« 中国の地震 | トップページ | オーラの泉 芸能人が本当に体験した怖い話 »

2008.05.13

オーラの泉 西川きよし

「オーラの泉」今回のゲストは、元国会議員・吉本興業所属のお笑い芸人西川きよしさん。

漫才師と呼ぶには相方が必要だけど・・・・

西川さんの相方・横山やすしさんは亡くなってしまったから、お笑い芸人と呼ぶしかないわね。

 

1946年・高知生まれ。

16歳で喜劇役者になりたくて、吉本興業に入った。

そこで、ヘレン夫人と運命の出会いが・・・・

すでに大スターだったヘレン夫人、吉本興業は職場結婚禁止・・・・・どちらかが辞めるようにと言われた。

そこで、ヘレンさんを辞めさせた西川さん、男の意地だった。

 

啼かず飛ばすで苦労した新婚時代、やがて転機が訪れる。

横山やすしさんとの出会い。

天才漫才師でありながら、5人もの相方とコンビ別れしていたやすしさん。

やすしさんに熱心に誘われても、西川さんは躊躇していた。

そんな西川さんの背中を押したのはヘレン夫人だった。

 

しかし、やすしさんとの付き合いには想像を絶する苦労が・・・・・

ふらっと遊びに出て、まったく稽古をしないやすしさん。

西川さんはなんとか引き止めて、稽古をした。

その結果、「やすきよ」人気は急上昇。

「上方漫才大賞」を受賞し、大忙し。

ところが、タクシー運転手に暴行するという事件を起こし、やすしさんは二年も謹慎することに。

二年後、二人はまた漫才を始め、あっという間に人気を取り戻し、二度目の「上方漫才大賞」受賞と波に乗った。

 

やすしさんとは週刊誌で対談したことのある美輪さん。

やすしさんは神経質でピシッとした人だったと言う。

そのとき、不思議なものが見えた美輪さん、

「あなた、日本のある土地に、良く行く時が無い?

そこに行くと、良いことが起こらないでしょ?

この間の事件もそこに行ってから起きたんじゃない?」と訊いた。

すると、「そうです」と言う答え。

「そこは昔、村上水軍の拠点地だったところで、あなたは村上水軍だったの」

それを聞いた西川さん、

「だから、船にエンジンつけて走りだしたんですかぁ」と納得。

やすしさんの競艇好きにはそんな理由があったようだ。

(やすしさんに)「聞いているかぁ」と西川さん。

「聞いてますよ」と笑う美輪さん。

 

漫才で頂点を極めながらも、やがて、二人に転機が訪れる。

国政に興味を持ち参院選に出馬したきよしさん。

102万票を獲得しトップ当選してしまった。

当然、漫才は開店休業状態になり、やすしさんはひとりで活動することになった。 

飲酒運転、暴行事件、トラブルを連発し、暴飲の結果、やすしさんは肝硬変で帰らぬ人に。

その葬儀で、「何もかにも忘れて、ゆっくりしいや」ときよしさんは呼びかけた。

「人生を急いでいた。何をあんなにいらいらしていたのか、わからなかった」ときよしさん。

 

「最初、非常にびっくりしたことがあって・・・・」と切り出した江原さん。

なんと「ヘレン夫人が霊能者だ」と言う。

「奥さんを見ていると仏様がいっぱい見える。信仰なさっていますか?」と江原さんに聞かれ、声を詰まらせ、涙を堪えたきよしさん。

「めちゃくちゃしていますわ」と答えた。

「奥様の前世は尼僧さん。

そのときも、今も、師匠(きよしさん)の人生を照らしてきたのは奥さん。

西川さんを漫才の道に進めたのも奥さん。

奥さんは常に苦しい思いをなさってきた方。

自分が表から退いて、ご主人を表に出し、自分の輝きは全部きよしさんに捧げた」

そのヘレン夫人の苦労について、西川さんには思い当たることがいっぱいあった。

美貌の混血児だったヘレンさん、妬みと蔑みで、吉本新喜劇で大スターでいながら、いじめに遭っていた。

「どちらかが辞めろ」と言われたときに、二人とも首になるのを覚悟で「ヘレンを辞めさせます」と答えたのは、それもあってのことだった。

 

漫才師、政治家の妻として献身的に西川さんを支えたヘレン夫人。

江原さんによると・・・・

実は、前世で二人は親子だった!!

なんと、前世のヘレン夫人は子供だった西川さんを亡くし、尼僧になったのだと言う。

 

「さっきからちょっと困っていることがありましてね」と江原さん。

「やすしさん・・・・離れていないんですよ」

なんと、やすしさん、あの世に逝っていないと言う。

――――まあ、自爆霊・・・・・?

 

寂しがりで、ヤンチャで、西川さんに目いっぱいお守りされていたやすしさん、今だに甘えん坊で、西川さんにべったりなんだとか。

それを供養し、成仏するように祈っているのが、ヘレン夫人。

そのおかげで、なんとか、西川さんは持っているようだ。

 

「成仏するには、仏の心にならなければいけない。

やんちゃな子供の心のままでは成仏出来ない」と言い出した美輪さん。

話は西川さんにと言うよりも、やすしさんに向けてになってきた。

「そういうことなのよ、やすしさん。

だから、この辺で皆さんに迷惑をかけずに、恩返しをしなきゃダメなのよ。

あなたはちゃんとしたところもあるし、頭も良いんだから、人々を慰め、励まし、如来になったり、菩薩になったり、やることはまだまだいっぱいあるんだよ。

次から、素晴らしい人になるようにご修行なさい。

そのために、あなた、ここに着たんでしょ?」

それを聞いた国分君、「きよしさんがやすしさんのために出来ることはあるんですか?」

「自立しろと言ってあげることです」と江原さん。

西川さんが生きているのと同じ様に対処しているから、甘えて側にいるらしい。

西川さんは稽古の時と同じ様に、厳しく、自立する(成仏する)ように言わなければならないらしい。

その手助けは、ヘレン夫人がしてくれると江原さんは視ている。

 

今回の「オーラの泉」は西川きよしさんのためではあるけど、故横山やすしさんのためでもあったようだ。

成仏しない霊が側にいることは、生きている人間にとっては、霊がその人を愛して故でも良いことではないらしい。

それに、いつまでも成仏出来ない霊は浄化されることがなく、次に進めない。

生きている人間には生きている人間としての役割があり、肉体を失った魂には魂としてやるべきことがある。

そのことを互いに理解することが、必要だったのだろう。

 

名コンビは離れても、魂の絆は深いのだろうから・・・・

こんどはやすしさんが先輩として、きよしさんを導いてあげる番。

頑張ってね、やすしさん。

「やすきよ」の大ファンだった私としては、あの世に逝ったときには、お二人の漫才をまた観たいわ。

 

 

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッっとすると、ランキングへ。

      よろしくお願いします♪ 

 

|

« 中国の地震 | トップページ | オーラの泉 芸能人が本当に体験した怖い話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/41191529

この記事へのトラックバック一覧です: オーラの泉 西川きよし:

« 中国の地震 | トップページ | オーラの泉 芸能人が本当に体験した怖い話 »