« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009.07.31

7月が終るというのに

夕方の高麗の散歩に出たら、バタバタヘリの音がうるさい。

ご近所さんも、なにごとかと表に出てきて、

「殺人事件があったときもあんな感じだったよね」

「水没した時もようけ来たなぁ」 

なんて、話しながら、空を見上げていた。


で、帰ってテレビをつけたら、ちょうど、ヘリからの中継が・・・・

隣の市で郵便局強盗が200万奪って逃げていた!

あらら・・・・

でも、あそこの郵便局って、駐在所の隣にあったような・・・・

大胆な犯行だわ。

しかも、あんな車通りが多く渋滞しているところからまんまと逃れたとは・・・・

隣の市は、明日、花火大会。

早く捕まえなきゃ、警察官、大忙しで大変。


 

そんな東海地方は梅雨明けしないまま、7月を終えることに・・・・

散歩をしていても涼しくて、まるで、白川村に居るみたい。

暑くないのは助かるけど・・・・・

良いのかなぁ?

なんか、とんでもないツケをしているような気がする。

眩暈がしそうな請求が着そう。 

 

眩暈といえば、これも・・・・

Img_6068  

じっと見てると、くらくらするのでご用心を!

 
 
 

人気ブログランキングへ クリックよろしくお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.30

とんだお土産

今日は久しぶりに、夏らしい日。

今朝、ごはんを食べていて、視線を感じた。

窓を見あげると、黒い影が・・・・・

Img_6083

ぎゃ~

ご・ごきぶり???

Img_6084

セ、セミ・・・・・そんなところで何を?

というようなことがありましたとさ。

セミも暇なんですかね? 



 

咋夜、二階の寝室に行くと、むちゃくちゃ暑くて・・・

暑さのあまり、高麗もジタバタ。

本を読んでいる私の隣で、ちっとも眠らず、うるさい。

―――しょうがない、クーラー入れるか・・・・

クーラーを入れて、部屋が涼んできた時、なんとも言えない臭いが・・・・


 

―――こ、高麗・・・・まさか、お漏らし・・・・?

高麗を振り返ると、涼しくなったのが良かったのか、もう、寝ている。

くんくん・・・くんくん・・・

お尻は臭くない。

―――高麗の臭いじゃない・・・・?

でも・・・・

なんとも言えない獣臭さが、塊になってぶち当たってくる。

窓を開けて、外の臭いを嗅いだのだけど・・・・

―――臭くない!


なるほど・・・・

―――タヌキね。

あの人に憑いて来たのね。

 

「あの人」は、常に何か憑いてきちゃう人。 

昨日の夕方、お願いしていた物を持って、ご主人と一緒にやって来て、一時間ほど話していった。


で、今日、その人に出合ったので、

「昨日、うちにタヌキを連れてきたでしょ!?」

「あ・・・・あれ、タヌキだったんだ」

思い当たるフシがあるらしい。

 

彼女は、一昨日、ある場所に行き、神社の前を通ったらしい。

神社と言っても、草にまみれていて、すぐに神社があるとは分からないような状態。

「うわ、なんか気持ち悪い」と思ったと言う。

そこを通り過ぎたときから、やけに眠くなり、体調が優れず、二日間苦しんでいたらしいのだけど・・・

「そういえば、お宅に寄った後は、すっきりしちゃって、ちっとも眠くならなかったわぁ」

―――置いてくなよ!!


 

彼女は仕事柄いろんなところに行っては、いろんなものを背負ってくる。

それだけなら、自業自得、知ったこっちゃ無いのだけど・・・・

良く遊びに来ては、我が家にそれを置いていく。

「だから、古戦場や神社仏閣にはめったやたらに行くなと言っているでしょ!」

と私が怒っても、

「別に行こうとしていくわけじゃないもん。車で通りかかっただけだもん」

と、ケロッとしている。

 

そんな会話があって、「あ、これブログに書くでしょ?」と言われた。

「んなもの書きません!」と言ったけど、書いちゃった。


お願いだから・・・・

もう、変なものを背負ってくるのはやめてくれない?

 
 
 
 
 

人気ブログランキングへ  クリック、よろしく~♪

                  帰って来てね。


  
 

Img_6086  

うっ、怒ってるし!

ps:害虫発生?

さっき、私のお腹に飛んできた昆虫。

あまりにキレイなエメラルドグリーンなので、どんな虫か調べたら・・・・

Img_6088

ツマグロヨコバイの♂。

この虫、萎縮病ウィルスを媒介する稲の敵。

いやん!

ご近所の皆様、稲の病気にご注意を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.29

晴れ間の散歩

毎日、毎日、雨。

その合間を縫って、高麗の散歩に行かなきゃいけないので、なかなかに大変。

今日も夕方、あわてて出かけた。

貴重な晴れ間なので、皆さん、これを逃してなるものかと散歩に出ている。

いろんなワンコと出遭って・・・・

Ma330002

近づいていくものの・・・・

Ma330004

すぐに腰が引けて、馬鹿にされる高麗。


ついこの春まで、傍若無人振りを発揮していた高麗は、大きな犬に噛まれたり、ネコにネコパンチ食らったり、と痛い目に遭って、変に用心深くなった。

相変わらず人には喜んで寄っていくのだけど、犬猫は苦手。

あ、この子は別ね。

Img_6080

このくつろぎ振りが大物。


 
 

散歩していると、すでに稲が穂を付けている・・・・

Ma330005  

こんなに雨続きでは、今年はダメかも。

早いところ、農家の方にお米をお願いしておかなきゃ・・・

 
 

今日は「SALE」の文字に惹かれて、あるブティックへ。

若い頃、何回かスーツを買ったところだったのだけど・・・・

今はカジュアルなものばかり置いていた。

オーナーと話していて、昔、ボルゾイを飼っていらしたのを思い出し、そのことを言ったら・・・・

もう10数年前に亡くなったという。

ウソみたい・・・・

まるで、昨日のことのように思い出したのに。

光陰矢のごとしって、ホントだわ。



  
 

人気ブログランキングへ  クリック、よろしく~♪

                  帰って来てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.28

ハゲた人に「くし」を手渡してはいけない

今日も雨。

全世界的に不足している水がじゃんじゃか落ちてくるんだから、幸せと言うべき?

 

今日は「Never Offer Your Comb To A Baid Man」を読んだ。


「いいひと」だけがビジネスで成功する・・・・

なんて、お洒落な邦題が付いているけど、直訳すれば、「禿げた人に櫛を渡してはならない」

つまり、相手のニーズを考えずに行動しても、ビジネスでは成功しないということらしい。

 

昨日ブックオフで見つけたときに、「単なるビジネス成功のハウツー本か?」と思いながらも、なぜか心惹かれて購入したもの。

ところが、これはちょってお色合いが違っていて・・・・

著者のアレクザンダー・J・べラルディは、「サーバント・リーダーシップ」と言う考えをもとにこの書を著している。

この「サーバント・リーダーシップ」という考え自体は、1970年代にロバート・K・グリーンリーフが提唱したものらしい。

でも、ネットで調べたその「サーバントリーダーシップ」とベラルディの「サーバントリーダーシップ」の概念はちょっと違っている。

部下を指導するという技術的なものではなく、もっと、精神的なもの・・・・というか、神秘的なものに近い。

  

人は何かをするときに、欲望で動く。

そして、商売においても自分の欲望を優先し、相手のニーズを無視する。

つまり、自分の櫛を禿げた相手に押し付けようとする。

だが、自分がして欲しいことを他人にしても上手くいかないとべラルディは訴える。

自己中心的な視点からビジョナリー(目に見えるものではなく洞察力によって状況を見る)な視点に転換すること。

そうすれば、相手のニーズが見つかる。

ビジネスにおいては、その先があって・・・・

相手に自分の示した解決策を受け入れてもらわなければならない。

それは押し付けるのではなく、自力で解決するように「導くこと」

つまり、「他人に奉仕すること」


 

サーバント・リーダーになるためには4つの基本要素がある。

    ・体力

    ・知力

    ・経済力

    ・精神力

これらの領域全てが豊かでなければ。役割を上手くこなすことが出来ない。

この4つのバランスを保つことは、豊かさを築く上で必要不可欠。

どれか一つが突出していても、著しく劣っていてもいけない。

人間には受け入れられたい・感謝されたいという自然な欲望がある。

だから、性急にその欲望を満たそうとする。

だが、自分の準備ができていなければ、それは害になる。

「やりたいこと」を成功させるには、「やらなくてはならないこと」と最初にすることが重要。

 

著者は20歳の頃、人生のどん底にいた。

大学に通いながらフルタイムの仕事と二つのパートタイムを掛け持ちし、小さな部屋を借り、中古のソファーベッドと安物のステレオを手に入れたのもつかの間・・・・

彼はフルタイムの仕事を失い、アパートに泥棒が入って家財道具一式を盗まれ、家賃を溜めて部屋を追い出され、車で寝る羽目に。

ところが、ある朝、夜勤のパートタイムの仕事を終え駐車場に戻った彼は、自分の車が全財産もろとも、盗まれたことを知り、愕然とする。

ホームレス生活の始まりだった。

その頃の彼は、相手に対して何をして上げられるかではなく、相手が自分に何をしてくれるかと言う基準で人を見ていた。

それは生存本能モード。

目の前に現われたチャンスと言うチャンスを利用し、それが周囲の人にどんな影響を及ぼそうとおかまいなしだった。

その結果、彼はホームレス生活から立ち直り、ビジネスで成功する。

そして、その生活を封印した。

 

「自分の妻に、結婚した男がかつてゴミ箱から残飯を漁り、しばしば何日も入浴せずに過ごしたことを告げるのは辛い」から。

周りの銀のスプーンを口に生まれた仕事仲間やクライアントとの洗練された人間関係に影響を及ぼすのが怖いから。

その秘密は彼の肉体と精神を蝕んでいく・・・・

対菌性の結核を患い、彼は心身ともに健康であることの必要性に目覚める。

そんな彼が、秘密と言う重い足かせを外すことが出来たのは、サーバントリーダーシップと言う考え方を発見したおかげだった。

自分のみっともない部分を隠すために貴重なエネルギーを使うのはやめよう。

「人目に触れないように何かを隠しておくことが、私たちの脚を引っ張っている」

「世間に知れるにはみっともなさすぎると自分で思っている部分を持たない人はいない」

 

つまり、彼は変化したわけだが・・・・

心や魂ではそうすべきとわかっていても出来ないと思い込んでいる人は多い。

生きる意味が不適切な想い込みや、自分で選んだことに基礎を置いているから・・・・

変化はそれらを捨てることで、生きる意味を失うことと思い込んでいる。

だが、自分を取り巻いている宇宙が変化し続けているのに、変化しなければ、いずれ、大切な意味を失う。

大事なのは、自分でコントロールしようとすることではなく、より高いレベル・魂からの導きを受けること。

自然に発生するものを受け入れること。

 

魂に近づくためには、人生において必要なものを増やすのではなく、減らさなければならない。

スケジュールの空欄を埋めるのではなく、人生の感覚的で精神的な面を経験する時間を増やす必要が有る。

「官能性は魂と同質のもの」

「官能性を日常生活の中に取り戻さなければならない」

 

うん、そうだよ。

私も同じことを考え、ここに綴っている。

肉体を持って生まれたからには、肉体で受け取る情報が大切な要素となる。

肉体と言う器に分けられた魂は、五感で感じるものを通してのみ、相手の魂と触れ合うことが出来るのだから。


ホームレスまで体験し、成功したビジネスパースンにもなったべラルディは、お金についてこう語る。

「お金持ちはお金を自分にとって何かを達成するための単なる道具としか思わない。

貧乏な人はお金を問題の解決策とみなす。

経験から言って、お金で問題が全て解決すると考えるのは、お金を全く持たない人だけである」 

 

で、肝心の「サーバント」についてだけど・・・・

べラルディは「サーバント・リーダー」たる人には、その人のための「サーバントの構想」が有ると思っているようだ。

「その構想はどこからとも無く現われるのに、サーバント・リーダーはそれが自分に向けられたことをなぜか知っている」

べラルディの言うサーバントとは使命に近い。

サーバントはその意の通り、世の中への「奉仕」だ。

 

「サーバント・リーダーになる道を選べば、あなたは歴史の針路を変えるかもしれない。

それには、まず第一に「与える」と言う行為をしなければならない。

私たちが人に与えることが出来る最大の贈り物は、励ましと啓発・・・・」

ということで・・・・

ベラルディさんはそれを実現するために、

この本をもう一冊購入して、全く知らない人に送ってみれば?

と提案されている。

プレゼントすれば、「みんなの手で素晴らしい世界を作り上げることが出来る」らしいのだけど・・・・

この本、もう、新しいのは売っていないのよね!

残念!





人気ブログランキングへ クリックしていただくと哲学思想ランキングに飛びます。

帰って来てね!



Img_5949

確かに・・・

お世話させていただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.27

震度2

安息日の今日は・・・・

朝から雨。

午前10時前にドシンと言う衝撃。

それっきり揺れなかったけど、すぐに速報が・・・・

豊田を震源をする地震だった。

豊田と言っても旧小原村のあたりだから、ほとんど、岐阜・・・

震源地でも震度3、我が家の辺りは震度2と弱震。

でも、たて揺れだったので、もっと強く感じた。

 
 

それにしても・・・・

あっちで大雨、こっちで竜巻と、日本中で災害が起こっている。

被害に遭われた方もいっぱい・・・・

今日はスマトラでも震度6以上の地震が有ったようで。

これも日食の影響なんでしょうかね?

 

影響といえば、日食の日、iPodがジージーと大きな音を立てて再生しなくて・・・・

これは壊れたかと諦めていたのだけど、今日はちゃんと再生している。

良かった!

でも・・・・

DVDはどうやら、本格的に駄目になったみたい。

物入りなことで。

 

朝から降り続いていた雨が、夕方、ようやくやんだ。

さっそく、高麗と散歩。

Ma330004

うん。

あなたもね。

 

ずぶ濡れになった高麗を洗った。

Img_6067

洗われたからって、そんな顔しなくても・・・・(笑)







人気ブログランキングへ クリックしていただくと哲学思想ランキングに飛びます。

帰って来てね!

 

Mr.BUNBUNさんから公演の案内を戴きましたよ。

「GONG3」 「パーフォーマンス・コメディナイト福岡」だそうです。

なんか、面白そう。

BUNBUNさん、元気かなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.26

ノウイング

昨日はずぶ濡れの後、映画を観に行った。

「ノウイング」

ニコラス・ケイジ主演の全米初登場ナンバーワンに輝いた映画。

 

ニコラス・ケイジは「ネクスト」に継ぐSF作品。

彼はインタビューでこの作品への出演理由を語っている。

僕がこの作品に惹かれた理由のひとつは、拳銃を持ったり、人を殺したりしなくてもいいような映画に出演したいと思っていたからなんだ。

より抽象的で、想像 の世界に身を置きながら、人を銃で殺したりしなくてもよい、しかも大勢の観客に楽しんでもらえるジャンルと言ったら一体何があるだろうと考えた時、サイエ ンス・フィクションは、唯一とは言わないまでも、それが実現できる数少ないジャンルだと思ったんだ。

今回も銃を構える場面はあるものの、銃など役に立たない相手で・・・・


 

私もニコラス・ケイジと同じ様な理由で、パニック映画を楽しんでいる。

未来は無数に枝分かれしていくもの。

今生の私の未来に滅亡は無いことにしている。

なので、余裕!

 
   

映画を観て家に帰ったのが10時近かったので夜更かしした。

で、今日もまた寝坊・・・・

朝の散歩が9時すぎになってしまった。

いつもの公園に行くと、セミの声がうるさい。

皆さん、必死の様子で・・・・

Img_6075

近づいても、お喋りに夢中で逃げもしない。

私が小学生なら、今頃、標本だよ!! 

 

Img_6076

あら、どうしたの、高麗?

Img_6078

わあ!!

Img_60781

去年は蝶々が大量発生していたけど、今年はトンボが大量発生している。

この公園でもトンボがいっぱい飛んでいたのだけど・・・・

この子は、シオヤトンボの男の子?

そんな体力無くて、大丈夫なん?

   

夕方、庭に出たら、同じ様な色目の子が近寄ってきた。

―――あら、まさか、車について来たの・・・・?

今年は庭に、イトトンボや茶色の大きなトンボ、大きな黒アゲハが住み着いているから、仲良くして貰うと良いよ。



 

人気ブログランキングへ クリックしていただくと哲学思想ランキングに飛びます。

帰って来てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.25

虫干し

今日は村の神社の虫干し。

に決まっていたのだけど・・・・

昨夜、出張から帰った夫と、この天候では予定を先送りしたほうが良くね?という話しになった。

なんせ、最近はすぐにパラパラと雨が降るし、このムシムシ状態では虫干ししてもね・・・

かえって、しけっちゃいそう。

朝8時開始の予定だから、7時の時点で曇っていたら皆さんに連絡して、中止しようということに。

 

朝、6時に目覚めて・・・

外を見ると曇っている。

もう少し寝て、7時に起きて、皆さんに連絡しよう・・・・と二度寝。

なんだか、穏かな夢を見て、とってもいい気分で目覚め、時計を見たら・・・・

8時5分・・・・・・

 

8時5分!!

 

きゃ~、起きて起きて!!

夫をたたき起こし、慌てて階下に降りると集合している方から電話が!!

「すみません、すみません!」と平謝り。

なんたって、鍵を預かっているのは我が家なので・・・・

もう、謝るしかない。

 

夫を先に送り出してから、身支度し、冷たい飲み物とおやつと高麗をつめこみ、車で神社へ。

高麗と散歩しながら家に帰り、高麗を置いて、また出かけた。

 

心配していた天気は・・・・

周りは曇っているけど神社の上空は青空。

爽やかな風も吹いていて、虫干しに最適な状態。

神様・・・・今日、虫干ししなさいという思し召し?

だから、私たちを寝坊させた・・・・?

寝坊しなきゃ、今日は絶対に中止だったものね。

 

で、何とか青空を保ったまま、片付ける予定の二時になり・・・・

また、皆で片づけをした。

片付け終わり、今後の予定を話しているうちに、見る見る、雲が押し寄せ来て上空の青空を隠してしまった。

まるで、虫干し終了を待っていたかのような急変。

 
 

その後、どんどん雲が厚くなっていく。

こりゃいかんということで、家に帰って、シャワーも浴びずに高麗の散歩へ。

Ma330002  

花と見ればカブり付くわんこの後ろの空は、もう、真っ黒・・・・

 

田んぼの中を歩いているうちに、急に大粒の雨がバタバタ落ちてきて・・・・

あっという間にどしゃぶり!

思いっきりズブ濡れになってしまったけど、片付け作業で汗まみれだったので、なんだか、雨が心地良い。

こんな散歩も悪くない・・・・なんて、思ったりして。

    

それにしても、虫干し・・・・

今日でなきゃいけなかった理由があるのかしらん?

神様にもご都合が・・・・・?


 


人気ブログランキングへ クリックしていただくと哲学思想ランキングに飛びます。

帰って来てね!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.24

煮え切らない夏

朝からムシムシ。

朝、雨が降っていたのに、庭の花が萎れているところを見ると、さほどの降りではなかったようだ。

 

今年の夏は例年とちと違うような気がするのは気のせい・・・・?

ちょっと、調べてみよう。

2005年の7月24日は猛暑の中休みで、2006年は猛暑の中、欽ちゃんが野球やめようとしていたし、2007年は結構涼しいと思いながら軽井沢に行って、帰ったらめちゃくちゃ暑くなっていた。

2008年は赤い龍がい続けてたせいで連日猛暑、24日には東北で大きな地震が起こっていた

ふ~む。

毎年、いろんなことが起こっているなぁ・・・・

 

今年はずっと暑さが続く猛暑や酷暑ではなく、一日の中に暑い時間、涼しい時間が混じっている煮え切らない夏。

こんな調子でカラッとすることなく夏が終るのかしら?

まるで、我が国の政治のように・・・

  

選挙といえば・・・  

連日、マスメディアは選挙の話で盛り上がっているけど・・・・

はたして、この盛り上がりが8月30日まで続くか、疑問。

 

私なんかすでに飽きて、選挙の話題になるとチャンネル変えたりしちゃう。

たぶん、マスメディアもすぐに飽きちゃうんじゃない?

選挙が近くなったら、また、興味を取り戻すと思うけど、その頃には、候補者たち、心身ともにボロボロかも・・・・

 

麻生さんはこの二日間、業界団体を訪問してお願いしている。

その業界団体を構成する業界の内部構造が崩れつつあるというのに、そんなことしてもねえ・・・・

トップに頭を下げて了承していただいても、その下には、リストラ・派遣切りで、誰もいない・・・・

なんて、可能性も。


自己責任を国民に求めると自分たちの存在が危うくなると言うことを、二世が増えた政治家たちは忘れてしまった。

自分たちの地位を磐石にするには、とにかく、国民を庇護し、国民に考えさせないようにしなければならない。

その点、自民党は上手く立ち回っていた。

50年の長きに渡り、政権を握り続けたのも、ここぞと言うところにお金をばら撒き続けた結果。

それなのに、自己責任なんて言い出しちゃって・・・・

苦労していないから、人の気持ちが解からないのね。

政治家って、人のために汗を流してなんぼなのに、汗を流さずに甘い汁だけ吸おうとするから、国民に見捨てられる。

「自民党をぶっ潰す」と言った小泉元総理は、本当に自民党をぶっ潰したみたい。

 

今から、どれだけ、国民目線に立てるかで勝負は決まると思うけど、どっちもボンボン集団。

果たして、どうなりますやら。

 
 

人気ブログランキングへ クリックしていただくと哲学思想ランキングに飛びます。

帰って来てね!


あ、まだ、梅雨明けしていないんだわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.23

変な働き者は問題

体調の悪い時期、いつも、考えていた。

目の前には無いこと、考えても自分ではどうしようもないこと、考えたく無い昔の失敗・・・・

朝から晩まで、一時も休まず。

時には、夢の中でさえも。

 

イメージとしては、頭の中にコンピューター室があると言う感じ?

そのコンピューターは、平時には稼動しないバックアップ用。

ところが、いつからか、そこに変な係員が常駐するようになって・・・・・

しかも、そやつは、とても働き者!

ぼんやりしているのが大嫌い。

だから、思い出の引き出しを漁っては、過去の失敗や行動の不備を暴き立てて、計算する。

世の中の不安を感じ取り、未来の失敗を予測する。

まるで、印刷所のような騒音を立てながら。


ほら、こんなことがあったでしょ?

あんなことがあったでしょ?

こんなことになったらどうする?

あんなふうになったらどうする?

あの人、実はこう思っているんじゃない?

あの言葉はこういう意味じゃない?


 

いつも、次々に心配ごとを持ち出してきて、注意を喚起して、目の前のものに集中させてはくれない。

あまりに耳元で喚かれるので、次第に身体はへとへとになっていく。

  

体調が不調だとか、経済的に不安だとか、人間関係がギクシャクしているとか、

人にはいろんな心配事があるけど・・・・・

悩んでも健康にはならないし、お金は天から降っては来ないし、嫌な奴と仲良くなれるはずも無い!

 

体調が不調なら、身体を休める。

休むわけにはいかないと思うから休めないのであって、とにかく、休んでしまえば、後はなんとでもなる。

自分ひとりで背負っているものを、下ろさないと、誰も気づいてくれないのだから。

 

お金が無い!

と悩む前に、今の自分に出来ることをしたほうが良い。

あんな仕事をしたら哂われるとか、こんな仕事をしたら馬鹿にされるなんて考えず、とにかく、少しでも金になる仕事をする。

それはあなたが必要としている額ではないかもしれないけど、少なくとも食べるだけならなんとかなるはず。

自分が必要と思う金額は、今までの自分が贅沢に暮らしてきた額であって、生きるための必要額ではない。

今までと同じ様な収入を得られないのなら、その収入に見合った生活にシフトしていくか、今まで以上に稼ぐしかない。

悩んでいるような暇は無いはず。 

 

人間関係がいやなら、そこから抜け出せす。

何もかも失う覚悟をすれば、そこから抜け出すのは簡単。

今手にしているものを失う覚悟が出来ないから、そこから抜け出せない。

物を失うことや、嫌われ非難されることを恐れて、そこにい続けるのなら・・・・

長いものに巻かれ、そこに適用していくしかない。 

アレはやりたくない、これは出来ない、どっちもイヤ、というのは、「私の思い通りになりなさい」と他人にいっているようなもの。

もちろん、自分の確固たる物を胸に懐きながらも、辛抱してそこに続け、次第に周りを変えていくことはできますよ。

ただ、それには、長い時間が必要。

それこそ、今、悩み考えてもどうしようもない。

今の自分に出来ることを淡々としていく・・・・それしかない。

 

ま、頭の中のコンピューター室の係員に出て行っていただくと、そんなことであれこれ悩むことも無くなる。

彼らの好物は、あなたの不安。

あなたが、不安を感じなくなれば、そこには居られなくなる。

 

駆除方法は簡単。

まず、お弁当を持って、近くのなるべくキレイにしてある公園に行きましょう。

木陰の下でお弁当を開き、おかずを確認します。

この間もコンピューター室は大忙しで、騒音を撒き散らしています。

なので、口に入れる前におかずの名前を呼びましょう。

「きんぴら」「コロッケ」「ごはん」

もぐもぐもぐ・・・・いつもよりも、しっかり噛みます。

 

お弁当が終れば、周りを見回しましょう。

しっかり見れば、いつも側を通っていて、見慣れた公園にも、見たことの無いような木や草が有るはずです。

近寄って、触って、臭いをかいで・・・・・

蜘蛛や蝶々やトンボもいるかもしれません。

彼らの動きを見ましょう。

その間も、コンピューター室では次々と計算ができていますが・・・・

いつの間にか、その内容が変化しています。

わけのわからない不安や怒りの間に、今日の晩御飯のメニューや、草の臭いに喚起された子供の頃の思い出や、忘れていた蝶々の名前などが浮かんでくれば、しめたもの。

正しい係員がコンピューター室に入って働き始めた証拠です。

 

とにかく、どんな方法でも良いので、目の前のことに集中すること。

テレビを観るなら、テレビに集中し、

本を読むなら、本に集中し、

運動するなら、運動に集中する。

それが出来ないなら、空でも眺めましょう。

雲もなかなか面白いですよ。

  

肉体はこの世のもの。

肉体の情報を正しく受け取らなければ、心は病んでいく。

心が病めば、霊魂にも影響が出てしまう。


もし、今、このブログを読みながら・・・・

目は文字を追っているのに、さっぱり、内容が頭に入っていかないなら・・・・

もしかすると・・・・

あなたの頭のコンピューター室に変な係員が住み付いているのかも。

ご用心を・・・・

 

Ma330004

あ・・・あなたはいいのよ、高麗。

たぶん、

そのコンピューター室、無いから。 

 

 

人気ブログランキングへ クリックしていただくと哲学思想ランキングに飛びます。

帰って来てね!

追記:17:30

今読み返してみたら、なんだか、意味不明・・・・

ま、まずい!

私ってば、まだ影響されてる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.22

部分日食見たよ!

日食の今日、午前10時前に空を見上げると・・・・

雲間の太陽に月の影がくっきりと。

まあ。。。。


そのときはまださほど曇っていなかったのだけど、その後、どんどん曇って・・・ 

10時過ぎには空全体が雲に覆われて、絶望的な状況に。

それでも、時折、外に出て・・・

―――どうか、見せてください!

とお願いすると、そのたびに、小さな雲間から少しずつ欠けていく太陽を見せて下さった。


そして、この辺りでは最大の部分日食になると言う11時8分を期待して、11時4分に外に出ると・・・・

きゃ~!

我が家の真上だけ、まあるく雲が切れてる!!

うわ、ラッキ~!!

ということで、

見せていただきましたよ~

Img_6061

うちのへぼカメラではこれが精一杯。

肉眼(フィルム越しだけど)では、もっと、くっきり光って見えたんですけどね。

この後、もう少し細くなったのだけど、それは撮影に失敗。 

 

―――こんな最悪の状況でも、ちゃんと見せてくださった・・・・

本当にありがとうございます。

 
 


人気ブログランキングへ

応援よろしくお願いいたします!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.21

ついに解散

我が家の辺りでは「なんだかすっきりしない天気」くらいで済んでいるけど、中国地方では大雨による災害が起こり、お亡くなりなられた方も・・・・

どうか、安らかでありますように。

 

朝のレッスンの後、夜のレッスンの花を仕入れて家に帰り、テレビをつけると・・・・

ちょうど、衆議院解散の場面。

―――ふうん、与謝野さんも署名をしたのね?

麻生さんが両議院懇談会で素直に謝ったのが、良かった?

反麻生グループは発言せず、一致結束して闘うことに決めたらしい。

中川さんも麻生さんと握手したりしている。

分裂していたんじゃ、今回の選挙には勝てないと踏んだのだろう。


 

それにしても、この真夏の選挙、大変だろうなぁ・・・

考えれば、選挙って、どれだけ多くの人と出会い、どれだけ自分を印象付けられるかが勝負。

一目で圧倒されるようなオーラと、強靭な身体がなきゃ、選挙戦を勝ち抜けない。

 

この炎天下で、窓を開けた選挙カーもしくは流行の自転車で選挙区を廻り、落選するかもしれないと神経をすり減らす・・・・・立候補者は大変。

―――あら?

それって、額に汗して働く肉体労働者や、明日を思い煩う失業者たちと同じじゃない?

このタイミングでの解散は、そんな庶民の気分をしっかりと味わうようにという神様の思し召し?

 

この夏は荒らぶる夏みたいだから、豪雨もあるだろうし、日照りもあるだろうし、ついでに皆既日食があるから天変地異だってあるかもしれないけど・・・・

候補者の皆さん、頑張ってね~♪

国民は常にそんな中で頑張っているんですから! 

 
 

人気ブログランキングへ

応援よろしくお願いいたします!

 
 

Img_6043

まあ、高麗・・・

野良の気分を味わってるの?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

私のスピリチュアルレポート①

さて、我が家は問題ありの家だったので、引越し以来いろんなことが起こった。

歯ブラシが飛んだり変な音が聞こえたり、真夜中に誰もいないはずの階下からどんちゃん騒ぎの気配がしてきたり、多くの悪夢にもうなされた。

でも、私たちはそれに対処する術を持たなかった。

次第に、怒りっぽくなり、お互いを非難しあい、それに疲れて話さなくなり、私たちは冷たい関係のまま月日を重ねていた。

 

2005年の始め、姉がある会で霊能者の方に出会い、「あなたのお母さんが今ここに来た」と言われた。

義姉が信心する新興宗教での葬儀を受け入れず、母は成仏できずに彷徨っていたのだという。

確かに、アルツハイマーになる前に、絶対にあの宗教での葬式はイヤだと母は言い張っていたけど、まさか、そんなことになっているとは思わなかった。

その話を聞いて、私たち(姉と私)は慌てて母の宗教での法要をしたのだけど・・・・

それでも、半信半疑だった。

だって、私には霊は視えない・・・・

2005年の4月9日(誕生日の前日)、私はお世話になった霊能者の御宅に訪問させていただき、この土地と私が店をやっていた土地の因縁を教えられた

この土地には思いがけない因縁があった。 

それを知ることにより、私たちへの霊からの干渉は終るはず。

だったのだけど・・・ 

事はそれでは終らなかった。



2005年の七夕の朝、ハチに刺された

そんなことは良くある痛い思い出。

なんら、不思議は無いことだったのに、後になって、それが私を別世界へと動かす元となった。

その年の10月の初め、私はアクセク解析に不思議な検索ワードを見つけた。

「シルバーバチの霊君」

そのキーワードは私をスピリチュアルの世界へと誘った。

シルバーバーチを始め、多くの霊訓、前世療法や予言、エリザベス・キュブラー・ロスの著書との出会い・・・・

これでもかと言うほど、多くの知識が雪崩れ込んできた。

そして、

その年の暮れ、乳ガンが見つかった。

 

スピリチュアルの知識がなければ、私はガンへの恐怖で我を失いもっと慌てふためいたかもしれない。

意気揚々とガンと向き合うことが出来たのは、その年に学んだスピリチュアルのおかげ。

死が「無」ではないと知ったから。

2005年は不思議な年、私の人生の大きなターニングポイントになった。

 

人気ブログランキングへ

哲学思想ランキングへGO!

クリックよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.19

子役も大変

今日は「ハリーポッターと謎のプリンス」を観た。

夫の感想は「な~んも山場が無かったなぁ・・・・」だった。

―――山場が無い・・・・?

あんたにとってダンブルドアは、たんなる髭のおっちゃんだったのかい?!

 

それにしても、小さかったハリーも大きくなって・・・・・

アレだよね。

ラドクリフ君・・・・

可愛い子役の呪いから逃れられなかった?

俳優としては、なかなかに微妙な青年になりつつある。

もうすぐ、ハリポタ・シリーズは終っちゃうわけだけど・・・・

ラドクリフ君は人生設計しっかりしているのかな?

おばちゃんは心配だよ。 

 

というのも・・・

この前、久しぶりに「ケンちゃん」の宮脇健(康之)さんをテレビでお見かけしたのだけど・・・・・

運転手つきのリムジンの後ろにふんぞり返っていた数ヵ月後には、リムジンの運転手になっていたとか、

親族の問題や、借金の保証人になって苦労した話とか・・・・

波乱万丈なその人生を語っておられた。

常識や哲学を持たないものが金を持つとここまで苦労してしまうのかと言うような感じ。

ま、ずっと金持ちでいる人が、皆さん、哲学者って言ってるわけじゃないけどね。

少なくとも、金持ちでいることに後ろめたさも無く、金の権力を行使することに躊躇いも無く、金を儲けることを喜びとしなければ、金持ちでい続けるのは難しい。 

ラドクリフ君、頑張ってね。

 
 

そうそう、哲学といえば・・・・

学問としての哲学を勉強して、哲学者のだれ某がこういったとか、あの人の学説がどうかとか言う人の中には、そんなことを知らないと知性が無いとか、哲学を知らないとか、馬鹿にしたようなことを言う人もいるけど・・・・

哲学って啓示だから、そんなことな~んも知らなくても、真理にたどり着けてしまう。

反って、哲学を勉強した人のほうが、なかなか真理にたどり着けないし、哲学者にもなれない。

哲学を学ぶ人にはなれるけどね。

哲学者って、なろうと思ってなれるもんじゃないし、なりたくなくてもなっちゃうもんだ。

宗教の祖もそんな感じ。  

 

Img_6036

 

あ、バレた?

この頃、あまりにお気楽なことしか書いてなくて、ちょっと、哲学思想ランキングに居辛くって・・・・


 

とはいいつつ、

 

人気ブログランキングへ

応援よろしくお願いいたします!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.18

浴衣の君は~♪

なんとも蒸し暑い日。

そんな中、この方は・・・・



Img_6032

おニューの浴衣を試着中。

 

姪が作って配達してくれたのだけど・・・・

高麗はと~しゃんとお出かけ中。

彼女は高麗が着たのを見ないで帰った。

なので、ここで報告。


 

ほら、こんな感じだよ♪。

Img_6026

サイズはぴったりでごんす。

思いのほか、似合っていることない?

本犬も大喜び!

Img_6039

ほんとに、ありがとね。


さあ、今年はこの浴衣を着て、出かけましょかね。

か~しゃんも久しぶりに浴衣着ちゃおっかなぁ・・・・


浴衣の君は~♪

すすきのかんざすぃ~っと・・・・・


拓郎さん、早く快癒されますように・・・

 
 

人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.17

魔女犬?

昨日、魔女になり損ねたと書いたのだけど・・・・

朝のワイドショーで、「魔女募集」を知った。

何と言うシンクロニシティ!

 

魔女を募集しているのはイギリスはサマセットの観光名所。

ここの観光の目玉である洞窟を案内するのが魔女。

なんでも、魔力が切れちゃった現魔女の引退に伴い、募集をし、オーディションをするのだとか。

残念!

魔女になれてたら、応募したのに・・・・

 

さて、最近、散歩の途中にいろんなものを頂戴する。

旬のナスやキュウリ、トマト・・・・・

この前は海苔まで。

どれも、高麗がひょいひょいと近寄って行って、シッポフリフリダンスをした結果、せしめたもの。

 

―――スゴイ才能だわ、高麗・・・・

もしかして、あなたって狛犬じゃなく、魔女犬?

シッポフリフリダンスで皆を魔法に掛けているの?


で、今日は・・・・

Img_6018_2

高麗が小さく見えるほどの大きなスイカとキュウリ。

でかした!!

 

と言うわけで、しばらく、スイカとキュウリの日が続きそう。

キュウリの冷汁・・・・美味しいっすよ♪


 
 


人気ブログランキングへ

応援ありがとうございます!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.16

魔女になり損ねた

一昨日・昨日と怒暑い日が続いたこの辺り。

今日は風があって少し過ごしやすい日になった。

 

昨夜は「バルバラ異界」4巻を一気読み。


久しぶりに萩尾望都ワールドにどっぷり・・・・

 

時折、姉と昔話をしていて、私の記憶と姉の記憶が食い違っていることに気づく。

私が見たものと、姉が見ていたものは、まったく重ならない。

人の脳って、勝手な記憶を創り上げる。

時夫がキリオを失い、タカを取り戻したように・・・ 

 

最近の姉の話で、全く、私の記憶に無いことがあった。

私が小学校一年生か二年生の頃の話。

家で宴会があり、たくさん人が集まった。

そのごたごたの中、私がお手伝いさんに水が欲しいと訴え、彼女はテーブルに水を出してくれたのだけど・・・・

すぐ側になみなみと冷の日本酒を注いだコップが置いてあって・・・・

私は水と間違って、その冷酒を一気飲み。

突然、ばたんと倒れた私の周りでは大変な騒ぎに。

居合わせたあるおじさんが熊の胆を持っていて、大量に私の口にそれを押し込み、なんとか、急性アルコール中毒から免れたのだという。

そのおじさんはその熊の胆や熊の油、様々な漢方薬を我が家に運んでいて、私たちは何かと言うとそれを飲まされたり、付けられたりしたらしい。

そんなことも、その人のこともさっぱり憶えていないのだけど・・・

もし、今、そんな人と出会ったら、イモリがいっぱい軒先に干してあったと言うその人の家に押しかけて、いろいろ教えてもらうのに。

そしたら・・・

魔女になれたかもしれないのに。

そのおじさんはとうの昔に鬼籍に移り、その人の住んでいた村も今はダム湖の底。

残念なことでございます。

 

夕方の散歩中に、高麗が急に立ち止まり、動かなくなった。

見ると・・・・

Ma330001

ひっくり返ったセミの介抱をしようとしている!

 

慌てて引っ張り、散歩を続けていると・・・・

初めてのワンコに遭遇。

1歳半のヨーキー♂、体重2.3キロと細身のイケメン。

高麗は愛嬌を振りまいてご挨拶しようとするのだけど・・・・

Ma330005

思いっきり、フラレた。

 

只今、傷心の不貞寝中。

Img_6014_2

うん。

もっと大きい子にしようね・・・・

Banner_02_2

に参加しています 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

 

そうそう、今日は月に一度の料理教室。

メニューは天ぷら・素麺・ホタテと生姜の炊き込みご飯。

美味しゅうございました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.15

インフルエンザはまだ・・・

さっき、ニュースサイトを見たら、ニュージーランドでM7.8の地震が起こったとかで・・・・

NZ・・・って、いつも拝見しているブログ主の皆さんがお住まいの場所・・・・

心配です。

でも、確か、この前も大きな地震があって、そのときには何等問題無しだった様な・・・・

今回もそうであることをお祈りいたします。

  

さて、今日は姉とそのお友達と一緒に、バーゲンを冷やかし、その後、お蕎麦屋さんのランチ。

ランチの後は我が家で寝そべってあれこれおしゃべり。

と言う、楽しい時間を過ごした。

なんか小学生の夏休みみたいな過ごし方なんだけど、大人だけに話の内容はちょっとヘビー。

みんな、大変なんだな・・・・ 

 

ところで、新型インフルエンザは7月に入っても感染者が増加し続けているそうで。

最近の感染者の内訳は、海外感染で帰国した人が2割、残りの8割は国内感染。

マスク不足も無くなって、新型インフルエンザの恐怖も忘れがちだけど、静かに流行しているようだ。

この新型インフルエンザ、従来型と異なり、暑さなんかヘッチャラみたいで、日本よりさらに暑いハワイやフィリピン・インドネシアなどでも感染拡大している。

中日新聞によると、厳しい数字が出ているのは南米アルゼンチン。

ここでは、感染者2900人に対し、死者94人(致死率3.2%)という恐るべき数字が・・・・

貧富の差が激しく手洗いの水も不足している中での感染拡大によるもの。

で、その感染拡大の大きな原因はと言うと・・・・

6月末の国会議員選挙。

国会議員選挙て・・・・

Img_6015_2

そ~なのよ。

8月30日だって言ってる・・・・

 
 

ウィルスは宇宙からやってくると言う説がある。 

太陽黒点の出現によるフレアのせいで、宇宙空間を漂っているインフルエンザウィルスが荷電し、北極に引き寄せられて、何週間、何ヶ月、何年と言う長い時間を掛けて、大気の層を漂いながら地表にたどり着く。

その途中で渡り鳥たちの体内に入って、鳥から豚へ、豚から人へと感染すると見られているのだとか。

私の「上空の穴を鳥たちが異次元に行き来して持ち帰る」説よりも、ずっと、まともな説だわ。

 
  

地震も太陽黒点のせいかもしれないと言われているし・・・

昔の人たちが太陽を崇拝し、捧げ物をしたりお祈りをしたりしていたのを、現代科学は嘲ったけど、突き詰めていくと、やっぱり、太陽に捧げ物をしようなんてことになっちゃうかも。

良かった、綺麗な乙女じゃなくて!

って、そんな問題じゃ無いか・・・・



  

Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

 

あ・・・でも、最近、風邪引いていないわ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.07.14

解散と統合と

さて、いよいよ衆議院の解散も決まり・・・・

政治家の皆さんは超ご多忙中?

 

麻生さんじゃ戦えないとか言っている時点で、すでに終っている自民党の政治家たち。

テレビに露出している少数を除いて、顔も見えないし、何を望んでいるのかもわからない民主党の政治家たち。

いったい、わたしゃ、誰を選べば良いの? 

  

だいたい、民主党ったら、幅広すぎ!

もちっと、幅を狭めていただかなければ、果たして、お任せできるのかどうか不安。  

ということで・・・・

今度の選挙前に、第三の選択が出来ような政界再編があることを祈っているのだけど・・・・

たぶん、自民党にも民主党にも、ある程度見栄えの良い顔の党ができたら、行きたいと思っている人もいるのだろうけど・・・・

なかなかにハンサムな人がいない。

 

それにしても、8月を選挙月にするとは・・・・

せっかく当選しても、皆さん、皮膚がんで倒れかねないんじゃない?

黒点出現でそれでなくとも暑いのに、ムチャ暑い夏になりそう。

  

暑い夏と言えば、当然、ビール!!

キンと冷えたビールはどんな飲み物よりも美味しいわけだけど・・・・

昨日のサントリーとキリンの経営統合話には、唖然とした人が多かったのでは?

売り上げ国内の首位と二位との経営統合。

首位と二位だからこその危機感があったのだろう。 

世界と戦える企業に生まれ変わるために経営統合して大きくなる。

その論理はわかるけど・・・・

経費を押さえ、安く物をつくるという目論見で動いているのなら、いつか、破綻するよ。

安売り競争は泥沼。

勝つためには国自体が無慈悲な専制君主国になるか、共産国になるしかない。

個人の人権なんか認めていたら、とてもじゃないけど、安売り競争なんか出来ない。

原料の原価が決まっている以上、圧縮できるのは人件費しかないのだから。

まあ、キリンとサントリーが生産拠点を外国に移しても、私は別に構わないけど。

最近、地ビールなんて物もあるし。

私、ほとんど下戸だし。

 

そういえば・・・・

ついこの前まで、高麗のご飯やおやつ探しに苦労していた。

どのメーカーもほとんどが「MADE IN CHINA」

国産品がほとんど無かった。

ところが、最近、以前は中国産やタイ産だったペットフードやおやつが国産品に変わっている。

消費者に安全性に疑問を持たれて、売り上げが落ちて変更したかと思ったのだけど・・・・

調べてみたら、6月から「ペットフード安全法」と言う法律が施行されていた。

それってどうよ・・・・

Ma330006

そうみたいね・・・・


 

安い物を大量に作り、世界中にばら撒いても、そのことが人を幸せにしないのなら、感謝されることは無い。

感謝されないような物を作るのはやめたほうが良い。


 

Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.13

無敵の人生

朝刊に並んだ二枚の写真。

かたや、しかめっ面の石原伸晃自民党都連会長、かたや、満面の笑みを浮かべる菅直人民主党代表代行。

その顔が都議選の結果を物語っている。

民主党は奈良市長選にも勝利して、ほくほくの様子。

でもね、それは自民党への「NO」であって、民主党への「YES」じゃないんですよ。

そこんとこ、忘れないでね。

 

さて、今日は、急に思い立って名古屋へ。

ある方のお話を聞いた。

「無敵の人生」とか、「成功とは価値ある目標へ向かって進んでいる過程」とか、ためになるお話がいっぱい。

 

―――私も無敵になりたいなぁ・・・・

別に敵を作りたいわけじゃないんだけど、私は行く先々でトラブルを起こす。

今回も一つ大トラブルがあって・・・・ 

以前はそんな自分の体質と言うか、めぐり合わせを嘆いたものだけど・・・・

最近は、ま、いっかと思えるようになった。

 

物事は起こるべくして起こるけど、それは特別なことじゃなく、世の中の誰にも同じ様に起こっている。

私がその中から、トラブルの種を見つけるのは、見つけなければならないから。

たぶん、それも私の使命なんだろう。

 

それと・・・

私は何事においても、人がしないほどの大失敗をする。

だけど、そのおかげでそれに精通していく。

最後には誰よりも訳知りになれちゃう。

何かをきちんと知るためには失敗するのが一番と言う見本みたいに。


今回もトラブルに出会い、失敗し、良い経験をさせていただいた。

ということは・・・・

私って、もしかして、成功しちゃう・・・・?

Img_6013

やだあ~

高麗もそう思う?

か~しゃんも常々、そうかな?って、思ってたの~ o(*^▽^*)o

Img_6011


 


Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.12

のだめとマングース

この前、鹿児島でマングースが捕獲されて・・・・

その報道を聞いた瞬間、「のだめカンタービレ」を思い出した人、多かったんじゃないでしょうかね?


沖縄の人はハブを退治するためにマングースを連れてきたのに、

マングースはハブを食べずに特別天然記念物のアマミノクロウサギを食べちゃった。

だから、

「沖縄ではマングースを捕まえて役所に持っていくと2000円貰えるんデス」

って、マングースの着ぐるみ(ハブつき)を着て、のだめが語っていたっけ。

 

あれ、可愛かったなぁ・・・・

マングースの着ぐるみはその後、変態の森の住人になって、千秋に恐れられていたけど。

(でも、今や「変態の森シック」の千秋!)

もうすぐコミック22巻も発売だし、12月には映画も封切り・・・・

その前に、原作は終っちゃいそうだけど、「のだめ」は永遠に! 

 

なんて、○十○歳の私が熱く語っちゃうのも、どうかと思うけど・・・・

良い物は幾つになっても良いんデスよ。

 

ということで。

あれは、「ひたむきに今を生きている」ところが素晴らしいのよね。

目の前のことを傍観しないって、大事。

きちんと悩み苦しまないと、道が開けても見過ごしてしまう。

きちんと悩み苦しんだ人にだけ見える景色ってのがあるんデスよ、きっと・・・・

 

九州と言えば、

どうも、東国原知事の旗色が悪くなりましたね。

マスコミが非難に転じているようで・・・・

持ち上げては落とすのが常のマスコミを、上手く操縦してきた知事だけど、

さすがに老獪な古賀選対委員長には良いように扱われ、その綻びにマスコミも飛びついて逆風になりそうな気配。

 

トマトがひっくり返っちゃったんデスかね・・・




Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!


ところで、膨大な過去記事に埋もれているのだけど・・・・

これが、私が病気になったときの話。  


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.11

必要な病

太陽黒点1024からの太陽フレアのせいで大地震が起こるかもしれないということだったけど・・・・

それを書いた翌日の昨日、雲南省でM5.7の地震が起こり死傷者がでた。

中国はそれ以前から、湖南省や広西省で大雨により67万人が被災し死者も出ているそうで・・・

ウイグル自治区が少し落ち着いたと言っても、なかなかに大変そう。

自然災害は武力で鎮圧するわけには行かないしね。

 

この世界では、人間の力ではどうしようもないことがある。

自然災害もそうだし、病もそう。

どちらも抑えようとして抑えられるものじゃない。

 

私は病を得て、孤独なのは肉体なのだと知った。

魂は大いなるものに繋がっているけれど、肉体は分子の淀みに過ぎず、しかも、常にその分子は入れ替わり流動している。

不安定でこの世界の影響をもろに受ける脆いものだ。

心は魂と身体の化合物。

絶妙なバランスで釣合っている。

肉体が病めば、心も病に落ちていく。

 

私の肉体は入市被爆者の父とアルツハイマーを病んだ母の遺伝情報を引き継いでいる。

どちらのDNAも、あまり、丈夫な体を作るとは思えない。

だからか、私は子供の頃から、この世界に常に不快感を持って生きてきた。

なぜ、他の皆はあんなに普通に生きられるのだろうと不思議だった。

 

そんな私が失敗をし、病を得て・・・・

なんと、生きていることへの感謝を持つことが出来た。

その時々に、こんな自分を愛し、支えてくれた人々が居たことに気づき、

この世界の不思議に気づき、

自分が単なる生物ではないと気づき、

自分に到るまでの肉体の歴史に気づき、

人は神様と直接に繋がっていると気づいたから。

 

その気づきのためには、失敗と病が必要だった。

そして、肉体を健康にし、心の健康を取り戻すことが必要だった。

私の肉体を健康にしてくれたのは、私が信頼するサプリメント。

そのサプリメントへの私の感謝と信頼は筆舌に尽くしがたい。

健康な人には、絶対、理解出来ないんだろうけど・・・・

 

何が言いたいかと言うと・・・・

病だって必要な時が有る。

ということ。

 

病によって受け取る情報や得る経験は計り知れない。

それをしっかり受け止め、自分を変えない限り、病という試練は終らない。

そして、病は病んだ本人ばかりでなく、周囲にとっても試練。

試練がどんなに苦くとも、受け取ったものは咀嚼し、呑み込まなければならない。

そして、その上で行動する。

愛する人を救いたいなら、自分を変える。

それしかない。


Ma330001

 

うん。

かなりね。 

 
 


Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.10

片付けられない女と為替の魔法

晴れなんだか、曇りなんだか、良くわからない一日。
梅ですら腐りそう・・・・

この前から、片付けられない女たちの話題があって・・・

今日も生徒たちとその話しになった。

中に、昔、知人にそういう人がいたという人がいて、

「遊びに来てと誘われて困った」と発言。

遊びに行っても座る所が無いのだそうで。

でも、その家の住人は平然としていたらしい。

 

そりゃ、AD/HDなんて病気のせいもあるかもしれないけど・・・・

一番の理由は、「物が安いから」

だよね。

見当たらなければ新しいのを買ってしまい、同じものがどんどん増えるとか、

壊れたら修理せずに、すぐに新しいものを買うのだけど、捨てるのが大変でそこらに置きっぱなしとか、

そんなことが出来るのは、物が安いからに決まっている。

100円ショップに行けば、生活用品から文房具、犬の服まで売っているという昨今。

どんどん、安物で家が埋まっていくことに。

 

次回のレッスンではお皿を使うのだけど・・・・

いつもなら100円ショップで買うところを、今回は「今まで使ったものを持ってきて」とお願いした。

だって、安物の皿ばかり増えたって、しょうがない。

 

そんな話をして帰り、ブログ廻りをしていたら・・・・

「つれづれなるモナカ」のきなこさんが「傘を憂う」っておられた。

そういえば、この間、名古屋で雨に降られて、コメ兵で300円の傘を買ったっけ。

しっかりした作りで、「え、これが300円?!」と喜んで買ったのだけど・・・・

あれが、1000円もしたら、走って帰ったかも。

2000円なら、土砂降りでも絶対に買わなかった。

やっぱり、物って価値よりもほんのちょこっと高いほうがエコなんだろうな。


そういえば・・・・

ユニクロが一人勝ちみたい。

今日のワイドショーでも、「全色持っている」とコメンテーターたちが口々に言っていた。

全色買う必要性が有ったのか、安いから買っちゃえなのか・・・・??

ユニクロの中国工場で働いている方々がどこの出身でどういう人か?

そんなに良い物を安く作れるるのはなぜか?

それを考えれば、我々だって搾取する側だと気づく。

為替の魔法で、騙しているだけだ。





Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.09

太陽黒点1024

今日、近所のホームセンターに行ったら、日傘を安売りしていたので、つい、買ってしまった。

だって、ここ数日、散歩していると足とか腕とか、露出しているところがチリチリして痛いんだもん!

 

今持っているのは折りたたみ式のもので、柄が短くて不便なので、柄の長い日傘をずっと探していた。

昨日もデパートで探したんだけど、なかなか実用的なものが無くて、買うのを辞めた。

Img_5920

いいの!

お値段が実用的だったの!

 

で、さっき、ネットを見ていたら・・・・

7月3日から太陽黒点(1024)が出現していたそうで。

それも、同じところに、12・3個固まって出来ていて、超巨大に見えちゃうようなやつ・・・・

大きなフレアも出しているらしい。

 

―――やだ~\(*`∧´)/

そんなこと、ちっとも、報道して無かったわぁ。

陽に焼けたらど~してくれるの!

 

なんて、言ってるどころじゃない。

フレアなんか届いちゃった日にゃ、地球真っ黒焦げ!

遠くても地磁気の乱れとか、磁場がかく乱されて、異常気象の発生や、地震まで引き起こす可能性が・・・・

 

それにしても黒点はこの間まで全然無くて、「寒冷化か?」なんて騒がれていたのにね。

何でまた、急に13個も・・・・?

 

そうそう、今度の黒点がミステリーサークルで警告されていたと言う話を、「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」さんで読ませていただいた。

なんでも、太陽フレアとコロナ質量放射の警告をしたミステリーサークルが6月27日(イギリス現地時間)に出現していて、アースファイルズというサイトで、2人の科学者がこのミステリーサークルを分析した結果を発表したのが7月2日。

出現の前に予告されていたと言うことに。

アースファイルズ・・・・見ると、ぞくぞく。

一気に出現したのではなく、何日か掛かって出現したと言うから、誰かが作った可能性が無いわけでもないけど・・・・

こんなに精巧なミステリーサークル・・・・これ自体が芸術作品みたいなもの。

作ろうッたってなかなか作れませんよ。 

 

世の中、どんどん怖いことになっていく。

散歩も命がけになりそうよ、高麗・・・・

 

Img_5957  

いいえ、とんでもない!

日傘も買ったことですし、頑張らせていただきマス・・・・




Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.08

「NO」と言おう

今朝早くから、高麗がそわそわしていて、早く散歩に連れて行けとねだっていた。

で、私の準備が出来て、出かけようとした途端、大きな雨音が!

Img_6010

 

す、すみません・・・・

怖いよう。 

 

雨は昼過ぎには上がり、夕方は早めに散歩。

Ma330001

良かった~

ご機嫌が直って。

 

そういえば、サミットの時期だった。

麻生首相はとっくに出かけておられるのだけど、新聞もテレビも扱いが小さい。

麻生首相ももうマスコミにはうんざりなようで、何も発言しないみたい。

去年のサミットは洞爺湖で福田さんだったけど、あれから、何十年もたったような気分。

考えてみれば、福田さんは賢いというか、運がよいというか・・・

しっかり、良いとこ取りして、サブプライムショックの前に辞めちゃって。

 
  

そんな中、中国は新疆ウイグル自治区でウイグル族と漢民族の間の緊張が高まっている。

5日の暴動で、多数の死傷者が出た区都ウルムチでは、漢民族側がウイグル族が経営する店舗を襲ったりしているそうで、もう、何がなんだか判らない状態。

その状況を受けて、サミットのためイタリアに出かけていた胡主席が帰国することに。

―――大きなうねりが中国に起こり始めている?

 

中国は辺境の諸国と緩やかな連邦制に移行できれば一番だけど、共産党の支配下ではそれは無理か・・・・

だけど・・・

このままでは、西域は中国の火薬庫になってしまう。

低収入・不平等を押し付けられ、核の実験地にされて来たあの地域の不満は、すでに押さえられないほど膨らんでいる。

彼らの暴動やデモにはやむにやまれぬ事情がある。

それを無視して、中国が武力で鎮圧するのを看過すれば、世界は中国の論理で支配されかねない。

世界がこの問題に関心を持ち続けなければ、世界が変な方向に向かうことになる。

我々一人一人が、「No」と言い続けることが大事。


 
 

Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.07

七夕の夜に

昨日の東京行きは、突然、決まったことだったのだけど・・・・

さくっと日帰りできて、今日も朝から動いて、レッスンまでしてしまった。

―――なんて、すごいの、私!!

こんなに元気になれるなんて・・・・

ほんと、夢のよう。

 
 

今日は七夕。

なのだけど・・・・

今のところ、星も見えない。

うちの彦星様は出張中だし。(笑)

Img_6009   

 

それは無理!

と~しゃんはマカロンなんて知らないと思うよ。

 

この前、椿山荘で笹に短冊を結び付けてきた。

願いは・・・・

「高麗とと~しゃんと三人、健康で仲良く暮らせますように!」

単純な願いだけど、この上なく難しい願いでもある。

健康を維持するのも、仲良しを維持するのも、かなりの努力が必要。


 

ニュースを見ていると・・・・

パチンコ店でガソリンを撒いて火をつけお客さんを4人も殺した人が自首したという報道が・・・・

ガソリンを使ったのは少しでも多くの人々を殺したかったからと供述したと言う。

―――なんという時代だろう・・・・

空から汚染物質が降って来るこの時代には、普通にしていては健康を維持するのは難しいのね。

あの人は健康とは関係無いだろ・・・・って?

いいえ、あの人も正常な判断が出来なくなった時点で、すでに病人。

脳の機能に問題があって、正常な判断が出来なくなっている。

たぶん、そのせいで、普段の生活にも支障をきたしていたはず。

 

病は試練。

試練であるからには、気づきもある。

家族との関係や自分の生き方、そんなことを考える良い機会になる。

だけど・・・

脳機能が損なわれる病の場合、そんなことを考えることすら出来なくなる。

それがこのタイプの病気の恐ろしいところ。

私たちは壊れていく母を手をこまねいて見ているしかなかった・・・・


ヒトラーはその予言で、2039年には「人類は支配する超人」と「支配されるロボットのような人間」に分かれるとしている。

(参照→「ヒトラーの予言を読んでⅡ」:葛葉真紀の棚)

ロボット人間は「気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異」で生まれるだそうで。

私たちはその予言の時代を生きている。

2039年はあと18年後。

私はその目撃者になるのかしら?

それとも、予言されていない未来を創ることが出来るのかしら?

一人一人がそれを問われている時代だ。 

 

とりあえず、私はアルツハイマー気質を持っているかもだから・・・・

キチンキトサンでデトックス、がんばろっと。 

  

  

 
 

Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.06

縁が有って

さて、ここは、どこでしょう? 

Ma330001

東京駅・大丸10階の「茶寮都路里」

雨だったんですよ、東京も・・・・

 

待ち合わせの時間よりも1時間も早く行ってしまったので、一人でお茶。

Ma330002

こんなの、いただきました~。

 

いや、美味しそうなパフェとかフラッペとか、いっぱい、有ったんですけどね・・・

寒くて。

今度行く時は、ぜひとも、特選茶々パフェに挑戦したいものデス。

 

Img_6002  

ふふ。

目が輝いちゃいましたね、高麗。

 
 

今月に入って二回目の東京。

不思議な「縁」が有ったんですよ。


 

遅い昼食はSさんに驕っていただいた。

「ご馳走様です」

急に押しかけてご迷惑を掛けたのに・・・

Sさんにしてみれば、踏んだり蹴ったり?

 

それにしても、Sさん・・・

いつから、このブログ見ていらしたの?

見たからには、ちゃんと、ポチッとしていって下さいね!

って、脅してど~する?

とにかく、そういうわけで、

これからも、よろしくお願いいたします。

 

この「縁」が「運」となり、素晴らしい結果が出ます様に・・・・


 

Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

オーラの泉 石田純一

今頃?

と笑われそうだけど、五月に放映された「石田純一さんがゲストのオーラの泉」をようやく観ましたので・・・

 

★スピリチュアルチェック

   好きな女性のタイプ=イキイキとしてるチャーミングな人

   苦手・怖いもの=なし。 人生で「恐れ」は要らないものだと思っている。

  一番嬉しかったこと=息子、娘が生まれたこと

  亡くなった方でもう一度会いたい人=母

  不思議体験=しょっちゅう。スピリチュアルから怪奇現象、憑依まで。

  将来の夢=今までに無い報道番組、映画を作りたい

 
 

軽快に階段を駆け下りて来た石田さん、開口一番、「あそこ、良い匂いですねぇ」

「花か・・・美輪さんの・・・」

ま、そんなことをさらっといえるなんて、さすが、平成の色男!

それも、「褒めるんじゃなくて、真実を伝えている」んですってさ。

 

美輪さんとは旧知の仲、息子のいしだ壱成さんもお世話になっている。

美輪さんには、三年前、「純一君は、結婚しちゃだめよ」と言われたそうで。

理由は・・・・「結婚は現実。あなたはロマンに生きなさい」

「そんなに仲良くない人に、『結婚をやめなさい』と言えるのは美輪さんくらいのもの」と呆れる国分君。

でも・・・石田さんは再々婚したいようす。

美輪さんが何故そんな助言をしたかというと・・・・

石田さんには「ロマンを現実の中で結実させて見せるという頑固なところがある」から。

「まさに、その通りかもしれません」と認める石田さん。

 

石田さんは1954年、東京生まれ。

「愛とロマンに生きて55年」ですって。

確かにその経歴は「愛とロマン」てんこもり。

まず、早稲田大学在学時に2歳年下の女性と学生結婚。

20歳で一児のパパに。

その子がいしだ壱成さん。

だけど、その結婚は壱成さんが生まれてすぐに破綻。

 

石田さんが世に認められたのは、1988年。

ドラマ「抱きしめたい!」で浅野温子さんの相手役を演じ、ブレイク。

「トレンディードラマの顔」のほかに、「生足に革靴」や「セーターの純一掛け」など「ファッションリーダー」としても持て囃されることに。

そして、絶頂期の1988年には二度目の結婚も。

お相手は女優・松原千秋さん。

―――そうそう、週刊誌で騒がれてたのを覚えている。

華やかなカップルだったなぁ。

でも・・・

愛とロマンの旅がまだ続いちゃって・・・・

  

「抱きしめたい!」は最後のドラマになる予定だったと打ち明ける石田さん。

なんと、俳優を辞め、事務所のマネージャーになる予定だったのだという。

「俳優は向いてないから」と社長に言われたらしい。

最後の役は振られる役だったのだけど、指二本を立ててこめかみ近くで振り、明るく見送る演技をした。

周りには不評だったが、演出家は「イタリア人のように」と指導していたので、オッケーだった。

その人でなければ、あの役のあの演技は出来なかった。

 

ここで、石田さんの「前世はイタリア人」と江原さん。

まあ、そりゃ、ぴったりだったのね。

江原さんには忘れられない石田さんとのエピソードがある。

それは・・・・

石田さんに会う約束をした江原さん、ずっと待っていたのだが、なかなか現われない。

で、外を見ていたら、出会う他人事に二本指挨拶をしている石田さんが・・・・

サインはする、握手はする・・・・遅いわけだ。

「石田さんってすべて石田さんなんだ!」と江原さんが納得した瞬間だった。

「前世がイタリア・・・・だから、裸足に革靴なんですよね」と納得の国分君。

 

石田さんのサービス精神はそれまでの不遇な時代があればこそ。

なんたって、ブレイクが34歳だし!

「遊び人の役・・・・アレは役なんですか? それとも、ほんとに遊び人なんですか?」と核心を突く国分君。

「ほんとでしょう」と言わざるを得ないよね、石田さん。

一同、大爆笑。

最近、道端でも若い子から、「モテル方法教えてください」といわれるというが、石田さんが思うに、「近道は無い」。

「美輪さんの本でも読んで・・・勉強する」

「私の本はたとえ話でね・・・・どんな変なことをやっていても、基本がきちんと出来ていればいいじゃないかってことですよ」と美輪さん。

モテルためには、文学や音楽、最低限の文化的教養が必要らしい。

それが無ければ、ただの色餓鬼。

 

それでは、取って置きの「石田語録」を・・・・

「キスは技術ではない。タイミングである」

 「なんでも『間』ですよ」と言う石田さん。

 美輪さんに言わせると、それは「魔物の魔」でもあるらしい。

 「悪いものには魅力がある。食べ物でも身体に悪いものは皆美味しい」

 つーことは、石田さんは身体に悪い?

「とびっきりのパスタ、食べに行こうよ」

  これはイタリアンが嫌いな女の子はいないという経験に裏打ちされた洞察のようで。

「ぼくに足りないのは靴下じゃない、君だ」

  国分君曰く、「確実に、靴下も足りないですからね!」

 

前世がイタリアなことは、現世の石田さんに多大な影響を与えているようで・・・・

様々な言葉が、「降りてくる」らしい。

そんな言葉に日本女性がキュンとしての、石田さんのブレイクだったと江原さんは見ているのだが・・・・

降りてきた言葉による問題もあって・・・・

 

「不倫は文化」

この名言は新聞の見出しであって、石田さんが一言で言ったわけではない。

「不倫のようなものから生まれる文化もあるでしょう?」と言ったのが、こう要約されてしまったのだが・・・

その影響は大きく、俳優・石田純一には初めての試練となった。

その上、松原さんとの間に生まれた長女すみれさんのお受験の面接で、学校側からもその事を問いただされる始末。

その場で松原さんはがっくりと崩れ落ちたそうな。

「それが離婚の原因になったような気がします」と石田さん。

 

「貴方は結婚しちゃいけませんって、私が言ったのはそういうことなのよ」と美輪さん。

石田さんはそのとき、「それでこそ良かったと思えるような人生にしましょうよ」と言ったらしいのだが、相手に通じるはずも無く、離婚。

そのとき以来、離れていた娘さんと最近10年ぶりに再会し、その立派な姿に、お受験の失敗を無にしない人生になったと喜んでいる。

 
 

不倫の代償は大きかった。

二度目の離婚、家族と別れ、仕事を失い、収入ゼロの生活。

家賃を払えないのに引越しをする費用もないと言う状態になり、大家さんに頼み込んで住み続けた。

親しい友人にゴルフの会員権を形に借金に行っても断られ、その会員権も含めて持っているものを売り払い、何とか生活をした。

「若いうちはいいけど・・・・40を超えて金銭的に厳しい生活をするのはきつかった」

と、その当時を振り返る石田さん。

だが、「物凄くいい経験だった」とも。

 

「順序を間違えていらしたのね」と美輪さん。

全てを売り払い無くした後で、借金に行くべきだった・・・と。

ただ、その勉強のおかげか、借金を断った友人が「会員権を取り戻したいのなら、差額を出してやる」と言ってくれるほど、今は良好な関係を築いているようだ。 

そこで・・・ 

「ゴルフってそんなに良いものですか? あんな、ただ玉を飛ばしているだけのものが・・・・」という美輪さんに、

「初めて逆らいますけど・・・・結構深いんですよ」と石田さん。

でも、美輪さんには理解出来ないようで・・・・

「何でそれが大事で、命と引き換えみたいに大騒ぎするの・・・・」とぶつぶつ。

石田さん、「どうにかしてください、この空気を! 逆らったからですよ」と国分君に叱られた。(笑)

 

愛とロマンに生きるイタリア男な石田さん。

NHKアナウンサーだった父にスパルタ教育されて育った良いとこの坊ちゃんだった。

お父さんが亡くなったのは石田さんの絶頂期の1989年、脳卒中で危篤と言われても、石田さんは仕事から抜け出せなかった。

ただ、昼夜無く働いていた時期だったのに、石田さんはどういうわけか、前日、自宅に物を取りに帰っていた。

そこに父親から電話がかかってきて、「あ、太郎(石田さんの本名)、いるんだ?」

1時間ほど、父親と会話できた。

それは今までには無い経験。

石田さんは、ちゃんと、父との最後の別れが出来たと思っている。

 

お母さんはもっと生きているものだと思っていた石田さん。

だが、おかあさんは、検査入院して、二日後に亡くなった。

「大往生です」と美輪さん、江原さん。

「人徳」だという。

亡くなった後の顔も美しかったという石田さんに、「今でもそうですよ」と江原さん。

 

★スピリチュアルメッセージ

「お母様は聖女のような方」と江原さん。

お母さんとお父さんはもうすでに(あの世で)出会っている。

お母さんは石田さんの家族、妹さんのことを今でもずっと心配している。

生きている時は、火の付いた導火線を見守っているように生きた心地がしなかったらしい。

自分がなにも出来ず、ただ、見守っているしかないことが、自分の修行と思っていたようだ。

 

石田さんがイタリアンな性格でスキャンダルにまみれたこと、それは・・・

「芸能界で生き延びる手段でもあった」と美輪さんは見る。

「それが無ければ、こんなバラエティやなんかで引っ張りだこになってました?」

それが一つの生き方であって、正解でも有ったなとおもいますよ」という。

「お父様が何か仰ってる?」と江原さんに訊く美輪さん。

「厳しいこと、仰いますね」と苦笑いする江原さん。

「それ、言ったほうが良い」と美輪さん。

 

石田さんにも促され、話し始める江原さん・・・・

「前世ってね、相当型破り、自由奔放、泣かした人もいる。

おとうさんは(結婚に)向かないと仰っている。

形(結婚)にこだわる必要は無い」

その話を聞いていた美輪さん、「随分いろんな物が、奥歯に挟まっているわね」

「石田さんってね、矛盾の塊なのね。

強情で頑固、初志貫徹なところがあるのだけど、ある日、ふっと気が変わっちゃうのね。

ロマンを現実に引き寄せて現実化したいんですよ。

ロマンの中で生きたい。

それをセパレーツにするってことが納得出来ない。

そのバランスを取ろうとして・・・どちらに落ちるか、危ない。

それをご両親は心配しておられる」

「でもね、美輪さん、石田さんはそれでもなさいます」と江原さん。

「良い意味でプラス思考だから、どんな時でも発想の転換を図って・・・・ただ、転ばない」と美輪さん。

石田さん、「物事を悪く取るのも自由、良く取るのも自由。

それは自分たちに与えられた権利なんで。

だから、良い風にとって・・・」やって行くつもりらしい。

それは本当に普通だった自分が、ここまでになれたから。

心の力、インナーマインドの凄い力を実感している石田さん、その力を発揮できるように生きようとしているようだ。

 

「どこか旅行お出かけになる予定がお有りなの?」と美輪さん。

「大自然は良いけど、アフリカとかそっちのほうはおよし担ったほうがいいみたい」

それを聞いて、大きく口を開けてとんでもない間抜け面(あら失礼)になってしまった石田さん。

「そうお思いになっていなかった?」と訊かれ・・・「アフリカ・・・来年行こうと思ってました」

「おやめになったほうがいいみたい」

即答しない石田さんに、「抵抗しないでくださいね」と国分君。

結婚はしないほうが良いというアドバイスに対してどう思うかを国分君に訊かれても、「自分の人生なんで・・・」という石田さん。

「絶対、なさいますもん!」と江原さん。

―――まあ、ここまで言われても、結婚しちゃうのね?

「決着は自分自身でつけないと・・・・」と言う石田さんに、「相手は決まっているんですか?」と国分君。

おお、芸能レポーターになれそうだね、国分君。 

「石田さんの場合、愛とロマンが生きがい、食料だから、それが無くなったとき、枯渇した時、乾いちゃうでしょ?

飢え死にするのよ」と美輪さん。

「燃料が少なくなる時って有るんですか?」と国分君に訊かれ、「まだ、無いですね」と言い切るところが凄い。

 

「今日は、どうでしたか?」と言う国分君の問いに、

「嬉しいですね。だいぶ気を使って言ってくださっている」という石田さんに、「テレビですから」と江原さん。

美輪さん曰く、「石田さんは根っこに『善なるもの』を持っていて、それは大変な財産」

だそうで。

人生のテーマが「愛とロマン」と解かり、「今日は凄い財産を持って帰る」と喜んでいる石田さん。

お相手が同じ「愛とロマンを追い求めるイタリアンな女性」であることをお祈りいたします。

普通の人をそんな人生に巻き込んだら、大変な騒動になっちゃうかもしれませんよ。


 

 

Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.07.04

モアイモッコリ

温暖化は羊を小さくする。

らしい。

こちら

「冬が短く暖かくなり、小さな子羊でも生き残れることになったことなどが理由と考えられる」

そういう理屈なら・・・・・

トンガやハワイのネイティブの方々はど~してあんなに巨大?

なぜ、モアイはあんなに大きい?

―――え?

モアイ関係ないだろって?

―――モアイ舐めんなよ!!

すみません。

さっき、はんにゃの「モアイ像」を観てしまったもんで、つい・・・・

 

はんにゃ・・・モアイ職人って発想がなんとも。

モアイモッコリは発売すれば売れそうな気がするし。

てか、

買いそうだし。(笑)


なんて、書いていたら、携帯電話のCMに武蔵丸親方が・・・・

武蔵丸さん、ハワイ出身と思われているけど、もともとトンガ人なんですって。

 

そうそう、最近、CMのスポンサーがいないのか、宗教関係のCMがゴールデンタイムに放送されている。

宗教界・・・・人民を救わずにマスメディアを救って、ど~する?

今みたいな時代に宗教者たちが貧しい人々に施しをしたり炊き出しをしたりするからこそ、宗教法人は税を免除されているはずなのに。

さて、明日も早い・・・・

怒ってないで、はよ、寝ましょうかねぇ。





Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.03

板倉さんが・・・

東京から帰り、深夜、いつものブログ廻りをしていたら・・・・

板倉雄一郎氏のエッセィが「インプットモード」に入り、休止していた。

原因の一つとして、6月の「朝まで生テレビ」への出演時のカルチャーショックが上げられていた。

ネガティブエネルギーの集団の「左よりの発言」を聞き、「共通言語」が見当たらず、ボ~然と考え込まれたそうで・・・

今回の「朝生」は見ていないので、そこでどういうやり取りがあって、板倉さんがそういう考えに到り、エッセィの休止まで決意したのか、わからないのだけど・・・・

このところ、板倉さんのエッセィに感じていた違和感もその辺りにあったのかも。

 

この不況の恐ろしいところは、今まで通り何等痛痒を感じずに生きていける人と、突然、人生の立ち位地がひっくり返り、住まいどころか喰うのもやっとの状態になっている人がいるということ。

「日払いだった給与が、週払いになったおかげで生活できなくなった」
(スタジオ観客の発言)

「所持金が無いところで、漫喫に長時間滞在して、会計ができなかったら警察に突き出されそうになった。」
(パネリスト湯浅氏のケースレポート)

「新しいトヨタの社長は、トヨタの株式を〇万株も持っているですよ!」
(共産党小池氏の発言)

これらの発言を板倉さんは「左寄り」と感じたようだけど・・・・

私はこの発言を、(トヨタの社長云々は除き)、「左寄り」とは感じない。

それよりも、この状況をどうにか出来ないのかと言う思いを懐く。

 

昔は「たこ部屋」なんてモノがあって、社会から落ちこぼれた人たちは、そんなところに住まわされ、ほとんど給料無しで食べられるだけという悪条件で、重労働を強いられていた。

それでも、住むところだけは何とか有ったわけだし、そこから、這い上がった人もいると聞く。

労働者の権利が整備され、そんな非人間的な労働条件は認められなくなった。

だから、そんな職種は日本人を雇えなくなり、外国人を入れている。

で、一部屋に何人も詰め込まれた外国人はなんとか生きていられるし、故郷に仕送りも出来る。

でも、権利に守られている日本人は、ホームレスになるしかない。

中途半端な権利は悲惨を生むということだ。

  

それでは身内を頼ればよいと言う話しになるのだけど・・・・

そんな状況に陥った人は家族も同じ様な状況にあるか、身内がいない人、内気な性格で他人に頼れない人だ。

そんな人に、自己責任とか教育とか言っても、何の腹の足しにもならない。

まず、食べさせ、住まいを与え、それからどうするかを考える―――素早い対応が必要。

なんたって、人間は動的平衡の中にあるのだから、食べ物で分子を補給しないと生きていけない。

生きてさえいりゃ、後は何とでもなる。

今、食べ物も住むところも無く、死にかけている人が、世界を導く指導者にだってなり得るだから。


 

この不況がすぐに好転するとは思えない。

好転しても、今、職を失い家を失い食事すらままなら無いほどの人々が、職や住まいを得て、普通の生活に戻るにはなお時間が掛かるだろう。

それどころか、来年には金融総量規制が始まり、さらに40万人がクレジット破綻をするのではと予想されている。

このままでは、さらに状況は悪くなるばかり。

セーフティネットの整備を急がなくては、この国は成り立たなくなってしまう。

 

スーパーリッチと呼ばれる方々がこの世にはいるようだけど・・・・

(私の近くにはいないので、どういう人たちか想像も出来ないけど)

その方々は、自己責任で頑張り、そこまでの資産を手に入れたのだろう。

だから、自己責任で落ちこぼれていく人々に手を差し伸べる必要は無いと思っておられるかもしれない。

だが、社会はスーパーリッチだけで成り立っているわけではない。

彼らの隣にはスーパープアも住んでいる。

今は普通に暮らしていても、明日は火の車に追われると言うこともあり得る。

世界のスーパーリッチたちが要塞のような家に住み、屈強なガードマンに守られているのは、自分が特別な存在であることを認識し、なお、狼の群れの中に生きるしかないと覚悟しているからだ。

つい最近、都心の森に住んでおられたお金持ち夫婦が殺され、放火された。

犯人はまだ捕まっていないが、同じ様なお金持ちの犯行ではないだろう。

おそらく、その犯行をしなければ、生きていけなくなると切羽詰った人の犯行に違いない。

そういうことがこの国でも起こり始めているのだ。

ガードマンや要塞に大枚を叩くか、それとも、セーフティネットが張り巡らされていて、安全な羊の国にするための費用を供出するか・・・・

どちらも金持ちの経費なのだと覚悟したほうが良い。

そして、どちらを選ぶかをしっかりと考えたほうが良い。

ちなみに、昔、潰れかかったボロ店に何回も泥棒に入られた時に、警察官が言っていたけど・・・・

入ろうと泥棒が決めたら、防ぐ手立ては無い。

だそうですよ。

私は泥棒に怒りを覚えるけど、泥棒の隣でご馳走を食べて平然としている人にも、同じ様に怒りを覚える。

どちらも、他者を思いやらない餓鬼の世界に住んでいるから・・・・

 

昔、このブログでも書いたけど・・・・

(膨大な過去記事に紛れて、どこに行ったやら、さっぱり)

失敗から立ち直った人は二つに分かれるような気がする。

失敗から立ち直った経験から、自己責任を他者に求めるようになる人。

その経験から、他者の弱さや人間ではどうにも出来ない大きな流れに思い到る人。

前者は他人を責め、後者は慈悲で他者を受け入れる。

さて、板倉さんはどちらの道を選ぶのかしらん?

再開されるエッセイが楽しみ・・・・






Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.02

椿山荘へ

高速道路で事故に遭うと、アウト?

東京まで300キロちょっと。

時速100キロで走れば3時間。

単純に言えば、そうなんだけど・・・・

7時間掛かっちゃいました!(笑)

 

炎上事故で東名を沼津インターで下ろされ、大渋滞の中、裾野インターに着いたら・・・

閉鎖されていた沼津・裾野間が開通していた!!

なんてことがあり、 

私たちの苦闘の3時間を返せ~!!

その3時間は、あれやこれや楽しい思い出作りの大切な時間だったんデスヨ!!

と怒ったのだけど、

でもまあ、事故ッたのが私たちじゃなかっただけでも「良し」としましょう。

予約していた椿山荘・無茶庵のお蕎麦も食べれたことだし。

Img_5964

Img_5962


食後、都会のど真ん中とは思えないほど自然の残った庭を散策、その手入れの良さに感嘆。

その後、サプリメントの会に出席。

友人たちと途中で抜け出し、ティ-ルームでケーキセットを頂き、6時からパーティ。

これ以上入らないほどお腹いっぱいになったところで、パーティ会場を抜け出し、蛍を観に庭園へ。

庭園の沢沿いの茂みで光る蛍に歓声をあげ、七夕飾の短冊を書いて飾りつけ・・・

存分に椿山荘を楽しんだ。

 

でも、なんとなく、不安なところも・・・・

だって、私が誘った友人達の一人の家の裏は、ほとんど、椿山荘の庭園みたいな風景・・・・

蛍だって、この前行った川のほうが、断然、多い。

―――お誘いしたものの、皆さん楽しんでくださっているのかしらん?

で、訊いてみると・・・・

「有名な庭園を見られて嬉しい」

「楽しい」

「得がたい経験が出来てよかった」

と言ってくださって、ホッ。

 
 

8時過ぎに東京の夜景を楽しみながら帰途に。

途中、強い雨に遭い、予定よりも少し遅れたけど、12時過ぎに帰着。

家に帰ると待ちかねた高麗が飛び出してきた。


 

長旅で、しかも事故により大変な目に遭ったけど、終れば全てが楽しい思い出に。

長旅を一人で運転してくださった義兄、私の友人たちに気を使ってくれた姉、

そして、素晴らしい友人たちに、感謝。




Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

 

Img_6003

置いていかれてまだ怒っている高麗。

ジャーキー3本で手を打たない? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま

え~、ついさっき帰りました。

途中、東名沼津で事故のため下ろされ、裾野インターまで3時間掛かってようやくたどり着くという大アクシデントがありつつも無事、東京到着。

行ったのはここ。

Img_5983  

椿山荘。

 

詳しいことはまた明日と言うことで・・・・


一人お留守番をしていた高麗は・・・

Img_5953_2

まあ、そう怒らずに(=´Д`=)ゞ



Banner_02_2に参加しています。 

上のバナーをクリックしていただくと、ランキングに飛びます。

応援ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »