのお話をされた。

―――あなたも見守ってくださっているの?

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

そういえば、加藤さん、「紅の豚」の曲も歌われたけど……

今日は辛坊さんたちのおかげで飛行艇が脚光を浴びていたわね。

彼らを4mもの高波の中から救出した飛行艇の乗組員は、ポルコ並みの腕の持ち主?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.21

シンガポールは煙だらけ

太平洋横断に出かけたばかりの辛坊さんたち、なんと、ヨットが壊れて海上保安庁に救助を要請。

宮城県沖1200㎞の位置で船体を放棄し救命ボートで漂流しているところを、無事に救助されたそうで。

良かった、良かった。

 

さて、この春、日本では中国から飛来するPM2.5の話題でいっぱいだったけど……

シンガポールは今、インドネシアからの煙害に困っているらしい。

なんと、危険度が最高の「極めて危険」とされ、老人や子供は致死レベルですって。

でも、インドネシアの大臣はシンガポールの抗議を、「子供のように騒ぐべきではない」なんて批評……

「糠にクギ」ってやつですかね?

 

この煙、中国のように化学産業のせいではなく、野焼きや山火事の煙。

とはいえ、野焼きの大半はパーム油の原料となるアブラヤシを栽培するためのもの。

パーム油は工業用に大量に使われている。

一時は自然にやさしい油とされたパーム油だけど、その製造過程では大規模な森林破壊と煙害を出している。

優しいどころではない。

 

シンガポール市民の健康も問題だけど……

一番の問題はこの野焼きによって、スマトラ島やボルネオ島の環境破壊が起こっていること。

アマゾンと同じように、人間の欲のために、貴重な森林が消え、そこに生息する多様な生物が絶滅している。

 

その油を必要としているのは工業化された先進国。

当然、それには日本も含まれる。

発展途上国が環境を破壊せずに富む方法を考えることが、環境破壊を経験しそれを乗り越えた日本のような先進国のすべきことなのに。

結局は都合よく発展途上国を使うものだから、先進国の問題が途上国に移されていくだけになってしまう。

 

地球環境を考えるときは国で区切ってはいけない。

だから、国連なんかは、本来、そういう話し合いをするのに適していると思うのだけど……

各自、自分の国の都合を述べ、他国の揚げ足を取り、余計な決議をするとことに成り下がっている。

まあ、いまだに日本を敗戦国扱いしている時点で中国と同じだけど。

 

これはもうどこかに、たとえば、それこそスマトラ島とかアマゾンあたりに事務局を置く、世界的な環境組織を作るしかないね。

で、地球環境保護区を作り、保護区に対して環境保全義務と補助金を出すとかしないと。

 

高須クリニックの高須さんはフリーメーソンの一員と公言されているけど、フリーメーソンの皆さんにそういう提案してくれないかなぁ。

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.20

無慈悲な気象

「無慈悲な」という形容詞はこの春、北朝鮮の十八番だったけど……

最近の気象も、まさに「無慈悲な」としか言いようがない感じ。

 

昨日は無慈悲にあちこちで川を氾濫させ、山を崩し……

今日も無慈悲に降り続けている。 

どうやら、台風が消えるまで、この無慈悲は続きそうな気配。

 

災害の夢をみ続けていたころ……

川が氾濫し家が流される夢とか、

屋根が飛ばされて部屋に雨がダーダー振り込んでいる夢とか、

家の中に土砂が入り込んでいる夢とか、

大きな岩がごろごろ音を立てて沢を下ってくる夢とか、

山がごっそり崩れていく夢とか、

様々、大雨の無慈悲な結果を視た。

それがそのまま、テレビ画面の向こうにあるのは、ほんと、しんどい。

 

あの頃は、それが現実になるとは信じられなかったけど……

今や、現実のほうが夢を凌駕している。

そのせいか、最近は災害の夢を視ない。

胸をバクバクさせながら目覚めることが無くなって、平和もいいところでございマス。

 

あれ?

そういえば、なにか(地震?竜巻?)で見渡す限りの家が潰れている夢はまだ現実になっていないし、宇宙船が空で戦っている夢も実現してないわ。

あれが現実になったらえらい迷惑!

 

大雨ももちろん迷惑だけど……

雨は降らないよりも降ったほうが良いにきまってる。

今日は何かを栽培している人がテレビに出ていて、今まで空梅雨だったところに雨が降って、水分が枯れていた木が一気に水を吸うと、実が柔くなって商品価値が落ちると嘆いていた。

 

雨が適度に降って当然と思うから、大雨を迷惑に思うのだろうけど……

あのまま降らなかったら、その木は枯れて、商品価値どころじゃなくなっちゃう。

価値が落ちても実はなるのだから、それを喜ばなきゃね。

この気候変動では、下手をすると、日本がサハラ砂漠みたいな気象になりかねない。

そういう想定をしていれば、不満は無くなる。 

 

この前、ある神様が目覚めるというメールを知人が霊能者から頂いていて……

「へえ、あちらの神様はお休みになっておられたの?」

「目覚めるってことは、そういうことだねえ」

と、話し合ったのだけど……

もしや、眠りについておられた神様方が目覚められて、人間に干渉する時代になったのかしらん?

