« September rain | トップページ | 良き友 »

2007.09.12

総理、それは・・・

昼ごはん時に飛び込んできた、安倍総理辞任のニュース・・・

海部元総理を思い出した。

 

「ああ・・・やんなちゃったなぁ。

一郎ちゃんってば、話に乗ってくれないんだもん。

やる気なくなっちゃった・・・」

なんてのが理由だとしたら、ぶっ飛ばす!

ま、

とりあえず、言い訳を聞いてみるか・・・

  

え?

・・・・自衛隊の活動を中断しないよう、局面を打開し転換するため、新たな総理の下で話し合ったほうが良かろうって・・・

――――やっぱ、ぶっ飛ばす~!

 

この前、男に生まれるのは勇気を学ぶためと言うスピリチュアルの考えがあると書いたけど・・・これでは、学びから逃げたことになるのでは?

 

それにしても、この政権で、安倍さんは何をしたのだろう・・・?

少なくとも、彼の敵は、外国や民主党ではなかった。

自分の立っているところがシロアリだらけ。

建て直すためにそこらの丸太を拾って、持ち上げたら、実は中身はボロボロ。

どれもこれも、虫食いで、まともなものはひとつも無い。

そんな状況で、戦うドコロじゃなかった・・・というのがホントのところ。

自民党がいかにボロボロかを内外に知らしめたことが、一番の功績?

 

テロ特措法は、いずれ何とかなったはず。

この問題は、クリアできないほどの難問じゃない。

アメリカの目論見通りには解決できなかったかもしれないけど、民主党だって、いつまでも「駄目!」と言っていて済む話じゃなかった。

国際社会で生き残るためには、何をしなければならないか、一郎ちゃんだって考えざるをえない。

このまま、こう着状態が続けば、困るのは一郎ちゃんだって同じ。

 

この問題に必要だったのは、粘り腰。

傷ついても一歩も引かないという不退転の決意だけだった。

それなのに・・・ 

新しい総理を選んで貰って、その人に新しいエネルギーを生み出して貰って、そのリーダーの下でなんとかしてくれって、すたこらさっさと逃げ出したんじゃ・・・・・

 

政治の空白を生まないために、とか言ったところで、誰が総理になっても、一郎ちゃんは引かないだろう。

さらに優位に自分の論を展開するだけだ。

局面の打開をしたかったのなら、内閣総辞職ではなく、テロ特措法を国民に問う総選挙をすべきだった。

それこそが、職を賭してということだ。

そうすれば、負けても、ダイナミックな政局の転換をした総理として、歴史にも残っただろうし、勝てば、その手腕を民主党ばかりではなく、自民党内部にも知らしめ、国会運営も楽になっただろう。

何よりも、逃げずにやり通したと言う自信が、これからの彼の人生の勲章になっただろう。

 

結局、彼には自民党をぶっ潰すと言った小泉さんほどの度胸も、口で言うほどの理想も無かったということだ。

それにしても・・・

戦争の給油のために辞めちゃうような総理が率いる国って・・・・

美しくないわ。

  

   

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッと押してね!

  

 

マスゾエさんあたりは、結構、ほっとしているかも・・・・

 

21:30追記

 

昨夜のこの空・・・

 

  Img_13831_2

   

    

    

    

    

    

    

    

    

    

 

 

以前、同じ空を見たことがある。

 

それは、スマトラ地震の直前。

そのときも、月の出ていない真夜中だった。

曇っていたけど、雨は降っていなかったので、もっと、広範囲に赤かった。

 

昨夜、これを見たときに、あの時と同じと思って、今日のエントリーで書くつもりだった。

ところが、思いがけない総理の辞任劇で、書けなかったのだけど・・・・

 

さっき、スマトラ沖でM7.9の地震があったようだ。

 

|

« September rain | トップページ | 良き友 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/16424397

この記事へのトラックバック一覧です: 総理、それは・・・:

« September rain | トップページ | 良き友 »