« まーごんか なでしこか | トップページ | いなくなっちゃった »

2011.07.20

台風に感謝を

昨日は雨の中を運転しながら……

私は台風を嫌っているけど、台風は本当に悪いばかりのものなのだろうか……?

なんて、考えた。

夜になって、その思いはどんどん強くなり、思ったのは……

 

台風とは大雨と大風のセット。

雨は水……水は人間にも動植物にも不可欠なもの=恵み。

世界中で水不足と言われているのに日本では水はふんだんに使える。

それは台風がまとまった雨を運んでくるからだ。

 

風……風が吹かなくなればどうなるのだろう?

ライアル・ワトスンは風の博物誌の序文で、

「風がなければ地球の大部分はだれも住めない場所になってしまう」

「風のおかげで地球は真に生きた存在たりえている」

と述べている。

風は地球という名の惑星の血液循環系と神経系をなし、エネルギーと情報の分配、熱と覚醒した意識の配給を司って無から有を作り出している。

としたら、強い風である台風により、我々はとんでもなく素晴らしいものを得ているのでは?

 

そんなことを思ったら、どんどん台風が愛おしくなってきて……

雨をありがとうございます。

風をありがとうございます。

と、口に出して、何回も何回も唱えてみた。

恐れ、忌み嫌うのではなく、台風に感謝を捧げなきゃ、罰が当たるような気がしてさ。

 

台風が災害を起こすのは、その場が自然として正しい状態ではないから?

同じ雨風により被害に遭う場所と遭わない場所がある。

ということはそういうことなのかも……

我が家にしても、こんな何も遮るもののない崖っぷちに家を建てたのが悪いのだ。

景色や日当たりの良さばかり考えて、風を恐れなかった報い。

どうなっても、これは自己責任。

何があっても受け入れればいい。

そう思ったら、すっきり。

で、ぐっすり眠れて、今朝は爽快ったらありゃしない。

 

朝はまだ風が吹いていたけど、それも昼前にはすっかり落ち着いて、15時前には雨もやみ……

Dscn3862

高麗も散歩ができて、ご機嫌! 

Dscn3867

だね。

チビ猫も初めての台風、怖かったろうね。 

チビ猫と言えば……

朝、夫が心配していたので、二階からいつも遊んでいる場所を見たら……

Dscn38581_2

一人でスズメを狙っていた。

まだ雨が降っていたので、猫か~さんのためのさんまの水煮を玄関先に置いていたら、いつの間にか無くなっていた。

 

その後も、猫たちが気になって、出入りの度に、あちこち覗いていたら……

我が家の給湯器の穴からヘビが床下に潜り込んでいくのを目撃!

2mはありそうな青大将……

―――え~と、あなたが我が家の守り神なんでしょうか?

床下に居られると思うと、なんか、ドキドキなんですけど。

 

どうしたものやら ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

 

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

 

|

« まーごんか なでしこか | トップページ | いなくなっちゃった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/52260627

この記事へのトラックバック一覧です: 台風に感謝を:

« まーごんか なでしこか | トップページ | いなくなっちゃった »