 

全ての神様のご機嫌を損なわないように生きるの、大変だなぁ。

日本の場合、八百万……トイレにだっていらっしゃるわけだから。

八百万の無慈悲が始まったら、えらいこっちゃデス。

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.19

豪雨御礼

朝から岐阜方面に大雨洪水注意報が出ていたのだけど……

昼過ぎにはこの辺りにも大粒の雨が。

 

そういえば、インドでモンスーンが梅雨前線を刺激して大雨を降らせ、洪水を起こしたらしい。

今のところ、犠牲者は130人、行方不明は数百人という報道が…… 

その梅雨前線はそのまま伸びて日本上空まで来ている。

そこに低気圧が移動してきて、刺激された結果のこの雨……

侮れないわぁ。

 

案の定、北陸で記録的豪雨となり、降水量が史上最多なんてことになっているみたい。

調べると、うちの町にも大雨洪水雷注意報が出ていた。

確かにバケツをひっくり返したような雨が、時折、降ってる…… 

 

で、低気圧と梅雨前線だけの話なら、明日の午後には天候が回復するはずなのだけど、

台風4号が近づいているので、先行きは不透明。

今日の午後には宮古島が強風域に入ったところだしね。

これからどんどん影響が出てくるはず。

 

今度の台風は「リーピ」

ラオスの滝の名前ですって。

―――まさか滝のように雨を降らせるとか?

 

空梅雨で困っていたところへの雨。

降りすぎ!と文句を言いたくなるのは、贅沢というもので……

ここはとりあえず、お礼を言わなきゃ。

 

貴重な雨をありがとうございます。

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.18

ニャコポン

松原照子さんのブログで、「ニャコポン」という神様のことを知った。

ググったら、「神魔精妖名辞典」というのに行き当たり……

「ニャンべ」

西アフリカで広範囲にわたって信仰されている至高神。

そのため、「ニャメ」、「ナナ・ニャンコポン」など数多くの異名がある。

アフリカの諸地域に共通する遠き天空にいる神であり、人間の営みには一切干渉しない。

これには理由がある。

ニャンベはかつては地上に住み、王として君臨していた。

森や草原や川、また全ての動物をつくった。

そして最後につくられたのが原初の人間、カヌムとその妻だった。

カヌムは非常に賢く、ニャンベのすることを全て真似して習得していった。

やがてカヌムは神の出来ることならほとんどのことを出来るようになった。

しかしニャンベはこのカヌムの存在を煩わしく、また末恐ろしく感じてある島に隠遁した。

しかしカヌムは船を造ってニャンベを追いかけてきた。

とうとうニャンベは蜘蛛の糸を伝って天へと戻ってしまった。

カヌムは塔を建てて追おうとしたが失敗し、ようやく諦めたという。

アフリカの神話には天空神が人界との関わりを立つ「神去り神話」が多く存在し、ニャンベの物語はこれの典型と言える。

アフリカ人の祖先たちは、どんなに探し求めても見えない神様に絶望して、自分たちが神様にとって煩わしい存在と思うことで納得したのかしら……

 

彼らのように唯一絶対の創造神に見捨てられたと思っている人々もいれば、

人間は罪ある存在なのだから、神はひたすら改心を求めていると教えられた人々もいる。

異教の神を信じる人々を改心させるためには戦うことも辞さない人々もいる。

そんな彼らと、八百万の神様が常に傍にいて人間を見守ってくださると信じていられた民族とでは、死生観も人生観も違って当然。

日本人が世界のどこの人々とも違うのは、そういうことなのだろう。

 

今日はG8の会議が北アイルランド・ベルファストで行われた。

アイルランドや大ブリテン島はゲルマン人の流入と共に、5世紀以降、自然崇拝をしていたケルトの教えからキリスト教に変わった。

アイルランドやイギリスでは、為政者たちがキリスト教を利用して自分たちの権力を守ろうとし、それまでのケルトの神々を排除した。

―――神様が人間を見捨てたのではなく、人間が神様を見失ったんだわ。

 

それでも、あそこにはケルトの名残で、霊や精霊を信じる人々がいる。

テレビで拝見する安倍さんが、他の国を訪問した時よりも生き生きして見えるのは、そういう場のおかげかも……

 

ニャコポンに見捨てられたと思っている人々が住む地域の場合もガーナ王国という強大な権力を持つ国があったようだし、

アフリカはサハラ砂漠が緑に覆われていた時期から今のようなカラカラの状態になったのだから、気候変動も大きく、深刻だったのだろう。

ニャンベ=ニャコポンは人間の営みには一切干渉しないというのは、どんなに神様に請い願っても、事象が人々の望んだ通りにはならなかったからだろう。 

そう考えれば、長く、神様を感じ信じてこられたということは、とても稀有で素晴らしいことだったのね。

 

日本人が神様を見失わなずに済んだのには、天皇という存在も大きかった。

天皇がいなければ、私たちも神に見捨てられた民になっていたのかもしれない。

そう思えば、様々な危機がありながらも天皇制が続いてきたことは、それ自体奇跡だったと言える。

そしてその奇跡は、目に見えないものを信じて守り続けてくださったご先祖様のおかげ……

この国を守り子孫に繋ぎたいのなら、神様を見失わないようにしなければ。

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.17

解消されないエネルギー?

