« 花粉症の季節 | トップページ | オーラの泉 木村彰吾 »

2007.02.28

大波小波

東京都知事選挙に浅野前宮城県知事(慶應大学教授)が出馬するかもしれないと騒がれている。

そういえば、去年の秋、彼の元で副知事を勤めた松木氏のお話を聴いた。

松木氏は県庁から出向されて、サッカーJリーグのベガルタ仙台の社長をなさった方。

その後、副知事として、浅野県政を支えた。

松木氏が退庁される朝の浅野氏の日記にはこう書かれている。

昭和39年に入庁して、39年間務めた松木伸一郎副知事も、本日付けで退任である。その後任の副知事を選任することができなかったことは、痛恨事であった。松木さんには、県庁の不祥事の後始末もきっちりとやっていただいた。それだけでなく、何でもかんでも、大変な仕事を押しつけたような気がする。私とすれば、松木さんに頼りっぱなしの10年であった。松木さんは、退任後の身のふりかたは、自分で決めるということで、最後の最後まで、自分流のやり方を貫き通したということになる。

で、松木氏はどうしたかと言うと、私の使っているサプリメントの会社の相談役になられた。

松木氏は姿勢の良い渋い紳士。

職人のような燻し銀の魅力がある方だ。

あるときの松木氏の話には、年下の上司だった浅野氏への尊敬と愛情を感じた。

それ以来、松木氏が信頼した人と言うことで、なんとなく浅野ファンだった私。

その後のワイドショーのコメンテーターとしてのお話でも、納得できることが多かった。

 

石原都知事の知事としての実績はあまり知らないけど、あの人が時折発言する言葉には、「え?」と思うようなことがある。

それはあの人が「文芸の人」だからかもしれないけど・・・

リーダーとして、あくが強すぎるような気もする。

「文明がもたらした最も悪しき有害なものはババア」とか言っちゃうし。

――まあ、私ッたら根に持っているわ!

 

リーダーはもう少し、いろんな層の事情を察することが出来る人のほうが良い。

「余人に代えがたい」と言っても、自分の息子なら、余人に代えちゃうくらいのバランス感覚は無いとね。

  

フランスの国家予算よりも多いと言う東京の予算を見て、今は亡き児玉隆也氏を思い出した。

「淋しき越山会の女王」で、「田中角の研究――その金脈と人脈」の立花隆氏とともに文藝春秋読者賞を受賞した彼が、東京と言う都市について書いた著書があったはずなんだけど・・・・

その著書の名前がどうしても出てこない。

東京は田舎から人材を奪い、そこに何も与えないと言うような内容だったような・・・

その児玉隆也氏の壮絶なガン死から、もう三十年以上経っている。

東京はそのときの何倍にも膨れ上がり、何倍も貪欲になり、何倍も異形の街になった。

その頃、田舎から出てきた子供たちはすっかり東京もんの顔をして、ザリガニを捕ったあぜ道の小川や、クワガタの居る森のことは忘れている。

 

はて、そんな都市の首長となるのが、果たして浅野氏にとって幸せなのか?

――でも・・・人は時折、自分の思いもかけないところに行かなきゃならないもの。

さて、彼は波に攫われのだろうか?

 

ブログランキングに参加しています。 

c-rawumber

←応援クリックをよろしく!!

  

今日は昨日の上海の株安の影響から世界中の株が下がった。

こんな大きなウエーヴでは、一般投資家は振るい落とされ、資本を持っているものしか乗り切れない。

振るい落とされたものの小さな宝はしっかりと彼ら大資本家の懐に収まる。

そのためにウエーブを起こしたものがいるんだろうなぁ・・・・

|

« 花粉症の季節 | トップページ | オーラの泉 木村彰吾 »

コメント

はじめまして。
「悪魔のサイクル―ネオリベラリズム循環」は読んでいませんので、機会があったら読みたいと思います。
ご紹介ありがとうございました。

なんとなく見ていると、日本でのバブル崩壊の引き金になった総量規制の頃から、着々と軍事に頼らず、資金力で世界を牛耳る体制が出来てきたような気がします。
企業に株による資金調達の道を選ばせ、その株を持つことにより、利益を吸い上げる。
そして、その旨みに気づいた新規参入者はウエーブで振るい落とす。
そんな感じですかね。

でも、ちょっと、見え見えになってしまったのは、誤算かも。
なんて、考えています。

これからも、よろしく!!

投稿: 葛葉真紀 | 2007.03.01 10:07

はじめまして、いつも読ませてもらっています。
東京は田舎から人材を奪い...まったく同感です。
いま中国やベトナム、タイなどでも同様だと思います。
しかも劣悪な労働条件は、高度経済成長時代の日本の比ではありません。その犠牲の上に、我々先進国と言われる国民が生きているのでしょう。いつか来た道...
「振るい落とされたものの小さな宝はしっかりと彼ら大資本家の懐に収まる。そのためにウエーブを起こしたものがいるんだろうなぁ...」 
内橋 克人という作家の『悪夢のサイクル─ネオリベラリズム循環』に「ウエーブを起こしたもの」の正体が書かれています。。。

投稿: 柳田 司(メールネーム:やなこ) | 2007.02.28 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花粉症の季節 | トップページ | オーラの泉 木村彰吾 »