« 危ないやつらがいっぱいで・・・・ | トップページ | 悪い影響 »

2007.09.20

柿の葉寿司

秋の彼岸の入り。

今日の料理教室は「柿の葉寿司」

 Img_14091  

  

  

   

  

  

  

  

  

家に持ち帰り、お供えした。

両親には懐かしい故郷の味。

喜んでくれますように・・・

昨日は一日中出かけ、 今日も半日出ていたので、ちょっと、休憩。

夜にでも、また・・・・

  

  

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッと押してね

  

20:20追記

   

ペルーの隕石の話。

15日、ボリビアとの国境、ティティカカ湖に近いカランカス近郊の平原に火の玉が落下。

直径約30メートル、深さ約6メートルのくぼみができた。

くぼみからは熱湯が湧き出し、強い臭気を伴うガスが発生しているらしい。

近隣の住人600名が頭痛や吐き気を訴えて、病院で手当てを受けたとか。

 

ヨハネの黙示録を思い出す・・・

第三の御使いがラッパを吹き鳴らした。

すると、たいまつのように燃えている大きな星が天から落ちて来て、川々の三分の一とその水源に落ちた。

この星の名は苦よもぎと呼ばれ、川の水の三分の一は苦よもぎのようになった。

水が苦くなったので、その水のために多くの人が死んだ。

   

落ちてきた火の玉は、隕石?

それとも宇宙ゴミ?

   

宇宙ゴミ=スペースデプリの危険性は以前から指摘されている。

スプートニク一号以来、4000回もの打ち上げが行われ、上空300km~3600kmの辺りには、4500トン・9000個以上ものスペースデプリが秒速3km~10kmの速さで周回している。

今年の一月に中国が自国の人工衛星を爆破して、スペースデプリを増やし、問題になった。

それでも、そんなことは自分には関係ないような気がしていたけど・・・

こんなことが起こると、不安になる。  

いつ、空から何が降ってくるかわからない状況を、人間自ら作ってしまった。

 

私が時折見かける白い光。

14日にも見かけて、ここでも書いたけど・・・

あれはもしかしたら、大気圏で燃えているスペースデプリ・・・・?

|

« 危ないやつらがいっぱいで・・・・ | トップページ | 悪い影響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/16512454

この記事へのトラックバック一覧です: 柿の葉寿司:

« 危ないやつらがいっぱいで・・・・ | トップページ | 悪い影響 »