ロシア・シベリアの14日の積雪の話は知っていたけど……

30℃という高温の次の日とは知らんかった。

今日の朝ズバによると、これは中央ヨーロッパの洪水を引き起こした寒気団がロシア方面に動いた結果らしい。

 

その寒気団、あと一週間もしたら、日本方面に……

そんな強力なのが来るとなると、東北・北海道は要注意。

他の地域でも寒暖差が大きくて竜巻とか雹とか、とんでもないことになりそう。

 

そういえば北海道……いろんな因縁が積み重なっている割に解消されていないところなのかも。

佐藤愛子さんも別荘を建ててずいぶん御苦労なさっていたっけ。

★(関連過去記事)

 

我が家の不思議は今のところ落ち着いている。

あの頃に様々な不思議が続いたのは、私たちの心が荒んでいて、それに引き寄せられたエネルギーが起こしていたのだと思っている。

最近、あの時のようなエネルギーが今、世界中を覆っているのかも知れないと思う時がある。

人が変容しているように、その過去の生物の残存エネルギーも変容しつつあって……

その変容を良きものにするべき人間がその役目を果たせないことで、悪しき振る舞いをしている……

なんてね。

で、その解決には人間がより良きものに変わるしかないと……

 

私の気がかりは継続中なので、今日はこの辺で。

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.16

ダークマルーンの向日葵

ダークマルーン(暗い栗色)の向日葵……

51_2
スモークツリーと一緒に、ガラスの花瓶にどんと入れた。

32
4輪あったので、1輪はレッスンの残り物のカサブランカとブルーベリーと合わせて……

 

今日は気がかりなことがあって心がざわざわしているから、この色目は落ち着いて良いわ……
 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.15

まるで、鹿男

今朝、カルガモが気になっている夫が見に行こうというので……

41_3
行ってみたのだけど、カルガモ、見つからなかった。

でも、鏡のような池が見れたので、それなりに満足。( ̄▽ ̄)
 

さて、この前、ふと……

今の状況はあのドラマに似ていると思った。

あのドラマとは「鹿男あをによし

日本列島の地下には大なまずがいる。

その大なまずが暴れると、富士山は噴火するわ、地震が起こるわで、大変なことになる。

そこで、頭を鹿島大明神(武甕槌尊=)が踏んで押さえている。

尻尾は奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠が押さえているのだが、時が経つとその三点の押さえが緩み、大なまずが動いてしまう。

そこで、「目」という物でその押さえの緩みを直すことに。

60年に一回、鹿から鼠、鼠から狐、狐から鹿へ「目」を回して儀式を行い締め直すのだ。

その役目を鹿と狐と鼠に命じたのは卑弥呼。

彼らは1800年ものあいだ、60年に一回、神無月にその儀式を行い、日本列島を守ってきた。

ところが、ここに来て問題が・・・・・

狐から鹿に渡されるはずの「目」を、鼠が横取りしたために、儀式が出来ず、日本列島はぐらぐら、もう少しで富士山が噴火という非常事態が起こっている。

ほうらね、似てるでしょ?

 

このドラマの放映中はどっぷりはまってしまい、ついには奈良まで行ったくらいの惚れ込みようだった。

―――狐と鹿と鼠は、相性、悪いもんなぁ……

まだ、決着ついていないのかしらん?

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.14

カルガモと榊の花

今朝のことだけど……

出て行ったばかりの夫から携帯に着信。

―――えっ? 事故……?

 

不安になりながら電話に出ると、夫、なんだか興奮している。

良く聴きとれないけど、「カモが、カモが……」と言っている。

どうやら、近所の池でカルガモを発見したようだ。

「カルガモの親子、カラスに狙われていて、子供が一羽はぐれている」

「あなたがカラスを追い払ってあげればいんじゃね?」

と冷たい妻に、「早く来なきゃ、いなくなっちゃうよ」と言い置いて、夫、電話を切った。

 

―――え~と……

私は見に行くのか?

 

で、仕入れ後、遠回りして見に行ったのだけど……

1_4
もう、いなかった……

 

家に帰り携帯を見たら、夫からメールが……

_11
おお、確かに!

 

夜、夫に「カルガモに遭えてよかったね」というと、

「ここ、2か月、通るたびに池をちら見していたんだ」と嬉しそうに答えた。

―――ああ、そういう人だね、あなたは……

 

そんな会話をした後で、なんだか良い香りが部屋に漂っているのに気づいた。

クンクンしながらどこから流れてくるのか探したら……

2
神棚に供えている榊の花が咲いていた! 

