« テレビ復活! | トップページ | 円天 »

2007.10.03

フリーズ中

今朝は友人とおしゃべり。

彼女は、ホームレスになるような人の気が知れない、そんな人を税金で面倒見るのは納得行かないと言い出した。

そんなことになる前に、きちんと働けばいいじゃない!

仕事なんかいくらでもあるんだから・・・という。

 

うん、そうなんだ。

私も、そう思っていたよ。

ちゃんと働いて、贅沢しないで生きていれば、失敗なんかしないし、ましてやホームレスになんかならなくて済むはずだってね。

 

でも、ちゃんと働いて、そんなに贅沢もしないで、真面目に生きていても、一家離散したり、ホームレスになっちゃったりする人だって、いる。

それは、自分が失敗して見えたこと。

自分は常に正しく生きているのだから、そんなことが自分に起こる筈が無いと信じている彼女に、見えないのは仕方ない。

 

今はホームレスの彼らにも、自分がホームレスになるなんて思うこと無く暮らしていた時期があったはず。

一つのボタンの掛け違いで、あっという間にそこまで行ってしまい、何故こんな境遇にあるのか信じられないという人が多いのでは?

  

自然災害で財産を失ったり、大病をしたり、詐欺にあったり、他人の保証人になって借金を背負ったり、精神的にボロボロになって何をする気にもならなくなったり・・・・

思いがけないことで人生は破綻する。

その破綻を乗り越えられるかどうかで、その後は大きく違ってくる。

 

大抵の失敗者はいい加減な人ではなく、その失敗の原因に対処する知識が無かったり、他人を盲信し、自分の直感を信じていなかった人だ。

その中でも、ホームレスにまでなってしまう人たちは、失敗の過程で、「世の中はおかしい」と感じても、「慣例としてこうです」と言われれば、その言いなりになった人たちだと思う。

素直で善良だったから、犠牲者になったのだ。 

 

大抵の日本人は、毎日、真面目に働いて、税金や年金をきちんと納め、少しでも貯金をしていれば、、一生、ちゃんとした家に住んで、子供にちゃんとした教育を受けさせられて、年ごと季節ごとに新しい衣服を買えて、平穏に一生を終えられると信じ込んでいる。

だから、そこからドロップアウトした人々に厳しい。

 

だけど、世界では人間と機械が食料を争う時代が来ているし、異常気象も異常では無くなりつつある。

日本では、今後30~40年以内にマグニチュード8以上の地震が4回起こる可能性があると東京大学の生産技術研究所の目黒公郎という教授が言っておられる。

こんな時代に、助け合うことを忘れては、いつか、自分も生きられなくなってしまう。

 

きちんと生きている人は、きちんと生きていられることへの感謝をしなければならない。

その感謝の気持ちがあれば、ほんの少しばかりのものを、力尽きて倒れている人に差し出すことをケチるなんて気持ちにはならないと思うのだけど・・・・

 

 

 

Banner_02_2ご協力よろしくお願いいたしま~す。 

c-rawumber

足跡をポチッ!とすると、ランキング画面に飛びます。

  

    

長時間の睡眠は寿命の短縮に繋がる?

そんなフィンランド産業衛生研究所の研究報告を、昼寝のあとに見た。

8時間以上の睡眠をとると、男性で24%、女性で17%、平均寿命よりも早死にするそうな。

―――ああ、また、余命が減ってしまった・・・

 

このところ、6時間位の睡眠時間が続いていたせいか、

テレビまでもが混乱するような家に住んでいるせいか、

キーボード打っていて、気がついたら寝ていたとか、

ご飯食べていて、気がついたら寝ていたとか、

まるで、赤ちゃん並みの私。

テレビと同じく、フリーズしている?

 

 

|

« テレビ復活! | トップページ | 円天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/16650534

この記事へのトラックバック一覧です: フリーズ中:

« テレビ復活! | トップページ | 円天 »