« 無慈悲な剪定屋 | トップページ | ミスった・・・ »

2007.10.18

もしもし、亀よ

ボクシングは好きじゃないけど、毎朝、ワイドショーで騒がれているので、亀田家のことは知っている。

以前、お笑い芸人が彼らの練習に参加した番組も観た。

だから、亀田兄弟が、身体を鍛えていたのは知っている。

虚弱体質の私としては彼らの体力や鍛錬には、頭が下がる。

だけど・・・

どんなものでも、最高のものは美と繋がっている。

と、思っているので、

彼らが最高のボクサーなら、もっと、美を感じさせてくれるはずと思っていた。

だから、大毅選手の今回の世界チャンピオン挑戦の結果は・・・

「むべなるかな」

 

子供は家と親を選んで生まれてくる。

大毅選手は亀田家に生まれることを選んだ。

あの父親とあの兄弟の中で、育つことを選んだ。

父親や兄を信じ、その言葉に従い、あの若さで蹉跌を味わった。

信じていたものが世間では通用しない・・・

そのショックは大きいだろう。

だけど、彼はその学びをするためにその家に生まれたのかもしれない。

乗り越えられる試練しかこないのだから、彼はこの試練を乗り越えられる。

父親も兄もそれぞれの試練を乗り越えられる。

それは、生まれる前の約束なのだから・・・

 

若いうちに失敗できる人は幸せ。

失敗は人生を曲げるものではなく、人生に寄り添う影だから。

影は光を際立たせる。

いつか、大毅選手がチャンピオンになれたなら、どんなに美しく光り輝くことか・・・

  

  

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッっとすると、ランキングへ。 よろしくお願いします!!

    

   

それにしても、可哀想なのは、相手をしたチャンピオン内藤大介選手。

彼は防衛をしたわけだから、もっと称えられていいはずなのに、低次元な話題の添え物にしかされていない。

頑張れ、内藤!!

 

っと・・・

夕方、大毅選手が内藤選手宅を訪問し、謝罪したと言うニュースが・・・

大人は変に裏なんか考えず、素直に、「よくやったね」と褒めましょうね。

 

 

|

« 無慈悲な剪定屋 | トップページ | ミスった・・・ »

コメント

 昨日お邪魔しましたSayakaです。
本当に全くおっしゃるとおりですね。
言いたいことをそのままずばり書かれているので、「そうそう、こう言いたかったのよ。」と思いながら拝見させていただいています。

亀田家とは対照的に、内藤選手の立派さが際だった騒動でもあったと思っています。
マスコミはこういう選手、態度をこそ、大きく取り上げるべきではないでしょうか?最近のマスコミには矛盾を感じます。

大毅選手の落ち込みには、父親への信頼が崩れたことが大いに影響しているように思うのは私だけでしょうか?
反則行為に対して物議が起こったとき、父親は「反則を指示したことはない。」と言い切っていました。
あれだけはっきりその声がマイクに拾われているにも拘わらず。
私にもこういう経験がありますが、信じ込んでいればいるほど、落胆はひどいものです。
今までの自分が全て否定され、突き落とされた心境になります。。

投稿: Sayaka | 2007.10.24 11:49


ごぶさたしております。
全く仰る通りだと思ってコメントしました。
 
裏なんか考えず、素直に、「よくやったね」。
これが言えない大人は、自身が病んでいるのですよ。
自身のストレスのはけ口を間違えているんですよ。
 
この文章のような良識を持った大人が増えれば、
成長過程にある多くの人格が正常に育つと思います。

投稿: ちゃー | 2007.10.19 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/16799570

この記事へのトラックバック一覧です: もしもし、亀よ:

« 無慈悲な剪定屋 | トップページ | ミスった・・・ »