榊の花ってエゴノキの花と形も香りも似ている…… 

 

なんだか、とっても幸せな気分になって……

夕ご飯を食べすぎた。

やばし。

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.13

DJポリス

湿気っぽい一日。

夕方から雨になった。

 

今日は「DJポリス」が警視総監賞を受けたというニュースが……

実は「DJポリス」はあの場に二人居て、同僚の女性DJポリスも同時に受賞されたとか。

 

警察官というと、何か遠い存在・怖い存在と思いがち。

だけど、DJポリスは「警察官も同じ日本人としてワールドカップ出場決定を喜んでいる」とあの群衆に伝えた。

それは単純だけど、凄いこと。

あの言葉で一瞬にして、皆が警察官に対して親近感を持ったのだから。

 

阪神淡路大震災のころ、自衛隊は遠い存在だった。

たぶん、知り合いやそのまた知り合いには自衛官の一人や二人はいたはずなのに、その実態はわからなかったし、その必要性もあまり感じていなかった。

ところが、311以降、大多数の日本人の自衛隊・自衛官に対する思いは大きく変わった。

彼らの存在意義が理解できたし、感謝するようになった。

 

尖閣問題では海上保安庁の存在意義も理解できた。

皮肉なことに侵略されるという危機感が日本人を結束させた。

 

そして、あの渋谷のDJポリスの言葉で警察官に対する思いも少し変わったような気がする。

確かに、警察官と言えども不祥事を起こす人もいるし、冤罪かと思うような事件もある。

やけに威張って現場を仕切る警官もいる。

それはそれとして……

警官も一人の人間であること。

勤務時間中は個としての感情を抑え仕事をしているのだということ。

を、国民は理解しつつあるような気がする。

 

権力の側との対立が世界中で起こり、紛争となっている中、

権力の側のはずの自衛官や海上保安官・警察官と対立するのではなく、

彼らの仕事を認め、感謝する方向に向かうのは素晴らしい。

それはtwitterで文句を垂れ流したようなおエライ官僚のおかげではなく……

現場で、日々、汗を流している方々が、仕事だからと割り切らず、個として心を籠めて行動されてきたからこそ。

国民の側にも彼らの個としての思いを受け止める思いやりが生まれたからこそ。

 

そういう国に住まわせて頂いていることに感謝……

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.12

印象派の絵画のような

昨日、友人Aとレッスンの後、ランチに行こうという話になり、友人Bも誘い、話が決まった後で出かけた農園で友人Cにばったり。

友人Cも誘い、友人Cの友達が営んでいる喫茶店に予約を取ってもらった。

そのお店のランチは予約しないとありつけない。

 

で、今日は山の中の喫茶店に行き、無事にランチ。

例によって食べるのに夢中で、写真は撮り忘れたけど。(*^-^)

 

傍の畑で採れた野菜を中心とした食事はもちろん、デザートのコーヒーゼリーも美味しかった。

食後には一晩じっくりと水で出したアイスコーヒーを頂いた。

何やら複雑なその水出しの器具がね、そそるというか……

一度飲んでみたかったのだけど、今日は久しぶりに30℃越えのこの辺り、アイスコーヒーにはぴったり。

美味しゅうございました。

 

帰って、コマメの散歩に出ると、空は……

3

この何段階かに高さが異なり、形もぼこぼこな雲たちは、まるで、印象派の絵画のよう。

ここ数年、こんな雲を良く見るけど……

以前のこの辺りにはこんな雲はなかった。

 

印象派時代は19世紀から20世紀初頭。

モネ、マネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ……後期にはゴーギャンやゴッホも。

私はバルビゾン派とも言われているコローの絵が好きだった。

 

この異常気象と言われる時代の日本の空と印象派の空が似ているということは……

もしや、あの頃と今の気象には関連がある?

19世紀から20世紀初頭にヨーロッパの空に何が起こっていたのだろうと考え、調べてみた。

 

まず、1300年代から1850年の約5世紀半は小氷期

世界は飢饉や疾病に苦しめられていた。

19世紀には大きな火山噴火もあったし、日本では安政の一連の大地震が起こっている。

黒船が日本にやってきて、フランス革命があり、南北戦争があり、明治維新があった。

それまでの体制が一気に崩壊していった時期だ。

1850年以降、小氷期は終わり、20世紀にはいると、ますます科学技術が発展し、人口も増えた。

これは小氷期が終わったことも関係しているかもしれない。

 

19世紀から20世紀初頭は気候の変わり目だった。 

そして、今、温暖化と騒がれていたのに、いつの間にか、「小氷期がやってきた」と言われている。

大きな地震も、火山の噴火も、太陽の異常も始まっている。

政治も大きく変わりつつある。

やはり、気候が大きく変わろうとしているみたい。

 

あの雲が変わり目の弊害の象徴なら、100年ほどで収まる。

地球の歴史で100年なら大したことない。 

――――でも、人間にとっての100年は一生涯なんだよね……

私のような年代物はもう先が見えているけど、今、生まれた子たちは一生涯を荒ぶる気候のもとに過ごすことになるのかしら?

それはちょっと、辛いものが……

 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.11

相応しくなければ

4時過ぎに雨が降り始めた。

台風3号が梅雨前線を刺激した結果、空梅雨から逃れることができたらしい。

そうなると・……

5_2
この子たちが心配だわ……

1phonto_2

↑この頃に比べると、ずいぶん膨らんだでしょ?

 

去年までは雨が降らなかろうが、大風が吹こうが、まったくキウイのことは心配していなかった。

雨が降らない真夏には葉っぱが枯れてすべて散り、秋口にまた葉をつけるのをみて、「おお、この子って元気!」と思っていただけなのに、

今年は雨が降らないからと水をかけている。 

台風が来るともなれば、風も心配になって、

何か被せたほうが良いのかな?

