« 赤い斑点と黒いトンボ | トップページ | サザンの言霊 »

2008.07.08

洞爺湖サミット

そういえば、サミットが始まっていた。

議題は温暖化やアフリカの飢餓だそうだけど・・・・・

空調の効いた日本一豪華なホテルで話し合い、各地から取り寄せた高価な食材で調理された食事をし、どんな結論がでるのか、楽しみ。

 
 

エコと言えば、知人がゴミを磁気処理して、ぜ~んぶ、セラミックにしてしまうという画期的なゴミ処理機を売っている。

生ゴミであろうが、プラスチックであろうが、燃えるものならなんでも細かい砂のようになってしまうらしい。

しかも、燃やしているわけではないので、ダイオキシンは出ないという画期的な処理機。

だけど・・・・・

売り先はなかなか決まらないのか、忙しそうにしているけど、大金持ちになったと言う話は聞かない。

 

今日のニュースステーションでも、ヨーロッパ、特にドイツは太陽光発電に政治力を発揮し推進したが、日本では通産省や電力会社の反対で頓挫したままと言う話があった。

シャープが開発した太陽光発電だが、今や、ドイツの会社に生産量は抜かれていると言う。

まったく勿体無い話。

 

今日は朝霞の米軍駐屯地跡地に国家公務員宿舎を400億以上かけて作るという話もワイドショーで見たけど、そんな無駄遣いせずに、太陽光発電にお金を注ぎ込んでくれたら良いのに・・・・・

朝霞の跡地は返還から30年放置されていたおかげで、すっかり自然の森になっていて、かなりのCO2を処理してくれているのだから、そのまま自然公園にしたほうが良い。

まったく、本末転倒な話ばかり。

森どころか木も見ていない。

見ているのは我欲だけ。

ま、教員だって賄賂で採用される国だから、「フェアネス」なんて教えていないのかもしれないけど。

 

産業を転換しなければ成長は無い。

不況対策と言うと、政治家も官僚もすぐに建築土木を思い出すようだけど・・・・・

日本には素晴らしい技術と発想を持つ人々が居て、世界に貢献できるものを生み出している。

安かろう悪かろうではないものを日本で作り、世界に市場を求めれば、まだまだ、産業を発展させ、成長させることが出来る。

そして、それは世界に貢献するものにもなる。

 

たぶん、政治家や官僚も良いものは良いと思うのだろうけど・・・・・

過去の例やしがらみで自分にはそれは出来ないと思うのだ。

でも、出来ると思えば、出来ないことではない。

まず、「政治家や官僚の皆さ~ん、一歩踏み出してくださ~い」

と言うことが、我々一般ピープルに出来ること。

我々が声を上げなければ、彼らは変われない。

越後屋が力を持つのは、彼がお代官様に金を渡すからではない。

金をてこにして、強く語りかけるからなのだ。

え?

金は持っていない?

いいえ、我々は票を持っている。 

その恐ろしさはこのところの選挙で思い知ったはず。

 

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッと押していただくと、ランキングへ。

   よろしくお願いします♪


 

|

« 赤い斑点と黒いトンボ | トップページ | サザンの言霊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/41780742

この記事へのトラックバック一覧です: 洞爺湖サミット:

« 赤い斑点と黒いトンボ | トップページ | サザンの言霊 »