« オーラの泉 榎木孝明 | トップページ | 蝶々もひらひら・・・ »

2008.04.22

母子殺人事件の判決が出た

光市の母子殺人事件の犯人に高裁で死刑判決が出た。

判決理由をニュースで聞いたところによると、弁護団の弁護方法が裏目に出たようだ。 

殺された二人の遺族、本村洋さんの会見があった。

「私が裁判を通じて疑問に思っていたことを解消するもの。素晴らしい判決文でした」と述べた本村さん。

以前のように、感情的に被告を責めることなく、時には彼を思いやるような言葉も口にした。

 

9年前、母子を殺した被告と、彼に家族を殺された本村さんは同じスタートラインに立っていたと私は思っている。

そのスタートラインは「怒り」

少年は自分の不幸な境遇や他人の自分への仕打ちに怒り、あの事件を起こした。

本村さんは愛するものを奪われ、無理やりに「怒り」の世界に引きずり込まれた。

 

そして、9年。

少年は言を弄して、自分を守ろうとし、反省もせず、検察官に「舐めないで貰いたい」と言う言葉すら投げつけた。

本村さんは、今回のマスコミの質問に、被告に死刑が宣告された喜びは口にしなかった。

その代わり、被告のような少年を産まない社会の到来を望み、被告が死刑の重さをきちんと受け止め、人間として成長することを望んだ。

つまり、この9年、被告はスタートラインに立ったままだったが、本村さんは怒りから慈悲へと歩んだということだ。

少年は罪を犯してもなお、怒り続け、自分の罪の重さすら怒りで誤魔化した。

本村さんは自分に起こった悲劇を怒りで誤魔化さずにしっかりと受け止め、その意味や人生の意味を考え、自分を律した。

その違いは大きい。

 

弁護団は最高裁に控訴したようだが、最高裁の判決が出るまでに、被告が劇的に変わるとは思えない。

だが、無期懲役で7年で娑婆に戻ると確信していた被告は、この判決を受けて、生の意味を考え直す最後の機会を与えられた。

最高裁の判決が出るまでに、彼が自分の罪の大きさと、その罪が死刑でも償いきれないほどのものなのだと理解したのなら・・・・・・

殺されたお二人も、被告自身も、本村さんも、この事件の多くの関係者も、そして、見守っていた我々国民も、少しは救われると思うのだが・・・・

 

 

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッっとすると、ランキングへ。

      よろしくお願いします♪ 

 

|

« オーラの泉 榎木孝明 | トップページ | 蝶々もひらひら・・・ »

コメント

春野さん、コメントありがとうございます。
北国の春、良いですよね。
子供の頃を思い出します。

聖書を始め、多くの人生の手引きとなる書があります。
その内容は真理であり素晴らしい。
でも、本当に手引きが必要な人々にはその教えは届かない・・・・
 
言葉では理解出来ない相手、伝わらない相手に真理を伝えるにはどうすればよいか?
それは実践しかないのかもしれません。

マザーテレサ様の生き方に答えがあるように思います。
 

投稿: kuzuhamaki | 2008.04.23 22:16


はじめまして。

北国にも春が訪れました。桜の開花も間もなくです。
最近、「死にたい」という若い人が急増しているように感じていますね。

人は一体、何のために生きているのでしょうか。
人はどこから来て
何のために、勉強し、働き、生きて
どこへ向かっているのでしょうか。
なぜ、人は孤独なのでしょうか。
愛とは何か、生きる意味、死とは何かなどのことについて、ブログで分かりやすく聖書から福音を書き綴って来ました。
ひまなときにご訪問下さい。
http://blog.goo.ne.jp/goo1639/

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(聖書)                   

★私のブログから:「生きる目的は一体何か」
http://blog.goo.ne.jp/goo1639/m/200705

「人生の目的と意味は何か」:
http://blog.goo.ne.jp/goo1639/d/20060519

投稿: 春野太郎 | 2008.04.23 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母子殺人事件の判決が出た:

« オーラの泉 榎木孝明 | トップページ | 蝶々もひらひら・・・ »