なんて思ってる。

 

 
全く私は、小心者。

たかがキウイなのに、自分のものとなると、その行く末を考えておろおろしちゃう。

 

子供、いなくて良かった……

犬たちだって、こんなに甘えん坊に育ててしまっているくらいだから、子供がいたら、その子のことばかり考えて囲ってしまって、依頼心の強いダメな子にしちゃったに違いない。

資産家でなくて良かった……

なまじ資産を持っていたら、泥棒に入られやしないか、誰かに騙されやしないかと心配で眠れなかったり、

誰にもやるもんかと強欲ばあさんになって、棺桶まで持っていこうとするに違いない。

 

子供も財産もそれを持つに相応しい人間が持たなければ、それは「寿」ではなく「呪」になってしまう。

そう考えれば、神様は私をいろんな執着から自由にしてくださっている。

ありがたいことだ。

 

……ということにしとこ。

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.10

どっちがエライ?

暗くなってから、蛍を見に出かけた。

ほら、明日以降になると台風の影響が出そうだから。

大雨が降ると、蛍って、川下に流されちゃうんだって。

 

車で10分ほどのいつもの川に行くと、今年は例年以上の豊作(?)!

川の中の草むらに光がいっぱいで、まるで暗闇のアジサイのよう……

 

ねえ、高麗、芽生、今年も蛍が見れて良かったね。

あら、あなたたちはもうお休みですか……

1_2

ご飯を食べてから行ったので、どうやら眠かったコマメ。

帰ってすぐに身体を寄せ合って、熟睡!

 

メイちん、先住犬が高麗でよかったね。

あなたは、はしっこくて要領が良いから、すぐにべスポジを取っちゃう。

だけど、高麗は怒らないでしょ?

 

高麗はいらっとするほど要領は悪いけど、誠実ワンコ。

ちっとも、狡くないし優しいの。

1phonto_5
ふふ。

 

今日も良い日だったね。

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.09

菖蒲とダッキーとYAGI

朝、夫の送り迎えの待ち時間に岡崎の東公園へ。

三時間もあるので喫茶店でモーニングでもと思っていたのだけど、車を走らせているうちに「菖蒲祭り」の幟が目に付いたんだよね。

1_1
ここは今が見ごろかな……

1_3
菖蒲見物しながら、コンビニで買っていったコーヒーを飲み、まったり。

今年も菖蒲を見られて良かった。

 

午後は掃除・洗濯をしながら、「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」を一気見。

130492693495820
この人はダッキー(デビット・マッカラム)

いまでこそ、こんなおじいさんだけど、昔は……

Hollowman2_02

こんなイケメンだった。

「ナポレオン・ソロ」を見た後、「NCIS」を見ると……なんとも。

 

ところで、台風3号がフィリピンの東を北上中とか。

北上ということは、来るんですかね?

台風3号9時

おお、この予想進路図では、直撃じゃないですか!

 

この時期に発生した過去の台風の影響を見ると……

2003年の台風6号は九州の北を通過、熊本で305ミリの総雨量となり、

2004年の台風4号は6月11日に高知に上陸、屋久島で340.5ミリの降雨を記録。

同じく、2004年の台風6号は6月21日に高知に上陸、尾鷲で346ミリを記録。

というように、梅雨前線を刺激して大雨になる可能性が……

すでに屋久島はかなりの雨が降っているみたい。

 

西日本は今年、空梅雨で水不足が心配されているけど、一気に解消?

でも、あまりにカラカラのところにどっと雨が降るのも危ないのよね……

ほどほどでありますように。

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

台風3号は「YAGI」……日本の命名で「やぎ座」のことですって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.08

揺れたのは

昨日の雨が嘘のように晴れ上がった今日……

昨日の9時の時点で矢作ダムは貯水率55.4%と半分近くなっていたけど、少しは増えたのかなぁ……

あら、やだ、今日は54%になってる!

だめじゃん、こんなところで降らないで山奥で降らなきゃ!

と、空に文句を言ったりして。

 

でも、今日は木々や草花がぴんぴんしているから、雨降って良かった……

私たち、ずぶ濡れになったけど。

 

さて、今日は和歌山北部で16:10~22:10の間、震度4の地震を最大に、7回も地震が続いた。

北部というのは和歌山市の辺りで、南海トラフの関係というよりも中央構造線のほうらしい。

この前の淡路島の地震の影響かしらん?

 

中央構造線が動くとなると……

九州・四国・東北を除く本州のほとんどが関係してくる。

中央構造線は、この辺りだと伊勢から三河湾に入り、伊良湖から豊橋を通り、諏訪湖へと向かっている。

ーーーまあ、見事に取り囲まれてるわ、この辺り……

どこが揺れても影響受けそう。

 

何が起こってもそれが神様の思し召しなら、仕方ない。

日々、ここに住まわせていただいていることに感謝して生きるしかないね。

人間の身ではそれくらいしかできないもの。

 

あら、また、夜更かしになっちゃった。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.06.07

6月7日は半端ない

薄曇りで始まった今日は、サクラの命日……

あの朝から6年が経った。

昨日、二階でアイロンをかけていたら、どこからか、「ハッ、ハッ、ハッ」という荒い息使いが聞こえた。

目の前のベッドで伏せてこちらを見ていた芽生にも声が聞こえたらしく、耳をピンと立てて立ち上がった。

一階にいる高麗の調子が悪いのかと思い、一階に降りて行ったところ、高麗は寝ぼけ顔で私を見上げた。

―――あ、あれはサクラだわ……

 

