« 強欲が世界を滅ぼす | トップページ | 蘇えった玉虫厨子 »

2008.07.12

あわてんぼうのセミ

久しぶりに雲ひとつない青空となり、35.2℃と言う今年一番の暑さを記録した今日のこの辺り。

名古屋へ出かけ、浜松から引っ越してきた人と出会った。

「名古屋は暑いわぁ。浜松にはこんな暑さはないわよ」

と浜松自慢していた彼女。

家に帰って、今日の浜松は37.3℃だったと知って驚いただろうなぁ。

  
 

夕方、高麗の散歩に行くために門を出ると、階段の下にセミがひっくり返って死んでいた。

――――このところ、ジージーと啼いていたのはあなた?

セミの寿命は2~3週間というから、この子は雨ばかりの頃に羽化して、曇り空の下を飛び回り、ようやく夏らしい青空となった今日、次の次元に行ってしまったということになる。

このあわてんぼうのセミは、つれあいを見つけ子孫を残すことが出来たのだろうかと、余計な心配をしてしまった。


 

あちこちで猛暑日となった今日、東京は猛暑の後、雷雨が発生し、突風も吹き、大変な夏の嵐になった。

これは典型的な温暖化した都市の症状。

今年も荒ぶる夏になりそう・・・・・

 

 

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッと押していただくと、ランキングへ。

   よろしくお願いします♪

 

|

« 強欲が世界を滅ぼす | トップページ | 蘇えった玉虫厨子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/41816422

この記事へのトラックバック一覧です: あわてんぼうのセミ:

« 強欲が世界を滅ぼす | トップページ | 蘇えった玉虫厨子 »