« 愛・地球博記念公園 | トップページ | オーラの泉 榎木孝明 »

2008.04.20

ボブと白鳥と

昨日、「愛・地球博記念公園」の駐車場で、シュナウザーを連れたご夫婦らしき中年カップルととすれ違った。

男性のほうは車椅子。

女性がシュナウザーを抱いていた

 

シュナウザーちゃんはボブな感じ。

(私が知っているボブは太目の赤ら顔の白人。陽気なアメリカンでちょっとおっちょこちょい。)

ボブは高麗を見て興奮。

飛びつこうとしてお母さんに叱られていた。

そのまま、ボブ一家とはすれ違い、車に向かったのだが・・・・

愛車の前でキーを取り出そうとしたら、ブフブフと怪しい息遣いが後ろから聞こえてきた。

何事かと振り返ると・・・・・

 

ボブがひとり、全速力で走ってくる!!

 

「きゃ~」

どうしょう、高麗が危ない!!

かーしゃんは慌てているのに、高麗は危険を感じないのか、それとも、怖くてすくんでしまったのか、立ち止まり、走ってくるボブをじっと見ている。 

抱き上げようしたが、高麗は「抱かなくて良いよ~」と言うように逃げた。

追いついたボブは高麗の周りをうろうろ。

でも、飛びつこうとはしない。

まるで、初恋の人の前でもじもじする少年のよう。 

そうこうしているうちに、必死で追いかけてきたお母さんにボブは捕まった。

 

「すみません、すみません」と何度も謝るお母さん。

「いや、良いですよ、びっくりしたけど・・・・」

「こんなの初めてなんです。首輪を抜いて走りだすなんて・・・・」

そういえば、ボブ、首輪が無いので首がはっきりせず、間抜けた感じになっている。

  

お母さんに捕獲されたボブは、その腕の中でもがきながら、未練たっぷりに高麗のほうを見ているというのに、高麗はもう興味が無いらしく、あらぬほうを見ていた。

この勝負、高麗の勝ち!!

――――ふふふ・・・・もしかしたら、高麗はとってもモテル娘になるかも。

 

二時過ぎに公園を出たのだが、あまりに天気が良くなったので、このまま帰るのが勿体無くなってしまった。

で、隣の市の公園に藤を観に行くことに。

Img_2999  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、咲き始めの藤。

でも良い香りが辺りに漂っている。

側に池があって、鯉や水鳥達がいっぱい。

――――気持ちよいねえ、高麗・・・・

Img_3005  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高麗も元気を取り戻し、池を覗き込む。

すると・・・

Img_3006  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高麗、白鳥さんよ!!

 

Img_3011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと遠くにいた白鳥、私たちを見つけると、す~と水面を滑るように移動。

あっという間に目の前に。

白鳥は高麗を怖がらず、高麗に話しかけるようなしぐさをする。

私たちがその場を離れたら、名残惜しそうに池の端までついてきた。

――――高麗、もしかしたら、あんたっていろんな動物とお友達になれるかも。

 

夜は高麗を家に置いて外食。

久しぶりの「鰻」に大満足。

 

で、今朝はある会の総会。

昼から高麗と夫は実家に出かけた。

その間、二胡の先生がいらしてお稽古。

一ヶ月触っていなかったので、すっかり忘れていた。

この土日は、なんだかとっても盛りだくさんだったような・・・・

  

 

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッっとすると、ランキングへ。

      よろしくお願いします♪ 

 

|

« 愛・地球博記念公園 | トップページ | オーラの泉 榎木孝明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボブと白鳥と:

« 愛・地球博記念公園 | トップページ | オーラの泉 榎木孝明 »