普段はまるで忘れたように生活しているけど、サクラの存在は私の一部。

高麗も芽生もそれぞれに可愛く愛しい。

今は見えないサクラもムーミンもハナコも、同じように可愛く愛しい……

犬たちと暮らせるのは本当にありがたいこと。

 

 

で、朝からエアコンの掃除。

例年なら4月から使う日があるので、もっと早く掃除するのだけど……

今年は珍しいことにまだ一度も冷房をするような日が無かった。

でも、6月ともなれば、突然、猛暑になりかねない。

涼しいうちにフィルターを洗いあちこちの汚れを落としておけば、すぐに使える……

ということで、掃除をし、乾かし、セットしたら、もう、夕方。

 

なんだか、雲行が怪しいけど散歩に出ましょうかね。

と、出かけた。

途中、空を見上げると……

1_1
―――じぇ、じぇ、じぇ!

なんじゃ、あの火事の煙のように一か所から湧き上がる雲は!

 

ようやく高麗がうんちして家に帰ると言ったときには、すでにパラパラ……

3

―――おお、見るからに不穏な雲!

雷も鳴ってる!

怖いよ~(;д;)

 

―――これはもう、四股を踏むしかない!

四股は「醜(しこ)」

大地の荒ぶる神を鎮め、あらゆる悪しきもの(醜)を踏みつける神事なんだよん。

 

で、走れば間に合うところをゆっくりどっちり歩いていたら……

帰り道の半分まで来てところで、どしゃ降りに!

1
少しの間、木陰で待っていけたけど止みそうもない。

それどころか、ますます、風雨がひどくなって、木陰にいてもすでにびしょ濡れ。

―――どうせ、もう、濡れちゃったし。

と、普通に歩いて帰った。

 

下着までずぶ濡れになり震えながら家に帰りつき、コマメも一緒に温かいシャワー。

その後、コマメを乾かし自分も乾かしで、大騒動。
 

 

エアコン掃除でカビを吸い込んで出ていたアレルギー症状と、雨に打たれて冷え切ったのの相乗効果で、くしゃみ連発、鼻水ダーダー!

ようやく、昨日から体調が良くなっていたのに、うっかり動いちゃって、元の木阿弥……

明日は安静にしよう。

 

そんな今日はあちこちで気象が荒れ、竜巻が発生しそうになったり、雷の被害が出たりしている。

これは上空に寒気が入ったせいとか。

さっきは上越市で震度4の地震もあったし、釧路や三宅島、宮城も揺れている。

 

まあ、このままじゃ取水制限かと思っていたから、大雨で済んだのなら、結構なことで……

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

あら、プーチンさん、離婚……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.06

今でしょ!

梅雨に入ったというのに、ほとんど雨が降らない。

でもまあ、毎日曇って湿度も高いから、梅雨っぽい感じはする。

庭のアジサイも咲き始めたし……

1phonto_4
あら、あなたたち、ブータレてない?

 

ふふ、朝から病院で注射されたり血を抜かれたり、耳の中覗かれたりしたのが気に入らなかったのね……

か~しゃんもがっくりデスよ。

高麗は5.2kg、芽生は2.8kgって……

なんじゃいな!デスよ。

確かに最近はすごい食欲だったけど、ここまでとは……

 

か~しゃんも7月の検診までにもう少し痩せなきゃいけないから、明日から一緒にダイエットだね。

え?

―――今でしょ!……って?

いえ、こういうのは覚悟がいるんデス。

今日は覚悟の日で、明日が実行の日……の予定なんデス。( ̄▽ ̄)

 

さて、日本はそれでも何とか夏が来そうだけど……

ロシアのシベリアでは6月に入ってからも雪が降って積もったとか。

シベリアと言っても、通常は夏は東京と同じくらいの気候らしいから、結構な異常気象といえる。

アメリカのオクラホマでは二回の竜巻に襲われ、

ヨーロッパではライン川沿いの都市が洪水に遭って、

ハワイでは偏西風が消えかけている……

ほんとに地球規模で異常が起こっているよね。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.05

くくり

昨日の渋谷スクランブル交差点、規制されていたにもかかわらず、大変なことになっていた。

テレビを見ていると、あるおまわりさんが車の上から拡声器で、

  鬼のような顔をして立ちふさがっているおまわりさんも、心の中は皆さんと同じ。

  日本代表のワールドカップ出場決定を喜んでいる。

  どうか、皆さん、その気持ちを察してご協力ください。

みたいなことを話されていて、それにもすっごく感動したけど、

若者たちが「おまわり、おまわり」と楽しそうに囃し立てていたことに、胸が熱くなった。

 

たぶん、彼らは10代から年を食ってても40までくらいだと思う。

不況下で育ち、今も経済弱者が多いに違いないその年代って、本来なら鬱憤を貯めてるはず。

外国ならば、これ幸いと暴動になりそうな場面なのだけど……

規制する立場の方に、威張って命令するだけじゃなく、自分がしていることの意味を理解してもらおうと言葉で説明する人がいる。

若者のほうも、彼の言葉を理解してやりすぎないように自制する。

そこには立場を超えた、人と人との交流がある。

 

水野晴郎さん風に言えば、

――いや~日本って、日本の若者って、素晴らしいね。

だよね。

団体行動、悪くないね。

 

さて、この前、我が家が国津神のほうで、出雲族と知ったわけだけど……

我が家のもう一人のご先祖様・行教が宇佐八幡から八幡大菩薩を勧請し、創り上げたのが石清水八幡宮

全国に数多くある八幡社の元締めみたいな存在なのだけど……

どうも、八幡神社というのは、もともと白山神社のあったところに上書きするように作られたらしい。

で、白山神社も、それを上書きした八幡神社も、ご祭神は白山くくり姫(白山菊理媛)。

この姫神様はヤフー知恵袋のベストアンサーによると……

菊理媛大神さまは、日本書紀では一箇所に登場するのみ.

