« 9月もあと少しで終わるというのに | トップページ | テレビが壊れた »

2007.09.29

イメージ

誰かの思想をなぞらうことは、学びとして大事なのだけど・・・

誰かの思想は誰かの思想であり、普遍のものの欠片は入っていても、普遍のものではない。

そんなことを、不意に思った雨の朝。

 

――――この言葉はどこから来たのか・・・

時々、頭の中にある言葉は、自分の経験や感情や思考の範囲を超えている。

私はその言葉を追いかけて生活しているようなもの・・・・

 

この前、「オ-ラの泉 まとめ Ⅳ」でも書いたのだけど、人間にとってもっとも近いくせに誰よりも何よりも遠いものが自分だと言う感覚がある。

人は自分以外のものは眼で見ることが出来るのだけど、自分は眼で見ることは出来ない。

もちろん、鏡や映像で見ることは出来るけど、リアルタイムで、実像で見ることは不可能だ。

でも、時々、お馬鹿なことをしたり、訳のわからないことに拘っていたり、ろくでもないことに必死になっているとき、そんなことをしている自分を冷ややかに見ている自分がいることに気づく。

「あ~あ、そんな子供のようなこと言っちゃって」とか、「あれあれ、そんなことに必死にならなくても」とか、その自分を見ている自分は哂っている。

 

面白いことに、夢の中の私は、どうやら、その自分を見ている自分らしい。

夢の中の私は、私を俯瞰で見ている。

そして、災害の中で右往左往する感情はそのまま持ちながら、波に呑まれて行く自分や、屋上や壊れたビルから落ちて行く自分を見ている。

 

この前から、何回もあるイメージがやってくる。

どんなイメージかというと・・・

 

私は大きな部屋で、何十と言う大きな画面に囲まれて座っている。

画面の中では私の映像が瞬間的に切り替わっている。

今の私、過去世の私、未来の私・・・

部屋の私はそれを同時に見ている。

この部屋の中の私には、過去も未来も現在も無い。

その部屋の私は、好きなときに、好きな場面に飛び込んで、そのときの自分の感情を楽しんでいる。

過去の私も、未来の私も、今の私も、その私にしてみれば、同じくこの瞬間の現実。

 

そんなイメージが形になりたくて、ここ最近、私の中でもがいていたらしい。

この文章を書いて、すっきりした。

 

Banner_02_2ご協力よろしくお願いいたしま~す。 

c-rawumber

足跡をポチッ!とすると、ランキング画面に飛びます。

  今日は何位かな・・・・

  

 

あら、今日は「ドリーム・プレス社」に江原さんが出て、東国原知事を霊視?

これは観なくては・・・

    

|

« 9月もあと少しで終わるというのに | トップページ | テレビが壊れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/16606038

この記事へのトラックバック一覧です: イメージ:

« 9月もあと少しで終わるというのに | トップページ | テレビが壊れた »