« スパっと知多 | トップページ | 悩ましい夏 »

2007.08.15

酔っ払いの戯言

Img_12931  と言うわけで、今日は山へ行きましたとさ。

 どういうわけ?・・・・とお思いのあなた。

 昨日は海に行ったので、今日は山しかないっしょ?

  

 

 

 

で、行き先は茶臼山。

茶臼山は愛知県と長野県の県境にあるのだけど、頂上は愛知県側にあるようで、1415mで愛知県では一番高い山。

ふふふ・・・良かったわね~愛知県で。

長野県に入っていたら、そこら辺の丘扱いよ、きっと。

なんて、バカにしていたのに・・・・行きつけなかった。

途中が混んで混んで、いい加減、イヤになったのさ。

――――私ら、根性無しざんす・・・・ 

 

で、山の中のクアハウス&温泉で、遊ぶことに。

水着なんて着たの、10年以上ぶり。

水着を買わなくなると、歳よね・・・・・

  

Banner_02_2に参加しています。 

c-rawumber

足跡をポチッと押してね!!

   

 

早めに帰ったので、明るいうちに家に着いた。

で、食事をしながら、久しぶりに、アサヒのカクテルパートナーのモスコミュールなんか、飲んじまって、酔っ払っておりまする。

 

もう時効だから書いちゃうけど、初めてお酒を飲んだのは、18歳。

卒業式の前日、寮で、三年生だけで、送別会をしようと言うことになった。

寮生は真面目な人ばかり。

皆で買い物に行ったのだけど、お酒を買うのはためらっていた。

普段はあまり話したことの無い子が、結構、度胸の有る子で、小さなリキュールの瓶を、思い切って買ってくれた。

 

そのリキュールをお菓子の中に隠して、こっそりと、ある部屋に持ち込んだ。

そして、シスターの見回りを警戒しながら、皆で飲んだ。

といっても、全員一舐めほどの量しかなかったけど。

リキュールは変に甘くて、美味しくなかった。

それでも、結構、酔っ払い気分になって、皆、赤い顔をして、いつもより饒舌に話した。

次の日、二日酔いで頭が痛かった・・・・

 

そういえば・・・

クリスマス会の劇では、私の下手な台本を素晴らしい演技で補ってくれて、シスターの涙を誘った彼女達。

彼女達は、きっと、良いお母さんになっているだろうな・・・・

 

モスコミュールと一緒に、スクリュードライバーを買った。

そのときの飲み会には参加していなかった友人の分。

彼女は寮を出て、一人暮らしをしていた。

タバコを吸ったり、カクテルを飲んだりしていたらしい。

ブラッディ・マリーはウォッカとトマト、スクリュードライバーはウォッカとオレンジを混ぜている・・・・

なんて、情報は彼女から得たものだ。

 

彼女はとにかく全てを知り急いでいた。

酒も、恋も、神様も・・・・

 

急いで、急いで・・・・卒業した年の十月、彼女は自殺した。

 

彼女の死を悼む会で、私に責任があると言った同級生がいて、私はそれ以来、高校の友人と会うのをやめた。

 

つまり、その年、私は初めて酒を飲み(舐め?)、自分が下戸だと気付き、友人ひとりを喪い、高校時代に決別したのだった・・・・・・

 

スクリュードライバー、喜んでもらえたかな・・・・?

私はあれから、いろんなことがあって、少しはお酒も飲めるようになったよ。

今でも、カクテルを飲むと、あなたのことを思い出すよ。

あなたの絶望が何だったのか、私には未だに理解出来ないけど・・・

何があっても、生きられたのは、あなたの死がもたらしたものを見たからかもしれないね。

 

どうか、今は安らかでありますように・・・・ 

|

« スパっと知多 | トップページ | 悩ましい夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/16126435

この記事へのトラックバック一覧です: 酔っ払いの戯言:

« スパっと知多 | トップページ | 悩ましい夏 »