« キーワードは・・・ | トップページ | 大波小波 »

2007.02.27

花粉症の季節

今日は、半日、山のほうに行っていた。

そこはこの辺と違って、今が梅の咲き始め。

途中の道には、タンポポや菜の花も咲いていて、長閑な春を満喫。

――え、脇見運転はいけませんって?

大丈夫、年末工事の片側通行で、止められたところで見たから。

まったく、あの工事、何とかしてくれ~

 

春といえば、花粉症。 

そろそろ花粉が飛んでいるみたいで、症状を訴える人がいる。

本来なら、気持ちのよい季節なのに、花粉のために苦しみの季節になっている人が多い。

杉は中生代(約2億5000万年前~6500万年前)に出現したらしいので、かれこれ2億年以上、花粉を飛ばしている訳だけど・・・

人間はその間ずっと、花粉で苦しんできたわけではなく、つい、この数十年の間に、花粉を受け付けなくなった。

余人に先駆けて花粉症になった私は、最近、鼻水が垂れ落ちるのに気づかないなんていう酷い症状からは脱したけど、まだ、ムズムズやくしゃみと言う症状が残っていて、やはり、この時期は辛い。

でも、これも人間が環境破壊した結果。

私も間接的にそれに加担しているわけだから、甘んじてこの苦しみを引き受けるしかない。

 

そういえば、今日は花粉症のためのサプリメントのせいで、アレルギー症状を起こして倒れた人のニュースが・・・

これは毒を持って毒を制す、花粉には花粉をと言うサプリメントみたいで・・・

こんなうたい文句だったようだ。

「自然で無害な「パピラ」を経口摂取することにより腸管から吸収され、花粉は有害と認識した細胞とは別の細胞により花粉は無害と再認識されます。

花粉は無害という情報は各粘膜に循環して誤認識した細胞の反応は制御され、花粉に対しての抗体産出は生じなくなり、再び花粉が付着しても異常な抗体反応はなくなります」

――なんか、良くわからないけど、無害と認識されなかったのは確かみたい・・・

でも、これを服用した人の気持ちは判らないでもない。

――きっと、藁をも掴む気持ちだったんだろうなぁ・・・  

大事に到らなくて、良かった。

 

(23:30追記)

・・・って、思っていたけど、意識不明の重態だったんですって!

これは、不味いわ!! 

サプリメントの見極めって、本当に難しい。

私もたまに自分のサプリメントを友人知人に勧める。

じゃ、食べてみるかと言う人と、そんなものはいらないと言う人と、反応はそれぞれ。

私は自分にとって良いものを、黙っているのは申し訳ないような気がするので、とりあえず、相手に伝える。

受け取るかどうかは相手の問題で、私の問題じゃない。

何を選び何を選ばないかは、その人の人生の問題で、誰にも立ち入ることは許されないから。

そんな私も姉に教えられたときには、「そんなものいらん」って答えた口なんだけど・・・・

今はちょっと、というか、かなり、感謝している。

たぶん、生まれて以来、今が一番、健康なような気がするから。

 

ブログランキングに参加しています。 

c-rawumber

←足跡をポチっと押すと、ワープ!

あなたの行き先は哲学・思想ランキング? それとも、エッセイランキング?

 

今年の米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門のオスカーは「不都合な真実」

観たいけど、この辺りではまだ上映されてなくて、名古屋まで行かなきゃいけない。

ドームが終わらないと、無理だわ・・・

|

« キーワードは・・・ | トップページ | 大波小波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーワードは・・・ | トップページ | 大波小波 »