イザナミ、イザナギが夫婦喧嘩したときに仲裁したとしか書かれていない.謎に包まれた国津神です.

他の名前は、白山権現、白山明神、白山比咩(しらやまひめ)神と呼ばれている.

この神が知られたのは、泰澄(たいちょう)が奈良時代に、夢のお告げで白山山頂に登って、十一面観世音菩薩(菊理姫さまの化身)と会った.

ここから白山信仰が始まった.

菊理姫さまは、ククリの姫とも呼ばれて人の縁を結ぶという 

くくり姫様は最高神に次ぐ神様という話もあり、つまり、白山くくり姫様は国津神の代表なのだそうで…… 

そんなくくり姫を隠して信仰していた八幡社……

ということは、石清水八幡宮も国津神系?  

 

神話の時代の話と思うけど、案外、つながりは切れていないのかも。

今ここにいる私は、そういう様々な糸で織られた物語の先端ということなのだから。 

そして、それは、すべての日本人がそういうご先祖様の織りなした物語の先端ということでもある。

そう思うと、なんか、とても隣人が愛しくなるね。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.04

団体行動

サッカー日本代表、ワールドカップ出場決定おめでとう!!

 

オーストラリアに1点先行された時は、もうだめかと思ったけど……

本田のPKが決まって、同点に。

 

なんというか、今でこそ……

「ワールドカップに行くべし!」 

「行けて当然!」

みたいな雰囲気になっているわけだけど、

日本人、サッカーのルールも知らず、ましてやワールドカップがあるなんて知らずに暮らしてた時期もあったわけで……

それが今や、渋谷のスクランブル交差点がサッカーファンを締め出すために閉鎖されて、道頓堀にファンが飛び込む騒ぎになっている。

サッカーを知らない子供時代を送った私にはなんだかおもしろい。

 

人と人が競う競技は、コロッセウムの時代から今に至るまで、人々を熱狂させる。

究極の経済効果だし、鬱屈した精神のガス抜きにもなる。

ということは、オリンピックを招致しようとしていた前都知事は正しかったということか……

 

現在、サッカー人気とは正反対の位置にあるのは、競輪。

中野浩一選手が世界選手権10連覇をしていたころは、競輪に多くのファンが集まっていた。

それが最近は、とんと、世界選手権の話なんか聞かない。

それどころか、愛知県の一ノ宮では競輪場が廃止されることが、つい最近決定した。

 

かつて日本男子が熱狂していた競輪、競馬、競艇……どれも今や苦戦している。

これらの特徴は屋外競技で、個人を個人が応援するということ。

そういえば、プロレスもかつての栄光はないよねぇ……

あれは屋内だけど、勝ったからと言ってファンがウェーブとかありえないし。 

あ。AKBの場合は集団の上にファンも集団っぽくて、ウェーブとかやりそうだから、大ブレークなんだね。

 

つまり、今の日本人は団体を団体で応援するのが好きで、屋外よりも屋内で観戦するのが好き。

ずばり、これは……

「ドラゴンクエスト・シンドローム!」

でしょう。

 

おほ。

おら、何度も棺桶かついで教会に行ったもんだ……(遠い目)

 

あれ?

ということは……

 命は金で何とかなるんだぜ。

 おお、町だ。そこら中家探しして、宝箱を頂こうぜ。

 ちょっくら町の外で怪物をやっつけて金と経験値を稼いでくるからよ。 

なんてことに、これからなるのかしらん?

ひゃ~。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.03

3Dプリンター

最近、「3Dプリンター」という言葉を良く見かける。

空母の中で3Dプリンターで兵器(ドローン)を作ることが可能になるとか、

プラスティック製の銃の製造データが流出してしまい、3Dプリンターがあればだれでも銃が作れるとか、

3Dプリンターで作った人工頭蓋骨の移植に成功したとか、

素人でもフィギアが簡単に作れるとか、

様々な用途に使えるらしいのだけど……

 

驚いたことに、フード3Dプリンターなるものも開発されていて、食品まで3Dプリンターで作っちゃおということになっている!

 

このフード3Dプリンター、炭水化物、タンパク質、脂質、水、ビタミン、ミネラルなどの主要成分を粉末状にしたものをカードリッジの状態で提供し、印刷する段階で水分や油分などを混ぜて吹き付け、焼付けなどもこのタイミングで実施。

そうやって栄養価や見た目だけではなく、味も劣らない食べ物を「プリント」するんですってさ。

食材はそのまま冷凍したら場所は取るし賞味期限は短い。

素材保存ならば常温で30年も保存可能になる。

で、このプロジェクトはアメリカ航空宇宙局(NASA)の支援も受けているそうな。

そりゃ、宇宙には最適だ。

 

そういえば、私が嵌っている近未来ロマンティックSFサスペンスの「イヴ&ローク」シリーズにはオートシェフなるものがあって……

そのオートシェフ、セットすれば即座に何でも作ってくれるという優れもの。

ハンバーガーだろうが、ステーキだろうが、パスタだろうが、お茶の子さいさい。

こんなのがあればいいなぁと思っていたのよね……

あれって、3Dプリンターの進化系なのかなぁ?

イヴは車を何台もおしゃかにしているから、ついでに、3Dプリンターで車も作れるようにしとけばいいのにね。(*^m^)

 

あ、そのうち、家も3Dプリンターで作れるようになったりして。

でっかい3Dプリンターを現地に持ってきて、その場で作っちゃうとか。

無生物ならともかく……

生物を構成している物質でフィギアを作り、振動を与えれば動きだしたりして……

怖っ!

 

 

世界はますます魔法じみていく……

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.02

古い箱には

いつからあるのかすら覚えていないような古い箱が、玄関の棚の上にある。

開けてみると、中には海に行ったときに拾ってきた砂や貝殻があり、小さな猫やそれよりも小さなタコのフィギアらしきものが……

こんなのいらない。

捨てよう。

と、庭に中身をぶちまけたら……

なんと、猫はむくむく大きくなり、タコもビロ~ンと成長!

普通サイズになっちゃった!

見ていると、猫はタコに飛び掛かり、タコの脚を一本食いちぎって逃げた……

タコは脚を喰われ、怒りに墨を吐きながらクネクネ。

 

それを見た私は、

タコは砂についてきたのかな?

それとも貝殻?

そう言えば、たまにあさりの中に小さなタコが食べられて入っているよね……

なんて、ことを考えている。

 

くたくた昼寝してこんなシュールな夢を見るなんて……

私の人生、これでいいのかしらん?

 

迷いが深まる6月二日目の夜……

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

あ、箱が出てきたのは「魍魎の匣」のせい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.01

魍魎の匣

朝、「スカパーが無料だよ」と夫が言い残して出かけた。

で、スカパーを見たのだけど、全部が無料というわけでもなさそうだし、見たいものもないし……

―――じぇじぇじぇ、「魍魎の匣」が!

 

京極夏彦に嵌っていた頃、あの一連の分厚い本を必死で読んだっけ……

と懐かしみながら、チャンネルを合わせた。

もともと契約しているチャンネルなんで、お得感はなかったけど。( ̄▽ ̄)

 

京極堂が堤真一、榎木津が阿部寛、関口が椎名桔平、木場が宮迫博之、久保があの宮藤官九郎……

よだれが出ちゃう!

 

内容はというと、うろ覚えの原作とはちょこっと違うような気もしたけど。

しかも、宮迫と荒川良々とクドカンが共演してるのに、猟奇サスペンスって!

とは思いつつ、楽しみましたさ。

 

特に何が良かったかというと……サウンドトラック?

「映画はKS」って↑に書いてるけど、映画も良かったすよ。

 

 

さて、今日は東京で「アフリカ開発会議」が始まった。

日本は官民合わせて3兆2千億円の開発援助をすることにしているらしい。

なんと、太っ腹なこと……

 

この国の民でさえ、生活に困窮しているというのに。

という意見もあるだろうけど……

世界に発言力を持つためには国際援助は仕方ないし、

なによりも、ほら、幸せなときにお裾分けをしなければ、大きな苦難に見舞われるというでしょ?

日本人は自分たちが幸せという自覚が無かったから、それを怠っていたんだよね。

 

こんな不況でこんな地震がいっぱいで、それでも、私たちの生活は世界の特権階級の生活だ。

困っている国のために出来るだけの援助するのは当然。

国内で変なところに流れていくよりも、よっぽどマシ!

それに、今回の会議に来ているアフリカの国は50か国もあるのだから、単純に割ると、一国あたり640億円……

この春、マンチェスターCと契約したコートジボワールのサッカー選手の4年間の契約金が64億円というから、国から国への援助でその10倍は大した額とは言えない。

 

ただ、それが真にアフリカの人々のお役に立つようにしなければ、お金は両刃の剣になる。

そうならないように、まず、日本政府は中国との関係の反省をしっかりしなければ。

特権階級を肥やすことなく、その国の民主化を進め、環境を保全するような金の使い方をさせて、

受け入れる人材も、だれでも受け入れて単純労働をさせ安い賃金で使い捨てをするのではなく、その国の芯になるような優秀な人を受け入れ、その才能に見合う待遇をする。

そうでなければ、かえって、恨まれることになりかねないものね。

 

―――ああ、私もたくさんお金が稼げたらなぁ。

なんだかんだ言っても、税金をたくさん納めているような人は世の中に貢献しているよね。

こんなビンボーじゃ、誰の役にも立てないわ。

私って魍魎に等しいわ。

 

ついつい、生き方を考えちゃう6月最初の夜…… 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

あ、魍魎(もうりょう)ってね、京極堂によると、「姿かたちも捕えようのない曖昧模糊な存在」

妖怪を差す魑魅魍魎(ちみもうりょう)とはちがうんだよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »