« 私的胡蝶の夢 2008・10・9 | トップページ | ロス疑惑の終わり »

2008.10.10

降りかかる火の粉

このところ、毎日のように、急落・暴落と言う言葉を聴いているけど、今日のは格別だったようで・・・・

不動産投資信託会社や生命保険会社まで破綻し始めては、1000円以上の株安も不思議じゃない。

 

ここに来て、とうとう、わが友人たちにも被害が出始めた。

「とにかく、無いものと思って放って置くしかない」と何人もがため息をついている。

そういえば、夫が契約した何とか年金。

加入以来、一度もプラスになったことがないけど、アレも今頃は激しくマイナスになっているんだろうなぁ・・・・

 

欲をかいて鉄火場(のような相場)に手を出したわけでもないのに、火の粉が降りかかってくるなんて理不尽な話だわ。


 

今日のNHKの「ナビゲーション」(中部7地区限定番組)では、中部地方では今まで問題にならなかった「失業」の実態をレポート。

不況に喘ぐ他地域を尻目に、不況知らずだった愛知県。

ところが、この金融危機で製造メーカーは派遣社員の契約打ち切りを始めている。

頼みのトヨタすら減産体制に入ってしまった。

2000人近くを派遣していた派遣会社も、すでにその1割の契約を打ち切られているとか。

次の仕事を探す派遣社員たちに提示されるのは、「手取り20万以下」の仕事しかないような状態。

それでも仕事にありつければ良いほうで、すでにホームレスになっている元契約社員もいる。

一年前には考えられなかった状況だ。

ここでさえそんな状態なのだから、他の地域ではもっと大変なのだろう。

なんとか、耐えて、乗り越えなければ。

幸いなことに・・・・

世界中が苦しんでいると思えば、孤独ではない。 


 

Banner_02_2に参加しています。 

クリック、よろしく! 

|

« 私的胡蝶の夢 2008・10・9 | トップページ | ロス疑惑の終わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/42747365

この記事へのトラックバック一覧です: 降りかかる火の粉:

« 私的胡蝶の夢 2008・10・9 | トップページ | ロス疑惑の終わり »